« 二男宛てのサッカー部監督からの便り | トップページ | 長男と二男、取り組む姿勢の違い »

2011年1月19日 (水)

親の理想は絵に描いた餅?

先日の土曜日、中学生時代の同級生から連絡があり4年振りくらいに会いました。

商社に勤務していたのですが、昨年に独立して事業を興したようです。

なかなか思い描いたようには行かず苦戦しているなんて話しでした。

両親の介護、子供の教育、夫婦や親子関係、政治や経済などの話しで、時間を忘れるほどに話しは盛り上がりました。

我々の年代になると、親の介護なども切実な問題です。若いころは想像もつかない話しでしたけど…。

わたしは介護の問題を抱える立場ではないですが、彼はひとり息子の上に両親とは遠く離れて暮らしています。

4年くらい前は、彼のご両親は健康状態に不安を抱えているものの自立した生活が出来ていました。

現在は状況が大分深刻で、それがもとで夫婦の離婚問題にまで発展していると言うのだから難しいものです。

ところで、彼には中学3年生と小学6年生の息子がおり、我が家と似たような状況です。

中学3年生の長男は受験の真っ只中で、柔道で声の掛かっている有名私大の附属中学に進学するようです。あとは面接試験を残すのみと言っていました。

公立の有名な進学校の選択肢もあって随分と迷ったようです。

よくできた息子で、学業でかなり優秀な上に柔道でも多くの大会で好成績を納めているらしいのです。

背丈は既に180㎝に達し、ついに身長も抜かれてしまったよと苦笑いをしていました。

わたしと同じで彼も野球好きだったくせに、息子たちは柔道やサッカーをしているのだからおかしなものです。

柔道で強くなって、将来は警視庁でも目指すのか?と半ば冗談でたずねると、その通りだよと真顔で語っていました。

親として描いているのは筑○大学に進学して柔道を続け、それから警視庁や警察庁にという青写真らしいのです。

警察といっても、柔道の指導を専門とする指導者という道があるようなのです。

柔道の事はよく分かりませんが、好きなスポーツにずっと関わっていくには色んな道があるものです。

もっとも、親の立場で勝手に描いた理想なんてものは、「絵に描いた餅」になるのがおちなんでしょうけど。

まるで事業計画のようなもんだなと…。そんな話しで、お互い笑いました。

我が家の息子たちは、どんな理想を描きどんな道を歩むのでしょうか。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 二男宛てのサッカー部監督からの便り | トップページ | 長男と二男、取り組む姿勢の違い »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/38513127

この記事へのトラックバック一覧です: 親の理想は絵に描いた餅?:

« 二男宛てのサッカー部監督からの便り | トップページ | 長男と二男、取り組む姿勢の違い »