« 二男の誕生日 | トップページ | 長男の(時々)憂鬱 その2 »

2011年10月 7日 (金)

長男の(時々)憂鬱

ちょっと前の話しです。9月の中旬に3年生だけでTRMがあった日のことです。

この試合は、わたしも嫁さんと一緒に見に行きました。

公式戦も終わったので、長男のプレーぶりを久しぶりに見るこができました。^^

夕方になって帰宅したその長男ですが、わたしと顔を合わせるなり溜め息まじりにつぶやいたのです。

高校生になればBチームとかあるのかなあ…、もう少し試合に出るチャンスがほしい…。

その日のTRMでの起用法から息子の話しは始まったのですが、高円宮杯県予選まで遡って話しだしました。

はっきり言って愚痴に近いものです。

3年生最後の公式戦となった高円宮杯県予選、1点のピハインドのままハーフタイムに入った時の話しを始めたのです。

先生(監督)が後半に向けての指示をする際に、息子は作戦ボードを持っているように命じられたようです。

自分も聞き逃すまいと覗きこむようにして持っていたらしいのですが、「しっかり持てよ!」と言われて顔の前に掲げたようです。

ボード上の動きがまるで見えないのと同時に、「なぜ3年生の俺が?これが最後の試合になるかもしれないのに…。」と怒りにも似た感情が湧きあがってきたと語っていました。(珍しい。coldsweats02

誰も気付いていないだろうけれど、それがすごく悔しかったと言うのです。

と同時に、自分は戦力外どころか、まるっきり試合とは関係ない立場にあるんだなと実感したというのです。

その試合自体は2週間近くも前のことですが、まだ納得いかなかったのでしょう。

前後しますが、わたしにそんな話しを始めたのは、その日のTRMにも納得いかなかったからでした。

1、2本目は出場を期待したものの、たぶん出番はないだろうなとは思っていたようです。

案の定、ずっとベンチでした。それが今の実力なんだから仕方ないとは言っていました。

そして迎えた最後の3本目、息子はセンターバックで出場したのです。

息子の言い分はこうでした。「練習でもやっていないポジションで出る意味が分からない。たぶん、俺のことは考えてない…。

そして、息子がわたしに尋ねてきたのがこうでした。

「もう期待もされてないし、高校でも通用しないんじゃないかって気がする。この先、どう頑張ればいいのかなあ…。父さんはどう思う?

まあ、弱気になってネガティブな思考になった部分もあると思います。

普段から、息子は学校がすごく楽しいと言っています。そして、友だちにも恵まれていると思います。

ただし、サッカーでは壁にぶち当たっているって感じでしょうか。

もっとポジティブに気持ちを切り替える術を身につけてほしいのですが。^^

長くなりそうなので、また次回にでも。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 二男の誕生日 | トップページ | 長男の(時々)憂鬱 その2 »

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
長男君の愚痴りたくなる気持ちはよく判ります。作戦ボードの件は、少しでも良いから指導者の方からのフォローが欲しかったと思います。
息子も、ある大会で出場出来ず落ち込んでいた時に、負のオーラを出しまくっていたのか、試合終わりにすぐコーチが話し掛けてくれてフォローしてくれました。
その後でメンタルコーチにも話しをしてもらったそうです。
些細な事でも少しの言葉でも、気持ちを切り替えるきっかけにでもなれば、その後が楽になると思います。
息子はそれで幾度か助けてもらいました。
TRMのポジションはメン
バー構成の都合も有るのでしょうがないのかもしれないと普段の長男君だったら思えるのに今はネガティブになっているから…という事だと思います。
初めてのポジション良いじゃないですか。新たな可能性が見付かるかも知れません。どんな経験でもマイナスにはなりませんよ。
今はキツい状況でしょうが、明けない朝は無いし止まない雨も無いのです今日出来る事を精一杯やりましょう!
長文失礼しました。

投稿: タイガージャージ | 2011年10月 7日 (金) 11時23分

すみません訂正です
↓のコメントですが
明けない朝は無いではなく
明けない夜は無いでした(^_^;)
お恥ずかしい…

投稿: タイガージャージ | 2011年10月 7日 (金) 11時58分

こういう場合、親としてどうして良いか悩みますね…
「選ばれるように今まで以上に頑張れ!」と言っても
本人にとっては精一杯頑張ってると思うだろうし、
「社会に出たら今よりもっと辛いことはいっぱいある」と励ましても
本人からしたら、現時点が辛い状況だろうし…
その子の性格にもよるのでどんな対応をしたら良いかは一概に言えませんが。

もし自分の子供がこういった状況だったら…と考えたら。
多分、相談して来ないと思います(^^;
父親に相談しにきてくれるって何か羨ましいです。
きっと息子さんにとっては頼れる父親であり人生の先輩なんでしょうね。
そういう父親になれるように自分も努力しなくては!

投稿: りこすけ@パパ | 2011年10月 7日 (金) 12時03分

興味がある記事ですね。いろいろコメントしたいこともありますが、メール頂ければ、感想なり私の意見なりお伝えします。(内容から個人が特定できると迷惑かと)ここで言える事は今しか出来ないことは後回しにせず頑張りぬいて欲しいと言うことです。プレーヤーとしていられる時間は意外と短いのです。タイガージャージさんの意見に賛同です。

投稿: T.T | 2011年10月 7日 (金) 15時56分

こんばんは。

そんな事があったんですね。
高校までの6ヶ月でどんな意識でサッカー取り組むかによって、高校進学後が大きく変わると思います。

息子には、誰にも負けないと自慢出来る物を身に付けろ、といつも言っています。
華麗なドリブルやフェイントではありません。スタミナ、ポジショニング。インサイドで狙った所へ確実に蹴れる。など地道な努力で身に付くものです。

そういったものが1つでもあれば自信を持ってサッカーができるのでは?と思います。

私は「努力の天才」って言葉か好きですネ。
もっとも私自身努力はしませんが…(笑)

またまた長くてすみません。

投稿: サッカー親父 | 2011年10月 7日 (金) 19時47分

こんばんは。

久しぶりにカキコミしました。
長男くんの気持ち凄く大事に思えました。

悔しい気持ちが、よくわかります。
かなり我慢していると思います。
でも、その我慢が後からプラスにはなり、マイナスになることはない思います。

その我慢強さが社会にでて生きると思います。

投稿: 苦労鯱 | 2011年10月 7日 (金) 20時48分

自信をなくしている時にはそれ以上何も望めません。ひたすら息子さんの心を癒してあげてほしいと思います。ただ試合に出されないだけでなく、ただのボード持ちみたいなことをさせられていたって、本人は辛いだけでやる気は失せていきます。今までそんなことがなく順調にきてても、急に周囲の対応が変わることがあるので、息子さんの身辺を注意深く見てあげてほしいなと思います。なんらかの信号を発しているのかもしれませんし。一時的なものならいいですが、経験上私は心配です。

投稿: てんてん | 2011年10月 8日 (土) 05時35分

タイガージャージさま

ありがとうございまうす。
ほんとに、ネガティブになってしまうと普段では何でもない事までも負の方向で考えてしまうものですよね。
大人でも同じですから。

息子はいつも、監督やコーチから暖かく声をかけてもらっています。
感謝しなけりゃなりません。
でも、中学生だから気持ちに波もあるんでしょう。

こういうのを乗り越えて、成長してくれると期待もしてます。

ところで、メンタルコーチもいるんですか?
すごいですね。興味深々です。
すいません、変なところに食いついてしまいました。(^^ゞ

投稿: カウチポテト | 2011年10月 8日 (土) 07時26分

りこすけ@パパさま

その通りですよね。
頑張れと言っても…。
大人の社会はもっと厳しいんだと言っても…。
相手は、中学生ですからね。
自分も中学生の時には、そんなこと分かりませんでしたもの。(笑)

長男と二男は、わたしや嫁さんにいろいろ語ってきます。
話す内容によって、相手を選んでいるようです。
「これは、父さんには内緒の話だけど…。」みたいにです。

子供たちにとって、尊敬されるような親でいられたら理想ですよね。
でも、だんだん成長するに従って子供にも知恵がつくし世の中のことも分かってきますから…。sweat02

投稿: カウチポテト | 2011年10月 8日 (土) 07時35分

サッカー親父さま

アドバイスありがとうございます。

「努力の天才」、良い言葉ですね。
素人ながら、以前に自分も同じようなアドバイスをしてみました。
適当と言えば、適当なんですけど…。(^^ゞ
それがまんざら間違いでもなかったんだなと分かり、何だかうれしかったですよ。

弱者の理論じゃないですが、オールラウンドで考えて勝負しても無理だろって話です。
一点集中主義で、誰にも負けない何かを磨けよなんて話しをしました。
その何かは、悲しいかな素人なので分からないんですけど。(笑)
まだまだ、あきらめてる様にも見えないので大丈夫だと思います。^^

投稿: カウチポテト | 2011年10月 8日 (土) 07時44分

T.Tさま

ありがとうございます。
多感な時期だし、悩みもあって当然だと思っています。

記事にも書きましたが、深刻そうに見えて、切り替えが早いのか忘れるのが早いのか?
次の日からは、何事もなかったかのように元に戻ってましたから。

高校の先輩からも、声を掛けてもらうことも多いようです。
有りがたいことです。
いろいろ経験しながら、プレーヤーとしても人としても成長してくれたら嬉しいですね。

投稿: カウチポテト | 2011年10月 8日 (土) 07時51分

苦労鯱さま

ありがとうございます。

悔しい気持ちがあったら、跳ね返してほしいですね。
人生は思い通りになんてならないし、いつも勝てるわけではありません。
大人になればわかる話ですけど。

いろんな経験を積んで、大きく成長してくると思っています。
全てをプラスの方向に変えてくれるはずです。^^

投稿: カウチポテト | 2011年10月 8日 (土) 07時55分

てんてんさま

コメントありがとうございます。
重ねて、ご心配いただいてありがとうございます。

今のところ大丈夫そうです。^^
でも、てんてんさんのおっしゃる事とわかる気がします。
友人に臨床心理士がいます。
彼が言うには、本当に悩んでいる人間の話しはひたすら聞いてあげることが大切だそうです。
説教やアドバイスもしないそうです。
3時間でも4時間でも、同じ話を堂々巡りしようが聞くらしいです。
聞く方も、相当に疲労するらしいですけど…。

そこまでも行かないように、見守っていきたいと思います。
ついつい自分に余裕がくて、聞いてやらない事も多いんですけどね。(^^ゞ

投稿: カウチポテト | 2011年10月 8日 (土) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/42026929

この記事へのトラックバック一覧です: 長男の(時々)憂鬱:

« 二男の誕生日 | トップページ | 長男の(時々)憂鬱 その2 »