« 練習後は、さっさと家へ帰るべき(その2) | トップページ | ちょこっとプログを休憩します^^ »

2012年3月 5日 (月)

思いがけず

昨日の日曜日、寝坊した二男を朝からGフィールドに送る羽目になりました。

10時からTRMがあり、1年生の集合時間は8時だったのです。

前夜、「明日は6時19分の電車で行くよ。」と二男は言っていたのです。

夜中の3時近くまで起きていたわたしが、目覚めた時は既に6時30分を過ぎていました。

リビングを覗いてみると、ソファで爆睡している長男の他は誰も居なかったのです。

時間からして、てっきり嫁さんが二男を駅まで送っていったのだと思いました。

部屋に戻って再び横になると、2階からバタバタと掛け降りてくる音がして、「やべぇー、完全に遅刻じゃん!」と二男の声。

続いて嫁さんもバタバタと掛け降りてきました。

なんと、みんなで寝過したのでした。

正確には嫁さんとわたしがですけどね。

いつも我々が二男を(長男もですが)間に合うように起こすわけですから。

そんな訳で、仕方なくわたしがGフィールドまで送る事にしたのです。

早朝の国1バイパスを清水方面に向かって車を走らせていると、二男がこう言いました。

「父さん、こうやって朝早くこの道を通るのは懐かしいね。朝のこの景色も、何となく懐かしい。」と。

そう、息子たちがジュニアの頃は、こうやって早朝の国1バイパスをよく走ったものです。

土曜か日曜のクラブの早朝スクールに向かう為、6時20分頃に家を出て清水に向かったのです。

週末の早朝、息子たちを起こして練習着に着替えさせるのは、正に時間との戦いでした。

息子たちは、特に二男などは半分寝ぼけながら着替えてましたよ。(笑)

車の中で軽くパンと水分をとると、またすぐに寝入っていました。

後部座席で眠っている息子たちを乗せて、早朝のパイバスを飛ばしたものです。

朝7時からの1時間のスクールに通うために。

冬はまだ暗いし寒いし、起きるのも大変だったのが今となっては懐かしいです。

わたしも車を走らせながら、実は二男と同じように懐かしく感じていました。^^

長男が居たら、やっぱり同じ事を言っただろうな思います。

思いがけず、懐かしい想いに浸れた時間でした。

↓ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 練習後は、さっさと家へ帰るべき(その2) | トップページ | ちょこっとプログを休憩します^^ »

二男の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/44376354

この記事へのトラックバック一覧です: 思いがけず:

« 練習後は、さっさと家へ帰るべき(その2) | トップページ | ちょこっとプログを休憩します^^ »