« 二男が大活躍した頃がありました | トップページ | 練習を見学してみました »

2011年9月28日 (水)

まだまだ子供なのです

サッカー部の練習は、基本的には3年生と1年生は別々のようです。

しかし、二男はほとんど毎日のように“お兄ちゃん”と一緒に帰ってきます。

どうやら、必ず長男と連絡を取り合って、一緒に帰るようにしているみたいです。

時間が合わなければ、長い時には30分くらいは駅でずっと待っているらしいのです。

もちろん、自分が遅れる時には長男に待ってもらうようです。

都合のいい時だけ“お兄ちゃん”で、普段は呼び捨てか「お前」とか言って威張ってるくせに…。ちゃっかりしたやつです。

駅から自宅までは自転車で10分程度。

その道のりは、さほど暗くも寂しくもないのですが、二男はひとりで帰るのが嫌なようです。

嫌というよりも、実は怖いようなのです。

二男の怖がりは特別で、トイレに入る時もドアを少し開けたままにしています。

外側からバタンと閉めると、文句を言いながらもう一度開けるのです。ほんのわずかに。(笑)

トイレに入ろうとする時に、「青い手が出てくるぞ~。」とからかうものなら、本当に引き返して我慢したりしてます。(大人げないと、わたしが嫁さんに叱られます…。coldsweats01

フロに入る時も、一人では絶対に入ろうとはしません。

もしも一人の時は、脱衣所も浴室の戸も全開で入ってます。coldsweats01

しかも、入ったかと思えば1分以内に出てくるのです。

真っ昼間でも、2階に行く時は必ず電気をつけます。sweat02

息子たちの部屋は3階にあるのですが、自分の部屋で勉強するように言えば、「あそこには何かいる。sweat02」と言いだす始末。アホです。

誤解のないように書き添えますが、別に何かを見たとか霊感が強いとかは一切ありません。(笑)

職場でこんな話しをすると、けっこう同じだよなんて声を聞きます。そんなものなんでしょうかね?

嫁さんは、二男のことを語る時にこう言うのです。

「あの子は見た目も小学生だけど、精神年齢はもっと低くいよね…。ホントにまだまだ子供。happy01

勉強も含めて、出来の悪さがかえって可愛いようです。

嫁さんのこのあたりの感覚は、わたしには理解の及ばない部分なのです。coldsweats01

↓ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 二男が大活躍した頃がありました | トップページ | 練習を見学してみました »

二男の記事」カテゴリの記事

コメント

すみません。
職場で読んで思わず吹いてしまいましたcoldsweats01
でも帰り一緒に帰るのは親としても安心できますよね。
今のご時世何が起こるかわからないですし…

それに比べうちの子供は中学に入ったとたん可愛げがなくなりました。
今までは普段の生活ではリビングに一緒にいたり、出かける時もついてきたりしてましたが、
今では家にいる時はすぐ自分の部屋へ、出かける時もあんまりついてこなくなりました…
こうやってだんだん親から離れていくんですねぇ…
親離れして嬉しいような悲しいような複雑な気持ちですcoldsweats01

投稿: りこすけ@パパ | 2011年9月28日 (水) 10時43分

りこすけ@パパさま

まったく子供ですよ。
長男は、小学生の時から誰の助けも無く自分でやってきんですけどね。
二男は、いつも長男に助けてもらってます。
余りそれを意識していないようですけど。
だから、もっとお兄ちゃんに感謝しろって言ってもすよ。^^

「俺は大人になっても、ずっとこの家でみんなと暮らしたい。」とも言っています。
いつまでそんな事を言っていますかねえ。(笑)

投稿: カウチポテト | 2011年9月29日 (木) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/41541267

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ子供なのです:

« 二男が大活躍した頃がありました | トップページ | 練習を見学してみました »