« 薄氷を踏む思いの勝利 | トップページ | 親の理想は絵に描いた餅? »

2011年1月17日 (月)

二男宛てのサッカー部監督からの便り

先日の土曜日、二男の進学する中学のサッカー部から便りがきました。

差出人はサッカー部顧問の先生(監督)です。

そこには新一年生に対する「合格」のお祝いメッセージとサッカー部の練習参加への案内が書かれていたのです。

一日も早く環境になれるために、練習への参加や試合の観戦を勧めてくれるものでした。

もちろん、小学生としての予定が優先で、参加や見学が可能であればいつでもどうぞ的な内容です。

ありがたいことに、サッカー部の月間予定表と共に送られてきたのです。

二男宛てに送って頂いたこの案内が、二男にとってはプレッシャーだったようです。

ほんとに、情けないやつで困ったものです。

「うわぁ~ヤバいよ、ヤバいよ。」と慌てていました。

何がいったいヤバいのかさっぱり分かりませんが、ヤバいらしいです。coldsweats01

昨日の日曜日、二男はTRMがあったので妻と一緒に応援に行きました。そこで、息子たちのサッカーや学校の事も話したりしたのです。

妻は、「本人(二男)が望むのは、明確に意識してはいないにしても常に自分にとって居心地の良い楽な環境。将来を考えれば少し厳しいくらいの環境に身を置いてほしい。」と言っていました。

この点は、わたしも同じ認識です。

昨夜も、「俺、結局どうしようかなあ~。」などと寝ぼけた事を言っているありさまです。

まあ、じっくり考えても良いかと思います。それはそれで、自分の事を真剣に考える良い機会にはなります。

入学金も納めたし、現実的には選択の余地はないのですが…。coldsweats01

進路など世間も社会も分からない小学生が判断できるものではないので、親が方向付けをするのが務めだと思います。

その選択が良いものになるか否かは、それは本人の努力や取り組み次第でしょうか。

そこからはだれの責任でもなく、自分で切り開いていくものなのです。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 薄氷を踏む思いの勝利 | トップページ | 親の理想は絵に描いた餅? »

二男の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/38491312

この記事へのトラックバック一覧です: 二男宛てのサッカー部監督からの便り:

« 薄氷を踏む思いの勝利 | トップページ | 親の理想は絵に描いた餅? »