« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

津波の影響で長男が帰れなくなりました。

チリ大地震による津波の影響で、東海道線の在来線も新幹線もストップ。東名高速道路も国道1号線も通行止めです。

その影響で、部活動に出掛けたカズ(長男)は帰宅できなくなり、チームメイトの家に泊めてもらうことになりました。

帰れなくなった部員(県東部から通っている者)は何人かいて、それぞれ分散してチームメイトのお宅に泊めて頂くようです。

カズの通う中学校は県中部にあります。交通網のマヒにより東部と中部(清水、静岡etc.)との間が寸断されてしまったのです。

部活が終わって帰宅するのは夕方だから、何も問題ないだろうと考えていました。

そのため、カズは午前中の電車で静岡へと向かったのですが…甘かった。

こんな状態になるとは、もうビックリです。

写真のように、狭い海岸線に交通網の全てが並走しています。鉄道(新幹線と在来線)、東名高速道路も国道もです。

富士山側が県東部で、手前に続く海岸線を通って中部に向かいます。

Mw0438211_2

ここが崩れたりすると交通網がマヒしてしまうので、東海地震などももの凄く心配です。

今日はタク(二男)の遠征は雨のために中止になりました。

県西部での試合だったので、応援に行っていればわたしたちも帰れなくなるところでした。sweat02

5年生の県No.1を決める「しずぎんカップ」、その参加チームとの対戦が組まれていただけに残念だなあと思っていたのでしたが…中止で助かりました。

海岸近くにお住まいの方は、時間が経っても油断せず津波には気をつけましょう。

ポチっと応援よろしくお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

U-13、静岡最強は清水エスパルス!

今日、JFAプレミアカップ東海大会の出場権を懸けたウィナーズカップが行われた。

勝ったのは、クラブの部で1位の清水エスパルス!

試合内容などの詳細は分からないが、7-1というスコアらしいsweat02

中体連の部で1位の浜松開誠館中学は準決勝、決勝を完封して勝ちあがった堅守のチーム。

その相手は静○学園中と東海○学附属翔洋中だった。弱い相手ではない。

そのチームが7失点を喫するとは信じ難いような結果である。どうしたら7点もとれるのだろうか?

今年のU-13清水エスパルスは強いという評判だったが…凄すぎる。

中体連のチームでは、もはや太刀打ちできない気がする。

カズ(長男)に結果を教えたら、「俺たち、準決勝で負けて良かったかも。こんなやられ方したら、しばらくは立ち直れないよ。」と言っていた。

情けない気もするが、一理あるようにも思う。

それほど(相手に恐怖感を与えるほど)インパクトがある勝ち方が出来るチームなのだ。

一方、敗れた浜松開誠館中は力を出し切れなかった部分もあったのかも知れない。しかし、この結果はどうであれ、中体連の部で優勝という記録が色あせることはない。

そして、清水エスパルスには、静岡代表として東海大会でも勝ってほしい。

ポチっと応援よろしくお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

プレミアカップ東海大会の出場権はどっちだ?

明日は、U-13静岡県大会の決勝。JFAプレミアカップ東海大会の出場権の懸かるウィナーズカップである。

中体連の部 1位 浜松開誠館中学

クラブの部  1位 清水エスパルス

昨年と同じ顔合わせということらしい。記録を見ると、昨年のウィナーズカップは4-0でエスパルスが圧勝している。

その後、東海大会を制し、全国4強の清水エスパルス。今年のU-13は更にその上をいく強さだともっぱらの評判である。

中体連代表には、かなり厳しい相手である。

しかし、勝負は水もの。前半を0-0でしのいで焦りを誘えば、勝機を見いだせるかも…なあんて素人なりに考えたりして(^^ゞ

片や清水エスパルスにもカズ(長男)の小学生時代のチームメイトが2人所属している。

両チームともがんばれsign03

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

タク(二男)の明日の練習試合は中止。

5年生の静岡県No.1を決める「しずぎんカップ」は3月13日開幕だ。

日曜日は遠征予定だが天気は大丈夫だろか?

兄のカズ(長男)は、相変わらず部活と勉強で忙しい日々が続いている。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m 

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

どちらがNo.1?

サッカーの話題とは離れますが、オリンピックの女子フィギュアスケート。

やはり大会の華、盛り上がっていますね。

わたしの記憶のなかでは、女子No.1というとカタリーナ・ビット選手というイメージがあります。

浅田選手とキム・ヨナ選手、お互いにパーフェクトな演技をした上で雌雄を決っしてほしいものです。

他の日本選手もがんばれ!

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

感動?

カズ(長男)が先日遠征から帰ってきた時、ニコニコしながらこんな事を言っていた。

バスの中で友達が俺の携帯いじっていてさ、父さんからのメールを読んで感動してたよ。

それからみんなが読んで、みんながメールに感動して、父さんが大評判になったんだよ。

そのうち、コーチまで読んで『お前の父さんは、ホントにいい父さんだなあ』って感心してた。

…なんだそれ?

わたしはどんなメールをしたのかさえ覚えていない。

普段、カズとのメールのやり取りは「何時に帰る?」「了解」「OK!」程度のもの。

そう言えば、以前にカズに対して強い口調で何かを指摘したことを覚えている。

翌朝、学校に出掛けたカズに、励ますつもりで珍しく数行のメールを送った気がする。

そのメールを指してのことだと思う。

何を書いたのか? 本当に覚えていない。

実際のところ、「ホントにいい父さん」かどうかは家族が一番よく知っているcoldsweats01

我が家は妻がいないと全てがシステムダウンしてしまうが、わたしがいなくても問題なく回っていくcoldsweats01 

コーチや友人たちのかん違い、いや誤解には苦笑いするしかなかった。

職場の窓から富士山を撮影してみました。(ほとんど写ってないsweat01)ただの田舎の風景になりました。(笑)

Fujisan

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

招待試合で優勝したけれど…

昨日、タク(二男)たち5年生は招待試合があり、わたし一人で見てきた。

今まで6年生チームでずっと活動していたRくんも合流。新チームみたいなものだ。

まあ、結果は優勝しましたが…わたしの目には、タクは積極性が足りないように映った。

試合中、何度も「お前、何回うらをとられたら分かるんだあsign03」とコーチからの激が飛び、とうとう2試合目の後半からはベンチに下げられた。

そして3試合目がトーナメント戦の決勝。

「この試合でダメなら、もう先発はないと思えsign03」とのコーチからの叱咤を受けて臨んだようだ。

この試合は最後まで使ってもらったので、合格だったのだろうか?

終了後、河川敷のサッカー場から駐車場に向かってタクと歩いていると、参加していた他チームの父兄の声が聞こえてきた。

「たぶん、今日来てるのは2軍じゃないかなあ?負けたけど、それほど強くなかったから」

ほぼ、ベストメンバーで試合に臨んでいたと思うのだけれど…coldsweats01  

まあ、招待試合と言っても練習試合。

勝っても負けてもいいんじゃないかって感じで、のんびりとした気分で観戦した一日だった。

************************

静岡県U-13県大会

クラブの部優勝   清水エスパルスJr.ユース

準決勝  3-0  ジュビロ沼津

決勝    3-1  ジュビロ磐田Jr.ユース (静岡ダービーsign02

ポチっと応援お願いします。 o(_ _)o

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

本当に悔やしければ…

準決勝敗退 crying

○海大翔洋中に負けてしまった。

カズ(長男)の話しでは、前半5分に先制され0-1での敗戦。内容的にもほぼ完敗だったらしい。

試合終了後に、学校まで戻ったカズが電話してきた。

「自分の力をほとんど出せなかったし、チーム全体もダメだった。悔しくてこのままでは帰れないから、自主練で遅くなるけどいい?」という連絡だった。

どうやら、試合には途中出場できたらしいが、その嬉しさは全くないようだ。

カズがまだ小学生の頃、試合に負けた日の夜にこんな話をしたことがある。

本当に、本当に負けて悔しかったのなら、家に帰ってからゴロゴロとしていられると思うか?

心の底から負けて悔しいと思ってる人間が、何もせずにいられるか?

いくらグランドで悔し涙を流そうが、帰宅後にケロッとしてTVゲームなんかできるうちは本当の悔しさをまだ分かっていない。

小学生の頃の話をカズが覚えていたかどうかは分からない。

こんなのは理屈ではない。

試合を通じて、自分を突き動かすような何かを感じられたのだろうか?

だとしたら、そのことに意味があるように思う。

小学生の時よりも精神的にも少し成長しているのかも。

決勝は、○海大翔洋中vs浜松開○館中となった。

優勝したのは1-0で浜松開○館中。

おめでとう!

中体連代表として、クラブチームNo.1とのウィナーズカップでどんな戦いをしてくれるのだろう。

**************************

クラブの部はベスト4が決まった。準決勝のカード

清水エスパルスJr.ユース VS ジュビロ沼津

ジュビロ磐田Jr.ユース VS Honda FC

ポチっと応援お願い致します。 m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

サッカーに‘芸’はいらない!?

今日、カズは中学のマラソン大会だったらしい。

結果は総合91位で、1年生サッカー部員の中ではビリから2番目happy02

やはり、悲しいかなカズは運動能力のポテンシャルが低いweep

以前にも書いたが、こんな運動能力でよくもサッカー部のセレクションに合格したものだ。

他のサッカー部員に混じって、同じ土俵で練習や試合をやっているのだから、ある意味感心してしまう。

でも、ちょっと待てよと、逆説的に考えてみた。

では何故、カズはそれなりにサッカー部員としてついていけるのか?

答えがあるはず。

それは、こんなカズにもストロングポイントがあるからではないだろうか。

ウイークポイントばかりが目立つが、ボールコントロールやドリブルのスキルの高さは本物だと思う。(わたしの個人的な見解ですsweat01

親バカではあるが、小学年代のクラブチーム時代からそこだけは定評があった。

タク(二男)がクラブとは別で参加しているトレーニング⇒この記事参照

そのS級コーチが、ゲーム形式の練習時にこんなことを言っていた。

「君がそこでしているのは芸なんだよ。サッカーに芸はいらないよ。」思わず笑ってしまうような絶妙のタイミングでの声かけをする。

意味のあるドリブルとフェイント、それ以外は不要な“芸”と切り捨てていたが、何となくカズとだぶって連想してしまう…coldsweats01

そう、カズのはサッカーではなく芸?なのかも…

素人のわたしにはその差を説明できない。でも、言葉の意味が何となくフィーリングで分かる気がするから不思議。

“芸”は余興でするものであり、試合では使えないよなあ…think

数時間後にU-13県大会、準決勝キックオフ。

ぽっちっと応援お願いします。 m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと2勝

いよいよ、土曜日に静岡県U-13県大会(中体連の部)の1位チームが決まる。

午前中に準決勝、午後に決勝戦が行われる。

残念ながら、わたしは仕事があるため観に行けないbearing

準決勝の相手は○海大翔洋中、決勝に進めれば静岡学○中が相手だろうか。

静岡学○中のU-13を指導しているのは、長年にわたり高校サッカー部を指導してきた井○元監督らしい。

カズ(長男)のチームと地区予選の決勝であたっているが、その時ベンチに座っているだけでもオーラがあった。

予選では2-0の勝利だったが、前半に退場者を出して一人少ない静岡○園に相当押し込まれていたのを覚えている。

とても、相手が一人少ないとは思えない試合内容だった。

後日、コーチが「サッカーの内容は完敗だった。」と言っていたそうだが、そのコメントは納得できる。

試合結果はともかくとして、観ていて楽しめた。

1対1の局面での“魅せるプレー”やペナルティーエリア付近での強引とも思えるドリブル突破などおもしろかった。

サッカーのスタイルがまるで違う試合で、それは、ど素人のわたしだけでなく妻にもよく分かる試合だった。

ところで、カズには出場機会があるのだろうか?

決勝戦の、痺れるような緊張感の中で試合をさせてあげたい気もする。

練習でもまだまだ控え組。現実的には、ちと厳しいかなdespair

とにかく、あと2勝で優勝(中体連の部)だ!

ポチっと応援お願いします。 <(_ _)>

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

中体連とクラブチームの力関係

先日お伝えしたU-13東海ボルケーノで岐阜に遠征した前日、カズ(長男)の中学は浜松でHonda FCと練習試合をしている。

JFAプレミアカップ東海大会出場権県をかけたU-13県大会。

現在、カズたちは中体連ベスト4、Honda FCはクラブの部ベスト8に勝ち残っている。

中体連とクラブチームとの力関係を知る上で、よい機会だったのかもしれない。

この日、帰宅後のカズはこのように語っていた。

強かった~、プレッシャーが早くてプレーをさせてもらえないbearing

「2人か3人でボールを獲りに来る感じで、1人抜いても潰される。」

「常にトライアングルができてる感じで、パスをまわされた。」

試合の方は、開始早々に2点を先取されたようでいいところなく敗れたらしい。

カズは0-2となった直後に交代出場し、後半も頑張ったとのこと。(見に行ってないので詳細はわからない。)

その強さを実感できたらしい。

やはりクラブチームは強い。更に上を行くと思われるJ下部組織。

素人感覚であるが、少し差があるような気がする。

中体連とクラブチームの1位が戦う、ウイナーズカップはテレビで録画放送される。

一方的な試合になってしまうのだろうか…despair

ワンクリック、応援お願いいたします。 o(_ _)o

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

NTT西日本少年サッカー県大会 優勝!

先日の日曜日、NTT西日本少年サッカー県大会が終了した。

この大会、小学6年生にとって最後の公式戦である。

今までやってきた仲間との実質的な最後の試合(大会)といった雰囲気だと思う。

結果は、5年生のタク(二男)の所属するクラブが優勝して幕を閉じた。

決勝戦はエコパスタジアム、いい思い出になったんじゃないだろうか。

みんな、おめでとう! happy01

静岡県にはJリーグ1部のチームが2つある。

小学生年代からの育成(アカデミー)はないので、J下部組織は中学からということになる。

今年の6年生からはセレクションで4人も合格者を出しており(昨年のカズの学年では2人)、強いわけだ。

同じクラブなので、これまでにも5年生は6年生と一緒にゲーム形式の練習などをする機会があった。

何度か見たことがあるが、5年生とのレベル差は一目瞭然。

5年生と対戦するとこうなる。

パスが次々につながり、ゴール前ではダイレクトのパスがポン、ポン、ポーンとつながって後ろの方から出てきた選手がドスンって感じで決めてしまう。(素人なので、こんな表現しか出来ませんcoldsweats01

これじゃ守りきれるはずもないなと、5年生が気の毒に思えるくらいだった。

6年生の進路はどうなるのだろう?

J下部組織に行く子は別にしても、そのまま、このクラブのJr.ユースに残るか他のクラブへ移るのか。

それとも、私学も含め中学(中体連)で続けるのか。

もうセレクションも受験も終わっているので進路も決まっていると思う。

そして、出場機会に恵まれなかった選手も、Aチームに入れなかった選手も、まだまだサッカーは続く。

これからも、みんながんばれ!

サッカー小僧たちの中学年代での更なる飛躍を期待してます。happy01

ワンクリック応援おねがいします。 o(_ _)o 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

初めての先発

早朝、岐阜に試合に出かけたカズ(長男)は夜7時に帰宅した。

今日の試合は、U-13東海ボルケーノだったらしい。

ホーム&アウェーで昨年の春先からやっているが、どのような位置づけの試合なのか?いまひとつ分からない。

試合は3-1で勝利したとのこと。

このボルケーノで、カズは初めて先発で起用されたらしい。w(゚o゚)w

そしてお土産も持って帰ってきた。

側頭部の大きなたんこぶ。

ゴール前でジャンプした時、相手選手に脚をけられて(すくわれて?)空中でバランスを崩したらしい。

そのまま地面に落下し、頭と腰を強打。立ち上がることが出来ずに、前半途中で交代になったと説明してくれた。

夕飯にと妻が用意した唐揚げも、少し食べてやめてしまった。

「噛むとコブのところが痛むので食べられないbearing

確かに大きなたんこぶで、あごの筋肉が収縮するだけで痛むのだろう。まあ、試合中の負傷なので仕方ない。

それでも、「先発がうれしかったhappy01」とは言わないが、言葉の端々にそれがうかがい知れた。

このところFWで出場していたのだが、今日は中盤で起用されたらしい。

コーチからは球際の強さを褒められ、もう少し動きも勉強するように言われたとのこと。

一緒に風呂に入っていると、カズが「球際の強さってどういうこと?」と聞いてきた。わたしは野球に例えて一生懸命に説明すると、「なるほど、そうかあ」と頷いていた。

考えてみれば、サッカーを野球に例えるのは変な話だし、納得する方も…think

ワンクリック応援よろしくおねがいします。 o(_ _)oペコッ

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己責任なんだけれど

先日の県大会当日、早朝にバタバタと慌ただしく出掛けて行ったカズ(長男)。

実はユニホームを忘れていった。

朝6時の電車に乗るため、5時前に起きたらしいのだが、ぎりぎりまで数学の問題集をやっていたらしい。

県大会当日の朝である。ものの優先順位が分かっていない。

「勉強していて…」なんて理由は何の免罪符にもならない。

前日にきちんと準備しておくのが当たり前。

公式戦、ユニホームを忘れれば当然出場はできない。

これで2度目。何をか言わんやである。

「自己責任、届ける必要はないだろうangry」とい不機嫌なわたしを横目に、妻がバイパスを飛ばして学校まで届けに行ったのだ。

まあ、妻が行かなくても自分も届けたと思うけれど…甘いのかなあ。

昨日は浜松に、今日は岐阜県へと遠征。

相手はFC岐○(U-13)で岐阜経済大学のグランドで試合をするらしい。

今朝は5時過ぎの電車に乗らなければ間に合わない。

そろそろ起きる時間だ。

準備はしっかり出来ているのやらcatface

ちなみに、予想通りに数学も英語のテストもふるわなかったようだwobbly

ワンクリック、応援おねがいします。 o(_ _)o

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

県大会、予想外の展開!?

昨日はU-13県大会【中体連の部】がエコパの周辺グランドで行われた。

タク(二男)の練習試合が雨で中止となり、家族でカズ(長男)の応援をすることになった。

しかし、出発が遅くなってしまい開始には間に合いそうになかった。

前夜のカズの話しの通りならば、息子に後半の残り10分、いや5分くらいは出られるチャンスがあるかもしれない。

そう思うと、わたしはハーフタイムまでに着けるようにと願いながら車を走らせた。

何とか少しの遅れでエコパに到着することができ、駐車場から試合会場に急いだ。

運よく?試合開始も少し遅れており、丁度キックオフにぴったりと間に合ったのだsweat01sweat01

U13_020 

さあ、試合開始。

今度は、早く先制して楽な試合展開になってくれることを願った。

親バカだが、それだけカズに出場のチャンスが膨らむ。しかし、期待とは裏腹に点が入らないまま15分が過ぎようとしていた…

と、ここで選手交代。エッ!(実際は、あくまでポーカーフェースに徹しているthinkカズが出てきた!

まだ同点の段階で、しかも最初の交代選手としてピッチに出てきたことに、わたしも妻も正直驚いた。

前半はそのまま0-0で終了。

もう後半は出てこないだろうと思っていたら、後半も使われ続け15分過ぎにピッチを退いた。

結局、試合は3-1で勝利!

午後に行われる次の試合で勝てばベスト4だ。

試合開始のホイッスルが鳴った。

今度のチームの方が明らかに力がありそうだ。もう、出番がなくても仕方ないと思った。

開始から5分、早くも選手交代?

エッ!なんとカズが出てきた!

これには一試合目よりも驚いた w(゚o゚)w

結局前半のうちに退いた(残り5分程)が、惜しいプレーも何度かあった。

この試合、苦戦しながらも2-0の勝利!ベスト4に勝ち進むことが出来た。

素人おやじのわたしには、カズのプレーの質を語れない。

それほどピッチで目立っていないけれど、頑張っていたことは確かだ。

自宅に帰ってきたカズは、真っ先にわたしの部屋にやってきた。

「父さん、今日の試合どうだった?」というその顔は、少しうれしそうで、誇らしげでもあった。

ワンクリックお願いします m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

出場のチャンス!

9時前にわたしが帰宅すると、カズも帰ったばかりで着替えをしているところだった。

今日も頑張ってきたか?と声をかけると、カズがニコッとしながらこう言った。

「明日は試合に出られるかも。コーチが勝ってたら、全員使うぞと言ってたから。」と教えてくれた。

全員使うとは?1、2回戦はそのくらいの余裕があるのだろうか?

風呂に入って夕飯を済ませると、カズはすぐに勉強をはじめた。

数学と英語のテストがあるけど、時間がなくて焦っているんだとか。

この辺は、弟のタクにには見られない真面目さである。

昨夜はソファの上で、開いた数学の参考書を顔に乗せたまま眠りZzz

今夜はこたつに入って、英語の参考書を顔の下に敷いてうつ伏せで眠っていた(-_-)zzz

「勉強!、勉強!」「時間がない!焦る!」とか騒ぐ割にはすぐ眠るやつであるgawk

一応、毛布など掛けたりするが、我が家は基本的にはほったらかし。

しかし、さすがに今夜は起こして布団で眠るように促した。

勉強するから朝4時に起こしてと言いながら階段を上がっていった…アホか。

コンディションというものを考えろ!もしも先発でフル出場だったらどうすんだ!って無い無いhappy01

明日は試合会場が遠い。学校の集合時間に間に合うように、朝6時の電車に乗るらしい。

天気予報は降雨確立80% 雨は避けられそうにない。

ワンクリックお願いします(^^)v

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ、明日はU-13県大会開幕

さあ、明日はいよいよU-13県大会【中体連の部】の開幕である。

場所はエコパの多目的広場や補助競技場らしい。ちょっと遠いなあcoldsweats01

二男のタクも試合があるので妻は行けず、応援はわたしひとりである。

長男のカズは昨日も自主練習をやってきたらしい。

部活の試合形式の練習では、1点とれたと嬉しそうに語ってくれた。特にセンターバックのS君をかわしてシュートを決められたと喜んでいた。

彼は体も大きくて強く、足元の技術もあり、チームの守りの要らしい。

カズの言うのには、東海トレセンに選抜されており、ナショナルトレセンの補欠?(そんなのあるのだろうか?)にもなっているそうだ。

ただ、点をとったあとは決定的場面を外し、コーチからは「決定力がないんだよ!」と激を飛ばされたらしい。

自主練習の時にシュート練習をしていると、H君やS君が蹴りかたを熱心にアドバイスしてくれたとのこと。

「すごくボールが伸びていくんだよ。俺のは違うけど…、でも少しつかめたかなあ。」と言っていた。

いい仲間に恵まれているじゃないか。

さあ、みんな、中体連の部優勝めざしてがんばれ!

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

県大会、父さんは応援にくるの?

昨夜は二男のタクの練習試合があった。

相手は中東部トレセン、とは言っても4年生が相手だ。

夜9時頃には終わる予定ということであったが、迎は妻が行ってくれたので試合は見ていない。

タクに聞いたら、結果は3-3の引き分けだったようだ。

この試合は、来月に行われるしずぎんカップ県大会の強化のためだと思う。5年生が最大の目標とする大会だ。

昨年は、現6年生が優勝している。タクたちが優勝すれば連覇ということになる。

しかし、冷静に判断してそれは難しいかなcoldsweats01

組み合わせにもよるだろうけれど、ベスト8か頑張ってベスト4くらいだろうか。もちろん、わたしの勝手な予想である。

ただ、小学生というのは(特に6年生)急に背が伸びてくる子がいたり、体格の変化とともにプレーも見違えるようになる子も多い。

4年生頃までの結果は案外あてにならなかったりする様にも思う。

一方、兄のカズは昨日は1時間以上も自主練習をしてきたらしい。

「ドリブルの練習してたら、何だか楽しくなってきて~」と言っていた。

ぽつりと、こんなことも言っていた。

「県大会は出番はないかも…控え組で練習してるから…父さんは応援に来るの?」

「あぁ、父さんはお前の応援じゃなく、チームの応援に行くよhappy01」と答えた。

わたしは、「気にしなくていいじゃないか、精一杯頑張っていることは分かっている。」と心の中で思った。

応援に来てくれるのに、自分は試合に出られないことを少し申しわけなく思っているようだ。

親(特に母さん)に対する感謝の気持ちは、忘れてほしくないと思うし大切なこと。

ただ、サッカーは自分のもの。応援する親の気持ちまで考えなくて(気にしなくて)いい…

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

6年生のNTT県大会とU-13県大会

今日から小学6年生最後の公式戦、NTT西日本少年サッカー県大会が始まった。

出場は予選を勝ち抜いた全64チーム。負けたら終わりのトーナメントだ。

カズも所属していた二男(タク)のチームも出場している。

タクは5年生なのだが、5年生からも一人が選手登録されている。当然のことながら、タクが選ばれるはずもなく本人は至ってのん気なものだ。

昼過ぎに、わたしが「どうなったかなあ」とタクに話を向けると、「それ、今日だっけ?」ときた。

まあ、自分に関係なければそんなものか…gawk

今年の6年生のAチームは全員が清水トレセン、中東部トレセン、県トレセンのどれかに選抜されている。東海トレセンやナショナルトレセンに選抜された子もいる。

今日の1,2回戦は危なげなく勝ったようだ。

ちなみに、昨年は長男のカズも6年生として出場したがまさかの1回戦負け。

延長の末の0-1という予期せぬ敗戦に応援の親たちも唖然、呆然だった。

正確に言えば、大会4ヶ月前から先発を外れたカズに出場機会はないまま終わってしまった…。

そういう意味では、チームが勝ち進んでも複雑な心境の選手もいることだろう。

ただ、これだけは言える。苦い思いも含めて、それはそれで一つの大切な思い出になる。

勝とうが負けようが、サッカーはまだまだこれからも続くのだから。みんながんばれ!

****************************

【静岡県U-13県大会】

クラブの部は決勝トーナメント進出の8チームが決まった。

Aブロック  ①清水エスパルスJr.ユース ②ジュビロ磐田Jr.ユース

Bブロック  ①SALFUS   ②藤枝東FC

Cブロック  ①ACNジュビロ沼津  ②ヤマハジュビロ磐田

Dブロック  ①Honda FC  ②エスパルスSS静岡

AブロックのJ下部組織のJr.ユース対決は2-0でエスパルスの勝ちながら、揃って決勝トーナメント進出。

タクチームのJr.ユースも残っている。街クラブの意地を見せてくれ!

それにしても、本家も含めてエスパとジュビロが多い。みーんなユニホームが一緒に見えてしまうのはわたしだけだろうか…sweat02

中体連の部は11日からスタート。      

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

キックしたボールが遠くまで飛ばない理由

最近、仕事の関係で何度か話をする機会のあった学生(大学院生)さんとの話です。

彼は、スポーツコーチング学(だったと思うsweat01)を専攻しながら自身も大学の同好会でサッカーをしていると言っていた。

彼の語るスポーツ生理学や運動器のバイオメカニクスの話は実に面白かったのです。仕事そっちのけで話がはずんだのですが、その時の話題をひとつ紹介します。

サッカーでキックの上手い(ボールを強く遠くへ蹴れるという意味で)選手と下手な選手の違いは何なのか。

そんな研究論文を書いたことがあるらしいのです。(卒論のテーマかも)

で、彼いわく、しっかりと軸足を蹴る方向に踏み込むことが大きなポイントだそうである。

「ちょっと待てくれよ。そんな事、わたしでも知っている…」と思ったが、知っている事と実際にできる事とは違うらしい。

研究の詳細は省いてざっくりと話すとこうなる。

キックの上手い選手のフォームをいろんな角度からデーター化していく。それを各選手間で共通している部分とそうでない(共通していない)部分に分けて分析していく。

すると、どういう仮説が成り立つか。

共通していない部分上手なキックのために重要ではない要素。

共通している部分上手なキックのために重要な要素。

おぉ、なるほどと納得。

うまい選手に多く共通していた部分が、軸足の角度(目標に向かって正確に踏み込まれている。)の安定だったそうだ。

逆に、キックの下手な選手はキックの瞬間の角度が安定していなかったり、窮屈になった足関節の代償動作として膝が外に逃げるなど微妙なぶれが見られるらしい。

もちろん、これは一つの見解。例外もあるし、他の要素(筋力やテクニック、形態etc.)などもあるはず。

しかし、サッカーは、いやスポーツは科学だなあと思ったのです。おもしろい。

科学的な根拠に基づいたトレーニングという考え方も話してくれました。より高いレベルを望むなら外せない部分なんだと勉強になりました。

ところで、コメントを下さった「サンタさん」「もろこさん」ありがとうございました。感謝です。

ポチっと応援お願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

試合に出られない時のメンタリティー

今月11日から中学1年生(U-13)の静岡県中体連No.1を決める県大会が始まる。

これと並行して、この年代のクラブチームNo.1を決める県大会も1月31日から既に始まっている。

中体連の部は各地区の予選を勝ち抜いた16チームの参加、クラブチームの部は20チームの参加である。

そして、双方の優勝チームによるウィナーズカップが27日(土曜日)に開催され、この勝者がJFAプレミアカップ東海大会の出場権を得る。

中体連の部は、やはり私学の4強が軸となった戦いのようだ。一方、クラブの部は清水エスパルスJr.ユースの下馬評が一番高いようである。

先日のクラブの部では、今年度から創設されたチームであるエスパルスss(サッカースクール)富士に対して清水エスパルスJr.ユースが大苦戦したらしい。

後半途中まで0-3であわや大波乱かと思われたが、最終的には4-3とひっくり返したとのこと。まさに冷や汗ものの辛勝。

勝負に絶対はないし、何が起こるか分からない。

中体連の公式戦であるこの大会、長男のカズの出番はあるだろうか?毎日頑張ってはいるが、厳しいように思う。

1、2回戦あたりで、もしも圧勝するような試合展開になれば出場のチャンスがあるかもしれない。

カズの話によれば、チーム内の競争も激しいようだ。ここ1~2ヶ月の間にも複数のポジションでレギュラー(先発?)の入れ替えがあったようである。

わたしが思うには、試合に出られない時のメンタリティーが大切だと思う。

次こそ…という思いを持って日々のトレーニングに臨むことこそが大切。腐っても嘆いても悲しんでも何も残らない。

今ではなく、将来の自分が先発で試合に出ている姿を想像しながら取り組めるか…そこをイメージできるか否かの差は大きい。

カズにはこんな話はしませんが…将来の自分を具体的にイメージできないようであれば、そこまでで仕方ない。

潜在意識にまで到達するような強い気持ちがないかぎり、カズにはノーチャンス。

サッカーにおいても人生においても、夢をつかみたいなら自分でそこに気づかなくてはならない。

偉そうに書いたが、わたしのことか…coldsweats02

ポチっと応援お願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

スパイクを買いに行ったはずが…

日曜の夕方は、長男のカズのスパイクを買いに出掛けた。

今、カズの中学ではグランドが十分に使えず、土のグランドで日々練習している。その理由は⇒この記事参照。

で、グランドが硬いらしく先日買ったばかりのスパイクがもう駄目になったらしい。もう一足のスパイクは人工芝用なので、土のグランドでの練習用のスパイクがほしいというのだ。

サッカーのスパイクというのは、素人には選ぶのが本当に難しい。正直、何が良いのかさっぱりわからない。(もし、アドバイスして下さる方があったら有り難いです。)

適当に?カズがスパイクを選んだところで、弟のタクが野球のグラブが小さくなったので新しいのがほしいと言いだした。

どうせならとカズのも一緒に買ってしまった。カズは右利き、タクは左利きである。

017

グラブを選んだところで、なぜかわたしも含めて全員野球モードに突入。

久しぶりに「バッティングセンターへ行って打ち込みをするぞ!」ということになり、一路バーチャルバッティングセンターへ急行。

バーチャルバッティングセンターといのは、プロ野球の投手が投げる映像とともにボールが飛び出してくるバッティングセンターのこと。

カズはスイッチヒッター(右投げ左打ち)のため左打席、妻もタクも左利きのため左打席、わたしだけが右打席である。

バッターボックスのカズやタクにわたしがアドバイスを送る。

一球ごとに、脇をしめろ!バットが下から出ている!上から叩け!体が突っ込みすぎ!もっと腰の回転で打て!etc.

しかも、マイバット持参とくれば、どう見ても野球少年coldsweats01

兄のカズは小学4年の時に、ここでホームランを打っている。しかし、練習していないせいか二人ともいまひとつ。

やはり、練習はうそをつかない。これはサッカーも同じである。

もともと、わたしは二人に野球をさせたかったのだ。長男のカズには最初から左でバットを振るように教えたので、当たり前のようにスイッチヒッターとなった。

ティーバッティングやロングティー、外野守備ノックなどよくやったものだ。遠くに飛ばしたボールの落下点を予測し、追いかけて捕球するのは練習しなければ無理。

二人ともうまかった… 本当に向いているのはサッカーだろうか?と今も思うことがある。

数年前に比べて、わたしは仕事が忙しくなり時間がままならない。カズも中学に入り部活と勉強で忙しい。

このグラブで二人とキャッチボールをできる時間がもう少しあればなと思う。

もちろん、今はサッカーを精一杯やるべき。

まあ、ピリオダイゼーションを考えれば、野球を少しやる時期があってもいいかもなってとこかwink

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »