« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月19日 (月)

3月19日、長男が中学卒業

3月19日、長男は今日、中学を卒業しました。

わたしは仕事をしてましたが、嫁さんが卒業式に出席してくれました。

この三年間、考えてみれば、わたしは中学の授業参観も行事も一度も出た事がありませんでした。

授業風景どころか、学校の雰囲気さえもまるで知りません。

担任の先生さえ、どんな方だったのかも知らないわけです。

卒業式の今日になって、長男の担任の先生が女性だったのも初めて知ったくらいですから。(正確には、思い出したです。sweat02

わたしには、息子たちの先生=サッカー部の監督とコーチ、校長先生くらいなのです。(他の先生方を全然知らないので、イメージできないのです。coldsweats01

この点、嫁さんはわたしとは全く逆です。

仕事の合間に時間休などを取り、東名高速で往復しながら授業参観なども積極的に出てましたね。

これは息子たちが小学生時代からずっと同じです。

普段、十分に息子たちのために時間を取れない事への罪滅ぼし的な意識もあるのかなと思えるほどです。

別に、確かめたことはないですけど…。感謝です。

長男には、「卒業おめでとう!」と一声掛けた以外は、普段と何ら変わらない一日でした。

中高一貫だからでしょうか?

長男本人にも、それ程の感慨は無いように見えました。

わたしは、お義母さんには改めて感謝の気持ちを伝えておきました。

それにしても、子供の成長はあっという間ですね。自分が歳をとるわけです。

節目節目に、多くの方に感謝の気持ちを新たにします。

勿論、サッカーを通して、これまで長男に関わってくれた全ての方にも。

指導者の方だけでなく、これまでのチームメイトや親御さんなど、全ての方々にです。

実は、高校の入学式には出席しようかと考えています。

べつに特別な理由はなく、何となくですけど…。(笑)

リフレッシュ期間のつもりでしたが、節目なのでブログを更新してみました。

入学式(いつだか知りませんけどcoldsweats01)に出席したら、またちょこっと書くかもです。

ボチッと応援よろしくお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

ちょこっとプログを休憩します^^

ちょこっとブログを休憩しようと思います。

2ヵ月くらい休んで、5月になったら再開するんじゃないかと思います。

他人事のようですいません。(^^ゞ

あくまで休憩です。

二男が中学サッカーを卒業するまでは続ける予定なので、くどいですけど終了じゃありません。(笑)

ブログを開始以来、けっこうマメに綴ってきたのでリフレッシュです。( ^^) _旦~~

わたしが書き綴った記事は、自分でも驚く事に500回を超えていました。

自分にとっても、もしかしたら家族にとっても“宝物”にまで成長してきたかも知れませんね。^^

話しは変わりますが、このパソコンも相当にくたびれているようで…。

しょっちゅうフリーズします。仕事で使っていると危険すら感じます。coldsweats01

この際だから、Vistaからセブンに引っ越しです。

今日こそパソコンショップに行ってこよ。

最後に、世界の王選手のホームラン数(868本)を超えるまでは引退しませんよ。(笑)

では、みなさんごきげんよう(^^)/~~~

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

思いがけず

昨日の日曜日、寝坊した二男を朝からGフィールドに送る羽目になりました。

10時からTRMがあり、1年生の集合時間は8時だったのです。

前夜、「明日は6時19分の電車で行くよ。」と二男は言っていたのです。

夜中の3時近くまで起きていたわたしが、目覚めた時は既に6時30分を過ぎていました。

リビングを覗いてみると、ソファで爆睡している長男の他は誰も居なかったのです。

時間からして、てっきり嫁さんが二男を駅まで送っていったのだと思いました。

部屋に戻って再び横になると、2階からバタバタと掛け降りてくる音がして、「やべぇー、完全に遅刻じゃん!」と二男の声。

続いて嫁さんもバタバタと掛け降りてきました。

なんと、みんなで寝過したのでした。

正確には嫁さんとわたしがですけどね。

いつも我々が二男を(長男もですが)間に合うように起こすわけですから。

そんな訳で、仕方なくわたしがGフィールドまで送る事にしたのです。

早朝の国1バイパスを清水方面に向かって車を走らせていると、二男がこう言いました。

「父さん、こうやって朝早くこの道を通るのは懐かしいね。朝のこの景色も、何となく懐かしい。」と。

そう、息子たちがジュニアの頃は、こうやって早朝の国1バイパスをよく走ったものです。

土曜か日曜のクラブの早朝スクールに向かう為、6時20分頃に家を出て清水に向かったのです。

週末の早朝、息子たちを起こして練習着に着替えさせるのは、正に時間との戦いでした。

息子たちは、特に二男などは半分寝ぼけながら着替えてましたよ。(笑)

車の中で軽くパンと水分をとると、またすぐに寝入っていました。

後部座席で眠っている息子たちを乗せて、早朝のパイバスを飛ばしたものです。

朝7時からの1時間のスクールに通うために。

冬はまだ暗いし寒いし、起きるのも大変だったのが今となっては懐かしいです。

わたしも車を走らせながら、実は二男と同じように懐かしく感じていました。^^

長男が居たら、やっぱり同じ事を言っただろうな思います。

思いがけず、懐かしい想いに浸れた時間でした。

↓ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

練習後は、さっさと家へ帰るべき(その2)

前回の続きを少々。

嫁さんが必ず息子に、いや長男に向かって言うのはこれです。

大した話しじゃないんですけど。^^

「あんたねぇ、土日の練習とか、もっと早く家を出てきなさいよぉ。時間に間に合えばいいやっていう、あんたの感覚がわかんないよねー。gawk

つまり、本気で頑張るのなら、練習日は誰よりも先にグランドに入るくらいの気持ちでやりなさいよって事です。

土、日曜日が練習だけとなった日など、ギリギリまで家に居る長男の姿勢が不思議に思えるらしいのです。

とっとと行け!って思うらしいですよ。(笑)

不思議と言えば、二男の場合は「エッ!もう行くのか?まだ早すぎるだろ」って位の時間に家を出ていきます。

チームメイトと申し合わせて行くんですけどね。

自主練をする長男とやらない二男、こちらも対照的です。^^

嫁さんは、自分の高校や大学時代を振り返り、常に誰よりも先に練習場に出る事を心掛けていたと言うのです。

授業が終わった後も、休日の練習も、一番先にコートに入る事が信条だったようです。

そして、自分の課題に取り組むのなら、練習の後ではなくて練習前にやっていたらしいです。

特別用事もないくせに、“練習時間に間に合うように”家を出る姿勢が好きじゃないらしいです。(笑)

嫁さん的には、「練習開始の直前にグランドに着いて、どうして良い準備などできるの?」って事なんだとか。

チームの練習に入る前に、気持ち(集中力)もきっちり高めてから臨む姿勢が大切だという事らしいです。

そして、練習が終わったら、さっさと帰るべきだと言うのです。

「学生時代のわたしのように。happy01」だそうです。

残って練習やっても、集中力を持続できないから練習にならないって事を言いたいらしいですよ。

まあ、嫁さんのは一般論って言うよりは、自分の経験則に基づいての話しですけどね。

高校での部活、何はともあれ、長男にはハードワークで頑張ってもらいましょう。^^

余談ですが、二男が自主練をやらないのには明確な理由があるようです。

わたしは尋ねた事があるので確かです。

答えは、「駅から自転車で帰る時、遅くなるとちょー怖いから。でした。coldsweats01

ポチっと応援よろしくお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

練習後は、さっさと家へ帰るべき(1)

長男の部活は、今日から来週の火曜日まで休みのようです。

まだまだ高校入学前だから、本番はこれからなんでしょうね。

今朝6時に起こした時に、何となく嬉しそうに見えたのは気のせいでしょうか?^^

長男の話しとは離れますが、かつて嫁さんが部活(高校女子)のアシスタントコーチをしていた頃から時々言っていた事を思い出します。

県内上位の実力で、毎年全国を狙える力がありました。(あと、一歩で逃すんですけどcoldsweats01

勿論、サッカーじゃありません。^^

嫁さんが言っていたのは、「自分で自分の限界を口にする子は、実は本当の限界を知らない。自分の逃げ場所を作っているだけ。」

こんな内容の言葉は、長男が中学サッカーで弱気な事を言ったりした時も呟いていました。

本人に対してではなく、わたしに向かって…。coldsweats01

潜在的な能力があるのに、結局は伸び悩んでしまう子に多いタイプだとも…。

高校入学時は輝きを放っていたのに、もったいないなあって子が何人かいたんでしょうね。

長男は、中学入学後から部活後に自主練をしてから帰宅することが多かったです。(二男は全くありませんけど。coldsweats01

わたしは単純なので、「あいつは偉いよなあ。努力する姿勢は立派だよ。」などと、嫁さんに呟いたりしたものです。

ところが、当然同意してくれるかと思いきや、嫁さんの評価は違うものでした。

練習後に、まだ自主練をするだけの体力を残している方が不思議らしいのです。

嫁さんは、「日々の練習の中で、力を使い切って当たり前。自習練する体力を残すような練習は、自分に対して甘いだけかな。^^」って感じで言うのです。

これも、わたしに向かって。sweat02

まだ中学生だけど、そのうち気付いてほしい部分だと笑いながらですけどね。

長男に対しては、「あんた、まだ力が残ってるから自習練するんじゃないの?練習は、本気で頑張ってんの?」と皮肉を言うのがお約束って感じです。

絶対に褒めないんです。(笑)

そして続けて言う事は決まってます。

長くなったので続きはまた。(^^)

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »