« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

自転車のパンク修理

以前、自転車の盗難のことを書きましたが、息子たちの自転車にまつわる話をもうひとつ。

6月の話しです。わたしが生まれて初めてパンク修理をしたことをちょこっと書いてみます。

自慢じゃないですが、わたしはメカに非常に弱いのです。

昔から車やバイクなどにはまるで興味がなく、走ればいいというタイプです。

笑われるかと思いますが、なぜ好きになれないかと言えば…手が汚れるからなのです。

こんな理由で、魚釣りも好きじゃないどころか嫌いなのです。

別に高貴な生まれでも何でもないですよ。

そのわたしが、生まれて初めて自転車のパンク修理をしたのです。

きっかけは、息子たちの自転車のパンクの修理代を職場で話したことからです。

通学に使用していると、ちょくちょくパンクというものは起こるんです。

その時も、長男の自転車がパンクしていたのです。

職場の同僚に1回1,000円以上も掛かるよと話したら「そんなの、自分ですぐ直せますよ。」って言われたのです。

それでも、その時点ではまるで自分でやる気などなく、自宅からすぐのホームセンターの自転車売場へ行ったのでした。

すると、売り場にパンク修理キットが690円で売っているのが目に留まったのです。

そこでわたしは、売り場のおじさんに尋ねたのでした。

自分で修理した事ないけど、できるかなあ?と。

その場でおじさんに、10分間ほど手順や段取りの説明を受けたのです。

何だか簡単にやれそうな気分になったのです。

丁重にお礼を言って、修理キットを買って自分でやってみる決断をしたのでした。

店員のおじさんは、「わたしは社員の研修中ですけど、わたしでも出来たから大丈夫ですよ。」と笑顔でした。

おいおい、自転車修理のベテランじゃないんかいっ!って突っ込みを入れたいとこでしたけど。happy01

で、YOU Tubeで自転車修理の動画を見て、ネット上でも手順の解説を調べて大まかにイメージを作ったわけです。

長男はわたしと同じような性格や嗜好があります。不器用でもあります。

学校の授業でも、技術家庭などが大の苦手らしいのです。

そこで、長男と二人でパンク修理をすることにしました。

将来のためにも、これくらいの事は自分でできた方がいいと考えたからです。(大袈裟ですけど。coldsweats01

二人で取り組み、悪戦苦闘したパンク修理の話しはまた。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

サッカーにおける中高一貫指導の役割と意味

日曜日の二男の試合を観戦しながら考えてた事を書いてみます。最近は時々思ったりすることです。

息子たちはサッカーを頑張っていますが、6年間の一貫指導は何が特徴で、その意味はなんだろうってことです。

勉強での中高一貫指導ってのは分かりやすいと思います。

高校受験を気にしないで勉強ができます。

長男と二男ではコースが違うのですが、長男の場合は夏休み中も特別授業がありました。

(勉強の進み方によるクラス分けは、本人の希望であり任意のものです。長男が入学した年度から始まったようです。ちなみに、1年生までは、途中からの変更も可能だったかなと思います。)

長男は数学と英語などは、既に中学生での課程はほぼ終了しているんじゃないかと思います。

大学受験を見据えて、効率的に勉強を進めていくことができます。

二男の場合などは、仮に勉強が遅れがちであれば、夏休み中でもサポート授業というのもあるようです。

そいう言う意味では、勉強に対するサポートは公立の中学より手厚いのかなとも思います。当たり前なんでしょうけど。

では、サッカーの中高一貫指導ってなんだろう…なあんて事を思うのです。

今年は残念ながら全国どころか東海大会への出場権を逃してしまいました。

高円宮杯県予選への出場権は確保しているので、3年生はまだ“引退”していません。

仮に“引退”となっても練習は継続して行え、いわゆる“引退”などないのだと思います。

兄貴分の高校生と一緒に練習をすることになるんでしょうね。

そういう意味では、高校進学までの半年近くに及ぶサッカーの“空白の時間”というものはないわけです。

体力も維持できていけるでしょうし、この意味は大きいように思います。

息子たちがお世話になっている中学のサッカーについては、個人的にですが漠然と思うことがあるのです。

3年ごとに区切って考えているのか、それとも6年間で考えているのかなあって事です。

6年間を通じての育成テーマがあり、系統立てての指導なのでしょうか。

高校で求められるサッカー、例えばチームとしての戦術とかもあるのでしょうか?素人すぎて分かりません。coldsweats02

高校の監督やコーチは、中学1年生も含めて全体をチームと考えてチェックしているのかなあとか思ったりもします。

中学年代の結果よりは、高校年代で勝てるチームを目指して育成しているのでしょうか。

息子たちがお世話になっていながら、恥ずかしいくらいに何も知りません。coldsweats01

正直、そんな事まで余り考えてもいませんでしたけど…。

息子たちの兄貴分である高校チームは、プリンスリーグなどの登録選手を見ても、中学サッカー部からの出身者が多いのです。

これは、中学から責任をもって育成してくれているからなんだろうなと思ったりもします。

6年間の育成の後半である高校年代から、静岡選抜だとか日本代表だとかが出てくれたらもっといいでよね。(期待したいです。)

まあそのクラスの選手になると、個人の持っている潜在的な能力の比重の方が大きいのかなとも思いますが。

息子たちよ、勉強もサッカーも、6年間しっかり頑張ってくれよsign01happy01

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

J下部との対戦

今日は、浜松遠征を見てきました。試合会場は浜松というより磐田市で、ジュビロ磐田上之郷グランドです。

会場に到着してから知ったのですが、対戦相手や試合時間などが書かれたスケジュール表は事前に配布されていたようです。sweat02

応援に来ていたチームメイトの父兄に教えてもらいました。

二男の言っていた、はっきりとした予定はみんなも知らないし、コーチも言ってなかったよ。ってのは何なんでしょうか…。

いつも書きますが、基本的なところが欠落しています。本当にアホなやつです。

さて、この日の試合の事を少し。

午前中はザス○草津U-14、午後は浜○高校(1年生?)とジュビ○磐田U-13との試合でした。

わたしと嫁さんは、少し遅れて午後から試合を観戦しました。

全試合とも、基本的にはU-14の試合として組まれている感じなのでしょうか?新チームという意味かも知れません。

息子たちのチームはU-14年代である2年生が少ないので、1年生も一緒に行動する感じなのかなと思いました。

先輩である2年生は人数的にぎりぎりなのですが、怪我人が数人いる状態のようです。

高校生との対戦でも、1年生が数人出場していました。

11人で戦うためには、必然的に1年生の助けがいるわけです。(戦力として先輩たちの助けになるかと言えば微妙です。sweat02

高校生が相手ではフィジカル、スピードとも圧倒され、特に後半などはボロボロでした。

やはり高校生のサッカーは違います。途中から失点を数えるのをやめました。crying

その後に行われた試合、J下部であるジュビ○磐田U-13との対戦は、こちらも1年生のみで臨んでいました。

間に他の試合を挟むという変則的なもので、30分を1本ずつと書いた方が正確かも知れません。

結果は0-1、0-4で負けましたが面白かったです。

息子たち1年生は、チームとしての連係はまだまだこれからって感じに見えました。

この夏休みに遠征や合宿があるわけでもなく、前半などは中体連の大会の手伝いなどに追われていた感じですから。

そんな意味で、負けはしましたが内容的にも健闘していたと思います。

ある意味、予想以上でした。今後に期待です。happy01

肝心の二男のプレーですが…、頑張っていました。それ以上は書きようがありません。coldsweats01

そうそう、午前中のザス○草津との試合ではで強烈なシュートも放ったようです。

ペナルティーエリア内での“どフリー”でのシュート場面だったと父兄の方が教えてくれました。

利き足の左で振り抜いたシュートは、枠を外れて飛び去ったようです。coldsweats02

チームメイトの「あぁ…」っというため息が聞こえてきそうな気がしました…。(笑)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

二男の浜松遠征

夏休みもそろそろ終わりです。

長男は月曜日から特別授業が始まっているので、実質的には22日から学校が始まっているようなものです。

一方の二男は、嫁さんに宿題はやりなさいよ!とか宿題は本当にできてるの?とか言われ続ける毎日。

小学生の時から進歩がありません。sweat02

本人は、大丈夫だよぉ~!とか言っていますが、真相はわかりません。

まあ部活動は一生懸命に頑張っているので、それなりに充実した夏休みだとは思うのですが…。

その二男ですが、今日からの二日間とも浜松に遠征です。

予定表に浜松フェスティバルと書いてありましたが、詳しい事は知りません。

今朝、6時前に家を出たのですが本人も把握していないのです…。本当にアホなやつです。coldsweats02

浜松のどこで、どこのチームと試合をするのでしょうか?

一応、明日の日曜日は予定もないので二男の応援に行くつもりですが、大会なのでしょうか?

さっぱり分かりません。sweat02

二男たち1年生にとっては、久しぶりの試合だと思います。

コーチからは、史上最弱とのレッテルを貼られているらしい1年生には頑張ってほしいものです。

そして3年生は、9月に入ればすぐに高円宮県予選が待っています。

みんな頑張ってほしいですね。結果もついてくれば嬉しいんですが…。

3年生には大いに期待してます!でも、どこも強いからなあ…。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

6年生は進路で悩む時期ですね

ここ数日、自分のパソコンを開きもしなかったので久しぶりの更新って感じです。(^^ゞ

息子たちの中学が来月にセレクションを開催する事を以前に書きました。

平成24年度のセレクションについては以下のようです。

9月24日と10月10日(いずれも土曜日) 17時集合  17:30~19:30実施

場所は、とこはグリーンフィールド(人工芝)

もうすぐですね。

二男が言うのには、それほど多くはないけれど、いろんなチームの小学6年生が体験で練習参加しているようです。

セレクション前の体験練習は、長男は参加しなかったし、二男は一回だけ参加したと思います。

もっとも、長男の時には、お願いすれば練習に参加させてもらえることすら知りませんでしたけど。(^^ゞ

体験練習への参加は合否に関係ないと思いますが、チームの雰囲気や練習方法を知ることができるので良いかも知れません。

これからどこでサッカーをやるのか、いよいよ悩む時期になってきましたね。

勉強との兼ね合いや学校生活などなど、いろいろと考えなくてはなりませんから。

本人にとっても、親にとっても悩むところです。

J下部を筆頭に、クラブの強豪チームなどはセレクションで残るのも大変だと思います。

我が家の場合は、長男がたまたまセレクションに「合格」してから本気で考えた部分があります。

何となく成り行きと言えば成り行きかなあ…。sweat02

二男にいたっては、長男と一緒でいいや的な部分も多分にありました。coldsweats01

“長男と一緒でいいや”と言うのは、勉強と部活の両立って意味で、長男はそれなりに頑張っている気がしたからです。

あくまで、本人次第なんですけどね。

来年度の新1年生には期待したいです。

二男は、先輩(2年生)や同級生(1年生)の人数が少ないので、ちょっとのんびりしているように見えるのです。

すごい1年生が大勢入り、ちょっと現1年生を慌てさせてもらえたら有り難いですね。^^

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

U-18 静岡代表 VS 日本代表

二男は昨日、部活が終了後にSBS杯国際ユースサッカー大会を観戦してきたようです。

朝、練習のために家を出る前から、今日は草薙陸上競技場でSBSカップを観てくるから帰りは遅くなるよと言って出ていきました。

SBSカップはユース年代の国際大会です。例年、日本代表と静岡代表に加えて海外から2チームを招待します。

今年はU-18のメキシコ代表とオーストラリア代表でした。

二男が観戦したのは、静岡代表 VS メキシコ代表の試合でした。

その前々日にはオーストラリア代表に3-1で勝っているU-18静岡代表なので、期待していたようです。

試合は3-3の同点でしたが、残念ながらPK戦で敗れてしまいました。

静岡放送で生放送されていたので、わたしも後半だけTVを見たのです。(^^)

バックスタンドで応援しているであろう二男やチームメイトがTVに映るかなあなんて思って、気にしながら見てました。(^^ゞ

ところで、今日は兄弟そろって部活も休みだったので、早朝から家族で出かけてきました。

先ほど帰ったばかりなのですが、大会の結果をチェックしてみたのです。

今日の最終戦は静岡代表 VS 日本代表(これまで、2勝0敗)の試合だったので興味ががあったのです。

結果は静岡代表が2-1で勝って、大会も優勝してました。(*^^)v

おぉ、大したものだと感心してしまいました。

関係ないけど、ジャイアンツは今日が大切な首位攻防戦だったのに落としています…(泣)

優勝した静岡代表チームに、息子たちの兄貴分の高校から一人も選出されていないのが残念です。

静岡代表や日本代表に選ばれる先輩がいてくれると、後輩たちには励みになって良いですよね。

長男が言うのには、すげ~先輩が大勢いるから、選ばない方がおかしい。って事らしいですけど。(^^ゞ

TVをちょこっと見た素人親父のわたしにも、静岡代表ってレベルが高いと思いましたよ。

TVの解説も元Jチームの監督だったし、要求されるものが高いですよね。

まあ、二男もいずれ自分も静岡代表に…くらいの気持ちで観戦してくれれば良いと思うのですが。

まったく別世界の話しって感じですね。実際そうなんですけど…、夢くらい持てよって言いたいところです。coldsweats01

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

二男の自転車が盗難にあった話し

息子たちはサッカーの練習はありますが、特に公式戦などもありません。

なので、二男の自転車が盗難にあった話しでも書いてみます。ちょっと前の6月の話しです。

あれは、ブログを一時休養すると記事を書いた翌日の事でした。

二男の自転車が盗まれた事で、息子たちは中学1年時に、そろって新品の自転車を盗難されたことになったのです。

長男は購入して7日目、今回の二男の場合は3ヶ月半後の出来事でした。

それも二人とも同じ場所、駅近くの無人の駐輪場で被害にあったのです。

加えて、二人ともたまたま?無施錠で自転車を置いていっての被害だったのです。sweat02

盗まれた日を振り返ります。

夜9時過ぎに、駅前の駐輪場から二男が携帯で連絡してきたのです。

父さん、あの…その…俺の自転車が無くなってる…。

なんで?カギしたんだろ?と尋ねるわたしへの返答は、カギするの忘れてた…。でした。

駐輪場とその付近を探しているのだけれど、見つからないというのです。

仕方ないので、わたしは車で駅まで迎えに行ったのですが、はらわたは煮えくり返る思いでした。

無施錠で被害にあったということに対して、無性に腹が立ったのです。angry

その結果、二男はもとより自転車で帰宅した長男に対しても説教することになったのでした。

長男にしてみれば、2年前の話を蒸し返しての説教は言い掛かりみたいなものだったと思います。

どうにもこうにも腹の虫がおさまらなかったわけで、ほとんど八つ当たり的な論法となったのでした。

今現在の事とは関係のない、遠い過去の事まで遡って相手をなじるのは不合理だと分かっていながらおさまりませんでした。(^^ゞ

何だか夫婦喧嘩の際に嫁さんがとる、ありえない戦法に似ています。sweat02

お前らは、ホントにアホ兄弟じゃないのか?無施錠で自転車を置いてくアホがどこにいる?兄弟そろって間が抜けてんだよ!

お前(二男)は明日から、裏に置いてある飾りのついたチビッ子用(20インチ)チャリで駅まで行けよな!

そう言い放ったのですが、反論もせずはい。わかりました…。o(_ _)oペコッと答えていました。

現在は、それから数日後に購入した自転車に乗っています。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

別れ際が大切なのです

昨夜は仕事で取り組んでいた事が一区切りついて、上司と飲みに出かけたのです。

遅くなりすぎ、電車もなくなったので沼津に泊ってしまいました。(^^ゞ

ところで、サッカーの話しではありませんが、わたしには絶対に外せないこだわりがあります。

それは毎朝出勤する時に、必ず息子たちに(嫁さんには軽く)声を掛けるてから家を出ることです。

「じゃあ、行ってきます。」と言う前に、家族それぞれに声をかけるのです。

息子たちには特に意識して声をかけます。

慌ただしい朝の時間帯でも、2階にいようがトイレに入っていようが、しつこいくらいに追いかけて行ってでも声をかけるのです。

「今日も一日、一生懸命に頑張れよ!」とか「部活で精一杯頑張れよ!」とか「熱中症には気をつけろよ!」とか「無理しすぎるなよ!」とかいろいろです。

このこだわりには理由があるのです。

たとえ毎朝の出勤の際であっても、人は別れ際が一番大切だと思うからです。

以前にも書いた事がありますが、わたしは19歳の時に母を亡くしました。

その時、母はまだ45歳でした。

病気で療養中ではありましたが、まさか突然に母親が亡くなるなんて考えてもみなかった事なのです。

母と最後に言葉を交わしたのは、亡くなる半年くらい前だったと思います。

勿論それが最後になるなどと思いませんから、正確な事は覚えていないのです。

最後に交わした言葉も思い出せないのです。

親孝行なんて何もしていなかったし、余りの突然の出来事に、これまでの感謝の気持ちさえも伝える機会を失なったのです。

療養中の母の事は心配で仕方なかったけれど、当時のわたしは素直に優しい言葉を口に出せなかったのです…。

病気は難病と言われるものでしたが、まだまだ時間は十分にあると思っていました。

そもそも病気療養中とは言っても、家族の誰にとっても余りに突然の出来事でした。

「ありがとう」って、ひと言でいいから伝えたかったと今でも思います。

わたしには大きな後悔だけが残りました。

だから、大袈裟なのですが、出勤する時でも“別れ際”にはこだわりがあるのです。

このこだわりには、息子たちは全然気付いていないと思います。

毎朝、しつこい親父だなあと思っているかもです。^^

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

ホームステイ研修に対する面接

今日は長男たち3年生は練習が休みのようでした。

嫁さんは、長男と二人でパスポートの申請手続きをしてきたようです。

ちょっと前の話しになりますが、ハワイでのホームステイ研修の面接が6月に行われたのです。

その時に長男から聞いた内容をメモしてあるので、ちょっと書いてみます。

次のような質問を受けたとのことでした。

  1. なぜ海外研修に申し込んだのか?
  2. あなたにリーダーシップはありますか?
  3. ホストファミリーに披露したい特技はありますか?
  4. 申し込んだメンバーの中で、仲の良い友達はいますか?

その他、自分の家族を紹介するために写真をもって行くのだそうです。

それから、ホストファミリーに対して日本食を調理して振舞うのだとか。

質問に何と答えたのか興味がありました。

1番については、「自分の英語力を試してみたいから。」と答えたようです。

まさか親が行けと言ったからとは言えませんしね。(笑)

2番は「ありません。」と答えたようです。まあ、正直な発言でしょう。

先生からは、君なら大丈夫です。十分にリーダーシップを発揮する力がありますよ。と言ってもらったらしいです。

まあ、褒めすぎですね。coldsweats01

3番の披露したい特技は、リフティングと答えたらしいです。

サッカー部ですからねえ…ある意味芸が無いって気もします。

それにしても、ホストファミリーの皆さんに料理を作るなんて笑わせます。

まともな物は絶対に作れないと思いますが…。お茶漬けの素なんてどうでしょう。coldsweats01

嫁さんは海外研修に期待している事があるようです。

ネイティブの英語にふれるとか、英会話が云々なんて、まるで関係ないようです。

大袈裟に言えば、これまでの“価値観”や“人生観”がひっくり返るような刺激を受けてほしいようです。

これまで信じてきた常識や価値観は、住む世界(文化)が違えば通用しないこともあるのだと知ってほしいようです。

それだけ世界は広いってことを、肌で感じてほしいのだそうです。

その経験は、サッカーに於いても、これからの自分の進路の選択に於いてもプラスになるはずだと考えているようです。

同感です。でも、それなりにお金がかかるんですよね…。

人間がちっちゃくて御免なさいです。アハハ…。coldsweats01

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

これって校歌?最高です!

今週末、嫁さんが幹事で大学のクラブの同窓会があるようです。

もう皆さんオバさんとなったけれど、毎年一泊二日でやってるようです。^^

かつて、まだ二男が生まれる前ですが、わたしも一緒に長野県での同窓会に参加させてもらったこともあります。

仕事の関係もあって、ここ数年は参加していない嫁さんが幹事になったのは理由があったようなのです。

唐突なようですが、今年、甲子園初出場を果たした愛知県代表校の校歌が話題になっているのを知ってますか?

夕飯の時に嫁さんがそんな話しをするまで、わたしは全然知りませんでした。

この代表校の斬新な(J-POPな)校歌がYOU Tubeでも大変話題になっているようなのです。

その高校は、嫁さんの卒業した大学の系列校でもあるらしいです。

オリンピック選手を何人も輩出しているクラブもある大学なのですが、昨年度から大学も校名が変更になったのです。

夕べ初めて聞きました。(と思います。)

昨年、二男を連れて嫁さんは名古屋に行ったらしいのですが(まるで覚えてませんsweat02)、その関係だったというのです。

校名変更を機会に、クラブの新ユニホームのお披露目があってOGたちが集まったらしいのです。

その席で、来年の(今回)同窓会幹事に指名されたという事らしいです。

昨夜、それを初めて知りました。(何回か聞いているらしいので、正確には初めて認識しました。coldsweats01

で、同窓会の話しはいいのですが、その愛知県代表校の校歌がすごく気になったのです。

そんなに話題になるほどの校歌とは…こんなんでした。

2~3回聞いてたら、思わずサビの部分を口ずさんじゃいましたよ。(笑)

歌詞もメロディーも、これ校歌って知らなきゃ絶対にそうは思えないですよね。

甲子園で聞きたかったなあ…。この次はぜひ勝利して、甲子園で歌ってほしいです。happy01

サッカーの日本代表戦でも、「君が代」がこんなノリだったら、選手も観客も全員が声高らかに大声で歌うんでしょうね。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

二男のライバル現る!?

昨日は、長男は兄貴分の高校チームの胸を借りてのTRM形式の練習だったようです。

そして練習場には、体験での練習参加という事で小学生の姿もあったようです。

二男が語ったところによると、自分がジュニア時代にお世話になったチームからも数人が来ていたようですね。

去年まで一緒に練習してたんだから、みんな知ってるよ。って言ってました。

そして更に、あいつらが蹴ったボールの方が、すげー飛ぶしさあ…。俺よりキック力が全然あるよ。とも感心していました。

アホです。情けない…。(笑)

基本的に、自分のパワーが標準以下って話しなのです。

本人いわく、まだまだ俺の方が勝ってるしって…、相手は小学生なんだから当たり前です。sweat02

ちょっと前ですが、こんなエピソードがありました。

二男は、電車の中で見知らぬおばさんに話しかけられたようなんです。

「ボクは、4年生?それとも5年生?」と言われたのだと語っていました。

俺は、ちげ~し、もう中学生だしっangryて思ったけどさあ、「違います。^^中学1年生です。」って答えた。

この時は、わたしも長男も大ウケでした。

小柄で童顔なので、ほんとに小学生に間違えれても当然って感じなのです。

外食しても、二男はいつも小学生と判断されます。

つまり、キッズとか子供料金での案内をされるのです。

例えばドリンクバーをと言えば、「では、お子様はキッズドリンクバーとなります。」と先に言われてしまいます。

しゃぶしゃぶ食べ放題へ行けば、お子様1名と大人3名となりますので…と勝手に店員さんが説明します。

あえて否定もせずラッキーなんて感じなのですが、見た目も食欲も小学生レベルなのです。

中学生になるとドカ食いするようなイメージがあるのですが、二男は例外だと言えるかもしれません。

だから、食べ放題で大人料金では割に合わない気がして連れて行きたくないのです。

そこらへんの小学6年生の方が余程大食いだと思います。

まあ、サッカーで小学6年生に負けないように頑張ってほしいですね。じゃなくて、同級生に負けないようにでした。(笑)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

凄いです…、天才少年?

日本の小学4年生、10歳の少年がスペインの名門チームの下部組織にスカウトされたという記事を読みました。

サッカーのブログでも多くの方が取り上げていたので、知る人ぞ知る有名な少年なんですね。

わたしなんかは、本当にビックリのニュースです。大したものです。

同時に、国外の10歳の子供を評価して、プロチームが自国の下部組織で育成するって…、サッカーとは凄い世界です。sweat02

それほど彼は、ずば抜けた能力や将来性を感じさせる逸材なのでしょう。

競技特性もあるとは思いますが、野球だったら考えられないことです。

プロ野球のドラフト会議では、毎年多くの有望選手が指名されます。

高校生や大学生、ほぼ選手として完成された社会人であっても、スカウトが評価したように活躍できないケースはいくらでもあります。

即戦力と球団やファンに期待されながら、何球団もの指名が競合した1位指名の選手でも一軍にすら定着できずに消えていく場合だって珍しくもありません。

プロのスカウトたちが、“大人”の時点での力量を評価しても、その通りにはいかないもの。それほど難しいものだと思います。

だから、10歳でということに驚きました。

きっと、5~6年先には何らかの結論が出ているんでしょうね。(もっと、前かな?)

どんな結果になろうと、このチャレンジは人生の冒険だと思います。

他の人には、真似のできないことですから。だからこそ、その経験こそが凄いことです。

もしも彼がこの先、“普通のサッカー選手”になっても、こういう評価を受けた価値は少しも損なわれることはないと思うのです。

現時点で、日本の10歳のサッカー小僧で最高の評価を受けたって事は変わりませんからね。

今後の彼の飛躍を大いに期待したいものです。頑張れ!

ただ、サッカー素人おやじの素朴な疑問ですけど…。

日本での育成では足りないのかなあって思ったりします。Jの下部組織だってあるし…、どうなんでしょう?

教育のことまで考えたりすると心配になったりして…小市民的発想でですいません。sweat02

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

息子に協力してあげられること…。

先日、長男のためにトレーニングの資料を作ることを思いついたのです。

夏休みが終わっても、息子が自分で効果的なトレーニングできるようにと思ったからでした。

サッカーに対して、長男には色んな意味で迷いがあるように感じられます。自信もなくしているように感じます。

特に息子が、部活やサッカーでの悩みを語ったわけではありません。

さり気ない会話の中に、それを感じとれる部分があるのです。

自信をなくすこともあるでしょう。大人になっても、同じような苦しさは常に経験するものです。

今、できる事をやればいいのです。そのプロセスこそが自分を成長させてくれるはずですから。^^

それで、何かしてやれないかなあと考えてみたわけです。まあ、いわゆる親バカです。(^^ゞ

目的別に幾つかトレーニングを写真にとって、説明文を載せてファイリングするのを思いついたのです。

それを参考にすれば、夏休み以降も自分で考えながら自主練ができるかなと思ったのです。

趣味で長年バスケをやっている20代の男性を頼んで、先日やってみました。

こんな感じで、次々に100枚以上の写真を撮ったのです。

004_2 010 018

043 084 066

説明しながらポーズをつけていくだけですが、これがけっこう大変だったのです。sweat02

おまけに、写真の見た目よりはずっと難易度が高いものが幾つもあります。

メタボな中年おやじは、見本を見せられないから言葉で説明したりです。

モデルをやってくれた彼も、マジッすか?エッ、無理ですよ~、うわ~ヤバいっす、などなど途中からは泣きが入り始めました…。

それでもけっこう盛り上がり、お互いにわぁーわぁー言いながらチャレンジしたりして大笑いだったのです。

途中からは、真面目にやっているのか遊んでるのか分からなくなってきたのでした。sweat02

最後の方は、彼が股関節の周りの筋が痙攣しそうですよ~って訴えるので終わったのです。(笑)

まあ、予定の半分でしたけど…。

彼いわく、これは、どこぞのアスリートがやるんですか?高校生でも無理ですよこんなの。

確かに、基礎体力の部分で劣る長男のためにと考えれば無理なものが多すぎました。(途中から気付きましたけどね。coldsweats01

部活の運動量で十分な気もします。サッカーだけじゃなく、勉強もありますからね。

それでも、自分に足りない部分を何とかしたい、負けたくないんだと長男は考えてるようです。

できる範囲で協力してあげたいものですが難しいものですね。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

息子とちょこっとトレーニング

今日の息子たちは、完全オフのようです。

昨日も2部練習はなく午前中の練習だけだったようで、それぞれに練習を終えると帰宅してきました。

二男はお昼過ぎに帰宅すると、しばらくして昼寝。そのまま夜まで爆睡していました。^^

連日の2部練習で、少々疲れもたまっているようです。

長男は午後の3時過ぎに帰宅したのですが、中総体の東海大会で静○学園中が負けちゃったらしいよと言っていました。

愛知県代表に0-1で負けてしまったらしいです。残念です。

ただ、長男が言うには、この3年間の静○中の伸びは半端じゃないよ。1年生の頃なんて、あんなに弱かったのにさあ。まだまだ伸びていくと思うよ。ってことでした。

確かに、高校になると強いですからねえ…。

まあ、余りよそのチームを褒めてないで、自分が伸びろよって感じですけどね。(^^ゞ

ちなみに、東海大○洋中学は、三重県代表に4-0で快勝していましたね。

全国までもう少し、静岡代表として頑張ってほしいです。

そう言えば、息子たちの中学は、昨年は全国優勝した野球部も県大会の準決勝で負けてしまったのです。

中総体は盛り上がっていますが、なんとなく寂しい夏休みって感じでしょうか。

夕方は、長男と近所の公園にトレーニングに出かけてみました。息子と公園でトレーニングなんて久しぶりでした。

爆睡している二男は、起こしてもどうせ来ないのでそのままです。^^

サッカーボールは持って行かずに、二人で基礎体力だけやりました。

3方向へのランジ、パワースキップやバウンディング、フォワードジャンプなんかを遊び感覚でやってみたのです。

一緒にやりながらが、息子に対してフォームがなってないだとかダメだしをするものの…。

見本を見せるつもりの自分が、更に全然跳べてないのです。アハハです。(^^ゞ

メタボな中年おやじは、減量とウォーキングから始めましょうって感じですね。sweat02

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

二男の成績表

先日の県大会、準決勝での悔しい敗戦の日の話しなのです。

嫁さんと応援に向かったのですが、車の中では息子たちの成績の話しになったのです。

嫁さんが出席して、既に息子たちは二人とも三者面談は終了していました。

わたしは夏休みに入ってすぐの頃に、二男に成績表のことを尋ねた覚えがあります。

すると返事は、あるよ。^^ 父さんみたいの?とう言うので、当たり前のように親に見せるのが当たり前だろよ。と答えたのです。

そしたら答えがふるっていて、じゃあ、学校のロッカーの中にあるから今度持ってくるよ。^^というものでした。

そんな会話の事も、わたし自身がすっかり忘れていたのですが、あの日にふいに思い出したのです。

当然、嫁さんは成績表を目にしているものだと思って、その話し(成績表はロッカーの中に置きっぱなし。)をしたのです。

そしたら、嫁さんも成績表をやっぱり見ていないのです。

つまり、誰も成績表を確認していないわけです。呆れたものです。

まあ、出さない方も出さないものなら、確認しない嫁さんも嫁さんです。(一応、自分のことは棚に上げて…。coldsweats01

準決勝のあったあの日、二男の担任の先生もお見えになっていました。

挨拶をさせて頂き、そこでばっちりとこいつは成績表をロッカーに入れたままにしているんですよ。と先生に言いつけて、いや報告したのです。bleah

その後、成績表は学校から持ってきているらしいです。しかしいまだ、わたしのところへは持ってきませんが…。

このまま何も言わなければ、永遠に成績表を目にすることは無いような気がします。(笑)

本人は隠しているつもりもないようですが、親に見せる意識もないようです。coldsweats01

もっとも、長男の成績表も見てないんですけど…。

嫁さんに尋ねたら、「あの子はカバンの中に入れっぱなしにしてると思うよ。」と言っていました。見てないのかよ…って感じです。coldsweats01

長男のは、まあ人並みでしょうから安心していられるのでが…。

二男は今日も2部練習です。朝6時には家を出ていきました。

午前の部が終わった後は、午後の練習時間までの間に宿題もやっているようです。

まっ、成績表より気にあるのが宿題をきちんとやるかってことだからいいんですけどね。

恥ずかしい話し、そんなレベルなんです。sweat02

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

息子たちの中学がセレクションを行います

小学6年生を対象にした、平成24年度のセレクションの案内を息子に見せてもらいました。

9月24日と10月10日(いずれも土曜日) 17時集合  17:30~19:30実施

場所は、とこはグリーンフィールド(人工芝)のようです。

もうそんな時期になったのですね。

現小学6年生の子供たちも親御さんも、サッカーの進路であれこれと悩む時期なわけです。

ある意味、今年度のセレクションで入学してくる新1年生はチャンスではないでしょうか。

理由は、この先を読んでいただくと分かると思います。

思い起こせば、二男も昨年はトライしたわけです。J下部も含め複数のセレクションにも参加しました。

息子たちの中学のセレクションには、長男の時もそうでしたが県や東海トレセンなどのレベルの子供たちもやってきます。

セレクション会場では、お互いに「あっ!ここにも来てたの。」なんてことはよくあることです。

仮にこのセレクションに「合格」をしても、その後に控えているJ下部をはじめとして他のセレクションや体験練習に参加している子も多いのです。

つまり、「合格」はしても、最終的にはJ下部などの他チームを選択されることもあるわけなのです。

ちょっと話を変えます。

息子たちの中学では、20人程度の部員数が適性人数と考えられているようです。

長男のセレクションの時に、当時の総監督がそんなお話をされた記憶があるのです。

全ての部員に目の行き届いた指導をするためだと伺い、なるほどなあと思ったのを覚えています。

ところで、現在の部員数は現2年生も現1年生も少ないのです。

今年や昨年の先輩たちに比べても、他のライバルである私立中学と比べても随分と少ない人数なんです。

先に書いたような理由で、「合格」したけれど、最終的には他を選択した子供さんが予想外に多かったようですね。

だからこそ、新1年生はチャンスではないでしょうか。

練習でも、上級生と一緒にやれる機会も多いと思うのです。大会の選手登録でもチャンスは大きいです。^^

チーム選択の際に、こんなのも判断材料のひとつとなるのでしょうか。

とてつもない、この年代の日本代表に選出されるような、スーパーな1年生が入ってくれたら楽しいのにと思ったりします。

そんな意味でも、何だか楽しみなんです。(^^)

ちなみに、セレクション前に体験練習をしたいと申し込んで、練習に参加してくる小学6年生も結構いるようですよ。

我が家の二男も、たしか夏休みに一度だけですが練習に参加させて頂いたような記憶があります。

セレクションの申し込み用紙は、中学校のホームページからダウンロードできるようです。

別に、サッカー部や学校の広報部ではありませんけど紹介してみました。(笑)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

全日少年サッカー、ガンバレ!静岡

息子たちが小学生年代でお世話になったクラブチームが、静岡県の御殿場で開催されている全日本少年サッカー大会に出場しています。

息子たちも試合の結果が少し気になるようです。

二男などは、昨年は全日予選を一緒に戦った選手も出場していますからね。

結果を調べたら、1次リーグを1勝2分け、グループ2位で通過して2次リーグに進んでいました。

拍手です。happy01

2次リーグの初戦は、残念ながら神奈川県代表に0-3で敗れたようです。

公式記録ではシュート数も上回っていたし、敗れたとはいえ頑張ったんじゃないかなと勝手に想像しています。coldsweats01

御殿場の時之栖(ときのすみか)で大会は開催されているので、わたしの職場からは車で30分もあれば行ける距離です。

是非とも差し入れでも持って応援に行きたいところですが、仕事を休むわけにはいきません…残念。weep

話しは変わりますが、高校総体のサッカーで静岡代表が準優勝しました。

2年生ながら10番をつけていた選手は、このクラブの先輩です。

彼も小学生時代に静岡県代表としてこの大会に出場しています。

そう言えば、中学でも10番だった彼は全中でも全国優勝していました。

更に言えば、中学時代にプレミアカップ全国大会で優勝したと思います。

中体連のチームが、並みいるJ下部のチームを倒して優勝したことで地元のニュースにも取り上げられていたので記憶に残っています。

県代表とか全国優勝とか、ことごとく縁がある選手はいるものですね。うらやましい。

もっとも、本人に飛び抜けた実力があるからでしょうけど。

将来は、プロ選手になって活躍してほしいものです。happy01

今日も、全日本少年サッカーは熱戦が続きます。

全国の強豪チームと対戦したり、レベルの高い選手を相手にするのは良い経験になるでしょうね。

各都道府県代表のジュニア選手たちの熱いプレーと、静岡代表であるS○LFUS  oRsの活躍に期待しています。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

涙、涙、涙の敗戦

試合終了のホイッスルと同時に、ピッチの選手たちはその場に泣き崩れていました。

ベンチの選手たちも泣いていました。

勝利を信じて、バックスタンドから声が枯れるまで応援していた長男も泣いていました。

試合後の挨拶が終わっても、選手たちの涙は止まることを知りません。

中心選手の○○君の号泣する姿には、わたしも感極まりそうになりました。

バックスタンド前で整列し、応援を送り続けてくれたチームメイトへの挨拶でも、彼は声をあげて泣いていました。

その慟哭は、メインスタンドに陣取るわたしたちの応援席にまで届きました。

静○学園の選手たちの歓喜の輪とは、余りにも対称的な姿でした。

終わりを告げるホイッスルに静まり返る応援席、立ちあがり抱き合って喜びを分かち合う応援席。

勝者と敗者の余りにも対称的なコントラストがそこにはありました。

当たり前ですがこれが真剣勝負。これがスポーツなんですね。

東海大会への切符の懸かった準決勝、スコアは0-1(0-0 0-1)でした。

ポストを叩いたフリーキック、わずか数十センチだけ外れたシュート、オフサイドとなったゴール、終了間際のヘディングシュートは決まったと思った瞬間にゴールライン上で相手DFがクリア…。

敗れる時とは、こんなものなのでしょうか…。

運がなかったようにも思います。サッカーの神様は最後まで微笑んではくれませんでした。

それも含めて、力が及ばなかったということなのでしょう。

試合会場のサッカー場の整備された芝、FIFAの入場曲が大きく響き渡るなかを、審判を先頭に入場してくる両チームの選手たち。

チームのタオルマフラーを掲げて選手を迎える応援席、ピンと張りつめた会場の雰囲気、その後の両チームへの声援。

これから始まるのが、本当に中学校同士の一戦なのかと思えるほどぞくぞくしました。

熱い夏の闘いは全国まで続くことなく、あっけないほどに終わってしまいました。

でも、それはそれで、しょっぱい涙の味と共に記憶に残る中3の夏になったのだと思います。

長男にとっても、いろんな意味で記憶に残る夏になったはずです。成長もしたとも思います。^^

それら全部ひっくるめて、選手たちはサッカーを通して素晴らしい経験をさせてもらっていると思うのです。

同じく親のわたしもです。サッカーに感謝です。

ベト4に残ったことで、高円宮の予選であるスルガカップの出場権は得たようです。

この悔しさを忘れることなく、涙を拭いたら明日に向かって走り出そう!

それから、静岡○園中学の東海大会、全国大会での活躍を祈ります。

県大会を制した東海大○洋中学も、おめでとう!

静岡代表の両チームが、今年も東海、全国の舞台で躍動してくれることを期待してます!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »