« ○ずぎんカップU-11県大会を終えて | トップページ | 相手は県内外の強豪チーム »

2010年3月25日 (木)

息子たちがサッカーを選んだ理由

今回は、父親のわたしが野球好きなのに、息子が二人ともサッカーをやっているのは何故なのかを記してみます。

カズ(長男)とタク(二男)が生まれた頃、将来はスポーツをやらせるなら絶対に野球だと考えていました。

予想もしなかったサッカーに向かった理由は、家庭の事情と成り行き、そしてわたしの勘違い?(笑)の三つだと思います。

わたしの家庭に大きな変化があったのは、カズが3歳、タクが1歳の時です。

わたしが仕事を退職し、家族を残し東京にひとりで移り住んだのでした。

やってみたいことがあったのがその理由です。sweat02タク(長男)が小学校入学時には家に戻る予定で、家族と離れて別々の生活をすることになりました。

わたし自身は、東京で就職するわけではないのでアルバイトで生計を立てることにしました。しかし、、家計を支えることは不可能です。

そこで、二人の息子は妻の扶養家族にして、3年間はお互いに独立採算制ということにしたのです。

平たく言えば、子ども達は妻にお願いして自分たちで生活してもらったのです。sweat02

この間、わたしの生活と家族(妻と息子たち)の生活には沢山のエピソードがあります。まあ、妻には感謝、感謝の3年間でした。

話を戻します。

当時、息子たちの通っていた保育園にはサッカー教室がありました。その頃から二人はサッカーに慣れ親しんでいたわけです。

日曜日も、カズやタクは保育園で指導してくれる先生が主宰する親子サッカー教室に通っていました。

こんな調子で、何となくサッカーをする環境で固められていったと思います。

その後、わたしもカズが小学校に入学するのに合わせて“家庭”に戻りました。

わたしはこう考えていました。小学校の低学年のうちは、サッカー少年団に入ってボールを追いかけ、運動神経の発達を促す方が良い。適当な時期に野球チームに入ればよい。

もちろん、そこを見据えてカズとタクとはキャッチボールや野球の練習をやってました。

この頃、カズはサッカー少年団でけっこう活躍していたのです。

長くなるので詳細は割愛しますが、クラブチームに移っても活躍するカズを見ているうちに、わたしは勘違いしたのです。(笑)

こいつは将来、すごいサッカー選手になるのではないか?と…(大笑)

それで、野球をやる機会を逸して現在に至っているわけです。

弟のタクはサウスポーです。非常にきれいなフォームで投球します。もったいないなあ…と思うことが今でもあるのです。(苦笑)

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« ○ずぎんカップU-11県大会を終えて | トップページ | 相手は県内外の強豪チーム »

回想」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

環境ありき。ですね~
うちはmaicoの兄2人がサッカーしてまして、甥っ子もサッカーしてました。
遊びに行くとボール蹴ってました。
長女もアウトドア派だったので、小5の時にサッカー始め、息子も同じスポ少に小2から…って(^^;
長女はサッカーでボール蹴るまで左利き(足だけ)って気付かなかったって(><)もったいない…中ガッコまで続けました。
息子は高校サッカーで国立目指します♪

投稿: maico | 2010年3月26日 (金) 00時31分

maicoさま

コメント有難うございます。
サッカー一家なんですね。

わたしはプロ野球が好きなんです。
息子にはジャイアンツのユニホームを
なあんて夢見たこともありました。(笑)

ブログ、拝見しました。
息子さんのチャレンジも凄いですが、
そのサポートも立派ですね。

投稿: カウチポテト | 2010年3月26日 (金) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/33917344

この記事へのトラックバック一覧です: 息子たちがサッカーを選んだ理由:

« ○ずぎんカップU-11県大会を終えて | トップページ | 相手は県内外の強豪チーム »