« 新人戦県大会、手に汗にぎる勝利 | トップページ | インフルエンザ? »

2012年1月16日 (月)

新人戦県大会、手に汗にぎる勝利(その2)

前回の続き、U-14新人戦県大会の準々決勝の話しです。

前回書いたように、わたしが観戦したわけではないです。一応念のため…。(^^ゞ

この試合、前半に先制されてしまったのです。

後半も押し込む展開ながら、どうしても点が奪えずにそのままアディショナルタイムに突入。

それは、もはやこれまでかと誰もが思った時間帯だったようです。

まさにラストプレーとも言えるタイミングで、起死回生の同点ゴールが決まったのです。

そしてPK戦に突入しての劇的な勝利へと繋がったのでした。

勝利を知らせる速報メールを受けた時には嬉しかったですね。^^

同点ゴールの場面は、できる事なら生で見たかったです。

その日、家に帰ると二男も帰宅して間もなくだったので一緒に風呂に入りました。

同点ゴールの場面のことは、○○先輩が決めてくれたんだと興奮気味に振り返っていましたね。^^

それから出場した1年生の中にも、息子からみて普段通りの力を出して活躍した選手もいたようです。

「○○って、すげぇーって思ったよ。」と語っておりました。

この新人戦もですが、これから夏に向けてチーム力を底上げしていくためには先輩以上に現1年生の頑張りも大切かなと思います。

公式戦は負けられない雰囲気もあり、先輩の中に入ってプレーするときはプレッシャーもあるでしょう。

それでも失敗を恐れず、のびのびと全力プレーで頑張ってほしいものです。

先輩はきっと後輩のプレーをカバーして、たとえ失敗があっても勇気づけて引っぱり上げていくくらいの懐の深さがあるから大丈夫です。^^

強いチームとはそういうものです。

これは一般社会でも言えるように思います。

強い企業や組織にも共通している部分じゃないかと思います。

人を育てるというのは難しいものですよね。

話しが横道にそれました。(笑)

さあ、次もチーム一丸となって頑張りましょう!期待してます。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 新人戦県大会、手に汗にぎる勝利 | トップページ | インフルエンザ? »

二男の記事」カテゴリの記事

練習試合・公式戦」カテゴリの記事

コメント

本当に手に汗握る展開でした、多分〇中は勝ちを確信していたでしょうね、でも応援席では選手権みたいな事も有るからと諦めず祈っていました、そんな中のFKからのヘディングゴール!痺れました~
ここで1点取り返すぞ!とチームが一つになった瞬間ですね、帰宅した息子は得意げでした(笑)

投稿: Smax | 2012年1月16日 (月) 10時42分

こんにちは。

諦めなければ、なにかがおこりますネ。高校サッカーの決勝もそうでしたが、勝利を信じて戦うことが必要です。

現場で観戦した保護者はさぞかし痺れたことでしょう。

二男チームの5年生は、おやじさんとことは逆の事が新人戦で起きました(涙)

投稿: サッカー親父 | 2012年1月16日 (月) 14時45分

Smaxさま

いや~現場で応援したかったですよ。
同点ゴールの瞬間を見たかった…。
それにしても、痺れる展開ですよね。
この勝ちは、次への弾みになるような気がします。

次も期待してます。(^^)v

投稿: カウチポテト | 2012年1月17日 (火) 07時20分

サッカー親父さま

まあ、最後の最後まで何が起きるか分からないのがスポーツですよね。
相手チームにしてみれば、ほぼ手中にあった勝利だったですからね。
お互い、勉強になったゲームになったと思います。
こういう展開で負けた方は、ちょっと気の毒ですけどね。
勝っても負けても、そこから学ぶことは多いと思います。
サッカー親父さんとこの5年生も、サッカーの怖さを知って更に伸びるんじゃないですか^^

投稿: カウチポテト | 2012年1月17日 (火) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/43750020

この記事へのトラックバック一覧です: 新人戦県大会、手に汗にぎる勝利(その2):

« 新人戦県大会、手に汗にぎる勝利 | トップページ | インフルエンザ? »