« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

そこに座っていた理由は?

今回も先日の日曜日の話しです。

試合の事ではなくて二男の話しです。

その日は一緒に観戦しに行った嫁さんが、わたしに尋ねてきたのです。

リーグ戦の前半が終了した後の事でした。

ベンチに居た選手のうちで、一人だけコーチとコーチの間に座っている子が居たと言うのです。

そして、「あれ、家の○○○じゃなかった?何であの子はコーチの間に座ってたのかなあ?」と言うのです。

わたしは、試合は観ていましたがベンチに居る二男を全く気にしていませんでした。

コーチの間に誰かが座っていたこと自体、全く気付かなかったのです。

そして後半開始。

今度は意識してベンチを眺めてみると、確かに二男だけがコーチに挟まれるようにして座っていました。

ちょっと不自然とも思えるような位置に鎮座(笑)しているのです。

そこで嫁さんと顔を見合わせ、お互いに口にしたのです。

あそこに座るのは、いったい何の為かと。(笑)

「ひょっとすると、コーチから次に行くぞと言われているのかも?この展開を打開するために、指示を受けている可能性もある。」てか?happy01

そんな軽口を言いながら親バカジョークを飛ばしていましたが、意味はあるのか無いのか知る由もありません。

最初は二男を気にしていたものの、出場する気配など微塵もなく、そのうち二男の事はすっかり忘れてました。

そして試合も終わり、帰途に着いた車の中で嫁さんと再びベンチの話しに。

まあ、二男の事で話題にする事は、それくらいしかありませんからね。

試合が終わって帰宅した二男に、わたしは早速尋ねてみたのです。

「お前、試合中はコーチの間に座ってただろ?なんで?」

答えは、特に意味はないらしいです。

でも、時々コーチに“ここ”に座るように言われるのだとか。

そうかなあ…、意味はあるような気もします。

例えば容易に想像がつくものを一つ挙げてみましょう。

いつもボケーとして試合を見てるから、集中させる為だとか。

それじゃあ、小学生レベルですけど…。(笑)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

だからなに?

今日はU-15県リーグ(TOP)を観戦してきました。

まあ、二男は試合に出る可能性はなくても様子(どんな表情してるか)は見られますからね。^^

その二男、前日(土曜日)は「俺らは優勝(会長杯)した!」と言いながら、意気揚々と夕方に帰宅しました。

市内大会とは言え、先輩たちの活躍がうれしかったようです。(出場した1年生も頑張ったようですし。^^)

サッカーに限らず、それが社会人であっても、“成功体験”を積み重ねることは凄く大切だと思うのです。

小さな成功で良いんです。

成功体験を積み重ねることができる人が、そういう癖をつけている人が、結局は成長を続けるような気がするのです。^^

市内大会のような、ある意味小さな大会であっても、“優勝”することの意味は大きいのです。happy01

話しが脱線するので、U-15県リーグに戻りましょう。(笑)

思わぬ大差の試合となってしまいました。

Gフィールドでの試合でもあったし、ちょっと残念だったかな。

正直、試合開始早々から相手チームとは力の差を感じました。

Y○ュビロ浜松は強かったです。そして、体格もでかい。

専門的な見地から、通用しなかったところ、ダメだったところを数えれば沢山あるのでしょう。

あれが足りない、ここがダメ等々、反省すれば枚挙のいとまがないのかも知れません。

でも、反省点を挙げるだけ挙げたら、一番最後は「だからなに?」で締めくくってほしいものです。

サッカーを分かっていない、素人おやじの戯言で申し訳ないですけど。(^^ゞ

これだけ“こてんぱん”にやられた時は、開き直りも大切です。

今は素直に差を認めたとしても、このまま終われるわけがありません。

一歩でも二歩でも差を縮める為に、開き直ってでも、やれる事をやり切るしかないですからね。

…って、これは先週、職場のミーティングで若い人達にしゃべった事、そのまんまでした。(笑)

成長を続けることが大切。頑張っていきましょう!今後に期待してます。(1年生も^^)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

J下部ジュニアユースの敗退で思うこと(その2)

昨夜のオリンピック日本代表は、見事に勝ってくれましたね。happy01

わたしは試合の時間に合わせて帰宅したのに、テレビの前で横になったらそのまま寝てしまいましたけど。

試合は開始から10分くらい見たかな。(^^ゞ

さて、前回の続きみたいなものですがちょこっと。

かつて、ラグビー界では大学生と社会人とが日本一を懸けて、チャンピオンシップをやっていた時代がありましたよね。

でも、プロ化された社会人(トップリーグ)と大学生とでは実力差が余りにも開きすぎてしまったのです。

もっと現状に則した方法にするべきだと、新聞紙上でスポーツライターの活字が躍っていたのを思い出しました。

そして現在の日本選手権は、違う形でのトーナメント方式の大会となっています。

あの頃の社会人と大学選手権優勝チームほどの差は、クラブと中体連にはないですけどね。

ただ、前回書きたかったのは、その辺りを踏まえてのことかな。

正直、現状のままではJ下部チームなどにとっては、チャンピオンシップを中体連代表と戦う意味が見出しにくいんじゃないのかなって思った次第です。( 余計なお世話なんですけど)

次のステージであるチャンピオンシップに進めば、相手(中体連代表)が同等かそれ以上のチーム力であれば理想的なんでしょうけど。

ここ数年、勝敗や得点差はともかくとしても、内容的にどうなのかなあ…と思えてしまうのです。

あくまで個人的な感想ですけど。

そうは言っても、クラブ対中体連という構図は面白いし、それはそれで楽しみなんです。^^

最初の話しに戻りますが、ラグビーの日本選手権のようなスタイルが良いのかなと思ったりしました。

予選を勝ち上がった中体連上位4チーム、クラブ上位10チーム、J下部2チーム(地区予選免除でシード)なんてどうでしょう。

チャンピオンシップじゃなくなっちゃいますけど。

それでも、中体連とクラブチームが覇権を懸けて戦う構図にはなります。

そしてなによりも、部活チームからすれば、普段はなかなか対戦できないクラブの上位チームと試合をするチャンスが広がります。

悪くないと思うんですけどね。

話しをちょっと変えます。

今回、J下部の本家JYは勝ち残れませんでした。

しかし、クラブの部で優勝したH○nda FCは、間違いなく県内ではトップクラスのクラブチームでしょう。

この週末、中体連の代表である○洋中学がスカッと勝ってくれたら痛快なんですけど。

やっぱりチャンピオンシップは意味があるんだと思えるほどに。^^

白熱した試合を期待してます。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

J下部ジュニアユースの敗退で思うこと

先日の県中体連1年生大会の日の話しです。

わたしは、隣の多目的グランドで行われていた1年生大会クラブの部の準決勝をちょっとだけ観戦しました。

清水○スパルスJY対ジ○ビロ磐田JYという、J下部同士の準決勝に興味があったのです。

二男たちの試合の直前だったので、観戦したのは15分くらいだったと思います。

そのわずかな時間に、全ての得点シーンを見ることができました。

3-1で○ュビロJYが逆転勝ちしたんですが、両チームともやっぱり凄かったです。

この試合が事実上の決勝戦だろうなと思っていたら、決勝戦では○ュビロ磐田JYは0-3で敗退。w(゚o゚)w

優勝したのはH○nda FCでした。

J下部のチームが負けるのは意外でしたが、J下部組織にとってこの大会の持つ意味は何なのでしょう?(個人的な感想ですけど。)

サッカー素人おやじが言うのは、少々おこがましいですがちょっとだけ。(^^ゞ

なぜそう思うのかと言えば、サッカーを通して何を得るのかという部分の発想が、Jクラブは特別だと思うからです。

もちろん、プレーする選手たちや、その応援をする親の気持ちなど、その部分には大きな違いはないと思います。

中学生年代のサッカー小僧たちの情熱に、J下部も街クラブも中体連もありませんからね。

ただ、そういう事とは別の次元で、チームとして求めるものの話しです。

わたしがJチームのオーナーだったり、強化を統括する責任者だったらと考えるとわかり易い話しになります。(あくまでも仮にですけどcoldsweats01

自分がその立場ならば、育成年代を担当する“監督やコーチ”などの社員?スタッフ?に対して、何を期待するのかってことです。

期待というよりは、スタッフに対して求める能力です。

組織のJY部門が、県内や全国大会などの主要な大会を何連覇しようが、トロフィーを幾つ集めようが評価はそこではありません。

プロ野球で例えれば、二軍がイースタンリーグで何連覇しようが、プロの一軍で活躍する有能な選手を送り出せなかったら意味がないのと同じです。

何のために二軍が存在するのかという本質を忘れては、まともな仕事にはなりませんから。

育成年代において、チームとして強化する指導力がどれだけあろうとも、“プロで活躍できる人材”を育成すという発想が抜けている指導者ならば会社には要りません。

管理職のような偉そうな発言ですいません。(笑)

お役所ではないのだから、企業とはそういうものです…ってすいません。coldsweats01

朝っぱらから話しが脱線しすぎです。

何の話でしたっけ。(^^ゞ

続きはまた。

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

敗れました…、県中体連1年生大会

県中体連1年生大会、決勝は0-1で敗れました。準優勝です。weep

ちょっと残念な結果にはなりましたが、白熱した良い決勝戦だったと思います。

まあ、優勝するにはまだまだ足りない部分があるという事でしょう。

優勝した東○大学附属○洋中学とは、この先も色んな大会等で対戦を重ねることになると思います。

その度に、昨日のような白熱した試合を期待できるんじゃないでしょうか。

全国を目指せるような、高いレベルでのライバルで居られるように切磋琢磨してほしいものです。

あらためて昨日の日曜日を振り返れば、天気も良かったし楽しい一日でした。^^(優勝すればもっとですけどね。)

午前中の準決勝では、珍しく?前半に3点ものゴールシーンを見ることもできましたからね。

そしてなにより、東名走って県西部まで行って、午前中だけで帰ることに成らずに済んだ事に感謝です。^^

嫁さんなんかは、決勝までの時間を車でゆっくり過ごしながら「こうやって、子供の試合観戦で休日をゆっくり過ごせるなんて幸せだよねぇ~」と語っておりました。

そりゃそうですよね。

試合前のわくわく感や勝利のうれしさ、そして悔しい思いも何もかも、子供たちが頑張ってくれてこそです。

中体連代表となった○洋中学には、クラブの部優勝チームとのウィナーズカップには頑張ってほしいものです。^^

一方、クラブの部で優勝したのはH○nda FCとのことです。

夕方、帰宅した二男は自分たちのことよりもJ下部の2チームが敗れたことに驚いていました。

自分たちの準決勝が終わった後、ジュニア時代の元チームメイトである○スパルスJYの○くんに会いに行ったらしいのです。

クラブの部の試合会場は、隣のエコパ多目的グランドが会場でしたから5分も掛からず移動できる距離だったのです。

そしたら、○スパルスの選手もチームのバスも無かったので「あれ?なんで?」と思ったと語っておりました。

さあさあ、ウィナーズカップは今度の土曜日です。

中体連優勝校の久々の勝利を期待してます。^^

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

県中体連1年生大会の準決勝、決勝

明日のベスト4の戦いに残っているのは、公立中学2校と私学2校です。

反対側のブロックでは、当然勝ち上がってくるだろうろ思われた静岡○園中学が敗れるという波乱?がありました。

勝ったのは公立の焼○中学でした。

名前だけで判断すれば(ごめんなさい。)、驚くような結果なのかも知れません。

しかし、実際に試合を見た方の感想は、不思議のない内容だったらしいです。

ちょと前までは、県内の中体連サッカーでは、サッカーに力を入れている私学が圧勝しながらベスト4までは勝ち上がる構図だったと思います。(個人的な感覚ですけど。)

最近はちょっと様相が変わってきたんじゃないでしょうか?

U-14新人戦でも、私学は各校とも随分と苦戦していましたからね。

もはや、公立中学が私学に勝っても「波乱」という言葉はあたらない気もします。

そう言った意味では、今はどこにもチャンスがあるように思うのです。

反面、J下部を筆頭にした県内クラブチームの上位と中体連との力の差を感じます。

この傾向は、今後も顕著になっていくのでしょうか?

10年先は、J下部や街クラブのサッカー、そして中体連のサッカー事情がどう変化してるのでしょう?

日本の経済状況や少子化、高校も含めて学校教育での部活動の位置づけなど、サッカーを取り巻く環境も変化していくでしょうから。

ちょっと脱線しました。(^^ゞ

そんな話しは別として、“個”の部分でみれば、中体連にも強豪クラブに負けていない選手はいるものです。

二男たちと県大会1回戦で当たった相手チーム(公立中学)にも、目を引くプレーをする選手がいましたからね。

明日は嫁さんと応援に行く予定です。

寒波の影響で寒くなりそうですが、熱戦を期待したいものです。

ところで、今日は静岡サッカー協会会長杯の準決勝と決勝でした。

どうなったんでしょう?

仕事で応援には行けませんが、気になるところです…。

【追記】

先ほど、18時前に二男と携帯で話しました。

会長杯は、まだ準決勝進出を懸けた2次リーグだったようです。失礼しました。(^^ゞ

で、結果ですが…、聞き忘れたので自宅に帰ってから確認します。sweat02

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

高校サッカーに挑む長男へ(2)

昨日の続きを少し。

サッカーから離れた話しになりますが、我が家の息子たちは、大人になると悩みがなくなると勘違いしているようです。(笑)

大人に悩みがないわけはありません。

大人に成ったからって、何でも余裕で解決できるわけもありません。

息子のサッカーじゃないですが、例えば仕事で能力不足を感じる事だって、わたしにもいくらでもあります。(アハハcoldsweats01

じゃあ、どうすりゃ良いのか?ってことです。

まあ、選択肢はいくらでもあります。その話しは置いとくことにしましょう。

この場所で頑張りたいと思うなら、そして自分の能力が足りないと感じるなら、ハードワークするしかないでしょう。^^

徹底的にハードワークすることです。

四の五の言わず、他人の2倍も3倍もハードワークするのです。

言葉は簡単ですけど、実践するのは並大抵じゃありません。

泣きごとを言うのはそれから。(その域まで行くと、そんなの言ってる暇はないと思いますけどね。happy01

これが、高校サッカー、高校生活に向けてのおやじからのアドバイスかな。

事細かなアドバイスや、長ったらしい説教はいらないでしょう。^^

シンプルな言葉や指示の方が伝わり易いのは、仕事でも一緒です。

合言葉は「ハードワーク!」、呪文のように「ハードワーク!」(どうでしょう?)

行き詰まりを感じたり、弱気になった時は、自分の心をリセットすることです。

そして、その言葉に見合うだけの自分なのか?と自分に問うことです。

高校の3年間は、もしも長男が難しそうな顔してる時は、すかさず声を掛けようかと思います。

たった一言、「ハードワーク!」

おやじからのエールです。^^

ならば、中学生である二男に掛ける言葉はこれですかね。

「ホームワーク!」(宿題、予習ちゃんとやれよ!pout

お後がよろしいようで。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

高校サッカーに挑む長男へ(1)

長男は、今日から長野県での2泊3日のスキー教室です。

大きな荷物を抱え、朝の早い電車に乗る長男を駅まで送ってから出勤しました。

わたしの仕事は9時からなのですが、職場には毎朝7時には出勤するので丁度いい時間でした。

長男と部活の話しをするのもめっきり減ったのですが、時々は語り合ったりします。

今朝も駅に送る数分間でしたが、高校の部活のことなどの話しになりました。

高校入試も終わって、一時中断していたサッカー部の練習も既に再開しています。

先日の週末などは、練習場のGフィールドが高校の新人戦の会場になっていたため、朝7時に練習開始でした。

家を5時半過ぎに出て、6時前の電車に乗っていましたね。

その長男、練習が再開した直後は階段を下りてくるのも辛そうにしてました。

練習がきつくてきつくて、筋肉痛になったそうです。

痛くて夜中にも目が覚めたとかで、湿布をベタベタと太もも周辺に貼りまくってました。

ストレッチでもやってやろうかと思ったのですが、弱気な事ばかり言ってるので放っておきました。^^

高校年代で頑張りたい自分もいる反面、“夢”を見れない自分も居るようです。

自分はもっとできる筈だと思いたい部分と、背は低いしスピードもないし、おまけにスタミナもない自分の限界を感じているようにも見えます。

「俺は走れないから…。高校サッカーでは致命的らしいよ。confident

べつに深刻に語るわけでもなく、苦笑いしながら時々そんな事を言ってます。

諦めているわけでもないようですが、高校の練習に参加して現実を感じてしまうんでしょうね。

いまだに、「俺はどこのポジションが適正なのか、今でも判らない。」などと言ったりしてます。(笑)

適性などともっともらしい事を言ってはいますが、裏を返せば、自分に自信がないのかもしれませんね。(わたしの勝手な想像ですけど。)

まあ、高校の部活で今まで以上に壁を感じたとしても、それは高校生活の一部なのです。

将来の糧になるなら、大いにもがき苦しみ悩めばいいんです。^^

何もない高校生活に比べれば、はるかに財産になるはずですからね。

おやじとしてのアドバイスは長くなりそうです。また、次回にでも。

とりあえず、スキー教室を目一杯に楽しんできてほしいかな。^^

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

県中体連1年生大会、ベスト4

やっぱり応援に行ってきました。(^^ゞ

そして二男たちは、なんとかベスト4に残ることができました。sweat02

応援に行った甲斐があったというものです。

二試合とも1-0での勝利で、まさに守りきった感じでした。

強いからベスト4に残ったと言うよりも、負けなかったから残ったと言った方が言い得ているような気もします。

決定的なピンチでのGKのナイスセーブが何回かあったし、よくぞ守りきってくれました。

言い方変えれば、二試合目などはGKの活躍が目立った試合だと言う事ですかね。

個人的には、薄氷を踏む思いのする勝利ではある割には、楽しんで応援できました。^^

先制されなかった事が大きいとは思いますが、試合展開としては珍しい事ではないからでしょうか。

1点を奪うのに苦労し、ヒヤヒヤする場面が多いのは見慣れた試合展開です。

免疫ができているわけです。(笑)

そうは言っても、もう少し相手を崩すような展開、攻撃を見せてほしいなあとは思いますよ。

裏を返せば、攻めに関しては得点を取れるイメージが湧かないのです。なんででしょ?

この大会に限らずの話しなんですけど…。

まあ、親の立場で欲を言えばの話しなんですけどね。

みんな頑張ったと思います。

ベスト4に残ってくれたんだから、感謝しなくちゃなりません。

今度の日曜日の楽しみができました。ありがとう!

ちなみに我が家の二男ですが、左SBで頑張ってました。

まあ、あれでは次のチャンスはないかなとも思いますが、それも勉強でしょう。

まだまだ、これから!happy01

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

県中体連1年生大会

今日は中体連1年生大会の県大会です。

会場は県西部のエコパ多目的広場なので、Gフィールドには7時半に集合らしいです。(早っ!)

6時前の電車に乗るために、二男は既に家を出ていきました。

初戦に勝てれば、今日はもうひと試合ありあます。

そして、勝った場合の相手は浜松開○館中学となる可能性が高いと思います。

U-13東海ボルケーノでは1勝1敗の相手です。

白熱した試合が期待できそうです。^^

当然ですが、その前に初戦を勝たなければなりません。簡単じゃないのです。

初戦が中西部1位で、次が西部1位(たぶん)のチームが相手ですからね。sweat02

どんだけ恵まれたブロックなんでしょう。bearing

さて、わたしですが応援に行こうか迷っています。

仕事関連でやるべきことがあるのと、試合会場も遠いので…。

とは言っても、見たいなあという気持ちも強いのです。

う~ん、そろそろ決断しないといけません。

嫁さんからは、「やる事があるんだったら、今日は(応援)止めとけば?」と言われてしまいました。

その嫁さん、自分は仕事の関係で応援に行けないようです。

非常に残念がっていました。

いずれにしても、19日の準決勝に進出してくれることを期待してます。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

入学試験が終わりました

長男の入学試験が終わりました。

面接試験では、それなりに緊張したようです。

でもまあ、基本的には中高一貫ですからねえ。(^^)

昨日は前日の筆記試験に続いて、面接試験があったのです。

朝食を済ますと、面接の練習をしたいと長男が言いだしました。

最初は嫁さんに頼んでましたが、「朝の忙しい時に、今頃なに言ってんの?pout」と軽く一蹴。

わたしは、たまたま仕事関係での研修があり、昨日は時間にたっぷり余裕があったので“面接試験”を引き受けてやったのです。

内心は、面倒くさいなあと思いながらでしたけどね。

それが意外なことに、けっこう盛り上がったのです。

5~6分のつもりで始めたのに、気付けば50分以上もやってました。

実際、わたしは職場の求人に対して応募された方の面接を担当することが時々あるのですが…。

息子が余りにも下手くそと言うのか、ひどいので笑えたのです。

もっとも中学生だから仕方ないんですけど、指導する先生も大変だろうなと察します。

それにしても、言葉遣いは危なっかしいし、台本の台詞を思い出しながら言ってる様な感じなのです。

おまけに、まとまらないので何を言いたいのか分からない。sweat02

しかも、尋ねていることに対する答えになってないこともたびたび。

返答が迷走しているうちに、自分でも何が言いたいのか???って感じです。

聞いていて笑えるのです。

お前は防衛大臣か!などと突っ込みを入れながら盛り上がりました。(ある意味、楽しい時間でした。^^)

息子は極めて真剣なようでしたけど。

まあ、正直言ってCランクくらいだと思います。

結局、本番では、練習とは関係ない質問ばかりだったようですけどね。

そんなものですよ。^^

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

JFAアカデミー福島、静岡県U-15リーグに参戦

県U-15リーグの組み分けが決まったようです。

東海リーグで戦うチームを除き、上からトップリーグ、1部リーグ、2部リーグ、3部リーグ(A,B,C)と別れます。

中体連(少ないですけど…)とクラブチームが垣根を越えて戦うことになります。

そのリーグ戦表の中に、JFAアカデミー福島の名前がありました。w(゚o゚)w

1部リーグに参入して、リーグ戦を戦うようです。

ウェルカムです。静岡のサッカーにとっても良い刺激になると思います。^^

1部リーグのチームも強豪が多いですから、アカデミーと言えども簡単には勝てないでしょう。(と思います。)

ご承知の通り、大震災と原発事故の影響で、彼らは拠点を静岡県の御殿場に移しています。

原発から僅かに20㎞しか離れていないJビレッジは、もはやサッカーをする環境にない事は何度かニュースで取り上げられました。

地理的にも、放射能汚染を考えれば、あの場所での再開は現実的には無理でしょうね。

悲しい現実です。

アカデミーの選手たちは、学校も含めて、違う環境に慣れるだけでも大変だったんじゃないでしょうか。

組み分けの表を見ながら、「JFAアカデミー福島がんばれ!」と思いました。

アカデミーの選手たちが、落ち着いてサッカーに打ちこめる環境が少しずつでも整うことを願います。

ところで、息子たちの中学はトップリーグに入っていました。

強豪チームばかりで、全ての試合が厳しいものになりそうな予感です。

逆に、チームとして大きく伸びるチャンスでもあるのかな。

サッカーに打ち込める環境にあることに感謝し、全力でここ最近の試合内容に対する厳しい評価(親父たちのですけどhappy01)を覆してほしいものです。^^

期待してます。

そして、1年生もがんばれ!

我が家の二男の場合は勉強も…。(笑)

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

会長杯、2次リーグ進出

昨日は、嫁さんと一緒に静岡サッカー協会会長杯を応援しに行ってみました。

実は、出発直前まで行こうかどうしようか迷っていたのです。

前日からほぼ徹夜だったので、午前中は寝てようかなって感じで。

それでも、出発の支度をしている二男を見てるうちに「よし、行こう!」という気持ちになったのでした。

この大会は静岡市内の大会で、中体連とクラブチーム合わせて31チームがエントリーしている大会です。

昨日は予選リーグの3試合目と4試合目が行われたのです。

結果的には2勝して、予選を4勝0敗で通過してチームは2次リーグに進出しました。happy01

我が家の二男ですが、2試合目の残り3分くらいのところから出場することができました。^^

左SH(でいいのかな?)でしたが、たぶん一度もボールに触れることなく試合終了。(笑)

まあ一応は、ボールを奪いに競ったり走ったりはしていましたけどね。

課題はどうでしょう?

昨日の試合と直接関係ないですが、やっぱりフィジカルかな。

あとは、試合に出たなら一度くらいボールに触れてくれよ。(笑)

そうは言っても、ちょっとでしたが先輩たちに混じって走る姿を見れたので行って良かったです。^^

おかげで夜は爆睡、日本代表戦を見そびれました。(あの結果では、見なくて良かったのかな。)

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

テクニック?

サッカーとは全然関係のない話しです。

ちょっと前の話し、正月のことですが書いてみます。

元旦の夕方、長男と二人でスーパーへ買い物に行った時のことです。

「正月だし、たまには高級な牛肉でも買って今夜はすき焼きだsign01」ってことで意気込んで行ったのです。

早速精肉コーナーへ行ったのですが、高級和牛の値段を見てビックリ。

そこでひるんだ我々は、即、すき焼きは中止の決断をしたのでした。(結局、かにを買ったのです。)

正月なので、店内の特売やイベントもいろいろありました。

ふくろ詰め放題コーナーなども、何ヵ所かにありましたね。

長男が、おもむろににわたしにこう尋ねたのです。

「父さん、詰め放題のコツって言うかテクニックを知ってる?smile

何だそれ?と思っていると、詰め放題用のビニル袋を手にとった長男は、袋を引っぱって伸ばし始めたのです。

“ちびまるこちゃん”で見たらしいのですが、ビニル袋を伸ばしておいてから詰め込むのがテクニックだと偉そうに言ってました。^^

で、わたしもやってみたら、引っぱりすぎて裂けました。sweat02

なるほど、時間をかけつつ丁寧に引っぱらなくてはいけません。

それから二人で、対象のシューアイスの型崩れも気にせずぎゅうぎゅうと詰め込んだ次第です。

我ながら良く(欲?)できました。happy01

でも、おばちゃんたちの必殺技はそんなもんじゃなかったのです。

実際には詰め込めなくても関係ないんですよ。

崩れないようにカゴの隅にアイスを詰め込んだ袋を立てかけて、更にその上にアイスを積み重ねるようにしてレジまで持っていく大技を繰り出してました。coldsweats02

お見事。

後日談ですが、しばらくするとそのシューアイスは一個20円でも売られていたのです。

正直言って、ぎゅうぎゅうと形が崩れるほどに詰め放題しても単価はそこまで安くならないんです。

つまり、詰め放題で買うと一個20円を超えるわけです。

バラで買った方が安いなんて…やはり変です。

しばらくは、売り場を通るたびに納得いかないわたしでした。(笑)

くだらない話しですいません。

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

申し訳なく思っています

昨年後半にお手伝いさせて頂いていた高校サッカー部の練習に、今はまったく顔を出せていません。

監督に申し訳ないのと同時に、怪我や故障、リハビリやコンディショニングの事などで相談してくれたり期待してくれた選手たちにも申し訳なく思っています。

自分の仕事のことで、時間的に余裕がなくなってしまいました。

実を言えば、今は二つの事を掛け持ちしているような状態なのです。

この状態はしばらく続きそうです。

ところで、長男の高校生としての生活も、もうすぐです。

親として息子のサッカーに係れる部分があるとすれば、かろうじてこの年代までかなと思ったりします。

結果はともかくとして、時間がある時には一緒にトレーニングしてみたい気もします。

長男や二男の試合も応援に行きたいし、それができるのは“今”しかないでしょう。

それとは別の話として、仕事関連では、わたしなりの求める結果というか目標があるのです。

今は踏ん張りどころでもあります。

50歳にもなったので、頭も体も動くのはあと少しですからね。いや、もうダメか?(笑)

息子たちの事も(優先したいくらいに)考えたいし、そこがジレンマです。

結局は、息子たちが頑張ってくれていればそれで良いんでしょうけど。^^

ところで、新人戦県大会の翌日から始まった会長杯ですが、勘違いしてました。

1年生の大会だとばかり思い込んでいました。(^^ゞ

新チームの市内大会(清水区を除いて?)だったようです。

今度はクラブチームも含めての戦いのようです。

インフルエンザが回復した二男ですが、出番はあるのかな?(笑)

中体連所属には同じ地区に静岡○園中学もあることだし、負けられませんね。

応援に行ける時があると良いんですけど。

ぽっちと応援、お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »