« 練習後は、さっさと家へ帰るべき(1) | トップページ | 思いがけず »

2012年3月 3日 (土)

練習後は、さっさと家へ帰るべき(その2)

前回の続きを少々。

嫁さんが必ず息子に、いや長男に向かって言うのはこれです。

大した話しじゃないんですけど。^^

「あんたねぇ、土日の練習とか、もっと早く家を出てきなさいよぉ。時間に間に合えばいいやっていう、あんたの感覚がわかんないよねー。gawk

つまり、本気で頑張るのなら、練習日は誰よりも先にグランドに入るくらいの気持ちでやりなさいよって事です。

土、日曜日が練習だけとなった日など、ギリギリまで家に居る長男の姿勢が不思議に思えるらしいのです。

とっとと行け!って思うらしいですよ。(笑)

不思議と言えば、二男の場合は「エッ!もう行くのか?まだ早すぎるだろ」って位の時間に家を出ていきます。

チームメイトと申し合わせて行くんですけどね。

自主練をする長男とやらない二男、こちらも対照的です。^^

嫁さんは、自分の高校や大学時代を振り返り、常に誰よりも先に練習場に出る事を心掛けていたと言うのです。

授業が終わった後も、休日の練習も、一番先にコートに入る事が信条だったようです。

そして、自分の課題に取り組むのなら、練習の後ではなくて練習前にやっていたらしいです。

特別用事もないくせに、“練習時間に間に合うように”家を出る姿勢が好きじゃないらしいです。(笑)

嫁さん的には、「練習開始の直前にグランドに着いて、どうして良い準備などできるの?」って事なんだとか。

チームの練習に入る前に、気持ち(集中力)もきっちり高めてから臨む姿勢が大切だという事らしいです。

そして、練習が終わったら、さっさと帰るべきだと言うのです。

「学生時代のわたしのように。happy01」だそうです。

残って練習やっても、集中力を持続できないから練習にならないって事を言いたいらしいですよ。

まあ、嫁さんのは一般論って言うよりは、自分の経験則に基づいての話しですけどね。

高校での部活、何はともあれ、長男にはハードワークで頑張ってもらいましょう。^^

余談ですが、二男が自主練をやらないのには明確な理由があるようです。

わたしは尋ねた事があるので確かです。

答えは、「駅から自転車で帰る時、遅くなるとちょー怖いから。でした。coldsweats01

ポチっと応援よろしくお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 練習後は、さっさと家へ帰るべき(1) | トップページ | 思いがけず »

日記・コラム」カテゴリの記事

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

それぞれのみなさんの顔が浮かびちょっとニヤニヤしながら読んでしまいましたf^_^;


奥様の言いたいことなんかわかるなぁ

私は、ようはメリハリだど長男次男によくいいます。
遊びもサッカーも勉強も!!!

なんとも我が家の長男と次男の動きが似ているので笑えてきます(^O^)


いつまでも自主トレと言う遊びと練習のミックスをやっている長男


練習の2時間前に自転車で遠回りをしながら友人と練習に行く次男


どうなることやら

受験がひと段落したら飲み会やりましょう!!

投稿: いけぽん | 2012年3月 3日 (土) 07時40分

こんにちはcloud

奥さんは凄い青春時代を送ってきたんですね~
記事を読んでいて「へぇ~なるほどね~!」と感心してしまいましたよ。男らしいと言ったら失礼ですが、かっこいいですね!!見習いたいと思います!!
最後の次男君の言葉には クスッcoldsweats01っと思わず笑っちゃいましたgood
ナイスですgood

投稿: しょうたのかーちゃん | 2012年3月 3日 (土) 11時57分

ナルホド!奥さんの御意見ごもっともです。説得力あります。

馬鹿親と小僧に多大な影響を与えている方がいらっしゃるんですけど、その方の考え方が奥様の思考回路とまったく同じなんですよね。
「チーム練習後に自主練するエネルギーがあるのがおかしい、余力が残るような練習がどれ程身に成るのか?」、「チーム練習が終わった時立って歩けないくらい自身を追い込んだ練習をすべき。そういう日々を積み重ねた者と、毎日余力を残した者とどちらが伸びると思う?」、「常に120%で望むコトが重要」という考え方で、
オフ日にボールに触るコトもNG、
要は「休む時はキチっと休む、ヤル時は徹底的にヤル!」、「メリハリをつけるコト、ダラダラやらない」というスタンスです。

そういう考え方、
判りますけどね、

「時間があるんだったら自主練した方が上手くなるんじゃね?」って思う馬鹿親
馬鹿親は自主練肯定派でして、
中村俊輔が高校時代、誰よりも早く来て、練習後もグランドの照明が落とされるまで自主練してたというコトを聞き、
「コレは見習うべき!」とチーム練習後照明が切れるまで小僧と自主練してきた過去があります。

奥様の考え方も充分理解出来る、でも俊輔の行動も共感できるんですよね。

でも、両者に共通するコトは「常に全力!」、「常に120%」
サッカーも勉強も、遊びも恋も、
全力!ってコトかな、と考えてます。

投稿: ひろ丸 | 2012年3月 4日 (日) 20時07分

こんばんは。

奥さんの言葉は私も同感ですが、うちの嫁は息子達に更に厳しく、同様なことをいつも言っています(汗)

嫁は更に加えて自主練推進派です(笑)

嫁は高校時代、全国レベルのバスケ部のレギュラー、親父は最高でも県ベスト8のしがないサッカー部員。

取り組みに対する姿勢が違いますね(笑)
息子達が少し可哀想です(爆)

投稿: サッカー親父 | 2012年3月 4日 (日) 22時57分

いけぽんさま

ほんと、メリハリは大切です。^^
それにしても、
中学生になっても小学生の頃と余り変わらない部分も多いですね。
お互いに。(笑)

受験がひと区切りついたら、飲み会やりましょう!

投稿: カウチポテト | 2012年3月 5日 (月) 05時09分

しょうたのかーちゃんさま

嫁さんは、普通のおばさんですよ。(笑)
息子たちは、舐めてますからね。
ただ、これが部活でのコーチと選手と言う関係だったら随分と違うと思いまよ。

二男などはビビリなので、
嫁さんみたいなタイプのコーチの前では緊張しまくりだと思うのです。
プレーだけでなく、挨拶から生活態度に至るまで、ビシバシ言いますから。
直立不動で話しを聞くんじゃないですか。(笑)

投稿: カウチポテト | 2012年3月 5日 (月) 05時16分

ひろ丸さま

ひろ丸さんが多大な影響を受けた方の言ってることは、
確かに、嫁さんが言ってることそのまんまです。
必ず、ダラダラやっても意味がないって言います。(笑)

ただ、プロ野球の若手選手など、キャンプ中は夜間の自主トレとかやりますからね。
それが、普通の事として。
やっぱり、スポーツの指導者は、
理屈はともかくとして、自分の経験則ってのもあると思います。
随分昔になりますが、ラモスがテレビで言ってました。
上手くなりたかったら、みんなが休んでいる時も練習しろと。
何が正しいってのも、言えない部分がありますよね。

投稿: カウチポテト | 2012年3月 5日 (月) 05時28分

サッカー親父さま

息子たちにとっては、
嫁さんは全然怖くないみたいですよ。
「ハイハイ。分りました。bleah」って感じで受け流してます。(笑)

それどころか、
「母さんは、すぐに父さんに言いつける。pout」って感じで反論してます。
とは言っても、本気で怒らせるとヤバいって分かってる様ですけどね。
息子たちも、計算しながら駆け引きしてる感じです。(笑)
親子ってこんなものですね。

投稿: カウチポテト | 2012年3月 5日 (月) 05時37分

こんにちは!
またまた、おじゃまします。
私の学生時代の自主練の話ですが、剣道を中学から社会人になるまでやっていました。中学の時は部活に入部した時点で小学校からやっている子には差がつけられていました。初心者は毎日すり足と素振り、正座・・・初めはみんなコツもよくわからずやっていましたが、そのうち器用な子とかコツをつかんだ子はグングン伸びていきました。そういう子を横目で見ながら
私のタイプは3歩進んで2歩下がるタイプだったと思います。亀の歩みでも着実に積み重ねた方が絶対実力が付く!!と信じていました。
1つのスポーツや武道を長くやっていればみんな味わったことがあると思いますが、今日は気分がのらないな~と思って練習に行ってみたら何だかとてもうまくいって練習行って良かった!って事があるんじゃないかな?またその反対な日もあると思います。
私は部活が終わった後、父と一緒に武道館に練習に行っていました。(そういうと部活は手を抜いていたのかな?と思われがちですが・・・学校の先生が教える部活は本当にたいしたことなかったです。)武道館の先生たちとの練習はとても凄まじかったです!!容赦なく打って来るので「もー悔しいのなんのって!!」だから次は「おおー!と言わせてやろう!!!」って、意地というか、負けん気というか、そんなんで朝は素振りをしてから学校へ行っていました。
その日の練習で納得いかなかった時は、自分が納得するまでやるのはいい事だと思います。それは体が疲れていたって気力があればできちゃうものです。
自分と向き合う時間も大事ですね。
だから息子にも自主練の事はやれともやるなとも言っていません。

追伸・・・ダイエットに関しては・・・あの頃の根性どこへやら・・・・ですけどねcoldsweats01

投稿: しょうたのかーちゃん | 2012年3月 5日 (月) 12時14分

しょうたのかーちゃんさま

かーちゃんは女流剣士だったんですか。
カッコいいですよ。^^

わたしの職場の部下にも剣士がいますよ。
まだ、20代後半ですけど。
昨年、彼の結婚披露宴に出席した時、
剣道部の恩師である先生が来賓として来られてました。
史上最年少(当時)で、八段に合格された方なんだそうです。
八段といのは、剣道の世界では最高峰らしいですね。
合格率も1%程度だとか。

流石に極めた方だけあって、凛とした雰囲気を感じました。
剣道、いいですよ。

投稿: カウチポテト | 2012年3月 5日 (月) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/44326133

この記事へのトラックバック一覧です: 練習後は、さっさと家へ帰るべき(その2):

« 練習後は、さっさと家へ帰るべき(1) | トップページ | 思いがけず »