« 日本のトップクラスなのに | トップページ | 厳しいプロの世界 »

2010年3月19日 (金)

二男のセレクション参加(その二)

先日、○スパルスサッカースクールのセレクションのことをお知らせした。

新カテゴリーとして、スペシャルクラスの上にアカデミージュニアというカテゴリーが新設される。その選抜のためのセレクションである。

タク(二男)は約1年前から週1回このスクールに通っており、このセレクションに申し込んだ。

これはスクール内に新設されるカテゴリーの話であって、チーム(アカデミー)を立ち上げるということではない。

つまり、清水○スパルスのジュニアユースとは全く関係ないと思う。そこを勘違いしてはいけない。(笑)

ところで、何故タクが所属チームにスクールもチーム練習もあるのに、この○スパルスサッカースクールに通っているのかという疑問を持つ方もいると思う。

ひと言でいえば、所属チームに通うのに電車とバスを乗り継いでいく必要がある。練習への参加が時間的に難しいことも多い。それで、練習の補填的な意味でこうなったのだ。

セレクションの結果は・・・不合格

正確には、セレクションに参加しなかった。合格するわけがない。(笑)

セレクションの日が、急に組まれた中○部トレセンとの練習試合に重なってしまったのだ。

週末のU-11県大会に向けて組まれた試合であるのは明明白白。ちょっと迷ったが、チームを優先しようということにしたのだ。

笑える話だが、当日は試合会場に集まったところで雨のため試合中止となった。

セレクションをキャンセルしたのに皮肉なものである。

兄のカズを小学生~中学と見てきているので、その経験から思うことがある。

練習環境に恵まれず、たとえ所属しているチームが弱くても伸びる子は伸びる。

環境は大切であることは否定しないけれど、それが全てでもないと思う。

素人おやじのわたしではあるが、経験からそんな気がするのである。

兄のカズの時だったら、わたしは間違いなくセレクションを選択して参加させたように思う。

ちょっと残念な気もするけれど、前述のような理由で大きなチャンスを逃したと言うほどのことではないと思っている。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 日本のトップクラスなのに | トップページ | 厳しいプロの世界 »

二男の記事」カテゴリの記事

コメント

タイミングってありますよね~
息子もナショトレの選考会がチームのイタリア遠征と重なり1回のみ参加しました。
GKなのに、フィールドで(^^;
ミドルシュート1点決めれたのがよかったかな(--;
どちらを選択するかは本人次第ですもんね。

これからもきっといろんな選択の道が出てくると思います。悩むたびに、結果が出るたびに子供も親も成長するんでしょうね…
頑張りすぎず、頑張る!!

投稿: マイコ | 2010年3月21日 (日) 00時44分

マイコさま

コメント有難うございます。
親が焦らないことが大切だと、
思うようになりましたね。
サッカーも人生も選択の連続です。
右へ行こうが左に進もうが、
自分の選択を信じて進むしかありませんよね。

投稿: カウチポテト | 2010年3月22日 (月) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/33827337

この記事へのトラックバック一覧です: 二男のセレクション参加(その二):

« 日本のトップクラスなのに | トップページ | 厳しいプロの世界 »