« 成り行きから塾通いへ | トップページ | その瞬間、目は釘付けとなりました »

2010年12月 1日 (水)

二男の進路

二男の方向性はほぼ固まってきました。

そんな中、セレクションを受けてみないかと、二男に声を掛けてくれるクラブチームがあります。

「チームの中心的な選手になれる。」とまで言ってくれるのです。

現在の実力から判断すれば、本当にありがたいことで恐縮してしまいます。

発足して数年のチームのようですが、コーチ陣の熱意も高いチームのようです。

先日に頂いたコメントのように、試合に出られないより出られた方がいいと思っています。

けれど、わたしには“育成”のためにはという様な立派な概念はありません。

サッカーだけを中心に考えていないと言った方が正確かなと思います。

息子たちがJ下部に入れるような能力があったら、話しは別だと思いますが。(笑)

いたって単純な話で、試合があれば出た方が楽しいだろって理由からです。

逆に“育成”という観点から、何が正しいのかと論じるのは難しいことだなあと感じるのです。

言わば「“育成”する側(大人側)の論理」があるならば、「“育成”される側(子ども側)の論理」も考えるべきかなと思ったりします。

加えて、「親の立場での論理」も入れたら複雑すぎる話しですよね。

県東部から、サッカーが盛んな清水まで息子たちを通わせた経験から感じることがあります。

最初、子供たちや親の意識の高さに本当に驚きました。

けれど、サッカーが盛んなこの地域においてもいろんなスタンスがあります。

サッカークラブにいながら、中学からは違うスポーツをやるつもりっていう子供もいます。

子ども達の夢や希望もそれぞれ、親の対場で望むこともそれぞれ微妙に違います。

そういう観点に立つと、コーチ(指導者)というのは、色んな意味で難しいだろうなあと感じたりもします。

話しを戻しますが、サッカーと勉強の両方のバランス重視が我が家の方針です。

来年度から中学生です。二男には、責任と自覚を求めていきたいと考えるのです。

(責任と自覚、日ごろの我が身を振り返っても…sweat01

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 成り行きから塾通いへ | トップページ | その瞬間、目は釘付けとなりました »

二男の記事」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

「育成される側の論理」

ボコ殴りされた気分デス。海老蔵のようにw
「育成される側(子ども)のコトを一番に考えて」、っていうのが「馬鹿親の理論」なんデスが…、
そうなってナイ!?(◎o◎;

子どもの意見を尊重してる風で、実は誘導してる?
で、ソノ誘導は正しいのか?

難しいデスね
正解があるんでしょうか?


投稿: ひろ丸 | 2010年12月 1日 (水) 19時44分

ひろ丸さま

おっしゃる通りで、難しいですよね。
何が正解なんだか、
自分の人生でさえ分らないくらいだから、答えなんてない気もします。(笑)

ひろ丸さんのサッカーに対する見識の深さは、
わたしなどの比ではないと思いますよ。
時どき、ブログも拝見しています。
参考にさせてもらっていることも多いんです。

結局、選択の自由はあるのだから、
自分が正しいと思う方を選んでいくのが、
正解?なんでしょうか。


投稿: カウチポテト | 2010年12月 2日 (木) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/37867232

この記事へのトラックバック一覧です: 二男の進路:

« 成り行きから塾通いへ | トップページ | その瞬間、目は釘付けとなりました »