« 息子へのサポート(のつもり) | トップページ | 全日、県代表に向けての天王山 »

2010年5月12日 (水)

自分が本当にやりたいことは何ですか?

昨晩、長男(カズ)のいとこである○○の悩みを聞くことになりました。

彼はこの春に高校に入学し、意外にも陸上部に入りました。

意外にもと言うのは、小学校からずっとサッカーを続けてきたからです。

しかし、一度は陸上部に入部したものの、やはりサッカー部に入り直したいようなのです。

今更そんな事を言いだすのは顧問の先生にも申しわけなく、躊躇しているらしいのです。

それでも、やっぱり自分はサッカーが好きなんだと気付いたこと(その思い)をカズに話したいと言うのです。

夜9時前に部活を終えて帰宅したカズは、○○の話を聞き、「やっぱりサッカーをした方がいいと思うよ。」と答えていました。

わたしは黙ってやり取りを聞いていましたが、要は誰かに背中を押してほしかったのでしょう。(相手は中学生ですが…sweat02

いとこの○○とカズとは、サッカーについては歩んできた道が随分と違います。(大袈裟な表現ですが)

カズは小学生の時から、地元ではなく遠く離れた○水のクラブチームでサッカーをしました。県大会レベルだけでなく、全国大会も経験しています。

入学前にセレクションを受けて、中学では県内でも強豪と言われる(一応ですsweat02)サッカー部に所属しています。

○○はずっと地元の少年団と中学でサッカーを続けてきましたが、それらのチームでも試合になかなか出られないレベルでした。

でも、二人はサッカーについては気が合うようなのです。

○○はカズが小学生の頃から、年下のカズに練習方法を聞いては一生懸命練習していました。

カズも○○に対して、自分の習ってきた練習や、コーチの話を一生懸命に伝えていました。

当たり前ですが、所属チームが強いとか弱いとか、サッカーが上手いとか下手とかは二人の間では関係ないのです。

時には、「お前は上手いよ。俺から見ればすごいんだから頑張れよ。」とカズを励ましてくれたり、プレーについて感じたことをアドバイスしてくれたりするのです。

わたしは、○○に少しだけ感じたことを話しました。

「ほんとうに自分はサッカーが好きなんだと分かって良かったじゃないか。それを見つけたことは、とても意味があることなんだよ。練習が辛くても苦しくても、それが自分自身で選んだ道ならば頑張れるんじゃないのか?本当にやりたいことがあるなら、やるべきだと思うよ。」

迷うことはある。でも、人生は決断の連続なのです。

高校の3年間は短いのだから、悔いのない選択をしてほしいものです。

ポチっと応援お願いしましす。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 息子へのサポート(のつもり) | トップページ | 全日、県代表に向けての天王山 »

印象に残る人たち」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/34662273

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が本当にやりたいことは何ですか?:

« 息子へのサポート(のつもり) | トップページ | 全日、県代表に向けての天王山 »