« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

長男、初出場(県U-14リーグ)

今日は朝から二男のTRMと長男の公式試合の観戦に行きました。

昨日朝から大阪に向かい深夜に帰宅したので、何となく疲労感を引きずりながらの応援となりました。

二男のTRMは午前と午後に別々の会場で組まれており、その合間に長男の試合を観戦したのです。

長男の試合は、U-14静岡県サッカーリーグです。相手は静岡○園中学でした。

前節では清水○スパルスと引き分けているだけに、残り試合数と勝点を考えればこの試合は勝つことが大切です。

東海リーグへ参加するためには、引き分けでも厳しいと思います。

試合は期待していた以上で、前後半に2点ずつあげて4-0で勝つことができました。

長男も後半にリーグ戦の初出場を果たし、20分ほどプレーする姿を観ることが出来ました。

もしも試合展開が有利に進めば出場機会があるかもと思っていたのですが、その通りの展開になったのです。

やはり息子が出場すると嬉しいものです。

公式戦のユニホームで試合に出ている息子を、久しぶりに見たような気がします。

そこからはほとんど息子のプレーしか観ていませんので、試合展開も余り覚えていませんね。(笑)

あまり活躍したとは思えんませんが、スキルについては、静岡○園の選手に全く負けていないなとは思いました。(親バカです。coldsweats01

あとはフィジカルの強さとスプリント力、プレーのスピード、体力、加えて判断力がつけば何とかなりそうです。

よく考えれば、足りないものの方が圧倒的に多いのですが、前向きに考えたいところです。sweat02

二男の方は…書くのに値しないような内容でした。出場したら必死に頑張らないと…。

例えば全く出番がないなど、もう少しどん底状態を味わった方が本人のためかもしれません。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

中学サッカー部、セレクション結果の通知

長男の通う中学サッカー部から、二男の受けたセレクション結果の通知がありました。

わたしとしては、今回の合否の結果については公表しない方が良いと判断いたしました。

申しわけないですが、この件についての記載はここまでと致します。

何やら大袈裟な表現になってしまいました。(笑)

さて、二男はこの週末はTRMがたくさん組まれているようです。

土曜日は、午前中から夕方まで県外を含むチームとの対戦があります。そして夜は所属チームのセレクション。(自由参加)

明日の天気は大丈夫なのでしょうか?

いずれにしても、わたしは朝から大阪に行くことになっており、帰りは遅い時間になるので観ることはできません。

日曜日は全日出場チームも含め、4チームとのTRMが組まれています。

こちらは応援に行けると良いのですが…。

NTT西日本少年サッカー大会の地区予選はもうすぐです。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

お前はどう思う?

先日の夜、二男のことで長男にいろいろと聞いてみました。

「タ○○(二男)は、どこでサッカーやるのが一番いいと思う?」

例えば、試合に常に出られる環境を優先して選ぶべきか否かということです。

ざっくばらんな話し、お前は頑張っているけれど公式試合の出場は厳しい現状をどう思うと尋ねたのです。

わたしが知りたいのは、やっている本人はどう感じているのか?ってことです。

目標を持ってひたむきに努力すること、あきらめずに頑張ることは価値あることです。

それは、親としての視点での話です。

その部分は切り離して、「お前はどう思ってサッカーやってるの?」と長男に尋ねたのです。

長男いわく、「父さんはどう思ってるか判らないけど、俺はあと少しで届くと思ってるよ。だから頑張るだけだよ。それだけ。」とのことでした。

最初の質問に対する長男の意見はいろいろありましたが、弟のことは心配なようです。

兄である自分からみた弟の長所と短所、サッカーだけでなく性格も含めていろいろ語っていました。

まあ、何が良いんだかわかりません。選らんだ方向で精一杯頑張るっていうのが正解でしょうか。

サッカーだけでなく勉強も大切なわけで…いろいろ難しいですね。

いつも同じ答えにたどり着きます。(笑)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

友だち

セレクションのあった日曜日の朝、二男の友だち数人が朝から遊びにやってきました。

「ター○○く~ん、遊べる?遊べなかったらいいけどぉ」と玄関で呼びかけてきます。

「遊べなかったらいいけどぉ」という台詞が笑わせてくれます。

二男はサッカーの練習や試合があって、なかなか小学校の友達とは自由に遊べていないかも知れません。

遊びに来る子はみんな素朴な感じで、まだまだ人なつっこい子供らしい感じの少年たちです。

妻がこんな事を教えてくれました。

息子が県中部の私立中学に行ってしまわないように、みんなでいろいろ計画を立てているらしいのです。

その中のひとつが、彼らはみんなで公園に集まってサッカーの練習をすることらしいのです。

みんなで中学のサッカー部に入って強くすれば、息子も地元の公立中学に残るという発想らしいのです。

そう言えば、夏休み前に二男はTRMで手首を骨折した時のことをブログに書いたと思います。

サッカーのクラブ練習に参加出来なかくなった数週間、毎日のように小学校の友だちと遊んでいました。

毎日8人~10人にが集まって、近くの公園で一緒にサッカーをして遊んでいたらしいのです。

二男がコーチ役で、サッカーの基本をみんなに教えたといことでした。

その頃、いつの間にかみんなから二男が“師匠”と呼ばれていることを知って、妻が笑っていたのを思い出しました。

二男に、「俺たちみんな中学でサッカー部に入るから、静岡の中学へい行くなよ。」と言ってくれているらしいのです。

うれしい話です。息子にとっては、みんな大切な友達です。

二男がどうするかはセレクションの結果にもよるだろうし、正直なところ、何が良いのか迷うところです。

本人の希望というより、わたしや妻の考え方次第なのだと思います。

学校の友だち、サッカーの友だち、フットサルの友だちなど、みんな大切な仲間です。

どこへ行っても、どんな環境においても、良い友だちに恵まれほしいものです。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

兄の通う中学サッカー部のセレクション(2回目)

二男はセレクションが続いています。

土曜日の現所属チームのセレクションに続いて、日曜日の夜は長男の通う中学のサッカー部のセレクションを受けました。

午前中は小学校の友達と遊び、昼過ぎから清水に移動してチームのTRMに参加。

2試合目の前半で終わらせてもらって、静岡のセレクション会場へ向かうというタイトなスケジュールでした。(笑)

セレクションの内容は、前回とほぼ同じようなものでした。

今回が第2回目で最後です。合否の通知は一週間以内にあるようです。

前回も説明がありましたが、サッカー部員の適性人数を考慮して20人前後が合格となるようです。

合格通知が届けば、サッカー部に入れるということです。

もう少し正確に表現すれば、中学の入試は来年1月なので、入学試験に合格して入学したらの話です。(笑)

この日、セレクション開始頃から雨が降り始め、少し経つと本降りに近い状態となりました。

夜の冷たい雨なので、傘をさして見ていても肌寒さを感じるあいにくのコンディションとなりました。

ゲーム形式の時など、待ち時間の間に体も冷えてしまって子供たちも大変だったと思います。

結果はどうであれ、二男は力を出し切ったんじゃないかと思います。あれ以上のパフォーマンスは望めないでしょう。

真剣勝負、緊張感の中で一生懸命に頑張る息子の姿を見られて良かったなと思いました。

ボールを受けた時など、所属クラブでやっている時よりも、かなり積極的に仕掛けているように見えました。

本人なりに、意識してのプレーなのでしょう。

終了後にお疲れさんと声を掛けたら笑顔でした。

力を出しきれたか?と尋ねると、「うん」と頷いていました。それで十分です。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

所属チームのセレクション

昨夜は二男が現在所属しているクラブチームのセレクションがありました。

トップチームの選手と指定された選手?はなるべく参加することになっており、二男も参加させてもらいました。

このままジュニアからJr.ユースへと希望すれば入れてもらえるのかなあと思います。(たぶん)

静岡県のJr.ユース(クラブチーム)は、頂点の東海リーグ(今年度から3チーム参加)、そして1部、2部、3部(A,B,C)と分かれているようです。

息子の所属クラブのJr.ユースは1部に所属し、昨年度は日本クラブユース選手権(U-15)にも初出場をはたしました。

県内にある街クラブの中では、弱い方ではないと思います。

昨夜のセレクションも、息子のようにチームに所属している子も含めてですがFPが60人近くいたような気がします。

GKは4~5人程度だったでしょうか。

その中には、二男が所属するフットサルチームの選手の姿も何人かありました。

ここを第一希望に考えている子もいるようで、頑張れよと心の中で応援していました。happy01

内容的には、50m走の計測とやゲーム形式が主体のもでした。

セレクションと言っても、前述のような理由で正直なところ親としての緊張感はなかったです。

いつもとは違う雰囲気ながら、二男も練習のような感覚でやっていたと思います。

セレクションは1次として後2回が予定され、最終セレクションは12月です。

コーチ陣も含めしっかりとした組織なので、ジュニアからそのままチームに残る選手も多いと思います。

そして、あらたにJr.ユースをここでと考えている子や選択肢の一つと考えている子も含めて、みんなが希望通りになると良いですよね。

我が家の二男の場合は…親が悩んで(迷って?)います。sweat02

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

2年振りの応援

今日は小学6年生である二男の運動会です。

昨年の運動会は仕事優先で応援には行きませんでした。

一昨年は仕事を休んで行ったのですが、子供たちがそれぞれ6年生と4年生で、兄弟そろっての運動会は最期だったからです。

行かないと何となく悔いが残るような気がしたのです。

運動会の応援に行き、妻の作ってくれた弁当をひろげて子供たちと一緒に食べる。

あの時は、こんなのも最後なんだなあと思いながら運動会を眺めていました。

子供の成長は早いものです。

わたしの記憶の中には、家族と過ごしてきた幾つかの風景があります。

生まれて数ヶ月の長男を乗せたベビーカーを妻が押し、日が傾き始めた近所の公園を一緒に散歩した風景もそのひとつです。

ふいにそんな場面が脳裏に浮かびました。季節は秋になろうとしている頃だったように思います。

今ではその長男も中学2年生になり、まだ存在していなかった二男は小学校の最後の運動会です。

あの頃から随分と時が経ったんだなあと思わずにはいられません。

子供はどんどん成長し、自分はどんどん齢を重ねる。当たり前ですけどね。

今まで妻や子供に何をしてあげられただろうか…なあんて事まで思ったりします。

わたしの母は45歳で鬼籍に入ってしまいました。もう、その年齢をわたしは超えています。

時どき感傷的になるのも、そんなせいもあるのでしょうか…。(笑)

今日は運動会日よりです。わたしが仕事を休んで応援に行くことを、二男は素直に「うれしいなあ!」と喜んでくれました。

そろそろ時間です。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

世界を意識する?

先日の夜、たまたま長男と二人でソファに座りながら、短時間でしたがとりとめもなく語り合いました。

私は息子に、「サッカーでお前はどこを見据えてる?」と尋ねたのです。

「県内か?日本か?世界か?」と尋ねてみたのです。

突然話しを変えますが。

ちょっと前の事になりますが、息子がア○○リュー(先生)が、「にこにこしながら、君のお父さんと話しをしたよ。」と言ってたけど、父さん、何を話したの?と尋ねてきました。

挨拶をして、ほんの少し話したのです。以前に全中優勝の報告会が開かれた時の事です。

面識などなかったのですが、先生方のテーブルに外国人の方がいたので英語の先生だろうと思って話しかけたのです。当たりでした。

小学生の時にはローマ字もろくに出来なかった息子が、英語に興味をもって一生懸命に勉強している事へのお礼が言いたかったのです。(もちろん日本語ですよ。)

英語の授業で、ア○○リューがギターを弾きながらスタンド・バイ・ミーを歌ってくれてカッコ良かったとか、息子が時々話題にすることなどを伝えました。

先生はニコニコしながら、「確かに最初は全然できなかったね。(正直な方です。sweat02)、だけど彼は頑張っているからぐんぐん伸びてますよ。」と息子を評してくれました。

息子は中学卒業までに、英検準2級に合格することを目標にしているようです。まだ4級ですが…。

で、最初の話しに戻します。

わたしは息子に、英語をしっかり勉強して、日本ではなく世界を意識して毎日を過ごせよと話したのです。

英語でコミュニケーションがある程度とれるようになるだけでも、自分の世界は飛躍的に広がり始めるという話しをしました。

サッカーはプレーヤーでなくても、指導者という道もある。

いずれにしても、日本にとらわれず今から世界を意識していけば人生も変わってくるぞと続けました。

息子も、「英語が使えたら、チャンスも可能性も広がるよね。」とその気になっていました。

ここだけの話し、わたしは中学生の頃にそんなことを考えた事すらありませんでした。

今も「世界」など意識して暮らしてないし、英語なんか話せるはずもありません。

町内のレベルで暮らしていますから。(笑)

息子には言いたいことを言ってるよなあと、我ながら思ったりします。

“そうなったらとか、そう出来たらいいよね。”的な感覚です。親ってそんなもんですよね。(笑)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

試合に出れない理由?

先日、リーグ戦の決勝トーナメントで二男は出場機会が無いまま終わった事を書きました。

その後日談を少し。

その試合の翌日の夜、二男に心境やら試合の事やら尋ねたのです。

試合の先発メンバーが発表された後、「なぜ使われないかわかるか?」と息子はコーチに質問されたようです。

そして、試合終了後も「お前が出てたら試合に勝ったと思うか?どう思う?」とコーチ尋ねられたようです。

実はその試合に敗れてしまったのですが、NTT西日本カップのシード権をも失なってしまったのです。

どう答えたのか息子に聞いてみたのですが、もしも理想的な答えが100点だとしたら、わたしの採点は20点くらいでしょう。(笑)

わたしは、お前はアホかって感じで、「もっとさあ…こう…熱いハートというのか魂というか…俺はやりますっ!って感じの答え方が出来ないもんかねえ。」と、話したのです。

息子いわく、「じゃあ、今度はそう言うよ。」って…芝居の台詞を言うわけじゃないんだから、もっとこう…内に秘めた熱い思いをぶつけるような…何と言うか…。

もう苦笑いするしかありませんでした。親が説明するようなものでもないのですから。

呆れて妻の方を見やると、『まあ、分かってないから仕方ないよね。それも小学生らしいって気もするし。』とこれまた苦笑いです。

コーチは奮起を促したかったのでしょう。ありがたいことです。

先発ということで考えると力不足もあると思うし、今までもよく使ってもらった方なのだと思います。

息子より、身体能力もポテンシャルも高いと思うような子がたくさんいますから。

もっと気持ちを前面に出してほしいのですが、こればっかりは理屈ではないし、本人なりには考えているのかも知れないし…。

まだ、チャンスがあるかも知れないから頑張れって感じでしょうか。

親がの方が残念がっても、やきもきしても仕方ないですね。(笑)

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

セレクション結果の通知

昨夜、帰宅して駐車場に車を止めていると玄関から二男が出てきました。

ん?と思っていると、手にしたハガキを掲げながら「父さん、結果がきてた。」と言いながら近づいてきたのです。

先日エントリーした、県東部の○ュビロ系列の強豪クラブチームのセレクション結果が来ていたのです。

車のドアを開けたとたん、息子の「合格だって。」と言うニコニコした顔は本当にうれしそうでした。

わたしが車を降りて、玄関から入ってくる数十秒が待ち切れずに家から出てきたのでしょう。

わたしもちょっと大袈裟に『おぉ、すごいなあ!』と応えたのです。

やったなあ!お前はどんな気持ちだよと尋ねると、「うん、本当にうれしい!」という言葉と共に満面の笑顔を見せてくれました。

家に入ってから、もう一度ハガキの文面を読み返している息子の嬉しそうな表情を見ると、こちらにもその嬉しさが伝わってきました。

ただ、これは1次審査の合格です。最終審査は4次まであります。sweat02

たぶん最終的には、県や東海トレセンに選出されているような子供が中心に合格するのだと思います。

それでも、昨夜のあの笑顔を見ていると本当にチャレンジさせて良かったと思いました。

1次審査であっても、あれだけ喜べるのは幸せな事です。

もう少し幼かった低学年の頃、サンタさんのXmasプレゼントに無邪気に喜ぶ息子たちの姿は、親として本当にうれしいものでした。

息子の喜ぶ姿は、わたしにもあの頃に感じた親としての喜びを思い出させてくれました。

今回は親からのプレゼントではなく、自分でつかみ取ったものです。価値があります。

まだ1次審査だからなどと言わずに、素直に喜んでいる息子にも感謝です。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

二男の正念場?

先週の練習から二男のビブスでの組みわけが控え組になったようです。

「俺、先発じゃなくなったみたい…。」と本人が教えてくれました。

もうすぐ6年生として最後の大きな大会、NTT西日本少年サッカー県大会の予選が始まります。

県内の少年団もクラブチームも、6年生はこの大会での優勝を目標にします。

息子のクラブでも、大会に向けてメンバーを絞っている感じでしょうか。

5年生が4~5人先発に入ったようで、二男は押し出されてしまったようです。

わたしは仕事の関係で早朝から東京に出掛けていたので試合を見ていませんが、昨日の試合は出場機会がなかったようです。

清○小学生サッカーリーグ、6年生のチャンピオンを決める決勝トーナメントだったのですが…。

本人の感想を聞いてみたいところですが、わたしが帰宅した時にはもう寝ていました。

息子にとっては良い試練だと思います。

先発できず控えであっても、ある意味この先の息子のサッカーに大きな影響はないと思います。(親の立場です。)

ただ、このような状況になって、どのような気持ちで、どう頑張るのか?

そこが大切で、人として(大袈裟ですがsweat02)の真価の問われる部分だと思うのです。

息子はどうなんでしょうか?わたしとしては、そこが気になるのです。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

U-14県サッカーリーグ、正念場!?

今日の長男はU-14静岡県サッカーリーグで県西部に遠征、相手は清水○スパルスU-14でした。

わたしは今日も仕事だったので、出掛けに「今日はもしも先発で出たら頑張れよ!」と長男に声を掛けたのです。

長男も出発の準備をしながら、『チャンスがあったら頑張るよ!』と笑いながら返してきました。

そして、『2連敗で崖っぷちだから、2点差以上で敗れると東海リーグへの参加は可能性がほとんどなくなるらしい。やばいよ。』と説明してくれました。

たぶん○スパルスはU-14では県内最強。いや東海地区で最強ではないかと言える相手です。

わたしも正直なところ、そりゃ本当にやばいシチュエーションになったよなあと思いました。

こうなると、初戦の東海大学附属○洋中学戦での逆転負けが本当に痛い。

相手もここまで同じく2試合を消化していますが、2勝して勝ち点6です。

中体連の強豪である静岡○園中学と浜松開○館中学を相手に、2試合で計11得点の失点はわずかに1点。sweat02

U-14の○スパルスは本当に強いと思います。

わたしは結果をメールで連絡してくれと息子に頼んで家をでました。

昼過ぎに長男から直接わたしの携帯に連絡があり、「1-1で引き分けたよ。」とのことでした。

上出来ではないでしょうか。少なくとも、今後に望みが繋がりました。

例によって、息子は学校に戻って自主練習をしてから夜7時近くに帰宅。

話によれば、内容的にも先週のジュビロ○田戦に比べればはるかに良かったらしいのです。

昨年の東海リーグへの参加チームの勝ち点を参考にすれば、残り6試合を5勝1敗でいければ何とかなりそうな気がします。

J下部との対戦が終わっても、強豪クラブチームとの試合は残っています。厳しいですが頑張ってほしいものです。

ところで長男ですが、今日も自主練を頑張ってきたという事で察して下さい。(笑)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

新チーム、新背番号

新チームになって、長男の公式戦での背番号が変わったようです。

#14から#12になったらしいのです。

だからと言って何か変わったわけでもないようです。

タイトルを変えるのも何なので、そのままブログタイトルでは#14を使っていきます。coldsweats01

長男は生活面でも毎日のように妻から小言を言われ続けているのですが、これも変わりありません。(笑)

洗濯物を裏返しのままで出す、弁当箱をすぐ出さない、服を脱ぎ捨てたままにする etc.

これらについては、二男も同じようなものです。

毎日言われ続けても、懲りないのか学習能力がないのか呆れるばかりです。(笑)

息子たちに小言の多い妻ですが、部活やクラブのことであれこれ言うことは滅多にありません。

“気持ち”に対してのアドバイス程度です。

大学までずっと運動部だった妻は、プレーヤーとしては2軍止まり(4軍まであったとか)だったらしいのですが競技は違うものの高校生への指導経験も短くはありません。

なので、サッカー(スポーツ)についても、わたしとは随分と見方が違うなあと思わされる事がたびたびあります。

良い指導者に恵まれることの大切さや、努力によっていくらでも変えられるものと難しいものとかの話し聞くと納得させらる事も多いです。

伸びていく選手、能力があっても伸び悩む選手、高校時代の弱点を大学で克服して花開く選手等いろいろ見てきた経験があります。

だから、ちょっと納得させられます。(ホントかよって思うこともありますがsmile

長男が小学生の頃など、けっこうその時々に一喜一憂していたわたしですが、「今じゃないから」と妻によく言われたものです。(笑)

そんな話もそのうちに。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

連敗、そして出場機会なし…

11日の体育の日、長男は県U-14サッカーリーグの2戦目がありました。

対戦相手はJ下部のジュビロ○田でした。初戦は中体連の強豪、静岡○園中学に完勝しています。

わたしは応援に行くつもりでしたが、二男のTRMに行くことになり見には行きませんでした。

試合は後半に2点を失って0-2での敗戦だったようです。これで2連敗となってしまいました。

やはり長男に出場機会はなく、アップすることもなくベンチを温めていたようです。公式戦なので仕方ないでしょう

初戦の時もそうでしたが、息子は学校に戻ったあと2時間以上の自主練習をしてから帰宅します。

そこで気持ちを切り替えてくるらしく、帰宅後は特に暗さもありません。

勿論、チームが負けたことにも自分が出場できなかったことにも悔しさはあるようです。

試合のことを尋ねてみると、自分の感想も交えてあれこれと話してくれました。

相手チームの主力選手の動きをずっと見ていたようで、気付いた事や参考になった事をアクションを交えて熱心に説明してくれました。

次は清水○スパルス戦です。このチームの主力の二人は存在感も含めてとにかくすごいと息子が言ってました。

○スパルスの試合を見ていても別格なのだそうです。小学生時代は何度か対戦しているらしいのですが…。

また、○スパルスには小学生時代のチームメイトが二人います。

対戦は楽しみのようですが、息子に出番はないでしょう。

チームがもっと強くなるためには、息子のような控え選手が力をつけて、チーム力を押し上げていく必要があるでしょう。

そして、自分の頑張りはいつかは報われると信じて、あきらめずに努力してほしいと思います。

“いつか”は中学ではなく高校でもなく、もしかしたらサッカー以外の部分なのかも知れません。

それでも、明日の自分のために、チームで一番努力するんだという姿勢は貫いてほしいと思うのです。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

セレクション、今度は県東部のチーム

昨日は夕方から二男のセレクションがあり、わたしも一緒に行きました。

県の西部と中部にそれぞれJ下部チームがあるなかで、J下部のない東部全域の優秀な選手の受け皿的な存在でもある強豪クラブのセレクションです。

U-15東海リーグにクラブから3チームが参加しているますが、J下部2チームとこのチームなのです。

息子は中部(清水)のクラブチームに所属していますが、実は自宅は県東部なのです。

さて、セレクションの内容ですがゲーム形式のみでした。

  • フットサルコートを使用してのGKなしでの4対4
  • フルコートより狭いピッチで8対8

昨日の息子は会場に着いてからはやや緊張気味で、最初は表情も硬いものがありました。

東部の会場では仲間もいないので、心細い気がしたのでしょう。

受付後ピッチに入っていったものの、話す相手も仲間もなく、足元のボールをコロコロ転がしたりスパイクのひもを何度も結び直したりしている姿が見えました。

セレクションを全て終えてのわたしの感想ですが、息子は自分の力を出せていたと思います。合否はまた別の話です。

初めて会った者同士がチームを組んでゲームをするのです。難しい部分も多いだろうし、思い通りにならないこともあると思います。

そこで自分の力を出し切れるか否か…それも含めてセレクションだと思います。

ミニゲームの2本目からは、チームを組んだ子供たちと話し合っている姿も見られました。

そういうところを見るだけでも、チャレンジさせて良かったなと思います。

帰りの車中、息子はちょっと嬉しそうにこんな話をしてくれました。

フットサルのゲーム形式が終わった後、手伝いに入っていたジュニアユースの選手同士の会話が聞こえてきたそうです。

「この子は技術があるし、かなり上手いよ。」と自分の事を褒めてくれていたと言うのです。

自信になるだろうし、うれしかったのだと思います。フットサルのセレクションなら「合格」かもしれません。(笑)

まあ、8対8では競り合いの中で、体格の大きな子に一発で吹っ飛ばされていましたが…sweat02

このセレクションも4次審査まであります。昨日のは、まだまだ1次審査です。

息子は最終的に残れるようなレベルではないと思います。

ただ、親バカですが1次審査であっても「合格」という通知を息子に受けとらせてあげたいのです。

サッカーを6年間頑張ってきたご褒美に喜ばせてあげたいのですが、結果はどうなんでしょうか…。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

試合には出られませんでした

昨日の公式戦は、残念ながら東海大学附属○洋中学に敗れてしまったようです。

わたしは仕事なので妻と二男が応援に行ったようですが、逆転負けをしてしまったそうです。

後半の残り10分もないような時間帯に同点にされ、そして逆転されるという試合展開だったようです。

ちょっともったいない敗戦かなって気がします。

長男はと言えば、試合には出場できなかったようです。

夜、長男が帰ったので試合のことを尋ねてみました。

話を聞く限りでは、終盤まで負ける感じはなかったようなのですが…。勝負は甘くないですね。

息子は後半途中にアップを命じられたようですが、結局は声が掛からずじまいだったとか。

ベンチのメンバーで出場できなかった3人の中のひとりだったようです。

今の力では仕方のないことでしょう。

息子いわく「俺のこと忘れてるのかなあ?って思ったよ。」とのことです。(笑)

次は試合に出られるように明日の練習は頑張るんだと言っていました。それで良いのです。happy01

いつチャンスがあるか分かりません。短い出場時間でも、最高のパフォーマンスが発揮できるように準備をしてほしいものです。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

新チーム初の公式戦、その実力は?

今、午前6時になろうとしています。長男はもうすぐ出発するようです。

今日は、公式戦であるU-14静岡県サッカーリーグの初戦です。

相手は東海大学附属○洋中学。

天気は生憎の雨ですが、会場は自分たちのホームグランド。少しは有利かな?

人工芝だから多少の雨でもピッチのコンディションは大丈夫でしょう。

新チームの実力は如何ほどか?興味のあるところです。

長男に、B戦の時は頑張れよ!と声を掛けたら、「父さん、公式戦にそんなのないよ。」と笑われてしまいました。sweat02

逆に息子は「出られるかも知れないよ。」と言っていましたが…。そういう試合展開になれば最高でしょう。

しかし、このU-14サッカーリーグは全て強豪チームが相手です。明後日の11日はJ下部のジュ○ロ磐田戦です。

息子の出場はともかくとして、新チームには是非頑張ってもらいたいものです。

そして、明日は二男のセレクションもあります。

こちらもかなりハードルが高いものですが、このチャレンジはまた報告したいと思います。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

お前は、考え違いをしている

二男のセレクションなどもあって、長男の練習やTRMを久しぶりに見る機会が2回ほどありました。

わたしのような素人目にも、スピードや体力面で息子の力不足は否めません。

しかし、そんなことよりも、これではダメだなと強く感じる部分がありました。

「俺、どうだった?」と家で息子に問われたので、わたしの感じたままを話しました。

サッカーの話しから離れますが、実は関係のある話です。

息子は小学生の時から相手(友達)に合わせようとする傾向があります。判断を相手にゆだねるのです。

遊びの中でも、自分がしたいことよりも相手の意見を優先します。今も何ら変わりません。

わたしが話した内容は、『お前は、考え違いをしている。』という事です。

相手の意見や気持ちを尊重することは大切なことです。

自分に対する自信のなさもあるとは思いますが、息子は非常に大切なことを忘れています。

自分の意見や気持ちも、相手と同じくらい大切だということをです。

たとえ意見が対立する事があっても、それをはっきりと主張できるようでなくては本当の信頼関係は築けません。

相手に自分を合わせていくといのは、優しいのではなくて結局は不誠実な態度と同じなのです。

そういったメンタリティーが、サッカーのプレーに如実に現れているように見えます。

わたしに言わせれば、試合の最中であっても自分の感情すら出せません。

息子は、部活も勉強も一生懸命にひたむきに頑張っているし努力もしていると思います。

でも、自分の殻を破る努力はもっと必要でしょう。

理屈抜きにがむしゃらなプレーが出来た時、サッカーは息子にとって本当に楽しいものになるような気がします。

サッカーで自分を表現できるようになるのが、高校生になってからでも遅いとは思いません。

殻が破れたら、そこからの人生はどんどん輝きはじめると思うのです。(大袈裟でしょうかcoldsweats01

サッカーというのは、子供に(親にも)実にいろんな事を考えさせ、教えてもくれるものですね。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

兄のいる中学サッカー部のセレクション

先日の日曜日、二男は兄の通う中学サッカー部のセレクションを受けました。

受付終了後、各グループ色違いのビブスを着用して、次々に場所を変わりながら違う課題に取り組んでいました。

内容は少し違っているように思いましたが、長男の時もそんな感じでした。

  • 30m走(タイムの計測を数本)
  • インサイドやインステップでのパス交換
  • 1対1、2対2からのシュート
  • パターンを変えてのシュート
  • 数種類のリフティング
  • ゲーム形式(数本)

今回はこんな感じだったかなと思います。

子供達は緊張感の中、みんな必死に頑張っていました。

つくずく思うのですが、世の中の小学6年生みんなが、こんなに緊張する様な経験をしたくても出来るわけではないと思うのです。

そう言った意味では、セレクションは貴重な体験ではないでしょうか。この経験は、きっと子供の心も成長させてもくれると思うのです。

真剣に必死にチャレンジした後で、合否という結果を下される…平たく言ってしまえば、自分がチームに必要か必要ないのかを提示されるのです。

子供でなくても、そりゃあ緊張すると思います。

セレクションの最後に、最終的には20人前後の合格者になるとの説明がありました。

極論を言ってしまえば、サッカーはどこでも出来ます。セレクションの合否によって、将来が決まるわけでもありません。

わたしは息子たちに勘違いしないように話しています。

サッカーの合否や優劣と自分自身の価値とは全く違う次元のものであると。

結果がどのようなものであれ、自分の価値は少しも変わらないという事を忘れてはいけないし、間違ってもいけないのです。

そこだけ押さえてくれれば問題ないのです。

それにしても、小学6年生は体格差も大きいです。

現段階での実力と将来的な可能性を加味して合否を判定するのだと思いますが、選ぶ側も難しいのだと思います。

子供の将来を予測する、確たる根拠となるようなデータなど世の中に存在するわけだはないのですから。

逆説的な言い方になりますが、だからこそ合否にかかわらず「サッカー小僧たち」には可能性があります。

みんな頑張ろう!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

第2回静岡県U-14サッカーリーグ

昨年から始まった、第2回静岡県U-14サッカーリーグが来週から開幕です。

長男が持ち帰った日程表を見ると、対戦相手は強豪チームばかりです。

中体連からは私学の4強、クラブチームからはJ下部の2チームに加えて、ACNジュビロ○津、H○NDA FC、藤枝○ FC、ロ○タ静岡の計10チームです。

まだ高円宮杯などの関係で、来年度の新チームに完全に移行していないチームもあると思います。

それでも、県内の新チームの力関係を知る上でも参考になる大会ではないでしょうか。

昨年は、確か上位4チーム(?)が東海リーグに参戦したのではなかったかと思います。

息子の“先輩たち”である現3年生は、J下部の清水○スパルスやジュ○ロ磐田などと引き分けていながら勝ち点を伸ばせず東海リーグに参加できなかった事を覚えています。

それからグンと力をつけて、今年度の活躍に繋がったように思います。

高円が終わって、コーチング体制も変わったような事を息子が言っていましたが、新チーム(現2年生)がどれほどやれるのか興味があるし楽しみです。

わたしも、できる限り応援に行きたいと思っています。

初戦は因縁(笑)の東海大学附属○洋中学が相手です。

新チームではありますが、何だかまたやるの?って感じがしてしまいます。

このリーグ戦、長男に出場機会は無いように思います。

まだまだ中学生、自分を信じてあきらめないで頑張れば良いのです。(勉強もcoldsweats01

もっと体力がついてくれば、チャンスだってあるかも知れないのです。

ところで、今夜は二男のセレクションです。今日は一緒に行ってやれるので、ガンバレよsign01

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

明日の日曜日もセレクション

昨夜、帰宅したのは9時近かったのですが、珍しい事に庭で二男がリフティングの練習をしていました。

明日の日曜日、二男はまたセレクションがあるのです。

リフティングに自信がなくて不安があるようなのです。今更って感じです。(笑)

確かに、ボールタッチやドリブルのスキルについて比べたら、、長男の小学生の時と比べれば二男の方がはるかに下手くそです。

リフティングだけをみても、長男は小学生のリフティング大会(回数ではなくパフォーマンスを競うもの)で優勝したことがあります。

6年生の時点では曲芸みたいな事をやっていたわけです。

しかし、運動能力という点では、二男の方がポテンシャルは高いと思います。

もしも二男が過去にさかのぼって毎日10分間でもリフティングの練習を続けていたら、これについてはもっと自信をもてたでしょう。

サッカーに限った事ではありませんが、今の現状は誰のせいでもなく、自分が作り出した状況ということはよくあることです。

大人の仕事についても同じです。あの時点でこうしていれば、現状は違うものになっていたのにって事です。

サッカーは、小学6年生にそういう事も教えてくれます。

そして今度のセレクションは、兄の通う中学のサッカー部なのです。

基本的にセレクションに合格しなければ、この中学を受験し入学できてもサッカー部には入れません。

しっかりとした指導と育成を考え、適性人数を超えての入部は認めていないようです。

長男はセレクションに「合格」したのでサッカー部に在籍しているわけです。

しかし、過去の例から見ても、兄が在籍しているからといって弟を「合格」させてくれるほど甘くはないようです。

結果を心配しても仕方ないのです。今の自分にできる精一杯のパフォーマンスを出せればいいのです。

やるしかないのです。頑張れ!happy01

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »