« 残念!県チャンピオンシップの連覇ならず… | トップページ | 息子たちにしてあげられること »

2010年6月 2日 (水)

不思議な試合

先日の日曜日、二男(タク)の練習試合を応援に行ったのですが、何だか不思議な試合でした。

息子のチームは、明らかにいつもと違う試合運びをしていました。

全員が、ダイレクトやワンタッチ、ツータッチ程度でパスを繋ごうとするのです。

ゴール前でシュートを打てるタイミングでも打たずに、更にペナルティーエリア内で細かくダイレクトのパスを繋ごうとします。

極端に言えば、ゴールを目指すのではなくて、ダイレクトやワンタッチ、ツータッチでどれだけ繋げられるか練習でもしているように見えるのです。

ドリブルで仕掛けることもほとんどなく、点が入りそうな気がしない試合でした。

たぶん意図があるのだと思います。勝つことよりも、何か違う目的をもって試合をしているかのようでした。(と思うのですが、よく分かりません。sweat02

6年生の中に5年生が数名入るというのはありますが、今回の様に4年生も入れての構成は初めてだと思います。

遠征に参加してきた4年生はみんな上手でした。6年生相手なので体力差は否めませんが、臆することなく頑張っていました。

まあ、当たり前ですが上手いから遠征メンバーに入っているんでしょう。

しかし、わたしのような素人は、だんだんつまらなくなってしまったのです。

勝ちにこだわっていないと言うのか、ゴールを目指していない感じがして…。(試合なんだけど、何だか違う感覚で…)

せっかく東名高速を使って応援に来たのですが、最後まで見ないで帰りました。

おまけに、息子はプレーぶりをコーチに酷評され、「もう、お前は使わない。」と叱られたようです。

2試合目の前半を最後に、本当にそれっきり使ってもらえなかったらしいです。(笑)

最初の試合もわずか10分で交代だったので、少しショックだったようです。

6年生の自分より、4年生の方がよっぽど多く試合に出ていたと言って、しょんぼりして帰ってきました。

わたしに言わせれば、実力だから仕方ありません。

4年生の方が良いプレーをしているのだから使われるのでしょう。

文句があるなら練習しなさいと妻に言われておりました。その通りなのです。(笑)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 残念!県チャンピオンシップの連覇ならず… | トップページ | 息子たちにしてあげられること »

二男の記事」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

5/30の練習試合、1試合目と3試合目に対戦させていただいたチームのGKの父親です。
偶然にも、このブログを見つけ拝見させていただきました。とても読みやすく、カウチポテトさんの人柄が伝わってくるような文章に感心しながら、blog全部読んでしまいました。

ウチのコゾーはカウチポテトさんのブログに登場するR君と友人で、私もR君のお父様とはひょんなきっかけで親しくさせてもらっていますので、練習試合をとても楽しみにしていました。
まぁ、試合内容はご存知の通り。ロングパスとドリブル突破禁止だったようですね。R君のお父様とも試合後に話していたのですが、子供たちはかなりストレスが溜まってしまったようです。(「ガチで行かないのは失礼なんじゃないか?」と言ってくださいましたが、ソコはチームの格が違いすぎるので、いたしかたないと思っています。)ただ、練習方法としてはとても参考になった日でした。おそらくウチのコーチ陣にとっても...。また、少年団チームとしては滅多に対戦できない強豪チームとの練習は子供たちにとっても有意義な一日となったのではないかと思っています。

これからもブログを楽しむ読ませていただきます。
(長文失礼しました。)

投稿: YANCHA | 2010年6月 4日 (金) 11時55分

こんばんは。
なにかチームとして目的があったのでしょうけど・・・
練習試合だろうと勝負にこだわってほしいな・・・と私は思います。

海外からみても、日本人に足りないところだとよく指摘されるようですし。

むきになって本気でやっている子供達の顔、もっとみたいです。

投稿: kanmayu | 2010年6月 4日 (金) 21時48分

YANCHAさま

訪問ありがとうございます!

実は、相手チームの選手で印象に残ったのがGKの選手でした。
そのお父様からコメントを頂くとは…うれしいやらびっくりするやら。(汗)


キックオフのボールを直接ゴールに決めようとGKの選手(息子さん)が蹴った時は、「距離は届いても無理でしょ」と思って見ていました。

バーかポストを直撃しましたよね。

規格外のシュートに、思わず笑うしかありませんでしたよ。
お見事。

R君と友人ということは、
県トレ、東海トレセンレベルで一緒なのですね。
プレーぶりを見て、想像がつきます。


息子さんのチームは、全日の県大会出場ですよね。
静岡代表の座まであと少しです。応援してます。
そして、息子さんの活躍を期待してます。


これからも、よろしくお願いします。

投稿: カウチポテト | 2010年6月 5日 (土) 18時15分

kanmayuさま

同感です。

応援する方としては、ちょっと残念な気もしました。
ただ、コーチの皆さんは、
いつも本当に熱心に指導してくれます。
素人には分からない、何か意図があるのでしょうね。


ただ、子供たちのメンタリティーからすれば

やはり試合では勝ちたいと思います。

あれは、練習なら分かるけれど…。
そりゃ、やってる方もストレスが溜まるでしょうね。(笑)


勝つために、ゴールを決めるための必死のプレー。
応援する方も、そこが見たいですよね。

投稿: カウチポテト | 2010年6月 5日 (土) 18時29分

ありがとうございます。
コゾーのキックオフシュートは、半分“始球式”みたいなモンなのですが、たまに入ってしまった時はチームがやたら盛り上がります。
コーチにしてみれば、相手チームから「なめてる」と思われる場合があり、失礼にあたるかもしれないという思いもあるようですが、子供たちが考えたことなので、自由にさせてくれているみたいです。

全日少は少年団チームとしてクラブチーム相手にどこまで戦えるのか?という点で楽しみにしてます。

こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: YANCHA | 2010年6月 5日 (土) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/34980997

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な試合:

« 残念!県チャンピオンシップの連覇ならず… | トップページ | 息子たちにしてあげられること »