« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

準決勝、東海大会まであと1つ

昨日の試合は、後半に得点を重ねて4-0で勝つことができました。happy01

さあ、いよいよ今日は県大会の準決勝と決勝が行われます。

息子たちは既に家を出ています。

準決勝に勝てば東海大会への切符を手にできます。

つまり実質の大一番は準決勝と言っていいでしょう。

対戦相手は静○学園中学となりました。

相手は延長戦の末に辛くも勝った前日とは打って変わって、8-0というスコアsweat02で快勝しての準決勝進出です。

以前に書きましたが、互いに昨年と一昨年の全国大会優勝チームです。

地区予選の順位決定戦に続いて、又も対戦することになりました。

予選では2-1で勝ちましたが、今回は負けたらそれまでです。

こちらも必死なら相手だって必死です。白熱した試合になると思います。

どちらかが東海大会へ進出し、どちらかが涙をのむ事だけは確かです。bearing

正直、「厳しすぎませんか?この県予選」って言ってみたくもなります。(笑)

この試合の重みを考えると、選手も応援する側もワクワクもするし緊張もするでしょうね。

わたしも嫁さんも、今日は揃って応援です。happy01

余談ですが、昨日も観戦した嫁さんの話しです。

長男は太鼓の横で大きな声を張り上げて、一生懸命に応援していたらしいです。

その姿に、想像していた以上にひた向きな一途さを感じたと言っていました。happy01

選手もベンチも応援席も、今日もチーム一丸となって勝利をつかもう!

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

中総体、県予選は準々決勝

昨日の休み一日を挟んで、今日はいよいよ準々決勝です。

息子たちも朝早く出掛けていきました。

今日の相手も強敵です。同じ静岡地区を5位で通過して県大会に進出したチームです。

地区5位と言っても、2回の予選リーグと順位決定戦を通じて1敗しかしていないチームです。

1敗以外は、ほぼ危なげなく勝ち続けていた印象です。

予選で唯一1敗を喫した相手が、息子たちのチームだったのです。

地区予選では3-0で勝っていますが、そんな事は何の保障にもなりません。

長男も楽に勝てる相手なんかじゃないよ。と言っていました。

もちろん、選手たちにも油断なんてないと思います。

相手選手たちも相当な意気込みで挑んでくることでしょう。

この一戦に、全てをぶつけてくることでしょう。

激しい試合になるような予感がします。

嫁さんは応援に行くと言っていたので、わたしの携帯には速報が入ってくると思います。happy01

吉報を待つのみです。

ところで、今朝になって長男が応援には来てほしくない。と嫁さんには言っていたらしいです。

で、どうすんの?とわたしが尋ねたのです。

嫁さんは笑いながら、目立たない所にいるかも知れないけど行ってくるね。と言っていました。

本来なら、何もなければ嫁さんは高校総体の応援に行きたかったんじゃないかと思います。

自分と関わりの深いチームが県代表だからです。

サッカーではないですが、現在ベスト16に残っています。

十分に優勝も狙える力があると言っていました。

それでも、息子のチームの応援とピッチにはいないけれど息子たちの姿を見に行くのだと思います。

そんな母親の気持ちを理解するのは、息子がもっと成長してからでしょうね。

わたしに対して嫁さんはきっぱりと言いきります。

ユニホームはお情けでもらうもんじゃなく、自分の努力でつかみ取るもの。悔しいと言葉に出すのに値するほどの頑張りを知ってほしいし、乗り越えることも学んでほしい。

長男にはそんな事は言いません。わたしに言います。coldsweats01

大学時代は二軍のキャプテンだったらしいです。

悔しいですが、わたしの言葉より説得力があるのです…。coldsweats01

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

中総体県大会、波乱の2回戦

大波乱と言ったら勝ったチームに失礼だとは思いますが、息子からのメールを見て本当に驚きました。

2回戦で浜松開○館中学が藤○中学に敗れたのです。

地区予選の成績で言えば、浜松地区1位 対 中西部地区3位 の対戦でした。

仮に開○館中学が東海大会へ進んでいたら、上位いや全国大会を狙えるだけの力は十分にあったと思います。

春先の県U-15チャンピオンシップでも、中体連の部で優勝しています。

県U-15リーグでも、静○学園中学や東海大○洋中学から勝点3をあげているチームなのです。

まさか2回戦で姿を消すとは…トーナメントは何が起こるか分かりません。

勝負と言うのは、非情であり厳しいものですね。

敗者もいれば勝者もいます。

PK勝ちとは言え、勝った藤○中学は大したものです。

きっと、応援の親御さん達も盛り上がったことでしょうね。

やはり、3年生にとっては中学生として最後の公式戦、最後の夏。

試合に懸ける思いが違うと思います。

選手だけでなく、応援する側にも熱い思いがあると思います。

気持ちの入った熱い熱い闘い。感動を呼びますよね。

他の試合も気になるところです。

スコアをみれば、前日は圧勝していた静岡○園中学も3-2の辛勝だったようです。

紹介すべき順序が逆になってしましましたが、息子たちのチームは1-0で勝ちました。

やはり県大会です。楽な試合などありません。

これでベスト8です。東海大会まであと2勝。

次も強敵、負けられない試合が続きます。

応援を頑張る息子の声も、日に日に枯れていきます。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

県大会、初戦突破

昨日は3-0での勝利だったようです。(^^)

東海大会への出場枠は2つだけ。あと3勝することが必要です。

長男が言うには、今日の相手も侮れないし、油断なんてできる相手じゃないよ。ってことでした。

そりゃそうです。県大会ですから。

それにトーナメント戦のような一発勝負は、何が起こるか分からない怖さもあります。

今日も二男は、6時前の電車に乗るために朝早く家を出ていきました。

大会運営のお手伝いやら先輩たちの水の準備など、いろいろ仕事があるようです。

息子たちは応援で、そして選手達はプレーでの完全燃焼期待してます。みんな頑張れ!

わたしは今日も、職場で吉報を待ってます。happy01

ところで、昨夜はわたしはちょっとだけ帰りが遅くなりました。

わたしは毎朝6時過ぎには家を出て、夜8時半過ぎくらいに帰宅するのが普通です。

昨日も帰宅するや否や、長男から今日もやる?のひと言。アハハです。sweat02

今日は少し遅いしなあ…、毎日やればいいってもんじゃないしなあ…。なあんて返事をしてみたのですが…。(^^ゞ

いつもなら、そう今までならその雰囲気を察してそうだよね。じゃあ、今度だね。と言うのが長男の性格なんです。

それが、でもちょっとだけでもトレーニングしたいと言うのです。立派なものです。アハハsweat02

わたしも気力を振り絞って?協力させてもらいました。

パートナーストレッチが主で、あとはボチボチと全部で30~40分くらいでしょうか。

息子の体は柔らかい方だと思います。普通に考えれば、かなり柔軟性はあります。

ただ、スポーツの中でその柔らかさ、つまりパフォーマンスとして可動域を十分に発揮できるかとなると話しは別です。

息子には、その部分の能力の低さを感じます。

だから地道に、地味な事を続ける必要があると説明しながらのトレーニングです。

トレーニングをすれば、すぐ結果が出るような勘違いもあるようです。coldsweats01

今やっているっことは、3ヶ月~半年先にその効果を感じられればいいんだよと説明。

息子とのコミュニケーションは深まりますが、正直なところキツイ。

内心弱音を吐くのは、付き合う親父です。coldsweats01

二男は、俺には関係ないよとばかり、いつもさっさと寝ています。(笑)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

中総体、県大会開幕

いよいよ今日から、中総体の県大会が始まります。

日曜日には東海大会への出場チームも決まるわけです。

二男は朝6時前の電車に乗るために家を出ました。

会場は清水総合運動場で、試合開始は9時の予定です。

昨夜、長男はわたしとのトレーニングが終わった後、サッカー部の応援歌?をパソコンに打ち込んでいました。

そんな物があったなんて、初めて知りました。w(゚o゚)w

まだ覚えられない1年生のために、配布する事を思いついたんだとか。

夜中にリビングを見ると本人はソファで眠っていましたが、パソコンを覗くと、まだ途中でした。

長男も6時過ぎに慌ただしく家を飛び出して行きましたが、大丈夫なんでしょうか…。coldsweats01

ところで、昨日の1、2年生は午前と午後の2部練習だったらしいです。

3年生と大会に登録されている2年生は、午前中のみの軽めの練習だったとか。

長男はコーチに声を掛けられ、3年生で一人だけ午後の練習も参加したと言っていました。

つまり、弟である二男たち1年生とも一緒に練習したらしいです。(笑)

夜、こんな事を言っていました。

嫌だなと思ったけど、結局は自分にとっては凄くプラスになった。

1年生を見ていると、この子は積極性がなくて無難なプレーしか選択してないなとか思ったりした。

そんな消極的な気持ちが俺にはよ~く見えたし、無難にと思ってるだろう割にはミスも目立つし…。

そんなんじゃ、練習をしていても伸びないぞと感じたよ。

でも、その姿は自分も同じ様なものだよなと気付かされた

今日も1回戦の終了後、1年生と2年生は学校に戻って練習のようです。

長男もコーチにお願いして参加させてもらえば良いのに思いました。

もうすぐ1回戦が始まる時間です。

初戦から難しい相手だと思いますがチームの勝利を願っています。

長男の胸中は複雑なものもあるかと思います。

出掛けに、なんかさあ…、とにかく応援頑張ってくるよ!happy01

ちょっと言い淀み、そのあと元気よく飛び出して行きました。

今まで一緒に練習してきた仲間たちだって、きっと分かってくれている。

今、自分にできる事を精一杯やることが大切。

チームのために、そして出場選手たちのために精一杯のサポートをたのむぜ!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

怪我ばかりする理由

どうして長男は怪我が多いのでしょうか…。

運が悪いのか?ドジなのか?coldsweats01

わたしは長男のプレーを見ていて、以前から思うことがありました。(偉そうに言えるほど見てませんけどsweat02)

球ぎわと言うのか、競り合いの時に体が伸びきっている印象があるんです。

上体が突っ込んであごも上がっているので、余計に体は伸びきってしまう感じなのです。

自分の能力ギリギリのプレーで、動作を修復できる反応の限界を超えてしまう感じなのです。

運動学的な表現を借りれば、身体制御が上手くできていないと言ったら良いのでしょうか…。

だから転倒の際などにダメージが大きいのかなあ…なんて思ったりします。

ひと言で言ってしまえば、運動センスの問題なんでしょう。

体力自体の向上もですが、固有受容覚を促通するような、言ってみればプレーの動作に関与してくる筋群の動員比率を上げていくようなトレーニングも必要かも知れません。

たとえばPNFと言われる様なトレーニングを少し取り入れるとか。

これは運動学や生理学の知識に加えて技術の熟練を要する特殊なテクニックなので難しいんですけどね。

そもそも、わたしがやってあげたくても基本的なパターンしか知りませんから専門的なことはできません。weep

それに誰にでも効果があるのではなく、きちっと鍛えた者が取り組んでこそPNFは意味のあるトレーニングです。

でもまあ、部活で頑張っているし…。どうなんでしょうね。

もうひとつ。息子は走るスピードも遅すぎてサッカーやるには致命的とも思えます。

わたしのような素人目にもフォーム自体がひどい…。

体幹というか軸がブレてるし、腰が落ちると言うのか骨盤が後傾気味になってる。

要するに姿勢が悪いんです。coldsweats02

走りを考えればピッチとストライドの問題なんでしょうけど。

地面を蹴った力をうまく利用できているように見えません。

走る姿勢に加えて、足首と膝の使い方にも大きな問題がある気がします。

ただでさえ速く走れないのに、地面からのエネルギーを前方への推進力に変換する前にロスしまくって走るって感じでしょうか。

サッカー選手は陸上競技の選手とは違いますが、陸上選手のフォームをビデオで息子に見せたら軸がぶれずに骨盤が固定されていると言った意味はよく分かったようです。

夏休みは部活があっても、翌日の授業には差し支えありません。

ここ数日、息子の希望で一緒にトレーニングに付き合い始めました。

毎回、ほんの30分~1時間程度です。基本的な体力要素を向上させる目的のものです。

正直、時間的にわたしは厳しいのですが…息子のために頑張ってみるつもりです。coldsweats02

夕飯を食べてる時間もないくらいですが、息子が望むならば、なるべく続けてあげたいと思っています。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

二男のプレーを久しぶりに見ました

昨日の午後は、久しぶりに二男たち一年生のTRMがありました。

最近の週末は、中体連の公式戦の会場係や先輩たちの応援って感じです。

TRMの相手は、クラブを立ち上げたばかりの浜松のチーム。

中学一年生に混じって、小学6年生なんかも来てました。

コーチの方々のやる気と熱心さが伝わってくるような感じで、これからが楽しみなチームでしたね。

二男のプレーぶりと言えば、まだまだ体力的にも非力さを否めません。

動き方にしても、もっとサッカーを勉強しなけりゃいけません。coldsweats01

中学生年代後半までに一生懸命に頑張って、体力もサッカーのプレーも成長してほしいものです。

あと、苦手な勉強はもっとかな。(^^ゞ

TRMも終わって自宅に戻ろうとすると、既に練習を終わって帰宅した長男から嫁さんに連絡がありました。

3年生のチームメイト2人が自宅に遊びに来ているので、帰ったら駅まで送ってほしいとの連絡だったのです。

嫁さんが、だったらそのまま泊って、明日は家から練習に行ってもいいよ。と返してました。

2人とも、親御さんに連絡してOKをもらって泊まることになりました。

夜は庭でBBQをしながら、中総体の県大会や東海大会の話しにもなりました。

彼らは県大会に出場登録されていますが、チームの中での競争も厳しいものがあります。

チームには県大会を勝ち上がって東海大会、全国大会へと行ってほしいしのは勿論です。

そして彼らにも、出場の機会がたくさんあって活躍もできれば良いなと思いまいした。

我が家の長男は残念でしたが、それとこれとは別の話しです。

嫁さんも加わって、長男には応援の練習と試合への備え(可能性がゼロでない限り。)を頑張んなさいよとはっぱをかけていましたね。coldsweats01

しまいには、あんたが着ぐるみを着て応援すれば盛り上がるのにと本気で言っていましたが…。

それは如何なものかと思います。think

県大会はいよいよ今週から。

昨年の先輩たちに一歩でも近づけるように、みんな頑張れ!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

長男とのウォーキング

少し前の話し、中総体予選が始まった日(6月25日)の夕方のことです。

長男が帰ってくるのを待って、わたしはウォーキングに付き合ってもらったのです。

わたしはここ数年ですっかりメタボな体形になってしまい、文字通りのカウチポテト的な風貌となってしまいました。反省。coldsweats01

一昨日も、たまたま一緒に食事をした整形外科の先生に膝の痛みの話をしたらまずは減量だよね。との見解。coldsweats02

とりあえずは、5週連続で膝にヒアルロン酸の注射をしてもらって様子をみる事にしました。

話をもどします。

息子ににウォーキングを付き合ってもらったのは、実は息子とじっくり話をするための口実みたいなものでした。

この時はまだ、長男は足指の骨折が完治せずにサッカーができない状態でもありました。

一緒にウォーキングをしながら、サッカーのことや学校生活こと、普段考えている事などをじっくり聞いてみたいと思ったのです。

息子とじっくりと会話するというのは、なかなかありそうで無いことなのです。

ゆっくりと話を聞いてやれる時間もないのが普段の日常ですから。

あの日、サッカーについて話が及んだ時に、息子なり語っていた事を覚えています。

ケガの事を抜きにして、プレーヤーとしての自分の実力分析みたいなものでした。

俺はそんなに負けているとは思わないんだけどなあ…。体力差とスピードの差が厳しいかなあ…。ここ(ハートを指さし)も鍛えないといけないかも。

そしてこの時すでに、ケガから復帰しても県大会の登録メンバーから漏れるんじゃないかと、本人なりに不安を口にしていたのも覚えています。

残念がら、この不安は現実のものとなってしまいましたね。

そして昨日の夕方は、二男を誘って二人でウォーキングしてみました。

兄貴と違って、こいつは実に饒舌に学校の事やサッカー、友だちのことを語るのです。

普段は言わない事まで、これ、本当は秘密なんだけどさあ。誰にも言わないでよ。とか言いながらペラペラと話します。

べつに大した話でも何でもないのですが、まだまだ子供で笑わせてくれます。

時間にして、1時間程度なんですが不思議と“歩きながら”は会話が弾むものです。

最後にジョギングコース(2.6㎞)を一緒に走ろうよ。と二男に誘われましたが、勘弁してもらいました。(^^ゞ

膝は痛いし体力ないし…我ながら情けない中年おやじです。weep

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

県大会の登録選手から外れました…

夜、部活を終えて帰宅した長男が、わたしに向かって発した言葉がこれでした。

父さん、ただいま!あっそうだ、県大会の話しなんだけどぉ、おれ登録選手外れたよ。

県大会では登録選手が30人から20人に絞られたのです。

割と普通に元気良く、サラッとわたしに伝えたのです。

わたしが、そうか、残念だったな。と声を掛ける間もなく、電話中の嫁さんに向かって腹へったあ~と叫んでいました。

きっと、どう切り出そうかと考えていたと思います。そんな気がしました。

こんな時、どんな言葉を掛けるのが適切なのでしょうか。

息子の心の内を思うと、わたしには答えが見つかりませんでした。

フロに入って夕飯を食べている時も、長男は努めて何でもないような話しぶりをしているように見えました。

県大会の日程や対戦表を見せながら、このチームとこのチームは気が抜けないなどと語っていたのです。

逆にその姿に、何か感情を抑えているような痛々しささえ感じたのです。

嫁さんや二男が寝た後で、少し長男と話しをしました。

わたしは、お前は悔しいんだろ?父さんには本当の気持ちを話してみろよと言ったのです。

やがて、ぽつりぽつりと語った内容はこんなものでした。

悔しさや惨めさや、恥ずかしいような気持ちとか…いろんな思いがグチャグチャになって、自分でも説明がつかないような気持ちになった。

中学で目標にしていた大会は、自分にとっては終わったんだなと思った…。

県大会が始まって、スタンドから応援する自分を想像すると悲しくてつらい。

みんなには勝ち進んでほしいけど、チームが勝てば勝つほど、自分は惨めな気持ちになりそうな気がする。

そんな事を言っていました。

良いとか悪いとかではなく、それが普通の感情だろうと思います。

わたしが息子に語ったのは、いつも通りの事です。

レギュラーとか控えとか、登録の有無も含めて、それと自分の価値とは全く関係ないということ。

だから自分を卑下したりする必要はないし、自分に自信をもって頑張れってことくらいでした。

いつか自分を振り返った時に、結果的にこの経験がターニングポイントになったんだと思えるように努力を続けてほしいものです。

明日からの練習も次のTRMも、俺は必死に頑張るし負けないよと息子は言い残して2階に上がっていきました。

サッカーも勉強も頑張っていると認めています。

でも、お前ならもっとできる。自分を信じて頑張れ!

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

全日少年サッカー、静岡代表

息子たちが小学生年代でお世話になったクラブチームが、来月開催される全日本少年サッカー大会の静岡代表になりました。

5年ぶりの県代表です。

5年前に出場した時の選手たちは、現在は高校2年生になっています。

今年の高校総体、静岡代表校の10番はクラブの先輩です。活躍してますね。

息子たちの年代では、どうしても手が届かなかった県代表です。

昨年の二男たちも、ひとつの枠しかない清水の代表決定戦で散りました。結局、相手が静岡代表となったのです。

二人ともクラブとは離れてしまったのですが、これは本当にうれしいニュースでした。

二男が6年生の時には、当時は5年生だった彼らと一緒に練習したものです。

当時の5年生(現6年生)は、6人くらいがトップチームに上がっていました。

公式戦では先発に4人くらい起用されていたと思います。

おかげで二男は押し出されるような形でポジションを失い、先発から控えに回りました。(笑)

まあ、6年生の多くが控えになってしまうほど、当時からレベルの高い5年生だったのです。

県代表になったから言うのではありませんが、わたしはその頃から来年はチャンスだと思っていましたよ。^^

静岡代表を決めた日、わたしと嫁さんはクラブハウスからほど近い場所で二男のU-13ボルケーノの応援に行っていました。

その会場で、息子たちの出身クラブチームが県大会の決勝戦に進んだと知ったのです。

わたし達は、帰りに優勝祝いの差し入れを持ってS○LFUSのクラブハウスに立ち寄りました。

おめでとうございます!と訪問した時には、まだ決勝戦の始まる直前だったのはご愛敬です。

今年の大会は静岡県で開催されますし、会場も県東部と近いです。

できれば応援に行きたいですが、平日なので難しいかな…。

頑張れ!S○LFUS oRs

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

長男とのトレーニング

地区予選最終日、夕方に息子たちは一緒に帰宅してきました。

わたしはメタボ対策のためウォーキングから帰ったばかりだったので、練習しようかと長男に声を掛けるとうん、やりたい!happy01との返事。

息子とトレーニングなんて本当に久しぶりのことです。

はっきり言って、楽しいものです。

中学生の息子が親父と一緒に、トレーニングで玉の汗を流すなんてサッカーやってるからこそでしょうね。

あっ、わたしは半分以上見ているだけなので、そんなに汗はかきません。(^^ゞ

残念だけど、試合に出るチャンスはないと思ってたよ。などと屈託のない顔で語っていました。

まだまだ、練習で頑張れば絶対にみんなに負けないと思ってるよ。とも語っていましたから、心は折れてないでしょう。happy01

そう、みんなと切磋琢磨で向上していってほしいものです。

ちょっとラダーをやってみました。

15パターンくらいのステップを指導してみたのです。(偉そうに書いてみました。coldsweats01

足の運びそのものよりも、息子の場合は上体の力みが気になります。

コーンを置いたドリブルなど上手なんでしょうけど、たぶん上体は力んでやっていると思います。

直接見ていないけど、想像がつきます。

課題を複雑にして、ステップワークの早さを増すようねことをすると、息子の場合は上体にどんどん力が入っていきます。

上体の力を抜くことを指導してみました。

柔らかいということと、コアの部分で支えるということの意味を間違えてはいけませんけどね。

ついでに“走る”フォームもチェック。素人が見ても直したくなるのです。(笑)

そんな話しはまた書きます。

庭にラダーやミニハードルを並べての練習を1時間弱でしたが、何だか楽しいものです。

小学生の頃に、サッカーボールで練習した時の事を思い出します。

実は我が家には、最近購入したものも含めてトレーニング用品がいっぱいあります。

嫁さんには、やらないくせにと笑われていますけど…。

時間があればやるんだと、いつも言い返しているんです。ちょっと面目が立ちました。(笑)

部活で十分なんですけど、時々は親父に付き合ってくれるとうれしいですね。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

地区予選、1位決定戦

なでしこジャパン、優勝よかったですね。happy01

わたしもしっかりテレビの前で応援しました。

午後は、息子のチームの中総体の地区予選1位決定戦の応援に行ったのです。

久々に公式戦の応援に行ったような気がしました。

会場は清水総合運動場、息子たちがジュニアの頃から何回か熱戦を繰り広げた競技場です。

相手は東海大学附属○洋中学でした。

校名変更前の1990年代までは、全中優勝7回(歴代最多)を誇る名門です。

あのユニホーム(タイガージャージと言うんでしょうか?)を見ると、何となく威圧感すら感じます。

例年のように、今年も中体連では県内トップクラスの実力校です。

お互い県大会の出場を決めていますが、やはり興味深い対戦なのです。

勝敗はもちろんのこと、当たり前ですが地区の1位と2位では県大会の組み合わせが違ってきます。

この辺りも、サポーター的立場からは微妙に意識してしまいます。coldsweats01

試合の方は、開始数分後に挙げた1点を守りきって1-0の勝利でした。

ポゼッションは相手の方が上回っていたでしょうか?

先制したものの、試合終了のホイッスルまで全く気の抜けない試合でした。sweat02

それでも地区1位です。ホッとしたと言うか良かったです。happy01

次は県大会。楽な試合など無いと思いますが、なんとか東海大会の切符を手にしてほしいものです。

みんな頑張れ!

ところで我が家の長男ですが、まったく出場する気配すらありませんでした。

この部分はちょっと残念ですが、仕方ありません。

自分の可能性を信じて、めげずに頑張れ!ってとこです。

プレーヤーとして、そのうちグンと伸びる時がくるような気がするんですけどね。

期待しながら、楽しみにしておきましょう。(親バカですいません…coldsweats01

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

ありえない事態

昨夜9時近くの話しです。ちなみにサッカーとは関係ない話しです。

嫁さんに頼まれて、二人で一緒にスーパーまで買い物に行ったのです。

で、買い物も済んで駐車場に出たところで事件は起こったのです。

ショッピングカートの上下にカゴを積み、食材などがいっぱいに入っていたのですが…。

あろうことか、嫁さんがカートを押したまま、そのカートごと前のめりに転倒したのです。

ハプニング映像のTVならば、間違いなくオンエアされるような突拍子もない転び方だったのです。

わたしも長い人生で、カートごと前のめりに倒れる人間を初めてみました。sweat02

前輪が窪みにはまり急にストップ。カートの上に乗せたカゴの方が重かったので、そのまま前のめりということらしいです。

お絵かきツールというのがあったので、書いてみました。

Cocolog_oekaki_2011_07_18_00_40
 

辺りには、カゴの中の物が散乱したのは言うまでもありません。coldsweats02

近くにたむろしていた素行の悪そうな中学生?の男女のグループが助けてくれたのでした。

10人くらいじゃなかったかと思います。感謝です。

嫁さんが前のめりに倒れる様をあ~って感じでみていた彼らですが、散乱した食材などをみて数人が寄ってきたのです。

大丈夫ですかあ?玉子われてないみたいですよ。などと言って、一緒に集めてカゴに戻してくれました。

まあ、内心はアホなおばさんだと思ったことでしょう。

嫁さんは、あぁ恥ずかしい…を連発していましたが、あとで自分でもウケたようで大笑いしておりました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

明日(今日)は、息子たちの試合を久しぶりに応援です。happy01

その前に、なでしこジャパンがありますね。みんなで応援しましょう!

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

二男の成績に青ざめた日(その2)

二男の成績の話しの続きです。

意外に思われるかも知れませんが、中間テストの成績について、わたしは二男をまったく怒っていません。

今更ですが、二男は本当に勉強が苦手なようです。think

当たり前ですが、世の中には勉強の苦手な子もいれば運動の苦手な子もいます。

二男の場合も、きっと純粋に勉強が苦手なのです。

頭が悪いのではなく、勉強ができないってことなのです。(^-^;

多少残念ではありますけど、そのこと自体は大きな問題ではありません。

人生は学校の成績だけが全てではないので大丈夫です。

成績はどうであれ、人として価値はもっと別のところにあります。

もはや、わたしは悟りの境地です。think

これからも、二男に対して勉強しろとよ!とはうるさいくらいに言い続けるでしょう。

それは中学生としての義務ですし、人としても大切なことですから。

得意とか苦手だとかにかかわらず、やるべき事はやらなくてはいけません。

今後も、勉強に取り組む姿勢は厳しく問うつもりです。

けれど、結果については問う振りをするくらいです。^^

問う振りをするというのは、学ぶことへの動機付けは必要だからです。

「学校や部活はどうだ?」と時々二男に尋ねてみるのです。

学校?ちょー楽しいよ。部活はしんどいかなあ…けどやっぱり楽しいよ。

これで十分なんです。わたしの中学生時代よりはるかに充実しています。

それでも、おまえは勉強できないよなあ~、ひょっとしてアホなの?なんて言ってしまいます。

つい、反応が面白くてからかいたくなるのです。

期末テストはたぶん順位が上がったのではないでしょうか。

自分なりに頑張ったと、自信ありげに言ってましたから。

出来る範囲で精一杯やってくれればOKです。

サッカーも人生も、勝負どころはもっと先ですからね。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

地区予選、vs 静○学園中学

今日も暑い日でした。

熱射病になりそうな炎天下の中、中総体の地区予選は熱戦が繰り広げられているのです。

そう、今日は息子たちの中学が静○学園中学と対戦しました。

思えば、昨年は息子たちの先輩が全国を制しました。

その前年は、この静○学園中学が全国制覇しているのです。

そう考えると、中体連というカテゴリーではすごい対戦のような気がします。

応援に行きたかったのですが…残念ながら仕事でした。(嫁さんも仕事でした。)

ここまでチームは市大会の予選リーグを1位で突破し、その後の1位リーグも全勝で県大会出場を決めています。

今日から、1位~4位までを決める順位決定戦に臨んでいます。

もう一方の1位リーグで2位となったのが静○学園中学だったのです。(1位は東海大○洋中学)

結果から書くと、逆転勝利だったようです。スコアは2-1(0-1 2-0)です。

長男がお昼過ぎにメールで連絡してきました。happy01

(帰宅したら、試合内容を詳細に聞きとることにします。)

今日は勝ちましたが、県大会で再び試合をすることになっても怖い相手には変わりありません。

これで、明後日に地区1位を懸けておそらく東海大○洋中学と対戦すると思います。(息子たちがまだ帰宅していないので予想です。)

順位決定戦での勝敗は、県大会には関係ありません。

しかし、苦手意識は払拭したいところです。

と言うのも、公式戦の記録を見る限りでは○洋中学との試合は結果が残せていない気がするのです。

この試合は応援に行けます。勝利はもちろんのこと、熱い試合を期待してます。

そして、息子がちょこっとでも出場してくれたら尚更うれしいのですが…。(^^ゞ

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

二男の成績に青ざめた日

前回の話しの続きです。

それは正に、驚愕というのか衝撃的な話しでした。(ちょと大袈裟ですでね。coldsweats01

既に書きましたが、その日(26日)は長男たちの応援に嫁さんと二人で出かけたのです。

車に乗ってすぐに、ふいにわたしは試験のことを思い出したのです。

「そうだ、あいつ(二男)の成績は、学年で何番だったわけ?」と嫁さんに尋ねたのです。

試験というのは中間テストの事で、もう忘れた頃の話しみたいなものです。

勉強しろよ!といつも息子たちに言ってはいるものの、点数とか順番だとかほとんど尋ねたことがありません。

実はねえ…と嫁さんが語った内容は、想像の域をはるかに超えていました。

想像と言うのは、どうせ悪いだろうという想像です。

開いた口がふさがらないとはよく言ったものです。

はあ~?(・_・)マジッ・・・しばらくは、呆れかえって言葉が見つかりませんでした。

それから試合会場に着くまでの間は、ずっ~と二男の勉強の話しとなったのです。

不思議なもので、二男に対する怒りよりも、むしろ嫁さんに対して腹が立ったのでした。

その成績を知っていながら、なぜ相談してこないのかってことです。

次は頑張りなさいよ!と言ったらしいですが、勉強を頑張っている気配などなかったのです。

そもそも、なぜ成績をわたしに教えないのか気に入りませんでした。

あとから聞いてみれば、嫁さんだけでなく長男も成績を知っていたらしいです。

ちょっとマズイからさあ…、父さんには黙ってたほうがいいかも。などと言っていたらしいです。

内緒にしていたと言うよりも、成績を尋ねられない限り、意識的に触れないようにしていたのです。

はっきり言って、あの成績は一発レッドカードでしょう。

さらに査問委員会に諮られて、厳しい懲罰の対象となってもおかしくありません。

わたしが委員ならば、1年間の出場停止もしくは無期限での選手資格はく奪としてやります。(笑)

長くなりそうです。続きはまた…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

ところで、息子たちは、中総体の地区予選で4強に残っています。

土曜日は、決勝戦進出を懸けて静○学園と対戦です。

お互いに県大会への進出を決めているため、再び県大会でも対戦する可能性があります。

どんな試合になるのでしょうか?土曜日のため、またしても応援にいけません。weep

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

地区予選を応援した日の出来事

中学総体の県地区予選が始まって以来、唯一わたしが応援に行ったのは6月26日(日曜日)だけです。

嫁さんと二人で応援に行ってきました。

会場は息子たちの学校のサッカーグランドなので、二男たち1年生も早朝から準備や会場係などに追われていました。

この時はまだ骨折が完治していな長男は、ビデオ撮影係などの裏方をやっていました。

この日は予選ブロックの残り2試合が行われたのです。

わたしはゴール裏近くで観戦していたのですが、きれいに崩してのシュートシーンが何回もありました。

自分がドリブルで切り込んでのミドルシュート、ドンピシャのヘディングシュートも何度か見ることができました。

前日の初戦は10-0で勝利していたようですが、この日の2試合も12-0と11-0で快勝。

この大会は部活動で頑張る3年生にとって、基本的には最後となる大会です。

リーグ戦ではありますが、3年生は敗退がきまれば引退です。

応援や観戦の父兄も多く、いつもと違う雰囲気と熱気がそこにはありました。

いくら点差が開いても、チームや我が子への父兄からの声援はずっと飛び交っていました。

勝敗に関係なく、応援する側もプレーする側もみんな一生懸命でした。当たり前ですけどね。

少年サッカーの時には普通にあった光景のようにも思いますが、久しぶりに見た気がしました。

わたしはこういう雰囲気が好きなんです。

ゴール裏近くにいたわたしは、相手チームのGKの見事なセービングも何度も見ることができました。

応援するチームに関係なく、観戦している父兄からもおぉぉ!ナイスプレーなどと、声が上がったりしていました。

長男もケガさえなければピッチに立てただろうなあと、正直なところ思ったりもした一日でしたね。

唐突ですが話を変えます。

二男の前期の試験結果に関して、わたしが驚愕の事実を知ることになったのもこの日でした。sweat02

サッカーの応援に向かう車中で知ることになったのです。その話はまた…。(やや大袈裟です。coldsweats01)

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

骨折の治癒

やっと完治した長男の骨折について少し書いてみます。

6月30日のことでした。わたしは長男の帰りを待って整形外科まで送ったのです。

以前紹介した、サッカー好きの先生のいるクリニックです。

「やっぱり、ここもやられていたんだなあ。」と言って、先生は画像のIP関節の部分を指して呟いていました。

早い話しが、親指の2ヶ所の関節を痛めていたのです。

それでも診察の結果は、「君、静○学園だっけ?よしっ、明日からサッカーしてもいいよ。」というものでした。

その診断に、息子が小さくガッツポーズをしたのをわたしは見逃しませんでした。

学校は勘違いしてましたが…そんなことより練習復帰の許可はうれしい事でした。

小さなガッツポーズは、明日からボールを蹴れるんだという息子の素直な喜びの現れだったのでしょう。

この時すでに、25日から中総体の地区予選は始まっていました。

練習許可=試合に復帰といかないことは、息子も十分理解していました。

満足に練習できなかったせいか、ちょっと太った感じもします。(笑)

自分のコンディションが公式戦に臨める状態ではない事は、練習に復帰した本人が一番判っているようです。

主力選手でもなく先発メンバーでもない息子の立場からすれば、3年生になってからの2度の骨折は文字通り痛かったかも知れません。

先日チームは県大会出場を決めてくれたわけで、チャンスは残っているのだから皆に感謝です。

ビデオ係からピッチに戻れるかは自分次第でしょう。

もっと上手に撮影できるように練習しなきゃなどと、訳の分からない事を言ってる場合じゃありません。

お前が練習しなきゃならないのは、サッカーでしょうが。アホか…。crying (笑)

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

お久しぶりです

お久しぶりです。

長らく休みましたが、またブログを書き始めます。

でも、まる一ヶ月間も休んではいないですね。(^^ゞ

休んでいる間に、中総体の地区予選が始まりました。

ちょっと前の日曜日に、わたしは一回だけ応援に行ったきりですけど…。

試合が土曜日に行われると見に行けないのです。weep

最近は何だかんだと更に忙しく、応援にも行けない事に腹が立っているんです。

まあ、贅沢なことを言っているとは思うんですけど…。

幸か不幸か、いや残念なことに長男はここまでまったく試合に出場していません。

それ故、応援に行けないストレスは半分くらいで済んではいます。coldsweats01

そんな事も含めて、長男の中学3年生の夏をやっぱり記録に残しておこうと思った次第です。

実を言えば、高校生くらいになったらまた書き始めようかと思ってたんですけど。

中学生として最後の夏です。この夏は人生にとって一度きりです。(大袈裟ですね。)

公式戦に出場機会がないのも、ある意味で思い出に残るエピソードになるはずです。(笑)

本人にとっては笑い事ではないと思います。

もちろん、わたしや嫁さんだって応援しています。

だからこそ、家族のそれぞれの思いも記事として記録に残しておきたいかな。

ぼちぼちと書いていきますので、またよろしくです。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (22) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »