« 初詣で | トップページ | 女子サッカー、こちらも全国4強の激突 »

2012年1月 6日 (金)

長男のホームステイ話し(その1)

昨年末、短期間ですが初めての海外とホームステイを経験した長男。

帰国してから語っていたことを何回かに分けて綴ってみます。

今回はホームステイ中に一緒になったドイツ人の食事の仕方についての話しです。

けっこう興味深いことを語っていました。

とにかく、食事は非常にゆっくりで時間をかけるのだそうです。

一緒に食事をしていると、話しの合間に思い出したかのように少量ずつを口に運ぶ感覚らしいのです。

口に入れたものはガムを噛むかのごとく、ずっともぐもぐと咀嚼しているとも言ってました。

よく噛んで食べるのは良いことですけどね。^^

皿の上のものをずっとコネコネするので、我が家だったら叱られそうな感じだとも語ってました。

とにかく、しゃべっているか皿の上のものをコネコネしている時間の方が圧倒的に長いらしいのです。

息子もそのペースに合わせて、コネコネしながら食べていたらしいですけどね。(笑)

ドイツ人たち(二人)と一緒だと、食べるのに時間が掛かって参ったらしいですよ。

この食事の話しはここから始まったのです。

12月30日、夜になって嫁さんたちが長野のスキーから帰ってきた後のことです。

その日は長男のチームメイトの一人が我が家に泊ったので、翌日に彼を自宅まで送ったのです。

わたしと長男とで静岡まで送った後で、自宅に戻る途中に二人で食事をしたのです。

そしたら、息子は呆れるほどゆっくりと食べているではありませんか。

わたしが食べ終わっても、まだ半分近くも残していました。

「なんだお前、食欲ないのか?」とわたしが尋ねると、先ほどの話しになったわけです。

日本のペースにまだ戻れないだとか、たわけたことを言ってました。アホです。^^

日本じゃ“早飯”は芸のうちですからね。

「さっさと食えよ、日が暮れるぞ!」と言ったら、慌ててかき込んでましたね。(それでよし。)

その長男、次にいくチャンスがあればドイツへ行ってみたいらしいです。

彼らは英語も堪能で、もう少し自分に英語力があればもっと話せたのにと残念がってもいました。

「ドイツに行くのは、そりゃ結構なこと。でも、今度は自分のお金で行ってくれよな。^^」と言ったのは本音です。coldsweats01

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 初詣で | トップページ | 女子サッカー、こちらも全国4強の激突 »

ホームステイ」カテゴリの記事

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/43631413

この記事へのトラックバック一覧です: 長男のホームステイ話し(その1):

« 初詣で | トップページ | 女子サッカー、こちらも全国4強の激突 »