« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

練習を見学してみました

昨日、息子たちの練習を見学してきました。

お昼過ぎから藤枝へ行く予定が入っていたので、その帰りに寄ってみる気になったのです。

考えてみれば、平日に練習見学するなんて初めてのことでした。

息子たちが小学生の頃は、夜9時に練習が終わるのに合わせて東名高速を使って迎えに行ったものでした。

勤務先が沼○なので、清水まではちょっと遠いのです。

迎えに行くと、けっこう多くの親御さんが練習を熱心に見守っていた印象があります。

中学生ともなると、やはりいませんね。

小学生が練習参加していましたが、その親御さんと思われる方だけでした。

わたしが座った観覧席の前では、1、2年生の練習が繰り広げられていました。

アップの段階は終わっており、練習も佳境に入った部分から見た感じです。

第一印象は、予想外にリラックスムードで和気あいあいとしたものなんだなあってことです。

もっとピンと緊張感と集中した雰囲気の中でやっているのかと思っていました。

息子たちがジュニアの頃、チーム練習を何度か見てるのでその雰囲気と随分違ったのでそう感じたのかも知れません。

1回の練習は90分間でしたが、小学生ながらアップから終了まで緊張感と共に集中した姿勢を感じました。

練習は次々と淀みなく進むし、コーチのゲキも競争も厳しかったので“必死”な感じがいつもグランドに溢れていました。

練習が終われば普通の小学生なのですが、そのギャップが凄かったですね。

昨日の練習は、時期的にも曜日的にもリラックスムードでやる日だったのかもしれませんね。

それとも中学生はあんな感じで練習するのかなあ。分かりません。happy01

二男がわたしに気付き、「あれっ!」て感じで一瞬驚きながらも無表情を装っていたのがちょっと笑えましたね。

息子たちの練習を見ての感想をひと言。

長男はプレーそのものがスピード不足。当たり負けする感じもあるし、もっとフィジカルを何とかしないと通用しませんね。

二男は、もっとサッカーを勉強することが必要かなあ。体のキレより頭のキレが必要です。(笑)

たまには練習を見学するのもいいもんだなあと思いました。でも、仕事が終わってからでは練習も終わってますね。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

まだまだ子供なのです

サッカー部の練習は、基本的には3年生と1年生は別々のようです。

しかし、二男はほとんど毎日のように“お兄ちゃん”と一緒に帰ってきます。

どうやら、必ず長男と連絡を取り合って、一緒に帰るようにしているみたいです。

時間が合わなければ、長い時には30分くらいは駅でずっと待っているらしいのです。

もちろん、自分が遅れる時には長男に待ってもらうようです。

都合のいい時だけ“お兄ちゃん”で、普段は呼び捨てか「お前」とか言って威張ってるくせに…。ちゃっかりしたやつです。

駅から自宅までは自転車で10分程度。

その道のりは、さほど暗くも寂しくもないのですが、二男はひとりで帰るのが嫌なようです。

嫌というよりも、実は怖いようなのです。

二男の怖がりは特別で、トイレに入る時もドアを少し開けたままにしています。

外側からバタンと閉めると、文句を言いながらもう一度開けるのです。ほんのわずかに。(笑)

トイレに入ろうとする時に、「青い手が出てくるぞ~。」とからかうものなら、本当に引き返して我慢したりしてます。(大人げないと、わたしが嫁さんに叱られます…。coldsweats01

フロに入る時も、一人では絶対に入ろうとはしません。

もしも一人の時は、脱衣所も浴室の戸も全開で入ってます。coldsweats01

しかも、入ったかと思えば1分以内に出てくるのです。

真っ昼間でも、2階に行く時は必ず電気をつけます。sweat02

息子たちの部屋は3階にあるのですが、自分の部屋で勉強するように言えば、「あそこには何かいる。sweat02」と言いだす始末。アホです。

誤解のないように書き添えますが、別に何かを見たとか霊感が強いとかは一切ありません。(笑)

職場でこんな話しをすると、けっこう同じだよなんて声を聞きます。そんなものなんでしょうかね?

嫁さんは、二男のことを語る時にこう言うのです。

「あの子は見た目も小学生だけど、精神年齢はもっと低くいよね…。ホントにまだまだ子供。happy01

勉強も含めて、出来の悪さがかえって可愛いようです。

嫁さんのこのあたりの感覚は、わたしには理解の及ばない部分なのです。coldsweats01

↓ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

二男が大活躍した頃がありました

先週、フットサルの全国大会であるバーモントカップの県予選が行われたようです。

去年に二男がお世話になったフットサルチームも、昨年に続いて県大会に出場したようでした。

県大会直前に、スポーツ新聞の県内版にはお世話になったこのチームが大きく扱われていたのです。

選手たちの集合写真と共に、今年こそは決勝戦で敗れた悔しさを晴らして全国を狙うといった内容の記事が掲載されていました。

あれから一年、本当に早いものです。

昨年の事を少し思い出しました。まだ二男が小学6年生の時です。

このチームのコーチから誘ってもらった息子は、所属チームの許可を得てフットサルチームに登録してもらい参加したのです。

6年生になってすぐに、週一回のフットサル練習に通うようになりました。

県東部の予選から、本人もアッと驚く10番をもらったうえにキャプテンに任命されたのです。

そして東部大会を勝ち進み、県大会への出場権を得たのです。(ここまでは、予想していました。)

そして迎えた県大会、あれよあれよと勝ち進む快進撃。

気がつけば、何と決勝戦まで勝ち上がってしまいました。

この試合は延長までもつれる熱戦でしたが、惜しくも準優勝に終わりました。

なにしろ息子は、サッカーの所属クラブチームでは途中出場が多かったレベルの選手。

それが、決勝戦を前にして取材でコメントを求められたりしてました。

もちろん優勝してほしいと願ったのですが、嫁さんと変な心配をしたのを覚えています。(笑)

本当に静岡県代表になっていいのか?た○○(二男)がキャプテンで10番…、そりゃまずいだろ。sweat02と思ったのです。

今となっては懐かしい思い出で、我が家にはこの時の記念パネルが飾ってあります。

あの大活躍は、まぐれか夢だったのでしょうか?今は冬眠状態のようです。(笑)

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

息子たちの中学、今日はセレクションです

今日、息子たちの中学ではサッカー部のセレクションが行われる日です。

それと、昼間はTRMが予定されています。いよいよ新チームの始動といった感じでしょうか。

わたしは仕事で見に行けそうもありませんが…。weep

新チームの柱となる2年生は、人数的にはギリギリなのです。

期待と願望を込めてですが、1年生には大きく伸びていってほしいものです。。happy01

二男たち1年生は、TRMのあとはセレクションの手伝いもあるようです。

長男が1年生の時もそうでした。

セレクションに参加する小学6年生には、頑張ってほしいですね。

いろんなチームから集まってくるので、なかなか思うように行かない事も多いと思います。

フリーなのにパスがもらえないなど、特にゲーム形式ではありがちかと思います。

焦らずやって下さい。(焦るのは、見守る親御さんの方かも。happy01

長男がJ下部のセレクションを受けた時の事を思い出します。

以前にブログにも書いたことがありますが、わたしには忘れられない出来事があるのです。

自分を大バカ親父だと恥じました。

それはセレクションが終わった後の出来事です。

戻ってきた息子に、矢継ぎ早に話しかけたのです。見ていて、プレーぶりが歯がゆくてストレスを感じていたのだと思います。

積極的にやれよ。もっと出来るはずだろ?」とついついアドバイスというよりも、わたしは攻めるような口調になっていた気がします。

長男はずっと黙って、頷きながらわたしの話しを聞いていました。

しばらくして、うつむきながら発したひと言が忘れられません。

父さん、ごめん。これが俺の精一杯…。

そう、本人は精一杯に闘っていたのです。当たり前ですけど。

ごくろうさん。」それだけで良かったのです。

あの瞬間、わたしは本当に切ない気持になりました。

そして、息子に申し訳ないと思ったし、自分の勝手さや配慮のなさを恥じました。

勉強になりました…。sweat02

もちろん、二男の時には黙って見守りました。励ましたり勇気づけたりはしましたけどね。happy01

6年生のみなさん、普段通りの実力が発揮できるように応援してます。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

長男が記した“将来の夢”

先日の夜遅くのことです。

リビングの片隅にA4サイズの用紙が無造作に置かれていました。

ふと見ると、そこには下手くそな文字ながらも丁寧な英文が書かれていたのです。

なになにと読んでみると、ホストファミリーに向けて長男が書いた自己紹介文だったのです。

12月にホームステイ型海外研修でハワイへ行くのですが、その準備の一環としてのものでしょう。

へぇー、いったい何を書いたんだろうとわたしは興味深々で目を通してみました。

内容を読んでみると、サッカー部に所属していること等が記してありました。

ちょっと書き進んだ後、趣味はサッカーだとも書いてありました。(趣味かよ…sweat02

そして将来の夢についても記した部分があったのです。

理科が得意科目だと紹介したあとに、将来は科学者になるのが夢だと書いてありました。

ほぉ~、科学者になりたいなんて、息子は言ったことがあったかなあと思ったわけです。

つい最近も、「俺は理系に向いていると思う。」とは自分で語っていましたが…。

科学者の具体的なイメージとかあるのだろうか?ないと思います。(笑)

何となく、勢いと言うのか思いつきで書いてしまった程度のものでしょう。

綴りの間違いもありましたが、意味は通じるのでこれも黙っていました。(笑)

まあ、自分の書きたいことを英文で伝えるのは難しいと思います。

言いたいことをシンプルな文に置き換えたり、例文などを参考にして単語を入れ替えたりと苦労したあとがうかがえました。

わたしや嫁さんに聞いても、役に立ちませんからね。coldsweats01

息子にとっての本当の夢は、まだまだ見つかっていないでしょう。

今回の研修も含めて、いろいろ見聞を広げてほしいものです。

いつかきっと、心の底から湧き上がる自分の声が聞こえてくる日があるのでしょうか。

自分の夢だとか本当にしたいことを、きっぱりと言い切れる人って案外少ないように思います。

わたし自身も含めてですけど…。coldsweats01

現実に折り合いをつけて、妥協していくうちに“夢”みたことすら忘れてます。

もしも時間やお金に何の問題もなく、絶対に失敗しないと分かっていたら…世の中の人はみんな、もっと違う人生を歩んでいるでしょうね。(笑)

長男の自己紹介文を読んで、英会話の本を2冊購入してプレゼントしました。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

サッカーについて、二男への期待度

長男の中学サッカーもひと区切りがつきました。

これからは、中学年代では二男に頑張ってもらいましょう!って感じでしょうか。^^

二男に関しては、嫁さんの視点は長男の時とはちょっと違う感じです。

先日も、二男のサッカーの話しになった時に、プレーとは直接関係のない事を評価していました。

中総体の県予選や高円宮杯県予選で、裏方の仕事を二男が一生懸命にやっている姿に満足したようです。

水分補給用の水の準備や駐車場係などを、黙々と一生懸命にやってい姿を見ることができて良かったと言っていました。

そういう姿勢が大切なのだと言いますが…、サッカー以前の問題って気もします。sweat02

長男の時には、そんな事は当たり前すぎて見ていなかったと思うのですが…。

二男のサッカーについては、「結果を求めずに応援しよう。」とも嫁さんに言われております。(^^ゞ

つまり、サッカー(スポーツ)に取り組む姿勢を育んでくれたら良いようです。

中学年代の今は、体力的にも精神面でも成長してくれれば十分なんだそうです。

ここもある意味、長男の時とは少々スタンスが違います。

嫁さんいわく、「あの子は、性格的に負けず嫌い。放っておいても高校年代くらいから伸びてくる気がする。」らしいです。

やっぱり、親バカですね。coldsweats01

話しは変わりますが、夏休み明けに行われた試験の成績表(二男)を今日になって目にしたのです。

怒りを通り越して、笑ってしまいました。

わたしが真剣に成績表を見つめた後にへらへらと笑っているのを見て、二男の顔は引きつっていましたが…。(笑)

男【親】は【我慢】強くなければ生きていけない。【ひどい成績にも】優しくなければ生きていく資格がない。

こんな有名な台詞ありましたよね。ふいに頭の中をよぎりました。think

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

3年生、ありがとう!

今夜の試合は、再開時のスコアのまま0-1で敗れてしまったようです。

まだ帰宅してませんが、応援に行った嫁さんからの速報メールで知りました。

前半は押しているようでしたが…。

終わってみれば、予選リーグ3試合での総得点は1点のみ。やはり、いくら守っても得点がなければ勝てません。

この部分の課題は、ずっとあったようにも感じます。

決定力のある選手はいるのに、チームとして生かしきれなかった気もします。【スンません偉そうになってしまいました。(^^ゞ】

息子たちのチームは、素人のわたしが言うのも何ですが、個々の選手の能力は高いと思うのです。

選手たちは十分に頑張ってきたと思います。

それなりの結果を残せる力が十分にあったとも思います。

それだけに、勝たせてあげられなかったのがすごく残念です。

昨年度の先輩たちまでとはいかなくても、もっと良い思いをさせてあげたかった…。

3年生のみんなは、これからも練習は続くと思いますがある意味でのひと区切り。

ご苦労様でした。そして、ありがとう。

まだまだ道半ばです。この悔しさは、高校年代で晴らしましょう!

高校の3年間のうちに、インターハイや選手権に連れてって下さい。期待してます。happy01

そして長男にもひと言、「3年間、お疲れさん。高校年代での飛躍を期待してるぞ!(^^)v

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

負ければ引退

いよいよ今晩7時半から、Gフィールドでスルガカップの決勝トーナメントを懸けた試合があります。

どちらか勝った方が、ブロック2位で決勝トーナメントに進出です。

負ければ、中学生のサッカーは引退です。

前回に書いたように、前半8分、0-1からのスタートです。

昨晩、長男は「正直どちらが勝つかは分からないよ。」と言っていました。

もちろん、勝ちたいに決まっていますが、それは相手も同じです。

前回(U-15県リーグ)の対戦では、3-1で勝っていますが、そんなものは参考にならないでしょうね。

今のチーム状態は、失点を最小限に抑えながら少ない得点で守り勝つって感じでしょうか。

あまり得点が入る感じがしないのです…。sweat02(個人的な感想ですけど。)

当たり前ですけど、相手に絶対に得点を与えないことです。

特に前半に失点したら、難しい試合になると思います。

なんとか粘りきって、勝ってほしいのですが…。がんばれ!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

明後日の決戦は、ナイトゲームです

明後日、金曜の夜は決戦です。スルガカップ(高円宮杯県予選)の予選リーグ最終戦なのです。

この試合は、台風の余波である突然の豪雨のために中断し延期になったものです。

試合開始からわずか8分のことでした。しかも、失点の直後に中断となったのです。

その続きから再開されるのです。

もともと週末に組まれていたのですが、週末は相手チームの選手たち数名が通う中学の学校行事と重なってしまったようなのです。

それで平日のナイトゲームとなったらしいです。

息子たちのチームは現在1勝1敗です。

相手のYジュビロ○川は2分けなので、勝つか引き分けでも決勝トーナメントに進めます。

負ければ引退です。(中高一貫なので、練習は高校までブランクなしで続くと思いますけど。)

1点のビハインドからの再開は不利なようにも思いますが、そうばかりでもないと思います。

まず、試合会場が普段から使用している自分たちのサッカー場となりました。

そう、最新の人工芝であるGフィールドなのです。おもいっきりホームゲームです。

しかも相手は、学校の授業が終わってから大急ぎで集まり、県西部から東名高速を使って移動してくるんじゃないでしょうか?

午後7時のキックオフです。ちゃんとアップする時間をとれるんでしょうか?

平日の試合なので、相手チームの親御さん達は応援したくても来られないんじゃないでしょうか。

お互い、子供たちの中学生としての最後の試合(引退)になるかも知れないのに、応援できないのは残念ですよね。

相手チームにとっても、いろいろ不利な条件が多いんじゃないかと思うのです。

もしも逆の立場になってみれば、大変なことだと思いますから。

中体連から参加の4チームは敗退が続いています。部活代表として、なんとか頑張ってほしいです。

どんな試合になるのでしょうか?

白熱した試合になるんでしょうけど、よい試合を期待してます。

見に行きたいなあ…。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

親父は限界に挑む?

昨日の月曜日は、両大腿を中心にして筋肉痛があり大変な一日でした。

実は、一昨日の日曜日も、長男と一緒に二日続けて60分間走をやったのです。

日曜日の公式戦(スルガカップ)終了後、息子は下級生たちの練習に参加してから帰ってきました。

夕方に帰宅した息子が、「父さん、今日も前後半(30分×30分)いってみる?俺は脚が重いけどさあ、やってみようと思う。happy01と尋ねてきたのです。

試合に出場機会のない息子は、その分を少しでも埋めたいのだと分かりました。

正直、わたしは前日の60分間走の影響がもろに両大腿に残っており、もも裏(ハムストリング)はヤバい状態でした。

体も鉛のように重かったのですが…。

またしても近所の雁○ね公園に行って、一緒にジョギングコース(1周2.6㎞)を走ったのです。

「父さん大丈夫?」と息子に言われても、親父の生きざまを見せてやると思いました。(大袈裟すぎますけど。coldsweats01

最初の5分~10分は、とにかく体が重く感じられて本当に厳しかったです。ハムストリングも攣りそうな感覚が常にありました。

おまけに、わたしの左膝の半月板は断裂しています。

外傷ではありません。加齢によって半月板が劣化したことによる部分断裂でしょうと言われています。(カッコ悪すぎ。bearing

無意識に左膝をかばうせいか、前日の走りの影響が右脚に出てしまい辛い状況でした。

それが10分を過ぎたあたりから、何となく呼吸の苦しさも消えて淡々と走れたのです。

おっ!何だか行けそうな予感…と思っていたら、最後の15分が本当にきつかった。bearing

体力的にも脚の状態的にもギリギリ(攣る寸前。)でしたが、何とか走り切ったのです。

60分間で、わたしは約8㎞(情けない…)、息子は12㎞以上を走っていました。sweat02

普段から全然走りもしないのに、一度も歩くことなくよく頑張りきったものだと感心しましたね。(もちろん自分に。happy01

息子は、ジュニア時代のチームメイトたちとの試合(午前の公式戦)に心の底から出たかったようです。

そこには、自分なりに特別な思いがあったのでしょう。

お世話になったコーチにも、自分のプレーを少しでも見てほしかったようでもあります。

口には出さなくても、そんな息子の気持ちは容易に察しがつきました。

そんな時は、ひたすら体を動かすことです。黙々と走ればいいんです。

まあ、青春ドラマのノリです。happy01

高校になってからでも、きっとチャンスはある。あきらめることなく頑張れ!(と、心の中で応援する親父でした。happy01

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

なんとか次につながりました…

昨日はスルガカップ(高円宮杯県予選)の2戦目、相手はS○LFUSUでした。

我が家の息子たちが、ジュニア時代にお世話になったクラブチームです。

サッカーの基礎はもちろんの事、主要な大会などでも実に多くの経験をさせて頂いたチームです。

息子たちは、厳しいチーム内での競争や練習に対する姿勢なども教わったと思います。

元チームメイトも多いのです。お互いに後がない状況での対戦は、わたしにはちょっと複雑でした。

試合の方は、後半に1点をあげての辛勝。何とか次につながりました。(^-^;

内容的には、前半は押されっぱなしで冷や汗ものの展開でした。よく失点せずにしのいだと思います。

後半になって、内容的にも盛り返した感じでしょか。

試合後少しして、長男はS○LFUSの選手の一団のところへ行き、コーチに挨拶してきたようです。

お世話になった○○コーチは、「○○○ロウ、お前が出てればこっちが勝ったのになあ(笑)。お前のマルセイユがみたかったよ。頑張れよ!」と、きついジョークをまじえながらも、息子を温かく励ましてくれたようです。happy01

元チームメイトとも「やあ!」とか「じゃあね!」とかお互い声を掛け合ったようです。

S○LFUSのお父さんやお母さん方からも、「○○ちゃん」と息子はたくさん声を掛けてもらったようです。有り難いことです。happy01

クラブのみんなは、これから受験モードでしょう。頑張ってほしいです。

そして高校年代でもサッカーを続けて、またお互いにグランドで会えたらいいなと思います。

さあ、次の対戦相手とは、お互いにグループリーグ突破が懸かった試合です。

日程が変わって、決戦は金曜日の夜7時からとなりました。負けられない!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

今、やれる事をやりきろう!

スルガカップ(高円宮杯県予選)は、今日が実質上の初戦でした。

相手は藤枝○誠FCでしたが、結果は0-1での惜敗。

わたしは仕事がありましたが、応援に行った嫁さんからのメールで結果を知りました。

開始わずか10秒で失った1点が、結果的に決勝点になってしまったらしいです…。weep

シュートは相手の倍くらいは打っていたし、勝てる試合だった。と長男は悔しそうに試合を振り返っていました。

7月下旬の中総体県予選の時を思い出します。

東海大会への出場権の懸かった静岡○園中学との準決勝でも、相手の3倍以上のシュートを放ちながらも0-1で敗れました。

何かが足りないんでしょうね。実力?執着心?運?何なのか、わたしには分かりません。think

帰宅後、長男は俺らは、こんなところで負けていくようなチームじゃないはず。と語っていました。

みんな、もっとやれる力があるのに…。このままじゃ悔しすぎる…。

夕方、長男を誘って近所の雁が○公園へ走りに行きました。

お前は試合に出てないから、30分×30分の計60分を“本気”で走ろう。って事にしたのです。

ジョークでアディショナルタイムは無しでいくぞ。なんて言いながら始めました。1周が2.6kmのジョギングコースです。

正直、この運動不足でメタボな体形です。60分間なんて走り続ける自信などまるでありませんでした。sweat02

わたしは必死でした。30分もしないうちに、苦しくて苦しくて歩きたかった…。(笑)

60分間を走ると宣言したことを、本気で後悔しました。

今やめて、歩けばいいじゃないかと何度思ったことか。

でも、息子が3年生になって骨折で入院した時のこと、中総体のベンチに入れずスタンドで仲間を応援する姿、いろいろ思い浮かべると立ち止まれなかった…。

よく分からないけれど、走りたかったのは、実はわたし自身なのかも知れません。

息子に周回遅れにはなりましたが、3周以上をヨタヨタと走りきりました。

息子も11㎞以上を走ってそれなりにきつそうでしたが、何となくお互い爽やかな気持ちでした。happy01

夜になっても、わたしは体中が痛いような感覚です。

それでも、親父としては息子に“やりきる姿勢”を見せたかったのです。(大袈裟ですけど。coldsweats01

今、自分のやれる事を精一杯やってほしいのです。

その姿勢があれば、まだまだ高校生になってからでも十分に勝負できるはずです。happy01

さあ、チームはもう後がありません。

息子に今できることは、ベンチからでも仲間と気持ちをひとつにして戦うこと。それをやりきる事。

明日は、チームが本当の実力を出しきって、絶対にやってくれると期待してます。みんな頑張れ!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

もうちょっと、なんとか…

なでしこジャパン、試合には引き分けましたが五輪出場決まりましたね。^^

わたしはこの試合を、市立富○川体育館のトレーニングルームでバイクを漕ぎながら見てました。

木曜日は帰宅が早いのです。

この試合の内容はともかく、試合の終盤にはがっかりでした。

まあ、素人の戯言なので書かせて下さい。

この試合だけじゃなく、その前のオーストラリア戦(だったかな?)でも感じたのですが…。

試合の終盤、コーナーのところでボールをキープして時計を進めるやり方は好きになれませんね。

昨日はまだ後半の40分頃だったのに、もうそんなことを始めるのって気がしました。

コーナーキックから得点を狙うと思ったのに…、バイクを漕ぎながらがっかり。

素人のわたしでも、そういう戦術があるのは分かりますが…、せめてアディショナルタイムに入ってからにしてほしいものです。

なんか、それって見ていてつまらないのです。

試合に集中して気を紛らしていたのに、急にバイクのペダルも重く感じましたよ。coldsweats01

で、アディショナルタイムは3分もあったし、危ないなあと思って見てたら案の定でした。weep

あと1点獲りに行く姿勢で戦ってたらやられなかった気もするんですけど、追いつかれたことよりチームの姿勢が残念でした。

それに、時間を使うならもっと違う方法があるような気がします。W杯チャンピオンなんだから…。

攻めなくてもボールを繋いで相手に渡さないとか、その方が見苦しくない。

そんな余裕をみせて勝ってほしいです。(なでしこファンの方、偉そうに書いてすいません。sweat02

まあ、内容的には相手に圧倒されていたので余裕はなかった気がしますけど。

それにしても、負けないしぶとさは流石ですね。

目標は五輪の出場権獲得なので、そういった意味では拍手です。happy01

ところで、この週末は長男たちにとって大切な試合です。

中学生活を締めくくる公式戦です。日曜日は応援に行けるので、次に繋げてほしいですね。みんな頑張れ!

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

試合に出られなくても大切なこと

昨日も部活の終了後、息子たちは二人揃って9時近くに帰ってきました。

長男の中学生生活もあと少しなので、こうやって仲良く帰ってくるのもあと少しでしょう。

中学サッカーも、高円宮杯(現在、県予選)が終わればひと区切りです。

わたしが、今度の試合は出られそうか?と尋ねなくなったのはいつ頃からでしょうか…。

これからの公式戦で、息子がピッチに立つことはないと思います。(本人には言いませんけど。sweat02

でも、チームの中での自分の位置を、一番判ってるのは自分自身でしょう。

残念なんですけど、息子の努力が足らなかったせいでもありません。

息子は試合に出られないことに不平や不満は一切言いません。悲観する様な事も言いません。

1年生の頃から、変わることなく真面目にサッカーに取り組む姿勢は立派だなと思います。(親バカですみません。(^^ゞ)

高校入学後は、サッカー部の競争はもっと厳しいでしょう。

嫁さんは、それでも息子に大学まではサッカーを続けてほしいようです。

常々わたしに語るのは、大学の同好会ではなくクラブで続けることに意味があるということです。

先月、嫁さんが自分の大学のクラブの同窓会幹事をしたことを書きました。

広島から子供二人を連れて参加した同級生とは、10数年振りの再会だったようです。

静岡の楽しい思い出となるようにと、宿泊した翌日(日曜日)を終日ひとりで案内してました。

子供さんのリクエストに応えるため、チケットの手配なども手を尽くしてました。

クラブで苦楽を共にした仲間は、一生の友なんですね。

いわば、その仲間自体が嫁さんにとっての財産なんでしょう。

長男にも、今いろいろと苦しくても逃げてはいけないという事をサラッと言います。

時間をやりくりして勉強に取り組み、気持ちを切らすことなくサッカーにも打ち込む。

自分を信じて、やれる事をやりきる大切さを息子に話してるようです。

本人は精神的にも厳しい時間を過ごしていると思うかもしれないけれど、きっと将来の役に立つと嫁さんは言いきります。coldsweats01

大学では二軍のキャプテンだったという嫁さんの、クラブの仲間や後輩とのつながりは羨ましく思えることがあります。

そんな一生の財産と呼べるものを、サッカーを通して息子には手に入れてほしいものです。

いつか息子たちが大人になったとき、俺はサッカーやってきて本当によかった。って思ってくれたら最高なのかな。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

公式戦が途中で中断、延期という事態に

今日はスルガカップ(高円宮県予選)初戦、相手はヤマハジュビロ○川(クラブ5位)でした。

先日の記事で、かつてU-15県リーグ(1部)で対戦し敗れていると書きましたが間違いでした。

3-1で勝っていましたね。(コメント下さったT.Tさん、ご指摘ありがとうございます。coldsweats01

相手にとっては、公式戦でリベンジする絶好の機会。要注意です。

結論から書くと、開始10分もしないうちに豪雨のため試合は中断し延期となったのです。

余りの荒天に、中断中は選手たちもバスに引き揚げていました。

主審が中断を宣言する直前に、わたしには相手チームの選手たちが喜んでいるように見えたのです。

もしかしたら失点したのかなとも思ったのですが、それもはっきりと判りませんでした。

周りで(ネット越しにピッチを見る位置)応援していた方々に尋ねても、まだ0-0と言う方もいれば失点したのかも知れないと言う方もいたんです。

観戦していた方々に次々と確認しても、0-0との答えが多かったのですがはっきり判らないありさまだったのです。

不思議に思われるかも知れませんが、次のような状況のせいなのです。

試合は、台風の影響で小雨が降ったりやんだの中で始まりました。

ところが試合開始から数分後に、あっという間にもの凄い豪雨となったのです。

強い風も吹き、もはや傘は何の役にも立ちませんでした。

見る見るうちに足元には水の流れができ、靴からズボン、上着までもがびしょ濡れ。

傘を持ってしゃがみこみ、横から打ちつける雨を避けるのが精一杯でピッチを見たくてもフィールド全体を見る事などできなかったのです。

これは大袈裟ではなく、本当にものすごい状態だったのです。

選手も視界が悪いというレベルではなく…、まともに目を開けていられないような状態じゃなかったかと思います。

開始10分もしないうちに主審が一時中断とし、選手を引き揚げさました。

人工芝のピッチは、もはや田んぼのようでした。

中断となる直前のプレー後に、わたしには相手チームの選手たちが喜んでいるように見えたのです。

それで、アレっ?もしかしたら失点したかも知れないと思ったのです。

応援していた二男などの1年生に聞いてもはっきりせずでしたが、結局は失点してすぐに中断となったようです。

この続きは0-1のまま開始8分から再開されるようです。

難しい展開ですが、まだまだ時間は十分に残っています。逆転目指して頑張れsign01

しかも、続きは17日(土)にホームであるGフィールドで9時から開始。w(゚o゚)w

今月24日(土)に行われるセレクションを受ける小学6年生にも、T中学がどんな試合をするのか知るよい機会かも。happy01

是非、応援に来てください。(^^)v

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

いよいよスルガカップ(高円宮杯県予選)

日本代表やりましたね。劇的ゴールにシビレました。happy01

ところで、明日(もう今日ですね。)からはスルガカップ(高円宮杯県予選)です。

クラ選県大会上位と中総体県大会ベスト4のチームだけに参加資格が与えられています。

まず4ブロックに分かれてのリーグ戦があります。そこで2位以内に入れなければアウトです。

各ブロックとも、中体連1チーム、クラブ3チームという構図になっています。

最後はベスト8によるトーナメントで、決勝に進んだ2チームのみが東海大会へ進めます。

息子たちチームの対戦相手は以下のようになっています。

  • 藤枝○誠SC(クラブ2位)
  • ヤマハジュビロ○川(クラブ5位)
  • S○LFUS oRs(クラブ9位)

この対戦相手を見ると、県U-15リーグ1部で対戦したチームが二つあります。

藤枝○誠SCとは0-1、ヤマハジュビロ○川とは1-3で敗れています。sweat02

厳しい相手ばかりですが、ここはリベンジのチャンスと考えようじゃありませんか!coldsweats01

そしてS○LFUS oRsは、息子たちがジュニアの頃にお世話になっていたチーム。

先月の全日本少年サッカー大会でも、ジュニアチームは静岡代表として頑張っていました。happy01

このチームとは、個人的には対戦そのものが楽しみです。

ジュニア時代のチームメイトのプレーが見られるからです。みんなの成長ぶりが楽しみです。

我が家の長男とっては、元チームメイトを前にして、出場機会が無い可能性が高いのでちょっときついかな…。

それはそれとして、白熱したいい試合を期待したいです。

ところで台風の影響はどうなんでしょう?開催されるのでしょうか?

長男を含めて、県東部から通学している生徒などは在来線のストップや道路の通行止めで試合会場までい行けなくなる可能性があります。

なので昨日は登校して授業(試験)を受けて、そのままチームメイトのお宅へ泊めて頂いています。

初戦の相手は藤枝○誠SCです。

いよいよ3年間の集大成。仕事があるので応援には行けないけれど、みんな頑張れ!

(ちょっとだけでも長男のプレーを見てみたいんですけど…、負けられない試合ですからね。think

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

続、中高一貫指導のはなし

先日のわたしの記事(中高一貫~)にコメント下さったタイガージャージさんの「育成方針は変わらないので、中学でやってきたことに新たに上積みしていけば良い。」と言う話しは非常に分かりやすかったです。

「中高一貫は高校でのチームカラーが判っていて、そのための準備を3年間かけてやっていく。」ってところは納得です。happy01

なので、中学でやってきた事に新しく上積みしていけば良いだけなので、そこが大きなメリットというのも頷けます。
 

そこで、ふと思ったのです。

長男は、その部分をどこまで明確に意識しているんだろうかと。

自分たちの目指すサッカーだとか高校のプレースタイルだとか、息子から聞いた事もありません。

考えてやっているんだろうか…。いやいや、理解しているのだろうか…。sweat02

興味があるので尋ねてみたかったのですが、昨日は遅くなったのでわたしは帰宅しませんでした。

今日、帰宅したら早速尋ねてみたいです。

どこまで深く意識しているのか、興味津々です。happy01

中高一貫で、高校受験を気にしなくてよくても、その先は考えるところですよね。

県中部でサッカーに力を入れている私学でも、それぞれ微妙に違うと思います。

高校進学に際して、息子たちが他の高校を受験することはできません。仮にそれを希望するなら、転校してからの受験となります。

○洋中学だと、他の高校を受験をすることも可能なようですね。

これから中学年代でのサッカーをどこにするのか選択する場合、いろんな情報を集めた方が良いと思います。

当たり前ですけど、サッカーだけで選択できない部分もあると思うんです。

中高一貫の私立中学を選択するならば、HPなどから大学への進学実績だとかもチェックした方が良いのでしょうね。

サッカー部の生徒の進路実績なんかも含めて。

進路指導の面で、どこまで手厚くサポートしてくれるかは非常に大切なのかも知れません。

ところで今日から新学期です。息子たちは今日と明日は試験があるようです。

ちゃんと夏休みは勉強と部活を両立できていたのか、これで判りますね。happy01

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »