« 激戦の県U-15リーグ | トップページ | 順調な回復 »

2011年4月26日 (火)

二男がタイムカプセルに入れたもの

二男が小学校の卒業間近に語っていたことをふと思い出したので書いてみます。

卒業記念に校庭に埋めたらしいタイムカプセルの話しです。

各々が、手紙と一緒に思いついた物を2点ほど入れたのだと言ってました。

二男がカプセルに入れた物のうちの一つが、6年生まで所属していたクラブのサッカースクールでもらったビブスらしいです。

小さく折りたためて都合が良かったからなんて言っていましたが、ずっと頑張ってきたサッカーに関するものを入れたかったのでしょう。

通っていた小学校では、サッカーチームに入っている同級生は他に一人しかいませんでした。

静岡県といっても、ここはサッカー不毛の地なのです。(笑)

二男が遠く清水のサッカーチームに入っていることは、ほとんどの同級生は一応知っていました。

しかし、どの程度に?頑張ってるのかは余り知られていなかったと思います。

さて、ビブスの話しに戻します。

クラブが運営しているサッカースクールに入った当時に、自分の名前入りビブスをもらったのです。

チーム練習ではなく、サッカースクール時に着用するために配布されたものです。

実際はほとんど誰も着用しなかったからでしょうか?すぐに配布されなくなったように記憶しています。

二男からそれをタイムカプセルに入れたと聞いて、その存在を思い出したくらいに印象の薄いものです。

タイムカプセルは、二十歳になって成人式が終わったあとで開くのだそうです。

8年後、二十歳になった二男はどこで何をしているのでしょうか。

普通に考えれば、大学生でしょうか。

タイムカプセルを開けてビブスを手にとった時、はたして何を思うのでしょうか。

その時、サッカーを続けているのでしょうか。

もしも息子がサッカーを続けていたならば…それはそれで、わたしとしては嬉しいような気がします。

話しは変わりますが、二男の小学校時代の同級生たち数人が、中学に入学してからサッカー部に入ったようです。

二男と近所の公園で“サッカーごっご”で遊んでいた子供たちです。

「た○○、いつか試合で勝負しようぜ!」すでに対戦を熱望するような、こんな連絡があるようです。(笑)

なんだかうれしいですね。みんな頑張れよ!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 激戦の県U-15リーグ | トップページ | 順調な回復 »

二男の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/39182695

この記事へのトラックバック一覧です: 二男がタイムカプセルに入れたもの:

« 激戦の県U-15リーグ | トップページ | 順調な回復 »