« ベスト4ならず… | トップページ | 40度まで発熱しました… »

2011年2月14日 (月)

続、長男の行動に驚愕!?

先日、長男が突然に大声をあげながらアップを始めた事を書きました。

それには伏線があったのです。

ちょっと話は遡ります。1月に懇親会があったので監督やコーチに挨拶をさせて頂く機会がありました。

その時に、それぞれのコーチが思いがけず息子に関する話しをしてくれました。

サッカーに関する話しではなく、チームの中で忘れ物の多さが突出しているという話しです。sweat02

練習着であったり、ソックスやシンガードであったりするようです。

これはもう、サッカーをする以前の話しです。

コーチは笑いながらの話しですが、息子の“日々の姿勢”がよくわかるエピソードでした。

で、試合の日に話しを戻します。

1試合目の終了後、余りに寒いのでわたしは車の中で休んでいたのです。

すると携帯が鳴り、息子が車の後部座席に水筒を忘れたから取りに戻ると言うのです。

十分に余裕を持って到着し、車の中でダラダラと時間を過ごしてから出て行ったにも拘らずこれです。

試合に大勝し、息子は余裕の表情で車に戻ってきました。

ドアを開けた息子に対して、わたしは静かにですが言い放ったのです。

お前は、どんな準備をして試合に臨んでいるんだ。

(実は家を出る際にも、ギリギリになってバタバタと支度をして出発しています。忘れ物が多いのもうなずけるのです。)

サッカーのプレー云々を言う前に、準備もしっかりできないヤツに何が出来る?

忘れ物ばかり繰り返すのは、心構えも含めて準備を怠っているからだろ?

さっきの試合も、一生懸命にプレーしているように見えた。

けれど、お前のプレーから必死さは伝わってこない。

試合に使ってもらう事が目標なのか?

控えなのに、レギュラーと同じようなスタンスでプレーしているようにしか見えない。

そんな実力が、お前にはあるのか?

与えられた僅かな時間の中で、全てを出し尽くすんだという気概が、お前からは感じられない。

所詮は、気持ちも含めて“準備”の出来ていないヤツに、そこまで求めるのも無理な話しだと思う

そこが父さんには残念だった。

わたしの話しは、時間にして2分程度だったと思います。

息子は「その通りだと思う。」と力なく言い残して、戻っていったのです。

その後に、あのパフォーマンスでした。

帰る時はいつもと変わりない息子でしたが、何か思うところはあったのでしょうか…。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« ベスト4ならず… | トップページ | 40度まで発熱しました… »

練習試合・公式戦」カテゴリの記事

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

気持ち・・・どんなテクニックよりも大切だと思いますし、またどんな練習やっても手に入れる事が難しいものかも知れませんね。性格みたいなものもありますし・・・。
チョッと親として考えさせられる投稿でした。親としていかに子供の琴線にふれる言葉をかけれるか・・・

投稿: kuni | 2011年2月14日 (月) 12時35分

Kuniさま

コメントありがとうございます。

息子にもプライドがあるだろうし、父親にあそこまで言われてたら反発したくなる気持ちもあるはずです。
自分の中学生時代を振り返っても、容易に想像がつきます。
あの時、わたしの投げかけた言葉に対して、ひとつの言い訳も反論もせずに戻っていきました。
その後でみせた行動が、息子なりのわたしに対する答えだと思います。
わたしに対して“意地”を見せた様にも思えました。
それでいいんです。happy01
心構えの準備も含めて、“本気”とはどういうものか気付いてほしいです。
わたしから言わせれば、息子のサッカーに対する“本気”は、まだまだ本気の域ではないのです。

投稿: カウチポテト | 2011年2月15日 (火) 07時46分

こんばんは。

いつも楽しく拝見しています。息子さんが素晴らしいのはご両親が素晴らしいからだと思います。
うちの息子達が所属するチームにも「素晴らしいなぁ。」と思える見習いたい保護者がいます。その方は素晴らしく謙虚で素直。だから息子さんも同じように素直です。体が小さくずっと控えだったその子が、ボランチとしてここ2試合スタメンを勝ち取り素晴らしく献身的なプレイとハードワークでチームの勝利に貢献しました。変わりにスタメンから落ちた2人の選手はナショトレ選手なんですよ。サッカーって面白いものです。
闘う気持ちは技術のように容易に指導者が教えられものではないと感じています。『子は親の鏡』家庭での取り組みや躾けはとても大切だと痛感させられています。
カウチポテトさんご夫妻が育てられた息子さんはきっと大丈夫です!今すぐは答えは出なくても、きっと花開く気がします。

投稿: マイケル | 2011年2月15日 (火) 18時29分

先日はいきなりのコメント失礼いたしました。

忘れ物・・大丈夫です。カウチポテトさんの様な愛情をきちんと注ぎ必死にお育てになられている事がひしひし伝わります。親がいるから大丈夫と言う気持ちが常にあるから子供は安心してしまうのでしょうか?

我が家も毎回チェックさせても忘れ物がなくならないですね。我が子も相当な忘れ物大魔王です。


我が子はと言いますと。何と以前全国大会の本線での話です。そこでの事件です。たまたま前日に配られたサブのユニフォームを忘れた事があるんです。
たまたまその日はメインユニフォームでの試合だったらしいです。チームより会場まで送った欲しいと依頼がありました。送っても福島まで2日間かかる事が判明、仕方なく飛行機で持って行った経験があります。(大出費  涙)
親ばかです=反省


しかし絶対絶命のきっかけからやっと忘れ物も多少少なくなりました。
まだ水筒等やこまごましたものの忘れ物有りますが。涙

やはり親が何とかしてくれると常に思っているのが中学生だと思います。
だから絶対絶命の経験をすれば用心深く多少なるかなと思います。


しかし、総括して気持ちが全てだと思っております。絶対負けない気持ち、あと一歩の精神、自分よりうまいやつはいくらでもいるんだから、素直に下手だと自覚して下手でも何ができるかの考える気持ち、気持ちと言っても人それぞれありますが、スポーツをするにあたり絶対に大事な要素だと思っております。

春休みはもしかするとそちら方面に遠征あるかも知れません、その時はB級グルメ紹介してください。

またコメントさせて頂きます。

お邪魔しました。

投稿: BUBU | 2011年2月15日 (火) 19時08分

ものすごく共感でき
そして考えさせられました
先程、まったく同じような事で
息子と話をしました
強制されずに行った長男さんの行動、気持ちは本当にすばらしいと思います
最終的には自分で打開しなければいけない問題なんですよね
私も自分の息子を信じて見守ってみようと思います
ありがとうございました

投稿: yasuke | 2011年2月15日 (火) 22時04分

いつも楽しく拝見させて頂いてます。
親父の言葉に勇気をもって応える息子さん。
大きく成長した一瞬だったのではないでしょうか?
これからも楽しみにしています。

投稿: shimauta | 2011年2月15日 (火) 23時41分

マイケルさま

コメントありがとうございます。
マイケルさんのブログは時どき拝見させて頂いています。
子供たちの為に、自分の時間を割いて献身的に活躍されている姿は尊敬に値します。

サッカーはまだまだこれから。
わたしなりの形で、息子たちを応援していきます。

投稿: カウチポテト | 2011年2月16日 (水) 14時41分

BUBUさま

飛行機で忘れ物を届けたという逸話は、凄すぎます。(笑)
しかし、同じような忘れ物を繰り返す心理が分かりません。
時には、弟の名前の書いたものを忘れてくるようです。

おっしゃる通りで、負けない気持ちと素直な心は大切だと思います。
静岡のB級グルメ、紹介させてい頂きますよ!

投稿: カウチポテト | 2011年2月16日 (水) 14時48分

Yasukeさま

コメントありがとうございました。

息子の行動は、わたしにも予想外でした。
子供は子供なりに一生懸命だとは思います。
気持ちだけで結果がすぐに現れるものではないと思いますが、息子には闘ってほしいです。

投稿: カウチポテト | 2011年2月16日 (水) 14時55分

shimautaさま

コメントありがとうございました。

自分の殻を突き破るのは、誰にでも難しいものだと思います。
そんな意味では、成長したのかも知れません。
まあ、あの日の帰りにはいつもの息子でした。
あれからも、相変わらずサッカーの準備で妻から叱られてます…。

投稿: カウチポテト | 2011年2月16日 (水) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/38846639

この記事へのトラックバック一覧です: 続、長男の行動に驚愕!?:

« ベスト4ならず… | トップページ | 40度まで発熱しました… »