« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

セレクション(1次審査)、結果の通知

夜の9時過ぎでした。

Yシャツの胸ポケットに入れたマナーモードの携帯が震え続けていたのですが、仕事関係での会食中なので出ることができませんでした。

10時過ぎに携帯を確認してみると自宅からだったのです。折り返し連絡を入れると二男が連絡してきたらしいのです。

当の息子はもう眠っていて、電話には妻が出たのですがこういう事でした。

今日、○スパルスのセレクションの結果が郵送されてきたらしいのです。

息子は結果の通知を楽しみにしていたのですが…なんと「不合格」の通知だったのです。

妻が言うのには、自分が1次審査で不合格になる事など考えていなかったようで、想像以上にショックを受けていたらしいのです。

わたしの帰りが遅くなると知った息子は、お父さんに連絡したいと言って電話してきた様なのです。

何を話したかったのでしょうか?

わたしに聞かれる前に、自分から「不合格」の事を伝えたかったのかも知れません。

帰宅して、息子の寝顔をのぞき込みながら、その心情を思うと少し切なくなりました。

常識的に考えれば、県トレセンや東海トレセンどころか、支部トレセンにも選ばれた事がなく、背もクラスで一番チビな息子が○スパルスに合格できるとは思いません。

でも、それは大人の“常識”で、息子なりには本気だったと思います。

わたしが伝えたいのは、例えば学校の成績でも同じことですが、サッカーの優劣と自分の価値とは別だという事です。

息子にしてみれば、クラブチームの仲間も受けていたので、1次審査での不合格は恥ずかしいし“格好悪い”のかも知れません。

でも、人生には“格好悪い”事なんかいくらでもあります。

仮に他人から見て“格好悪い”事でも、自分までそう思うことはないのです。

もしも、受けなきゃ良かった思うなら大間違いです。

ひとりでセレクションを受けたのも良い経験だし、チャレンジした姿勢は立派なものです。

力が及ばなかった事実もきちんと受け止めて、これからも頑張れsign03

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

全中、優勝報告会

日曜日、静岡市内のホテルでサッカー部の全中優勝報告会が行われました。

我が家は二男も連れて、家族で参加させて頂きました。

前週には野球部の優勝報告会も行われたようです。

同一年度にサッカー部と野球部が全中優勝というのは凄いことです。

優勝旗やトロフィー、記念の写真などを見ながら、全国1位になれる経験は人生でそんなにあることではないと思いました。

全中を戦った選手のみなさんも、今実感しているよりも、時間を経た方がその重みを更に感じるのかもしれませんね。

県予選からの成績を見てみると、公式戦で22連勝での優勝です。本当に立派な成績です。

そこから通算すれば、高円宮杯では27試合目にして敗れてしまい東海大会の出場を逃してしまったわけです。

勝ち続けることは本当に難しいことだと思います。

どんなに強いチームであったにしても、永遠に勝ち続けることは不可能な事です。

横綱の白鵬が63連勝していますが、いつかは必ず土がつくのですから。

高円宮杯での全国出場というのは、3年生が下級生に残してくれた宿題みたいなものでしょう。

報告会の最後には学校、監督やコーチやトレーナー、そして父兄に対してキャプテンから謝辞がありました。

感謝の気持ちというのは本当に大切だと思います。

さて、長男の目標は何でしょうか。自分なりにもきっとある事でしょう。

1、2年生はそれぞれが目標を持っていると思います。チームとしても個人としても。

新チームの活躍を期待しています。

そして、3年生のみなさんには高校での更なる飛躍に期待しています。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

○スパルス、Jr.ユースセレクション(息子の感想)

昨日、二男が受けた清水エスパルスJr.ユースのセレクションの続きです。

わたしが息子を会場に送り届けたのは、受け付け開始の1時間半くらい前でした。

誰もいない静かな会場には、これからセレクションが行われる雰囲気さえありませんでした。

わたしは、「頑張れよ。」と息子にひと声かけて仕事に向かってしまったので、セレクションの様子は知る由もありません。

息子によれば、まず、「君ずいぶんと早く来たねえ、どうやって来たの?」と○スパルスのジャージを着た人に声を掛けられたそうです。

しばらくすると、セレクションの手伝いをするJr.ユースの選手たちがやってきて、その後に次々と人が集まってきたとのことです。

見に来ている大人(親)が多くてビックリしたと言っていましたが、当たり前です。

そうこうしているうちに、サッカーやフットサルでのチームメイトや他チームの顔見知りなどもやってきたので安心したようです。

やがて受付時間になり、ビブスで色分けされて番号順に4人でチームを作ったようです。

受付時には、チームのOBである○スパルスU-13の選手たちにも「頑張れよ。」と声を掛けてもらったと言っていました。

セレクションの内容は、ゲーム形式の4対4を2本、50m走の記録測定、8対8を2本だったようです。9時から始まり13時には終了したようです。

気になるのが本人の感想と手応えなのですが…。

「4対4は良かったような気がするけど、8対8は全然ダメかなあ~。50mは気持ちよく走れた。」というものでした。

8対8では自分のところに全然ボールが回ってこないからダメだったらしいのです。(自分のポジションが悪いのだろうって気もしますが…coldsweats01

緊張という意味では、色んな大会の地区予選や県大会の決勝の方がずっと緊張したと言っていました。

結果はともかくとして、どうやら親が心配するほどの事でもなかったようです。sweat02

合否の通知は近日中にはあるようですが、どうなんでしょうか。(笑)

セレクションの後はチームのTRMに参加し、夜はフットサルのTRMにも参加した息子は、さすがにこの日はヘトヘトで夜は爆睡しておりました。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

セレクション、ひとりきりでの挑戦

今日は清水○スパルスJr.ユースのセレクション当日です。

二男がチャレンジするのですが、妻が息子を連れて行ってくれると思っていたら…。

妻も仕事の関係で行けなくなりました。

なので、息子のチャレンジはひとりきりで、家族の応援も励ましもありません。

自分で受付を済ませて、ひとりでも頑張ってこいと言うことです。

まあ、セレクションなので独特の雰囲気もあると思うし緊張感もあると思います。

少し可哀そうな気もするのですが、親バカでしょうか。

今まで、クラブ練習にバスや電車を乗り継いで自分で行かせていたのも、自立した姿勢を育む目的もありました。

このくらいの事で、ひるんでいるようではダメなのです。

息子も「大丈夫だよ。」とは言っていますが、わたしの本音は心配なのです…。(笑)

仕事を休めば良かったよなあ~と、少し後悔しているありさまです。

一応、わたしが会場までは車で送って行くことにしました。

受け付けが8時15分からなのですが、わたしの職場からは約70㎞も離れています。coldsweats01

その時間に合わせていたら仕事に間に合いません。もう少ししたら出発です。

随分と早い到着なので、息子には“会場1番のり”で人が集まってくるのを待ってもらう事になりそうですが仕方がないでしょう。

会場でチームメイトや知り合いの顔を見れば、家族がいなくても少しは落ち着けると思います。

頑張ってほしいものです。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

高円宮杯(U-15)、予想外の敗退…

長男の“先輩たち”は、高円宮杯全日本ユース(U-15)の県予選を兼ねたスルガカップの準決勝で東海大学附属○洋中学敗れてしまいました。

東海大会への出場権はファイナルに進めなければ得られません。残念です…。

昨年までなら、全国中学総体の優勝チームには自動的に全国大会への出場権が与えられていたと思うのですが…。

まあ、そんな事をいっても意味もないことですが…。

個人的には、清○エスパルスやジュビロ○田などの強豪チームと公式戦で戦うのを見てみたいと思っていました。

東海U-15リーグに参加しているチームは県内の公式戦には出ない(?)ので、今年度は一度も対戦の機会がなかったと思います。

全中の優勝チームと全国クラブユースの優勝、準優勝チームの対戦は、チーム関係者でなくても興味のあるところではないでしょうか。

なので東海大会がすごく楽しみだったのですが…。

勝ち続けるというのは本当に難しいことだと思いました。

最後の最後で、全中のリベンジを果たした東海大学附属○洋中学の選手たちも立派です。中体連の代表として是非頑張ってほしいものです。

そして、残念な結果にはなってしまいましたが息子の“先輩のみなさん”はお疲れ様でした。

この夏からの活躍は、わたしの様な下級生の親でもワクワクしました。

今年の3年生は、サッカー部の歴史に輝かしい1ページを記してくれたのではないでしょうか。

高校年代での更なる飛躍と活躍を期待しています。

それにしても、今の2年生は今年の成績が余りにも立派なのでこれからが大変ですよね。(笑)

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

意識の変化と快進撃!

○ーモントカップ県大会を少し振り返ってみながら、感じた事を書いてみます。

二男は所属するフットサルチームでは、背番号10番を背負いキャプテンを任されました。

045_2 054

準決勝がPK戦になった時は2番目のキッカーをつとめましたが、所属するサッカーチームであれば考えられないことです。(フットサルとサッカーは違うチームに所属して活動しています。)

まず、キャプテンを務めることなど絶対にないでしょう。(笑)

リーダーシップとかキャプテンシーとかを語る前に、実力と存在感からしてありえないのです。

サッカーの試合でPK戦になった場合も、最初の5人に選ばれることは絶対にありません。

息子自身も、トップチームにはいるものの意識は低い感じなのです。

それが、フットサルでは前述のような立場となりました。

頼りないし、リーダーシップも全然足らないとは思いますが、意識が変わり依存的だった態度も変わっていく姿を感じました。

「何で、俺が?」から、キャプテンとしての責任を感じて、自分なりに考えたのだと思います。

所属サッカーチームもこの県大会に出場していましたが、仮に息子が登録されていてもスタートのメンバーには入れないと思います。

個々の選手のレベルを比較して考えれば、強豪チームに対してスピードや技術に差があることは否めません。

それでも県トレセンや東海トレセンの選手を擁する強豪チームが出場している中で準優勝(してしまったcoldsweats01)です。

ありえないぐらいの快進撃でしたが、県の東部大会や県大会を通してチームも選手たちも成長していったのだと思います。

6年生は人数も少ないのですが、それをカバーする5年生の頑張りは素晴らしくかったです。

フットサルでの戦い方を教わってきて、それが7割くらいは出来ていたのでしょうか?

もう少し時間があれば、もっとやれたとの印象さえありました。

息子をはじめチームの全員、そして父兄も、“やれば出来る”という事をあらためて教えられた大会になったと思います。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

高円宮杯県予選、ベスト4決定!

先日の20日、スルガカップ静岡県U-15選手権【兼高円宮杯全日本ユース(U-15)静岡県予選】の準決勝進出4チームが決まりました。

長男の“先輩たち”は浜松開○館中学に6-1で勝ち、準決勝に進出です。

ファイナルまで進めば東海大会の切符を手にできるので、あとひとつです。

そして、次戦の相手はヤマハジュビロ○松に3-0で勝った東海大学附属○洋中学です。

全国中学総体の市内予選(1位決定戦)、県大会(決勝)、東海大会(決勝)と、6月以降立て続けに公式戦で対戦している相手です。

いずれも息子の“先輩たち”が勝ってはいますが、決して楽な相手ではありません。

昨年を振り返ってみると、あと一歩のところでした。

この準決勝でジュ○ロ磐田に惜敗し、東海大会への切符を逃してしまいました。

今年は突破してくれると期待しています!

準決勝、決勝の行われる23日は、応援に行こうと思っています。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

○ーモントカップ、まさかの静岡県代表に!?

○ーモントカップの決勝戦は、2-2の同点のまま延長戦へ突入しました。

この試合に勝てば、静岡県代表として全国大会へ出場です。

コーチからは「勝ちたい気持ちの強い方が勝つんだぞ!疲れているのは相手も同じだぞ!!」と激が飛びます。

エコパアリーナの中央コートには、もう二男の所属チームであるC○NSIGOと相手チームしか残っていません。

二男たちC○NSIGOは、準決勝も0-0のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦を制しての決勝進出でした。

準決勝終了後の決勝までのわずかな時間を、選手たちは休憩と入念なストレッチに充てていました。

息子はコーチから下肢のマッサージを受けているのが見えました。

見た目以上に運動量が多いフットサルです。

わずか9人(6年生4人、5年生5人)で午前中から戦い続けてきたのだから、疲れていないわけがありません。

局面、局面では頑張れてはいるものの、運動量やスピードが落ちてきた息子が疲労困憊しているのが見た目にもわかりました。

それでも後半などは、相手チームのコーチから「10番(息子)には気をつけろ!」と指示が飛んでいるのが聞こえてきました。

少しは存在感があったのでしょうか。ある意味、光栄なことです。

脚が止まって苦しそうな表情を浮かべる息子でしたが、ベンチのコーチからの「変わりたいなら、いつでも変えてやるぞ!」との激に必死にプレーしていました。

頼りないもののキャプテンを任され、みんなの頑張りに助けられてここまで来たのです。

わたしも、『力尽きるまで走りきれ!』と叫びたい心境になりました。

結果は残念ながら2-4での敗戦となりましたが、やはり相手が強かったのです。力は出し切ったと思います。

運もあったと思いますが、よくぞここまで頑張ってくれました。happy01

子供たちの頑張りに感動させてもらった一日となりました。

そして、まさかの静岡県代表かも…と一寸だけ夢を見させてもらいました。

感謝です。ありがとうsign03

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

サッカーと語学力

先週、仕事の関係で一緒に食事をした方の中に精神科(心療内科)の先生がいました。

まだ若く30代後半なのですが、非常にユーモアがありウィットに富んだ話をされるのでした。

医師としての仕事を休んで、3年近く世界を旅してきたそうです。

日本に帰ったのは、そろそろ外国での暮らしも飽きたからのようです。

日本人の観念や常識と諸外国でのそれを対比した話は、非常に興味深かったし大笑いするような話が満載で時間を忘れました。

特に中東のヨルダンやイスラエルでの話しは初めて聞くことばかりでした。

(まあ、医者の常識と一般人の常識も違うとは思いましたが…。3年もそんな生活してたらホームレスになってしまいますから。coldsweats01

語学が堪能な方なので、英語やフランス語は論文を書いたり読んだりするだけでなく、日常会話も全く問題がないようなのです。

フランス語が出来ると、スペイン語なんかはだいたいの感じで読めてしまうそうです。

ある程度は言っていることも分かるので、南米などのスペイン語圏に行っても何とかなるものだそうです。(へぇ~、ほぉ~とひたすら感心。)

語学ができると、世界は広がるものだなあと再認識した次第です。

サッカー少年達がプロ選手を目指すのも、“夢”としては素晴らしい。

サッカーはワールドワイドなスポーツだからこそ、外国語の習得はプラスになると思います。

きっと世界が何倍にも広がると思います。

息子たちにも聞かせてやりたい話がたくさんありました。

わたしでも語学を勉強をしてみたいと思ったほどですから。

悲しいかな時間もないし、知力も気力も体力もついて行きませんが…。weep

さあ、いよいよ今日は○ーモントカップ県大会です。みんなガンバレ~!

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

長男は今日から大阪遠征

長男(カズ)は、今日から20日まで2泊3日の大阪遠征です。

20日(月)の敬老の日には、サッカー部にとっては高円宮杯(U-15)の県予選も兼ねるスルガカップがあります。ベスト4を懸けた大切な一戦です。

3年生に帯同する数名の2年生は別にして、1、2年生は大阪遠征なので応援には行けません。

全国中学総体の時でも、東海大会も全国大会も1,2年生は先輩の応援に行かないので驚きはありませんが…。(笑)

遠征組は、午前中の3時間の授業が終了後に出発するようです。

毎夜、2時間のミーティングと勉強の時間があり、勉強道具も持っていくと言っていました。

まあ、中学生だから勉強も大切です。(笑)

二男(タク)は、19日(日)が○ーモントカップ県大会です。

こちらは全然緊張感もなく、本当に大会があるのかなあって気さえします。

午前中はブロックごとのリーグ戦で、午後からは各ブロック1位チームによるトーナメントです。

トーナメントに進めなければ、午前中で終了です。

応援に行くつもりなのですが、わたしも練習試合を見に行くような気分で何となく高揚感がありません。

全国に繋がる大会なのに…何なんでしょうね。coldsweats01

とにかく、それぞれに頑張ってほしい連休です。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

○スパルスJr.ユースセレクション、1次審査

いや~うっかりしていました。

忘れたというよりも、勘違いしてしまったのです…。

○スパルスのセレクションの締め切り日を間違えたのです。sweat02

参加料の方は前週に振り込んでいたのですが、申し込み用紙を郵送していなかったのです。

その朝、そろそろ締めきりだからポストに投函しておいてと妻に頼んで出勤したのです。

職場についてから何気なく締め切り日を確認してみると、わたしが見ていたのはユースのセレクションの方でジュニアユースではない事に気付きました。

投函したその日が締め切り日だったのです。

消印有効ではなく、必着となっていましたので焦りました。

申し込み用紙も一週間前には準備してあったのですが、すぐに投函していなかったのです。

到着は投函した翌日になるはずです…。

ダメかなとは思いましたが、一応○スパルスの担当部署に電話を入れさせてもらいました。

それから数日経った今日、1次審査の案内が届いていました。

○スパルスの担当者の方(だと思います。)、ありがとうございますsign03

しかし、ダメだったら二男(タク)には申しわけないなと思っていたので良かったです。

息子には、本気でチャレンジをしてもらいたいものです。

当日は、わたしは仕事があってセレクションを見に行けません。

会場で、「がんばれよ!」とひと声かけてあげられないのがちょっと残念です。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

親の人生と子供の人生は別なのです

サッカーを日々頑張る我が子を応援するのは親としては自然なことです。

できる限りのサポートをするのも親としては当然です。

だからこそ、息子のサッカーは息子自身のものだという事を忘れてはならないと思っています。

更に言えば、息子の人生は息子自身のものであって、親がその主人公ではないという事を忘れてはいけないのです。

こんな当たり前の事ですが、息子を一生懸命に応援しているうちに“夢”がいったい誰のものだか分からなくなったりしませんか?(笑)

息子にとって何が一番いいのかを考える余り、自分の価値観で理想的なものを息子にも求めていたりとか…。

ちょっと大げさな言い方をすれば、仮に全てが親が望んだ通りになっても、それが子どもにとって将来の“成功”や“幸せ”を保証するものでもありません。

自分の人生を振り返ってみれば容易に想像のつくことですよね。

ただ、ある程度の方向性を親が導く必要はあると思います。

中学生の年代では必要だと思うし、そのバランスが難しいなあとも思います。

長男(カズ)は中学生ですが、自分の思い通りに歩んでほしいものです。

思い通りという意味は、サッカーに限らずですが、親の期待に応えようとする選択は必要ないということです。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

日本代表選手との意外な接点

先日のサッカー日本代表戦では、今シーズンからドイツに渡り、その活躍が期待される香川選手が大きく取り上げられていました。

TVを見ていた妻が、「あっ、この選手が高校生の時に○○くんが授業で教えたらしいよ。」と言うのです。

○○くんが「性格もとってもいい子だって言ってたのを覚えてる。」と妻が言うのです。

○○くんと言うのは、わたしにとっては義理の弟です。

つまり、妻の妹の旦那さまです。

彼は現役時代ずっと東京で暮らしていたのですが、現役を引退し宮城国体の強化選手となって地元に帰って高校の教員になったのです。

現役時代と言っても競技はバスケットボールで、まだ日本リーグと呼ばれていた時代に活躍したのです。

当時はプロリーグが発足する直前で、実業団の中にプロ契約の選手がぽつぽつと出始めた時代だったと思います。

高校時代は、バスケットボールでは余りにも有名な秋田県内の高校で1年生からセンター(身長は198㎝もあります。)のスタートをつとめた逸材で、3年生ではキャプテンも任されたようです。

大学時代には、全日本選手にも選出されるなど輝かしい競技歴です。

彼のプレー中の姿がインカレのバスケット競技のポスターになったり、月刊バスケットの表紙を飾ったりと、それなりに知られた選手だったようです。(妻から聞いた話です。)

同時に、怪我さえなけれもっと活躍できた選手だった…とも言われています。

引退後に教員となって、バスケットボールにかかわっていくイメージはなかったと思いますが、人生とは分らないものです。

正直、わたしはサッカーよりプロ野球を見ている方なので、先日の代表選で香川選手の顔も初めて知りました。

妻からそんなエピソードを聞いて、何だか香川選手の活躍を期待し、応援したい気持ちになりました。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

高円宮杯県予選、ベスト8決定!

スルガカップ静岡県U-15選手権【兼高円宮杯全日本ユース(U-15)静岡県予選】の決勝トーナメント進出8チームが決まりました。

長男(カズ)の“先輩たち”は2勝1分けで、ブロック1位通過でトーナメント進出です。

中体連から出場権を得ていた5チームのうち、3チームが残りました。

東海地域U-15リーグ参加の強豪クラブ3チームが出場していないとは言え、中体連代表は踏ん張ったと思います。

ところが、次戦の相手は東海大学附属○洋中学のようです。

全国中学総体の市内予選(1位決定戦)、県大会(決勝)、東海大会(決勝)と立て続けに公式戦で対戦しています。sweat02

ここで中体連同士でやるのはもったいない気もするし、また同じ相手なのかって気がします。

選手は、そんなことは関係ないでしょうけど。

いずれにしても、東海大会への切符は2枚だけ。

23日の決勝まで突き進んでくれることを期待しています。

準決勝と決勝は応援にいくぞ!と張り切っているわたしなのです。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

高円宮杯全日本ユース(U-15)県予選

スルガカップ静岡県U-15選手権【兼高円宮全日本ユース(U-15)静岡県予選】は、各チーム2試合を消化しています。

この大会、新設の東海U-15リーグ参加の3チーム(清○エスパルスやジュ○ロ磐田など)を除いた、クラブチーム11チームと中体連5チームが参加して行われています。

現在、息子の“先輩たち”は2連勝して勝ち点6。

既にブロック2位以内が確定しているため、8チームによる決勝トーナメント進出は決定しています。

この大会に入って、息子の同級生も何人か出場していると聞きました。大したものです。

息子をはじめ登録されていない1、2年生は応援です。

11日(土曜日)に行われる試合で、ブロック内の順位と決勝トーナメント進出チームが決まります。

と同時に、決勝トーナメントの組み合わせが決まるわけです。

心情的には中体連のチームに頑張ってもらいたいところです。

とにかく、23日の決勝戦に進めば東海大会進出です。

いずれにしても、準決勝と決勝戦の行われる23日は応援に行くつもりなので予定は入れてません。

全国中学総体を制覇した時のような“先輩たち”の活躍を期待しています。

がんばれ○中学サッカー部sign03

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

「あんたの甘さが信じられない!」そうです…

わたしは毎朝5時半に起きるのですが、その前に長男(カズ)が起きて勉強をしている光景はそれほど珍しくありません。

息子は、週のうち二日が7時間授業、残り三日が6時間授業で、土曜日は隔週で3時間の授業のあるコースにいます。

中3の2学期を目安に中学のカリキュラムを全て終了するようです。

夏休みも後半の1週間は英語と数学の特別授業が毎日ありました。

部活も月曜日以外は毎日なので、勉強と部活で忙しいと言えば忙しいかもしれません。

先日、ぶつぶつ言いながら起きてきた時のことです。

「部活やって夜帰って勉強して、目が覚めたと思ったら学校で…また急いで電車乗って学校行って部活やって勉強やって…もう、疲れて朝飯も食べる元気がないよぉ。」

すると妻が、わざわざご飯を特盛りにした茶碗をドンと置いて、「あんた、うだうだ言ってないでしっかり全部食べなさいよ!」と一括していました。

大学までずっと体育会系だった妻に言わせると、「それくらいの事で、うだうだ言ってるあんたの甘さが信じられない!」という事になるのです。sweat02

まあ、勉強も英語と数学と理科が好きらしく、これらは頑張る姿勢があります。

とは言え、“好き”という事と“成績が良い”という事は別の様ですが…。(笑)

成績も部活もあと一歩の息子ですが、一生懸命に頑張ってくれれば良いのです。

きっと何らかの形で実を結ぶでしょう。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

全国高校選手権、県予選でのエピソード

先日の日曜日に全国高校サッカー選手権、県予選の一次トーナメントが始まりました。

近くにある高校が試合会場になっていたので、妻は試合を観戦に行ってきたようです。

と言うよりも、仕事の関係で応援したい高校が出場したから応援に行ったのです。

わたしは、自分の用事があったので見に行きませんでした。

その日、二男(タク)のフットサルチームの友達が遊びに来ていたのですが、彼らも一緒に連れて行かれたようです。(笑)

その試合での話です。

妻は、応援に来ている学校の先生と話をしてきたようで、帰宅後にこんなエピソードを語っていました。

応援したチームでは、引退しないで活動している3年生が一人だけいたそうです。

後半から出場したその3年生が、FKで決勝の1点を決めてチームに勝利をもたらしたのです。

彼は、実は試合当日が就職試験の最終試験日だったようなのです。

小論文と面接試験があって試合時間に間に合いそうもなく、出場をあきらめたそうです。

事情を知った校長先生が、ダメもとで先方に話をしてくれたそうです。

すると、先方も当日の試験時間を早めた上に、終了後にすぐに帰してくれたので後半から出場することができたのです。

強いチームではないので公式戦で勝つことは滅多ないのですが、彼の一発で勝てました。

頑張っていると、いい事があるものですね。

何だか出来すぎたくらいの話ですが本当です。

試合観戦に行った妻ですが、肝心の決勝点の場面を見逃したらしく、しきりに悔やんでおりました。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

E○ILE FANTASY CUP 2010 静岡大会

今日の二男(タク)はフットサルの大会に参加するため、朝からエコパにある人工芝サッカー場に出掛けました。

所属サッカークラブではなく、個人登録で所属しているフットサルチームでの活動です。

残念ながら、わたしも妻も仕事で応援に行くことが出来ませんでした。

前夜、明日は何の大会なのかとわたしが尋ねると、息子は「バー○ントカップの県大会だよ。」と真顔で返事をするのです。

それは9月18日だと、ず~と前から分ってることです。アホか…。

明日がその県大会であるはずがなく、気付かないのが本当に不思議です。天然を通り越し過ぎて、理解できない勘違いです。

結局、よく分らないけど、試合だから行ってくるよということでした。sweat02

で、エコパでは「E○ILE FANTASY CUP 2010」という大会に参加してきたようです。

この大会は、EXILE(エグザイル)のコンサートツアーに合わせて開催される少年フットサル大会のようです。

今日はエコパスタジアムでEXILEのコンサートが開催されたようなのです。

静岡予選の優勝チームは、11月に東京で開催される決勝大会に出場でき、EXILEのコンサートにも招待されるとのことでした。

きっとファンにとってはプラチナチケットなんでしょうね。

結果としては、初戦は4-0で勝利し、二試合目は愛知県から参戦のチームに0-2で敗れて終わってしまったらしいです。(息子の話なのでスコアは当てにならないのですが…)

息子はもう寝ていますが、いまだに本人は何の大会に参加したのか分っていません。(笑)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長男は大阪遠征の予定です

長男(カズ)は今月9月18日~20日まで大阪遠征をするようです。

新チームである1、2年生の強化目的で、「第1回熊○AUTUMフェスタ」に参加するのだそうです。

どんな大会なのかわかりませんが、いよいよ現2年生がチームを引っ張っていく時期になってきたわけです。

息子に出場機会がどれほどあるのか分りませんが、頑張ってほしいものです。

2泊3日の遠征など、息子にとっては中学生になってからは初めてのような気がします。

大阪に行くのも初めてのはずです。

試合で頑張るのは当たり前ですが、大阪の雰囲気も含めて、大会を楽しんでほしいものです。

その一方で、3年生は今日からスルガカップが始まります。

クラブチーム11チームと中体連5チームが参加する、高円宮杯全日本ユースの静岡県予選を兼ねた大会です。

強豪ひしめく大会です。

昨年の3年生は、準決勝でジュ○ロ磐田に惜しくも敗れて東海大会への進出がなりませんでした。

息子が1年生でしたが、わたしは応援に行ったのでよく覚えています。

あの日、清水○スパルスが、同じく準決勝で0-5の大差で敗退し、選手たちが泣き崩れていた姿が非常に印象に残っています。

県予選は非常に厳しいものと思いますが、今年の3年生ならやってくれるのではないかと期待しています。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

セレクションへの申し込み

そろそろ、二男(タク)のセレクションの申し込みをしようかなと考えています。

長男も数チームのセレクションを受けました。

当時は、セレクションに対してわたし自身も期待したし力も入っていたと思います。

受ける本人に以上に、緊張していたのではないかと思うほどです。(笑)

それが…不思議なもので今は全然ありません。本当に全くないのです。

長男がチャレンジした当時と違って、わたしに緊張感がないのには理由があります。

それは、長男の成長と共に少年サッカーを見てきたからだと思うのです。

Jの下部だろうが強豪クラブチームだろうが、私立中学でも公立中学でも、伸びる子は伸びていくものだと思います。

もちろん、能力の高い子が集まっているのがJの下部組織です。

けれど、たとえばチームの成績はまったくふるわない弱小チームに在籍していたとします。

それでも、その子に本当の能力があるのならば、必ずいつかは見出されていくものだと思うのです。

結論から言えば、サッカーが好きならば、どこでやることになろうとも、一生懸命にやる姿勢があれば良いのです。

むしろ、サッカーだけに一生懸命では困りますが…。

これからセレクションに挑戦する息子に話を戻します。

地区トレセン止まりで、選抜チームの経験もなく、体もクラスで一番の小柄。

そんな二男が、例えばエ○パルスJr.ユースのセレクションに合格するわけはないのです。

正直なところ、セレクション当日のパフォーマンスが結果を左右するとも思えません。

それ以前に、所属チーム内を見渡しても、息子より能力のある子がごろごろといます。

それでも本人は、「もしも合格したら、エ○パルスに行ってみようかなあ。父さん、どう思う?」なあんてことを真面目な顔して言ったりしています。

それでいいのです。本気で挑戦するべきなのです。

息子には、全てのセレクションに対して本気で挑戦してもらいたいのです。わたしも本気で応援します。

現実はどうであれ、小学生のうちから、本気で夢に向かってチャレンジ出来るのは良いことなのです。

だから、可能であればどんどんチャレンジすべきだと思っています。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »