« 明日から、2泊3日の強化遠征 | トップページ | フットサルへの挑戦(その1) »

2010年4月 4日 (日)

長男の公式戦を観戦

昨日の土曜日、昼過ぎに仕事を終えて大急ぎでカズ(長男)の応援のため御殿場に向かった。

今日(日曜日)は二男のTr.Mの応援(送迎)があるため、土曜日しか機会が無いと分かったからだ。

息子の中学は、強化遠征中U-14の大会に参加している。初日はグループリーグの2試合とフレンドリーマッチ(25分×1本)が予定されていた。

対戦相手は、東京の帝○FCと埼玉のH○N FCだった。詳しい父兄の話しでは“運の悪いグループ”に入ったらしい。

つまり、相手は強豪ということである。帝○FCのユニホームは、わたしの世代では高校サッカーでお馴染みである。

あのユニホームを見るだけで、何だか強く感じる。

カズは二試合目の帝○FCとの前半だけFWとして出場。あとのフレンドリーには同じくFWとして出ていた。

試合の方は、2試合とも負け。0-1と3-4でいずれも惜しかった。

当たり前の話だが、カズは一生懸命にプレーしていた。

小柄なカズの体格は、大柄な相手DFと比べれば大きく劣る。当たり負けしていたし、振り切るようなスピードも無い。

まあ、完全に抑えこまれている感じを受けた。相手DFから見れば、カズはそれほど難しい相手ではないだろうと思えた。

素人のわたしには、どうすれば良いのかなどと言う答えは見当たらない。

試合に使ってもらう以上、少しでもチームに貢献する為にはどうするべきか自分で考えなくてはならない。

出場できる少ないチャンスの中で、どこまでベストを尽くせるかが大切ではないだろうか。

試合に出たからには、レギュラーもサブも関係ない。自分のチームのFWなんだという誇りを持って全力でプレーしてほしい。

その部分を、どれだけ分かっているだろうかと思いながら観戦していた。

はっきり言って、カズは体力的な要素を見てもポテンシャルは高くない。このレベルで戦うには厳しいと感じる。

だからこそ、このレベルで戦う自分自身を支えてくれる裏付けは何なのか?と自分に問うてみることだ。

心が折れそうになった時、自分自身を支えるくれるものは何なのかと。

そう、お前には小学生の時から、他の誰よりもコツコツと努力する“才能”がある。

その才能がある限り、諦めることなくチャレンジしていくことだ。

フレンドリーマッチまで見届けたわたしは、カズに声をかけることなく薄暗くなった御殿場を後にした。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 明日から、2泊3日の強化遠征 | トップページ | フットサルへの挑戦(その1) »

練習試合・公式戦」カテゴリの記事

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
拝見させていただきました。
応援ポチ。

投稿: ポルコ | 2010年4月 5日 (月) 20時08分

ボルコさま

応援ありがとうございます。m(_ _)m

投稿: カウチポテト | 2010年4月 6日 (火) 06時15分

人と同じ事をしていては伸びません。
人と違う事、自分が得意とするところを伸ばしてみては?
今今結果が出るものではありません。
息子も最初はサブでしたよ。
コツコツやってきました。
それから自分自身への自信。
メンタルが弱い子でした。それは自信によって磨かれていくものだと思いました!!
ガッツ!!ガッツ!!応援ぽち☆

投稿: maico | 2010年4月10日 (土) 00時31分

maicoさま

いつもコメント有難うございます。

そう、人と同じ事、
つまり言われたことしかできない
選手はきっと伸びないですよね。

サッカーに限らず、
自分で考える力を伸ばしてほしいと願っています。

何をどうすれば良いのか、
もう中学生なので自分で切り開いてほしいのです。

失敗して当たり前で、
そこから学ぶことが大切です。

親として、そのプロセスで
出来る限りサポートしたいと思っています。

ほんとに、自分自身に対する誇りと自信、大切ですね。

アドバイス有難うございます。happy01


投稿: カウチポテト | 2010年4月10日 (土) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/34076845

この記事へのトラックバック一覧です: 長男の公式戦を観戦:

« 明日から、2泊3日の強化遠征 | トップページ | フットサルへの挑戦(その1) »