« ○ずぎんカップU-11県大会 | トップページ | 二男のセレクション参加(その二) »

2010年3月17日 (水)

日本のトップクラスなのに

当たり前だが、スポーツにはメジャーなものもあればマイナーなものもある。

日本では、野球やサッカーはメジャーなスポーツの代表格だと言えるのではないだろうか。

以前に、わたしは仕事の関係で色んな方と話をする機会があると書いたと思う。

最近、モトクロスの選手と何回か話をする機会があったのでその話をすこし。

彼は20代前半と若く、最初はただの今どきの若者だとしか思わなかった。

キャップを斜めにかぶり、よれよれジーンズを浅くはいた格好は、正直なところ好感が持てなかった。

ところが、見かけによらず国際A級ライセンスを持ち、日本でもトップクラスのプロライダーであったのだ。

と言われても、申しわけないが、わたしにはピンとこなかった。sweat02

3回目に話しをした時、彼はわざわざ自分の掲載されている雑誌を持ってきてくれた。

「話しても、あまり分からない感じだったんで…これ見てもらえればわかります。」と言って見せてくれたのだ。

彼のことが載っていたその雑誌は「ダートクール」という名前だったと思う。ひと言でいえば非常にカッコいいが、初めて目にした雑誌だった。

しかし、日本でトップクラスの選手でさえも、ほとんど競技だけでは食べていけないらしい。今の経済状況もあって、スポンサーもなかなか無いのだと言っていた。

野球、ゴルフ、サッカーなど、よい成績を収めれば大企業とのスポンサー契約もたくさん結べる。

競技人口も認知度も、全然違うのだから仕方がないかもしれない。

志している世界が違うだけで、日本のトップクラスの選手といっても世間の注目度もまるで違う。

怪我をしてもメディカルやリハビリの部分でサポートしてくれる体制も無いようである。

トレーニングやコンディショニングも、自分の通っているフィットネスクラブのインストラクターから助言を得ていると言っていた。

トップアスリートなのに…

彼がレースを続ける環境は厳しいようである。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« ○ずぎんカップU-11県大会 | トップページ | 二男のセレクション参加(その二) »

印象に残る人たち」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/33806802

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のトップクラスなのに:

« ○ずぎんカップU-11県大会 | トップページ | 二男のセレクション参加(その二) »