« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

残念!県チャンピオンシップの連覇ならず…

昨日、長男(カズ)の中学は静岡県U-15サッカーのチャンピオンシップに臨みました。

先制したものの、結果は1-2の惜敗。

前半ロスタイム、リードしたまま終るかと思われたのですが、ホイッスル直前のワンプレーで同点弾を決められてしまいました。

わたしは応援に行けなかったのでテレビで試合を観たのですが、もったいない失点でした。

いい試合でしたが、相手チームの攻撃力が一枚上手だったかなあという印象です。

この大会は、中体連の部が200チーム、クラブの部は57チームの参加だそうです。

クラブの部は日本クラブユース選手権(U-15)大会静岡県予選を兼ねており、J下部チームなどの有力3チームは県予選免除で参加していません。

その辺りを考えると、やはりクラブチームの方がレベルが高いのでしょうか。

中体連の方は、このあと目指すは全国中学サッカーです。

昨年の静岡代表は、静○学園中学が見事に全中を制しました。そして、浜松○成館中学も3位になっています。

逆に、息子の中学は全中に5年連続で出場していたらしいのですが、昨年は県予選準決勝で敗退。

今年は、息子の先輩たちに是非とも頑張ってほしいものです。目指せ全中、そして全国制覇!

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

応援に行こうか迷っています

明日の日曜日、二男(タク)は練習試合があります。

県内ですが、ちょっと遠いのでクラブに集合してからチームバスで遠征するようです。

3試合の予定のようですが、県内のチームといっても滅多に対戦したことのない相手ばかりだと思います。

今は中学生である長男(カズ)が在籍していた頃にも、これらのチームとは対戦した記憶がありません。

大会への参加でもないのに、遠征までしての練習試合です。

何故?と思っていたら、相手は全日の県大会に進出しているチームもあるようです。

二男のチームは地区予選で敗退はしましたが、ひいき目に見れば静岡県内では上位(ベスト4は言いすぎでしょうかsweat02)に残れる可能性もあるチームだと思います。

対戦相手にしてみれば、県大会を前に自分たちのチーム力を計るには格好の相手かもしれません。

今回の遠征は20人のようです。そのうち6年生は、クラブから指名された9名です。

なぜ6年生が9名だけなのかは分かりませんが、5年生が頑張ってくれるでしょう。(笑)

二男の応援に行きたいところですが、いろいろと用事もあって迷っています。

ところで、目前に迫った全日の県大会。予選を勝ち抜き、県大会に進出したチームは全部で16チーム。

県代表の座、頂点まではあと少しです。

県西部でも、静岡代表の可能性もあると思われた有力チームが既に敗退しています。

一発勝負のトーナメントは何が起きるか分かりません。

選手も父兄も燃えていることでしょう。みんな頑張れ!(うらやましい~)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

静岡県U-15チャンピオンシップ

明日(29日)の土曜日に静岡県U-15サッカーチャンピオンシップが行われます。

中体連の部1位とクラブチームの部1位同士によるチャンピオンシップです。

長男(カズ)の中学は、中体連の部で優勝したので昨年に続いてのチャンピオンシップ進出です。

ただ昨年までとちょっと違うのが、U-15東海地域リーグが始まった関係でJ下部チームなどクラブチームの部に強豪3チームが参加していないことです。

この大会はクラブチームの部では日本クラブユースサッカー選手権の静岡県予選を兼ねているのですが、この3チームは県予選免除で東海大会に出場が決定しているからです。

U-15東海地域リーグには、中体連の部からは唯一、東海大学附属○洋中学だけが参加しています。

東海地域リーグへの参加チームを決める県予選で、上位4チームに残れたのは中体連からは○洋中だけだったのです。

○洋中は、今回の県大会に参加しており、中体連の部決勝まで進みました。

決勝戦の前日(準決勝の日)にも東海地域リーグがあったはずだから、敗れたとは言え選手層が厚くないとここまでやれないと思うのです。流石です。

とにかく、息子の中学は東海大学附属○洋中学を破っての決勝進出。

クラブチーム代表に勝てば、この大会初の2連覇だそうです。

応援に行きたいなあとは思うのですが…仕事です。(泣)

午後3時からテレビで録画放送があるようなので、そちらで応援します。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

両立は厳しいけれど

今日から長男(カズ)は試験が始まったらしいです。

普段も試験期間中も同じようなペースで勉強しているので、そう言われても何となくピンときません。

今日は理科に歴史の試験があって、出来はまずまずだったとか。明日は英語に数学の試験があると言っていました。

そのくせ、「朝、5時に起きて勉強する。」と言い残し、10時頃には寝てしまいました。

試験期間中でも部活動に休みはないようです。だからこそ、普段から準備を怠ってはいけません。

「父さん、野球部は部活が休みでうらやましいよ。」何て言いながらも、試験期間中だからといって特別焦る様子もなく淡々とやっています。

そう言えば、野球部の子たちは朝練があるらしいのです。

遠くから電車で通ってくる子は、早朝の5時半頃の電車で通学しているようです。

長男も遠距離なので早めに家を出るのですが、それよりは1時間位は遅く出ています。

子供達は好きな野球に打ち込んでいるのだから当たり前ですが、子供のためとは言え、毎朝弁当を作るお母さん方は立派なものです。

野球部は強いらしく、軟式野球ですが全国レベルらしいです。

息子が言うのには、野球部は、少年時代はみんなエースで4番の子ばかりだとか。

息子の中学はスポーツが盛んで、女子も含めて運動部で頑張っている子が多いようです。

勉強もスポーツも、基礎がしっかりしていないと楽しくない点では共通しているのではないでしょうか。

勉強においても基礎を疎かにしていると、高校での勉強は苦痛でしかなくなる様に思います。

サッカー部に限らず、スポーツに打ち込む中高生にとって文武両道の精神は外せない部分です。

両立は確かに厳しい。だからこそ、みんな頑張れ!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

フットサルの戦術は難しいようです

先日の土曜日の夜は、二男(タク)のフットサルの練習がありました。

練習会場の体育館に行ってみると、何やら違うユニホームのチームもいるではありませんか。

この日はゲーム形式でポジショニングなどを確認していく練習でしたが、実際に他チームと対戦する形で行われました。

相手は静岡市で活動しているチームの様で、二男(タク)のチームを指導してくれるコーチが元々指導を続けているチーム?のようでした。

相手にボールが渡った瞬間にどう守るのか、リスタートの時にどうポジションをとるのか等々、フットサルでのセオリーを説明しながらゲームをその都度止めて修正をしていきます。

守りは相当に集中して頭を使わないと、コーチの要求するプレーはできません。

当たり前ですが、守備のセオリーを理解した上で、瞬時の判断で動きの質を高めなければなりません。

給水の時に、タクがわたしの近くに寄ってきて、「難しすぎて、どう動けばいいのかさっぱり分かんない…」と弱音を吐いていました。

そう言われなくても、わたしの目には相当に混乱してる様に映っていました。(笑)

何度か説明を受け、修正をしていくうちに少しづつ理解出来てきた様にも見えました。

両チームの力関係については、相手チームの方が圧倒的に強いかなという印象でした。

個々のスキルが高いことに加えて、“フットサル”の戦術をよく分かっているので太刀打ちできない感じです。

まあ、現時点では仕方のないことでしょう。

練習が終わった後、「相手チームの選手の顔は、見たことがある子が多かった。」とタクが言っていました。

特にスタートで出てきた子たちは、「色んなチームの主力の子じゃないかなあ。」と言っていました。

サッカーの試合で対戦したことがあるようで、顔を覚えているようです。

もしかしたら、タクの顔を見て「あれっ、何でここにいるの?」と思った子もいるかも知れませんね。(笑)

話は変わりますが、長男(カズ)の中学はU-15○○カップで優勝したようです。

これでクラブチームの部優勝チームとのウィナーズカップに進出です。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

明日は、U-15○○カップ中体連の部決勝戦

長男(カズ)は、今日もチームの応援と運営の手伝い?で早い時間に家を出ました。

U-15の○○カップ中体連の部、準決勝だったらしいです。

この大会は中体連の部とクラブチームの部に分かれて優勝を争います。

そして、中体連とクラブチームの1位チーム同士によるチャンピオンシップを行なうという大会です。

クラブチームの部では、日本クラブユース選手権(U-15)大会静岡県予選も兼ねています。

今日行われた中体連の部準決勝は、いわゆる私学4強での戦いとなったようです。

結果は、2年連続の決勝戦進出を決めることが出来たようです。

明日の決勝戦の相手は、PK戦の末、静○学園中学を破った東海大学附属○洋中学とのこと。(長男からの情報です。スコアも聞いたのですが、当てにならないので書きません。sweat02

昨年は、長男の中学が中体連の部で優勝し、クラブチームとのチャンピオンシップも制しました。

今年も頑張ってほしいものです。

それにしても、中学の方は全然応援に行く機会もなく、息子のプレーぶりも余り目にする機会がありません。

長男は部活でどれだけ疲れようとも、勉強についてもおろそかにせず頑張っていると思います。

布団で眠ることなく、本を開いたままでリビングのソファやカーペットの上で眠ってしまっていることも多いです。

それが良いとは言いませんが、サッカーだけでなく勉強についても、自分なりに頑張っているのではないかと評価しています。

成績は別にして、取り組む姿勢の部分です。(笑)

だからこそ、もう少し応援くらいはしたいのですが…。

最近思うのです。

子どものやっているスポーツの応援に関われる時間というのは、人生の中では限られた時間ではないかと。

そう考えると、もうちょっと時間があればなあ…といろいろと考えることが多い今日このごろです。大仰でしょうか(笑)

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

我が家にアメリカの高校生がやってくる!?(その2)

アメリカの高校生を、短期間ですがホームステイさせるかも知れないという話しを4月に書きました。

妻が手を挙げたというのか…受け入れ希望という事になっているらしいのですが、確定ではないけれど、どうやらホストファミリーになる確率が高いらしいです。

決定すれば、6月の下旬に7泊8日?程度滞在するらしいのです。

短いと言えば短いのですが、何をどう対応すれば良いのかさっぱりです。(汗)

かと言って、心配しているというより実感がわかないし、妻との会話で話題にも上りません。

普段通りの生活で良いのかと思いますが、それでは朝は納豆とみそ汁でいいのか?(笑)

ワールドカップの時期だから、留学生の面倒見ている場合でも無いような気もするし…(笑)

7泊8日と言うことは、週末を一度挟むことは確実なはず。

観光に行かないで、息子たちのサッカーの応援でもいいのか?などと想像してみたり。

息子が練習試合でもしている河川敷かどこかの学校のグランドで、ほぼ終日を過ごす?

うれしくないよなあ…(笑)

以前、長男(カズ)と二男(タク)にこんな冗談を言ったら、想像以上の反応をするので盛り上がりました。

わたしがこう言ったのです。「ホストファミリーになった場合、今度は夏休みにお前たちがアメリカに招待されることになる。二人で協力して、何とかアメリカまで行くんだぞ。」

この場合、断ると日米摩擦につながるので、いかなる理由があろうとも断ることはできないと付け加えました。(全てジョークです。)

ほんの冗談なのに、二人とも想像をはるかに超えた大騒ぎ。

二男に至っては、この世の終わりかの様な反応をするので笑えました。

実際、アメリカの高校生が我が家にやって来たらどうなるんでしょう。

息子たちの反応が楽しみでもあります。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

サッカー選手として一番大切なもの

カズ(長男)は先日の土曜、日曜にU-15の主要な大会のひとつである○○カップの応援と手伝いで出掛けていました。

今日は応援だから自分達は練習できないやと言いながら、やや不満気に出掛けて行きました。

この大会、自分と同学年の選手が上級生に混じって二人登録されているらしいのです。

この二人は、普段の練習から上級生(Aチーム?)と一緒らしいのです。大したものです。

同じ学年でも、応援する側と出場する側…立場が大分違います。

で、そのうちの●君は出場してシュートも決めたらしいのですが、凄かったらしいのです。

ミドルと言うより、ロングシュートらしいのですが、「鋭く小さく振り抜いた感じなのにビューんと伸びてゴールに吸い込まれていった。」らしいのです。

カズは、「凄すぎるんだよ。ありえないくらい凄いから。」と自分の事でもないくせに、自慢げに話していました。

チームのみんなも、彼のプレーぶりをみながら『●は遠くに行っちゃったぁ…』と言っていたらしいです。(笑)

たしか彼はU-14の県選抜?か何かで、つい最近も海外遠征にも行っていたかと思います。

いつの間にか、自分たちとは随分とレベルの違う選手になってしまった感じがあるのでしょう。

このぐらいの年代から、ぐ~んと伸びていく子は伸びて行くのでしょうね。

ひとの事を感心してないで、自分が頑張りなさいと言うべきなんでしょうが、十分頑張っている様なので言いません。

息子には、プレーもですが、その前に背が伸びてほしいところです。(笑)

つい先日、息子の学校に元ヴェルディのラモスさんが来たそうです。

サッカー部の選手は集められて話を聞いたそうで、その内容をメモして帰ってきたので見せてもらいました。

一番大切なのは、努力することとありました。

当たり前と言ってしまえば当たり前。いつの時代にも言われる普遍的な言葉ではありますが、それだけ難しいことなんでしょうね。

こんな年齢になったわたしでも思いますから…もっと努力していれば人生は違っていたかもなあんて。今からでも遅くないかなあ(笑)

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

完敗、全日の夢…断たれる

県大会出場を懸けて臨んだ地区決勝戦は0-3の完敗でした。

試合開始直後の失点と後半開始直後の失点、この2点が痛かったと言えば痛かった。

それぞれホイッスルから1分どころか30秒足らずでの失点でした。

決勝戦がこんな展開になるとは思いませんでしたが、やはり相手をほめるべきでしょう。

0-1だろうが0-10だろうが負けは負けです。

きっちり決めてきた相手に対して、こちらは何度かあったチャンスにもゴールを割ることができませんでした。

内容云々よりも、この差が大きいと言えば大きいのかも知れません。

敗れたとは言え、子ども達はよく頑張っていたし素晴らしいプレーも随所にありました。

得点差はともかく、チームの出来としては非常に良かったと思います。0-2になっても、まだ勝機はあるかもと思わせてくれました。

今日は、○水の4種サッカーリーグの開会式後に行われたので、参加31チーム?の4年生~6年生の選手や父兄が大勢見守る中でのゲームでした。

3月の県大会(U-11当時)決勝戦がエコパスタジアム、今日の地区予選決勝も総合運動場でこの雰囲気。

子ども達は、ここ2~3ヶ月の間にすごくいい経験が出来て幸せです。

そして、その子ども達を応援できる親もしあわせだと思います。子ども達に感謝です。

二男(タク)は、帰りの車では即眠ってしまいました。

家に着くと、ハアッ~とため息をついた後、「やっとホッとできた。」とひと言。

実力通りで大したプレーは出来ませんでしたが、普段の何倍もの緊張感の中で必死にやっていたんだなあと思いました。

“谷間の学年”とも言われたこのチーム(笑)、1年前から考えれば成長したものです。

子ども達にもチームにも、まだまだ伸びしろがあるなと感じさせてくれました。

強くはないけど、弱くはないぞ!胸を張って行こう!!

中○部代表の相手チームにエールです。県大会では全国目指して頑張れ!

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

全日、県代表に向けての天王山

いよいよ、日曜日は全日地区予選の決勝戦です。

勝った方が、地区代表16チームによる県大会に進出です。

二男(タク)のチームが勝てば、4年ぶりの静岡代表も視野に入ってくるでしょう。

思い起こせば、昨年のチーム(現U-13)は、静岡代表の大本命であったにもかかわらず地区予選の決勝で敗れました。

もしも県の代表になっていたら、全国では決勝トーナメントまで行けるくらいの実力はあったと思います。

登録メンバー全員が、地区トレセン~県トレセンで東海トレセンやナショナルトレセンにまで選出された子もいました。

後に、J下部のJr.ユースに4人も合格者を出したチームでした。

この学年、県内の主要タイトルは全て制したのに、全日だけはまさかの地区予選敗退。

今でも、何でああなったんだろうねえと語られるくらいに予想外の敗退でした。

そのチームに比べ、今年のチームは明らかに力不足だと感じます。(個人的な感想です。ごめんなさい。)

静岡代表になってほしいですが、全国で戦えるチームか否かは…sweat02

運が良いのか悪いのか、地区予選決勝の相手が今年の静岡代表に最も近いと目されるチーム。

もしも勝てれば…それこそ代表の座はグンと近づくと思います。

勝つなら1-0、負けるなら0-2かなあ…なんて、ひとりで何ら根拠のない予想をしたりしています。

まあ、こんな予想が全く無意味なことは十分に承知していますが。

子ども達は日々成長していきます。どのチームも、どんどん力が伸びていく時期でもあると思います。

過去の対戦成績は散々ですが、過去は過去です。と、考えるしかありません。

県大会に進んでも、強豪は多いので楽ではないことは確かでしょう。

それでも、この試合がある意味、静岡代表に向けての天王山のような気がします。

昨年のチームは確かに強かった。でも、“運”も含めて何かが足りないから代表になれなかったのでしょう。

今年は正直なところ強くはない。(重ね重ねごめんなさい。)でも、昨年のチームには無かった“運”があるようにも思うのです。

とにかくチャレンジャーであることには変わりはないので、悔いのないようみんな頑張れ!

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

自分が本当にやりたいことは何ですか?

昨晩、長男(カズ)のいとこである○○の悩みを聞くことになりました。

彼はこの春に高校に入学し、意外にも陸上部に入りました。

意外にもと言うのは、小学校からずっとサッカーを続けてきたからです。

しかし、一度は陸上部に入部したものの、やはりサッカー部に入り直したいようなのです。

今更そんな事を言いだすのは顧問の先生にも申しわけなく、躊躇しているらしいのです。

それでも、やっぱり自分はサッカーが好きなんだと気付いたこと(その思い)をカズに話したいと言うのです。

夜9時前に部活を終えて帰宅したカズは、○○の話を聞き、「やっぱりサッカーをした方がいいと思うよ。」と答えていました。

わたしは黙ってやり取りを聞いていましたが、要は誰かに背中を押してほしかったのでしょう。(相手は中学生ですが…sweat02

いとこの○○とカズとは、サッカーについては歩んできた道が随分と違います。(大袈裟な表現ですが)

カズは小学生の時から、地元ではなく遠く離れた○水のクラブチームでサッカーをしました。県大会レベルだけでなく、全国大会も経験しています。

入学前にセレクションを受けて、中学では県内でも強豪と言われる(一応ですsweat02)サッカー部に所属しています。

○○はずっと地元の少年団と中学でサッカーを続けてきましたが、それらのチームでも試合になかなか出られないレベルでした。

でも、二人はサッカーについては気が合うようなのです。

○○はカズが小学生の頃から、年下のカズに練習方法を聞いては一生懸命練習していました。

カズも○○に対して、自分の習ってきた練習や、コーチの話を一生懸命に伝えていました。

当たり前ですが、所属チームが強いとか弱いとか、サッカーが上手いとか下手とかは二人の間では関係ないのです。

時には、「お前は上手いよ。俺から見ればすごいんだから頑張れよ。」とカズを励ましてくれたり、プレーについて感じたことをアドバイスしてくれたりするのです。

わたしは、○○に少しだけ感じたことを話しました。

「ほんとうに自分はサッカーが好きなんだと分かって良かったじゃないか。それを見つけたことは、とても意味があることなんだよ。練習が辛くても苦しくても、それが自分自身で選んだ道ならば頑張れるんじゃないのか?本当にやりたいことがあるなら、やるべきだと思うよ。」

迷うことはある。でも、人生は決断の連続なのです。

高校の3年間は短いのだから、悔いのない選択をしてほしいものです。

ポチっと応援お願いしましす。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

息子へのサポート(のつもり)

今日は○水トレセン(6年生)の今年度最初の練習日でした。

タク(二男)は膝の状態の事もあるので今日はキャンセルです。(わたしの練習禁止命令)

こういう時に限って、「練習に行かないと、中○部トレセンに選抜されなくなるから行きたい。」などと白々しいことを言うのです。

行きたいと言いながら、休めることで、瞳の奥は笑っているのです。

親の目は欺けません。(笑)

心にもないことを言いやがってと思っていたら、妻が「思ってもないくせに調子がいいよね~。」とすかさず突っ込みを入れていました。

以前にも書きましたが、わたしとしてはクラブの練習で十分満足しています。

まだ小学生だから、トレセンにどこまで意味があるのかなあというのも少しあります。

と言いつつ、県トレにでも選ばれたら絶対に行かせるとは思いますが…まあ、その心配は200%ありませんから。(笑)

昨年の○水トレセンの練習も4割程度の出席率だったと思います。

ただ、いつもとは違うメンバーと練習をし、サッカーの仲間を増やすことは非常に有意義だと思います。

話は変わりますが、膝の状態が早く良くなるように父親として協力することにしました。

膝のケアの為に、わたしがストレッチとマッサージをすることにしたのです。

プロの真似して、わたしなりに真面目にやると、合わせて1時間近くはかかります…。sweat02

これは辛い(わたしが)ので、30分くらいにコンパクトにやってみます。

三日坊主(今日で二日目)の様な気もしますが、少しくらいは協力しないと…。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

全日地区予選、決勝を目前にしての故障

先日の強化合宿の二日目、タク(二男)のTRMを見学に行った時に、「足関節を捻挫したようなので心配です。」みたいなことをブログに書きました。

その時は、ベンチに下がったタクの様子を見て、てっきり足関節の捻挫だと思っていたのです。 

翌日、合宿を終えたタクを迎えに行くと痛いのは膝関節あたりだったのです。

「膝のあたりがだんだん痛くなって、歩いても痛いくなってしまった。」との事でした。

最終日も我慢していたけれど、結局は痛くて動けなくなってしまったらしいのです。

確認してみると、オスグッドのような脛骨粗面部分の圧痛ではなく、膝蓋骨(膝のお皿)の外側あたりです。

合宿での練習中に発症してきた膝関節痛は、特に膝に外力が加わった様なエピソードがあってのものではありません。

膝蓋骨の外側を叩打してみると、タクは痛みを訴えました。

痛みの発症機転(激しいスポーツ活動の後)と疼痛の部位、叩打痛から考えると…有痛性分裂膝蓋骨ではないだろうかと思うのです。

もちろん、レントゲン等の検査を受けないと確定はできませんが…。

実は、カズ(長男)の両膝がそうなのです。分類上は、一番多いとされるⅢ型です。

レントゲンを見ると、一瞬、膝蓋骨の骨折?と思われるくらいはっきりと分かれて見えます。

普段は無症状なのですが、激しい練習が続いた後などに痛みを訴えることが多かったのです。(今は症状がでなくなりました。)

もしもそうならば、運動を一定期間休止するのがセオリーです。

1~2週間は練習を休むべきだと思います。

しかし、16日は地区予選の決勝戦です。sweat02

しかも、準決勝では先発落ちして出場機会も無かったタクですが、決勝戦では先発が濃厚らしいのです。sweat02

親の本音としては非常に残念ですが、痛みがあるようならコーチも使わないでしょう。

わたしから見ても、サブであっても息子より力はあるんじゃないかと思える選手は沢山います。

どちらにしても、決勝戦は一生懸命応援するのでみんな頑張れ!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

戦術

タク(二男)の参加しているフットサルチームの練習は週に1回です。

所属チームの違う子供たちが集まってチームを結成しています。

フットサルは個人登録なのでそれが可能ということらしいです。が、詳しいことは知りません。

練習を何回か見学して思ったことは、サッカーと似ているがやっぱり違うという当たり前のことです。

選手個々のスピードやスキルについて言えば、現在タクが所属しているクラブチームの子ども達の方がかなり上かなと感じます。

サッカーの試合をしたら、たぶん圧倒されてしまうでしょう。

フットサルの試合をしても、現時点ではまるで歯が立たない様にも思います。

しかし、わずか週1回、1時間だけの練習ですが積み重ねていけば分からないぞと感じさせてくれものがあります。

元Fリーグの選手だったコーチが指導してくれるのですが、フットサルの戦術というものがあるんだなあと新鮮なものを感じました。

たぶん、当たり前の戦い方なのだと思います。

つまり、フットサルコートでサッカーをするのとは別物…というのが素人なりの感想です。

フットサルコートで練習することは、タクのクラブではよくあることです。

しかし、本格的な“フットサル”の指導とは別物で、サッカーの為の練習です。

そういった意味では、個々の力で勝れなくても、どこまで戦術でカバーできるものなのだろうかという興味があります。

それがサッカーにプラスになるのかは、微妙な気もしますが…sweat02

まあ、いつもと違うメンバーと練習する経験の方が、タクには大きな意味があるのかなと思っています。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

強化合宿(その3:激闘) 

昨日は強化合宿中の二男(タク)のTRMを、妻と一緒に観戦に行ってみました。

相手は、前々回のブログで紹介した千葉県からやってきたクラブチームです。

フィジカルが強く、当たりの強さや激しさは相当なものでした。その上、スキルもあるのでかなり押し込まれた展開となっていました。

県大会でも、こんなに当たりの強い相手とは対戦したことはないと思います。

しかし、転んでも倒されても、コーチからは厳しく容赦のない激が飛びます。

この合宿の厳しさを感じさせる雰囲気が、こちらにもひしひしと伝わってきました。

コーチの飛ばす激は“判断の早さ”であったり、“判断の質”に関するものがほとんどです。

次を予測しての動き、状況を判断しのプレーの選択を厳しく求められていまいた。

しかし相手は手強く、時間もスペースも与えてくれません。

わたしには、思うようなプレイや展開を許さない相手の方が、これらの“判断力”では勝っている印象をうけました。

TRMといっても、公式戦でも見たことのない様な激しい試合が繰り広げられていました。

先日にもTRMをしているのですが、あの時とはこちらも相手も本気度がまるで違いました。

GKがキャッチィングをミスしたところを詰められて失点したのですが、悔しさのあまり泣きながらプレーしている姿にその本気さが痛いほど伝わってきました。

わたしは、両チームの選手とも、怪我だけはしてくれるなよって感じで見ていました。

詳しいお父さんが教えてくれたのですが、相手チームはかなりの強豪のようで、昨年度は全日千葉県予選でもベスト4まで進出しているとか。

個々のスキルは差がないのに、チームとしての完成度は相手が上でしょう。

コーチが再三指摘しているように、瞬間的な判断力やプレーの選択(予測)の差がゲーム展開にも現れている様に思えました。

二男ですが、下手くそなりに一生懸命頑張っていたのではないでしょうか。

コーチからは、何度もプレーの質について厳しい激が飛んでいましたが、タクには珍しく“戦っている”様に見えました。

足を軽く捻挫したようで、大丈夫だろうかとやや心配しています。(親バカです。sweat02

とにかく、地区予選決勝は目前。決勝戦の相手はもっと強い。みんな頑張ろう!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

強化合宿(その2)

二男(タク)の合宿は、全日登録メンバーと4~5人の追加メンバーで行われているようです。

全日の地区決勝戦も近いのですが、これまでの戦い方を見ていると先発もポジションも完全には固定されていない気がします。

タクは準決勝の出場機会はありませんでしが、決勝戦の出場の可能性が全く無いわけではないようです。

合宿を通して決まっていく部分もあるのではないでしょうか。勝手な推測ですが。

そういう意味では、追加メンバーで参加している子ども達にはチャンスでもあるし頑張りどころでもあります。

彼らは全日のメンバー(トップチーム)からは惜しくも外れましたが、まだまだ大きな大会が控えています。

次の公式大会に向けて、自分の力をアピールするには絶好の機会でもあるはずです。

参加している子ども達にとって合宿は厳しいとは思いますが、競い合い励ましあっての切磋琢磨は良いことです。

みんな頑張れ!

昨日は、合宿を終えた長男(カズ)が夕方4時頃に帰宅しました。チームメイトも泊っています。

それなりに疲れたようですが、こちらが想像していたよりは元気に見えました。

長男いわく、「夜間の勉強は一番最後まで頑張った。」とのこと。

勉強ではなく、サッカーの合宿だからサッカーの話をしろよと思うのですが…

まあ、中学生くらいになると、余り多くを語らない(あえて語らない)部分もあるのでしょう。

チームメイトもいることですしね。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

強化合宿

今日は二男(タク)の練習試合でした。

相手は千葉県から遠征してきたクラブチーム。この連休の高速道路の渋滞で、少し遅れての静岡到着でしたが大変だったと思います。

それでも、相手チームの子ども達は元気一杯でした。実力もある強いチームだなあという印象です。

相手チームは総勢15人程度、こちらは40人以上いたのではないでしょうか。

20分×6本くらい続けてやっていたような気がします。(途中、わたしは車の中で眠ってしまったので正確には分かりません。sweat02

こちらは1本づつ、GKも含めて総入れ替え(3セットのチーム構成)にしていた様なので、相手の方が体力的にもきつかったと思います。

たぶんトータルでは相手チームが勝ったでしょう。早朝からのバスでの遠征で、疲れもあるでしょうに立派なものです。

彼らは、連休中は静岡に滞在するようでした。皆さん体調には気をつけて、実りある遠征にして下さい。

さて、タクは明日から地元の静岡で強化合宿です。

参加者を全日登録メンバーに加えて、4~5人程度の追加に絞ったもののようです。

日程表を見ると、相当ハードなものになりそうな予感です。

中学生である長男(カズ)の日程表よりもきつそうに見えます。sweat02

入れ替わりに、明日は長男が2泊3日の合宿を終えて帰ってきます。

こちらは学校の研修センターで合宿をしています。

朝、昼、夕、の練習と夜間の勉強。時間的にもタイトなスケジュールですが頑張っているのでしょうか?

明日はそのまま、チームメートの2~3人が我が家に泊っていくようです。

みんな疲れ果てて帰って来るような気もするのですが、どうなんでしょうか。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »