トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

大晦日

いよいよ今年も残すところ2時間余り。新年へのカウントダウンも大詰めである。(しかし、なぜこの時間にTVはドラえもんなのだろうか?しかも中学生のカズまでもがタクと一緒にドラえもんを見ているbearing

長野までスキーに行っていた妻とタクは昨夜帰ってきた。随分と楽しかったようである。タクは「俺、チャンピオンコースも転ばないでがんがん滑れたし、カズより絶対うまいし~(^^)v」と得意満面。

カズには「でもお前はさぁ、勉強は滑ったり転んだりしまくりじゃねえか」と突っ込まれていた。これには妻もわたしも同意coldsweats01

一夜明け、我が家は朝から大掃除であった。大晦日というのに…今頃になってガラス拭きだの不用品の整理だのやっているうちは他にあるのだろうか?

妻の号令のもと、子供たちはそれぞれ自分の部屋の整理整頓と掃除から着手。途中、TVを見たりして動きが止まると妻から激が飛ぶsign01

わたしは不用品と思われる物や、たまった郵便物の仕分け作業から始めた。そのあとエアコンの掃除と車2台の洗車に庭の片づけをやってようやく終了。

夕方、やっとひと息つけた。夕飯は家族で釜めしを食べようということになり出掛けてきた。(年越しそばと天ぷらセットはどうなるのだろうかcoldsweats01)後は家族でだらだらしながら年をこすだけである。

明日は元旦からトレ-ニング開始である。わたしとカズとタクとで朝7時から9時までやる予定である。

料理茶屋 「すずな」さんのおせちです。食べるのがもったいない。

Photo

それでは、新年が皆様にとって良い年でありますように。来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

父と息子、男同士として…

snow妻と二男のタクは、昨日から長野県にスキーに出かけている。

わたしは今日が仕事納め、勤務も午後1時まででやっと年末年始の休みに突入。

ここ数年、妻が子供たちを連れてスキーに行くのが年末の恒例行事となっている。わたしは仕事もあり、年末はひとりで留守番することとなるのだ。

妻はいつも「自分たちだけ遊びに行ってゴメンねえ。」と言って少し申し訳なさそうに出掛ける。わたしの方はと言えば、「べつに気にしなくていいさあ。子供たちも楽しみにしてるし、大晦日に帰ってくるくらいでいいよ。楽しんでこいよ。」な~んて太っ腹なところをみせる。

わたしは膝も痛いし、あえて寒いところに行きたくもないのでスキーには全然興味ない。(爺さんか?coldsweats01

こう言っては何だが、ひとりでの留守番それはそれで何だかウキウキするような楽しい気分なのである。べつに何か楽しいことがあるわけではない。でも、TVの前でごろごろと、正にカウチポテトを地で行こうが何だろうが自由だあ~的な解放感は悪くない。

世の中の父さんたちにとって、これほどの贅沢はないのではないだろうか?

しかし、今年はタクが部活動のため恒例のスキーには参加できず、二人で留守番となった。ゆえに自由だあ~的な解放感はない。

でも、違った意味で楽しみである。カズも今日が部活の最終日、明日からは完全なオフである。

男同士、酒を酌み交わしながら語ろうではないか・・・はまだまだ早いが、明日はカズと日帰り温泉なんてのも面白い。それもローカルな身延線trainなんか乗ってみたりしてと思いついた。温泉につかりながら、サッカーのことや勉強の事、将来の夢とか少し大仰に人生について語り合うなんてのも悪くない。

夕方6時過ぎにカズが帰ってきた。今日の試合はまあまあだったようである。

Photo_2 Photo 

「父さん、明日はサッカー部の友達の家で餅つきやるんだってさ。他の友達もいっしょに誘ってもらったからみんなで行って来るよ。父さんは明日どうすんの?」

「おぉ父さんか…coldsweats01 まあ、いろいろ忙しんだよ。おみやげに餅もらってきてくれよ。ははは」拍子抜けと同時に、そこはかとない淋しさに包まれた一瞬であった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

忘れられない場面

長男のカズがまだ小4の時だったと思う。

カズの所属していたクラブチームはリーグ戦の優勝決定戦に臨んでいた。クラブチームなので各学年とも人数も多い。その中でも、いわゆるAチームに属する14~5人の子供たちは多くの小学校から集まっていた。県内外の招待試合でもほとんど負けたことがないほど強かった。

決勝戦はチームのメンバーであるリュウくんの通っている小学校が会場となった。相手はその小学校の子供たちで構成されたサッカー少年団であり、当然のことながらリュウくんも相手の子供たちも互いに顔なじみであった。

結果は優勝sign01だが...結局、リュウくんの出場する機会はなかった。

試合終了後、子供たちは帰り支度をしていたが、ふと見ると彼は校舎の片隅で泣きくずれていた。

それに気づいたチームメイトの何人かが声をかけていたが、大人のわたしでも近づき難い雰囲気すらあった。試合に出場したカズも「次、がんばろうよと声を掛けたんだけど…」と神妙な面持ちであった。

わたしはその姿を見て感極まりそうになった。出られなくて可哀そうということではない。小学4年生の子供がそこまでの思いを持って試合に臨んでいたということに驚くと同時に感動した。そして、本当に悔しかったのだろうと察した。

彼には、自分の学校のサッカー少年団を選ばず、強豪クラブチームで勝負しているという誇りとプライドもあったと思う。誰よりも出場したかったに違いない。

決勝戦に出たかったのではない、この試合に出たかったのだ。それを思うと切なかった。

クラブチームは甘くない。公式戦となれば、たとえ県外まで遠征したとしても出場できない場合もある。試合前のアップだけで試合に出場することなく帰ることになったとしても仕方ないのだ。

あの日のことは、今でもカズもはっきり覚えている。何度かその出来事に何を感じたかカズと話したこともある。

先月、中学になってからリュウくんのクラブチーム(カズも所属していたチームのジュニアユース)とカズの中学は練習試合ではあったが対戦した。その夜、リュウくんからカズにメールがあったらしい。カズのテクニックを褒めてくれ、お互いにこれからも頑張ろうという内容だったとのこと。

おやじのわたしは思うのである。サッカー小僧たちよ、お前らみんな素晴らしいsign01そして…日々の自分のていたらくな(?)生活を反省するのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

イヴもクリスマスも練習

わたしは今日も仕事を終えると沼津から東名にのり、タク(二男)の練習している清水に向かった。

昨日(24日)は妻がタクを迎えに行ってくれている間に、わたしはクリスマスプレゼントとケーキとケンタのチキンを買いに行ったのだった。わたしの帰宅が一番遅くなり、Xmasセレモニーを慌ただしくおこなった。セレモニーと言ってもなんのことはない、ケーキとチキンを食べるだけのことである。coldsweats01

今日は練習が終わり、家に着いた頃には9時半を過ぎていた。タクと風呂に入り、練習の感想や学校がいつから休みなのか(明日かららしい。ほんとに小学生がうらやましい。)なんて話をした。この時間が貴重なのだ。

明日からは、3日連続で県内外のチームと練習試合が入っているらしい。頑張れよsign01

Blog2 Asi2  

長男のカズもタクも練習が多い。昨年まではカズも小学生で同じクラブチームに所属していた。同じクラブとはいっても、練習の時間帯だけでなく、場所も違うんてことはざら。もっと忙しかったよなあなんて思い出した。

カズの方はと言えば、冬休みに入るため授業はほとんど無いらしく、部活動と自主練に励んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

練習試合

soccer今日は長男(カズ)の練習試合。妻は仕事の関係で行けず、タクは友達と遊びたいと言うのでわたし一人で見に行った。妻がいないとカズのチームメイトも誰が誰やらほとんど分からない。しかも、対戦相手はどこの学校だろうか?

30分×3本の試合形式で、最初の2本は1年生対1年生、3本目は相手校の2年生という形式のようだった。内容的には1本目だけでも(たぶん)8対0くらいと圧倒し、相手が2年生となっても圧倒していた。

カズは2本目、3本目と出場し、ゴールを決めアシストも何本か決めていた。正直、何点取ったのかそこまでは細かく見ていなかった。ゲームに出て、必死に頑張っている姿が見られればある意味満足なのだ。

妻に「布団を干してあるから入れておいてね。」と頼まれていたのを思い出し、試合が終わると早々に帰路についた。家に帰ってしばらくするとカズからメール。「今日、いた?」ときたので、『ゴールもアシストも決めたの見たぞ。よかったぞ。』と返事。このあと自主練習してから帰るので少し遅くなるとの返事がきた。真面目なやつである。

まあ本音を言えば、サッカー素人おやじから見てもスキルは十分。しかし、明らかにレギュラークラスの子に比べるとスタミナ不足。筋力の要素においては、キック力、スピードやジャンプ力などの瞬発力において見劣りする。瞬時の判断力もいま一歩かなあといった感じ。

特に、レギュラークラスに混じって使ってもらった3本目は、途中からバテバテでcoldsweats02スピードも精度も欠いていた。わたしは余りのへたれ具合に笑いながら見ていたのだった。スタミナが切れてからはまるで別人に変身したかのよう。スピードもバランスも判断力も集中力も、ボールへの執着心も…何もかもが急激に低下。まさにガス欠状態cryingそれは本人が一番分かっていると思うが…

自主練はエライ。自分に何が足りないか、何をすれば良いのか考えながらやれれば更に良しsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二男のタク

今朝は二男のタクのテーピングをして出勤することになった。

昨夜、わたしは仕事が終えると、二男を迎えに行くために東名を飛ばして富士のフットサル場に向かった。

めずらしく余裕で間に合ったので、練習でもじっくり見ようかと思ったのだが、フィールドを駆け回っている子供たちの中にタクの姿がない。よーく見渡してみると、ピッチを外れた場所に座っている子がいた。足首あたりを氷で冷やしているその子はタクであった。

給水時間になったので呼び寄せてみると「父さん、足首をひねって、ものすごく痛くてさあ、少し休んだんだけどぉ...また始めてみたら痛くて走れないbearing」氷はコーチがアイシングの指示をしてくれてのものだった。

わたしは、どれどれと圧痛のある部位と足首の靭帯にストレスをかけた時の痛みを確認してみた。大したことでもないが、これ以上は練習しないほうが良いと判断したので、「軽症だけど、今日は無理せず帰ろう。」と声をかけ、コーチに挨拶してフットサル場を後にした。

わたしはマイカー通勤で、毎朝6時半前には自宅を出る。今朝も慌ただしく出勤の準備をしていた。

そこへタクが「痛い、痛い、やっぱり歩くと痛いよぉhappy02」と言って2階から降りてきた。腫れはないのだが、歩くとけっこう痛むらしい。わたしは「大げさ言いやがって。」と言いつつも、側方の動揺を抑えて足首を安定させるためにテーピングを施した。

「これで、学校まで歩いても大丈夫!勉強もがんばれよ。」と叱咤し、「じゃあ、タクもカズも頑張れよ!父さんは仕事に行くからな。」と皆に声をかけて家をでた。出がけに、キッチンにいた妻がタクに向かって「あんたさあ、今日のスイミングは行きなさいよ!今年、最後なんだから!」と大声を飛ばしていた。水泳はバタフライでも背泳ぎでも足首の靭帯にかかるストレスは大きいのに...苦笑いである。

わたしが帰宅したときには子供たちはすでに眠っていた。妻も爆睡していたsleepycoldsweats01 タクがスイミングに行ったかは定かではない。

明日は長男(カズ)の練習試合である。

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村⇒クリックおねがいします。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

決勝戦は出場機会なし

今日からブログを始めました。息子には直接伝えることのない、おやじの思いを綴ってみます。

長男:カズ 中学1年生 部活で奮闘中(サブプレーヤー)

二男:タク 小学5年生 クラブチームでそれなりに…(かろうじて先発?)

長男のカズから15時ごろに駅に着くとの連絡。

「父さんsign02 もうすぐ帰るけどさあ、今日の試合後半から出場してさあ、良かったんだよ。調子がさあ~。んで、まあいいや、家に着いてから話すよ。コーチににも褒められたしね。」happy01

今日は応援に行こうかぎりぎりまで迷っていたのだが...わたしは、ちょっとした自分の用事を優先させて観戦に行かなかった。

先週の日曜日、わたしは久しぶりに息子の試合の応援に行ったのだった。中学1年生の公式戦でもあり、その日は準決勝と決勝でもあった。

結果はみごとに息子の中学が地区優勝!県大会出場を決めた。が...カズの出場は準決勝の終了間際の5分間のみであった。

息子の活躍を期待をしていたわけではないが、決勝戦に出場機会があればいいなあとは思っていた。私は決勝戦そのものより、ベンチに座っているカズを見ながら試合の残り時間が気になっていた。

控えの選手はコーチから「行くぞ!」と声がかかればアップを始める。アップを始めれば出番が近いことが遠くからでも分かる。しかし、終了のホイッスルが鳴るまでカズがアップを始める気配すらなかった。息子のチームの優勝にもかかわらず私の心は重かった...

試合後、「優勝おめでとうsign01」と声を掛ける気持にはなれなかったし、その言葉は酷のように思えた。

妻も「優勝だからすごいよね!」と言いつつ、帰りの車では口数が少なかったし、さっきまで観ていた試合についてお互いあまり語ることもなく帰った。

今日は練習試合。でもゲームに出場できるのはよいことである。

明日も練習がんばれよsign03

おねがいします。

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年1月 »