« 二男の骨折は順調に回復しています | トップページ | 中総体サッカー、静岡県大会3回戦 »

2010年7月29日 (木)

小学6年生、選択と決断の時は近い…

昨日は、出勤する妻の車で職場まで送ってもらいました。

その前日、自分の車は職場に置いて電車で帰宅したからです。

不思議なもので、自宅では面と向かって語りあわないような事でも、車内では話しあったりするものです。

我が家の二男(タク)は現在小学6年生ですが、中学やサッカーについてどう考えるかなんて話になりました。

そんなに真剣に語り合うでもなく、何気ない会話程度のものですが。

妻のイメージとしては、地元の公立中学も選択肢ではあるけれど、長男(カズ)と同じ方向性も捨てがたいようです。

理由としては、“多くの出会いと経験を”と考える事と、厳しい環境でもまれる方が良いのではといった漠然としたもののようです。

特にタクには、色んな意味で“こんなもので何とかなる”というような安易な方向に行かないようにとの思いもあるようです。

公立でも私立中学でも、要は本人次第だとは思いますが…。

何が最善で正解なのかなんてものは、実は何事においても無いのだと思います。

選択した方向(道)を信じて頑張るしかないでしょう。

学校以外の事でも、幾つになっても人生は選択と決断の連続ですから。

田舎の事なので、学区内の小学校から同じ学区の公立中学に進むのが一般的です。

長男(カズ)の時を思い起こしても、息子を含めて他校(私立)の中学に進んだのは3人だけでした。

もっとも、タクが長男と同じ中学でサッカーをやりたいと言っても、秋に行われるであろうセレクションに合格する必要があります。

これに合格しなければ、仮に入試に合格してもサッカー部に入部することは出来ないからです。

どちらにしても、あと数カ月で判断していく事なんだなあと実感した朝でした。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 二男の骨折は順調に回復しています | トップページ | 中総体サッカー、静岡県大会3回戦 »

二男の記事」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/35939707

この記事へのトラックバック一覧です: 小学6年生、選択と決断の時は近い…:

« 二男の骨折は順調に回復しています | トップページ | 中総体サッカー、静岡県大会3回戦 »