« 支部トレセンは落選です | トップページ | 気合を入れよう! »

2010年7月 5日 (月)

良い指導者とは?

長男(カズ)の試合の応援にはなかなか行けないのですが、練習も含めて毎日頑張っているようです。

レギュラーになるのは厳しいようですが、腐ることも諦めることもなく一生懸命やっている気がします。

これからもサッカーを続けて行く上で、どれだけ良い指導者に出会えるかは重要ではないでしょうか。

わたしのイメージする良い指導者は、技術論などの専門知識やサッカー理論(技術や戦術)の伝達能力があるという意味ではありません。(素人が生意気言って…恐縮です。sweat02

一般社会でもそうですが、専門知識があるとか凄いなと思わせる人は、案外と沢山いるものです。

教育でも、優れた教育論があれば人を育てられるかと言えば、NOだと思うのです。

サッカーにおいても、優れた理論や指導方法だけでどんどん個人やチームを伸ばしていけるのなら簡単です。

でも、実際にはそんなことはないと思うのです。

サッカーの練習に限らず仕事でも言えると思うのですが、“やらされている“と感じてやっているものに、大した結果はついてこないと思います。

選手を本当に伸ばすことが出来る指導者というのは、成長過程の選手の心をつかんで魂を揺さぶるような指導が出来るテクニックを持っている方だと思うのです。

子供のハートに火をつけて、常にベストを尽くすメンタリティーを植え付けてくれる指導者です。

自らが考え、目標に向かって惜しみない努力をする方向に導いてくれる方です。

中学生年代までは、体だけでなく心もまだまだ未成熟です。

外してはいけない部分は絶対に外させない厳しさを持ちながらも、子供の心を理解して、時には自由にやらせる懐の深さも必要だろうなと思います。

そう言った意味では、指導する側にも、それなりの人生経験が必要なのかも知れません。

この年代は、勝ち負けも大切ですが、良くなっているのか?伸びているのか?は、もっと大切な気がするのです。

息子たちは良い環境に恵まれているように思います。

この先も、息子たちに良い指導者との出会いのあることを期待し願っています。

わたしの場合、いつも自分の事だけで精一杯なので…偉そうなことは言えない人生です…sweat02

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 支部トレセンは落選です | トップページ | 気合を入れよう! »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/35474054

この記事へのトラックバック一覧です: 良い指導者とは?:

« 支部トレセンは落選です | トップページ | 気合を入れよう! »