« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

公立中学の台頭は、時代の流れ?

6月2日の土曜日は、県U-15チャンピオンシップ(中体連の部)の決勝があるようです。

現在、ベスト4が決まっており、準決勝と決勝戦が行われるのです。

試合会場は清水総合運動場。

息子たちがジュニアの頃から、何度も熱戦を繰り広げてきた場所です。

応援に行きたくてうずうずしているのですが、朝から仕事があるので200%不可能。

わたしには、労基法の労働時間の制限は当てはまりませんので…。(笑)

ホントに、せめて日曜日にやってくれれば、何とかなる場合もあるのに…。weep

さて、午前中の準決勝ですが、私学対私学・公立対公立という構図となりました。

当然、決勝戦は私学対公立です。

これはし、決勝戦のシュチエーションとしては最高だと思います。

数年前までなら、いや2~3年前までなら、私学の絶対有利は動かなかったでしょう。

なので、仮に決勝戦が私学対公立となると、勝敗の興味が半減してしまう感じもあったかも知れません。

しかし、ここ1~2年くらいは、何だか雰囲気が違うのです。(個人的に思うのですけど。)

準決勝の相手は浜○開○館中学なのですが、お互い特別シード校ながら、共に3回戦などは辛くもPK勝ちです。

驚いた事に、2回戦では、他の特別シード校(私学の二校)が公立中学にそろって敗退しています。sweat02

しかも、私学を破った公立中学が必ずしも勝ち進んでいるわけではないのです。

もう、私学の絶対優位なんて時代じゃないのかなあ…。

公立中学台頭の流れは本物で、このまま私学優位の時代は終焉となるのか?

それとも、押し戻すのか?(ちょっと大げさですかcoldsweats01

そういった意味でも、決勝戦は個人的に興味があるのです。

そうは言っても、やはり二男の先輩たちに優勝してほしいですね。

兄貴分の高校チームも、総体予選は結果が出なかったし…。

サッカーに関して、明るいニュースというか話題がほしいのです。

さて、どんな結末となるのやら。

吉報を待つことにします。

ぽっちと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

天皇杯県予選、応援に行きました

応援に行ってきました、日曜日の天皇杯県予選。

10時から試合開始だったので、嫁さんも、早朝から掃除と洗濯をせっせとしてましたね。happy01

そして、いざ出発という時です。

嫁さんの携帯に、長男からのメールが入っていたのです。

「今日、俺は出る可能性はなくなった。」という内容だったのです。

わたしも嫁さんも、???(メールの意味が分かりませんでした。)

この意味するところは、長男が帰宅するまで不明でした。

それはひとまず置いときましょう。

長男には関係なく、3年生の先輩たちの試合を見てみたいと思っていたので、ためらうことなく試合会場へ。

嫁さん曰く、「最初から出るなんて、少しも思ってないのにね。(笑)」

試合の方は、藤色ユニホーム高校OB?主体の社会人チームに2-0で勝利。

次の大学チーム戦につながりました。

この県予選は、総体メンバーに登録されなかった3年生が出場しているとのことです。

わたしは(嫁さんもですが)、十分にうまい選手や良い選手ばかりだと感じたのですが…。

Aチームに選ばれるか否かは、紙一重って部分もあるんでしょうね。

ところで、試合内容は危な気ないものでした。

高校チームは、練習量が社会人とは違いますからね。

仕事を持つ社会人は、現役(高校や大学時代)の頃のように練習するのは不可能です。

スピードと運動量の差は、時間の経過とともにはっきしますね。

それでも、相手チームは最後までよく走っていたと思います。(大したものです。)

体力はともかく、技術的なものは“現役時代”の片鱗を随所に見せてました。

ちょっと残念だった出来事もありましたけど…。

試合中のフィールド上での“個人”の振る舞いが熱戦に水を差してしまうのは残念です。

高校生相手だったし、余計に…。

さて、我が家の長男からのメールの意味です。

集合時間に遅刻して、コーチからベンチ入りを禁じられたのでした。coldsweats01

試合2時間前には着いていたと言ってましたが、結果がすべて。

親から特に言う事はありませんが、猛省してもらいたいものです。

先輩たちにとって、どういう意味を持つ試合か考えないといけません。

ポチット応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

長男、天皇杯県予選へ挑む(のかな?)

明日は、天皇杯の県予選らしいです。

高校生になった長男は、1年生の中でもBチームです。

なので、エントリーする選手に選ばれる権利があったようです。(ろくに話を聞いてないので、それ以上の事はよく分かりません。sweat02

数日前、「やったー!」とか言って喜んでました。^^

自分なりに、目標にしてたんでしょう。

ちょっと誇らしげに、背番号の付いたユニホームを見せてくれました。

わたしは、新聞かなんか読んでた時なので…、生返事で背番号すら思い出せません。(反省。coldsweats01

明日の初戦は、ホームグランド(人工芝でない方)で、藤○東高校のOBのチーム?が相手のようです。

大人が相手ですから、ケガのない様にしてほしいものです。

もっとも、僅かな時間でも出場するチャンスがあったらの話しですけどね。(ベンチ入りできるのでしょうか?)

総体予選に出場しなかった3年生の先輩たちは、この大会で引退するそうです。

敗戦=高校サッカーからの引退です。

受験もありますから、仕方ないです。

選手権までサッカーを続ける選手の方が、特別なんですね。

息子の先輩たちには、一日でも長く続けてほしいです。

そして長男には、精一杯の応援とサポートを期待してます。

先輩たちへの、感謝の気持ちを込めて。

明日は、たしか午前中の試合だと聞きました。

嫁さんは応援に行くと言っていましが、わたしは微妙です。

まだ職場ですが、応援行くためには、朝まで仕事を頑張るくらいの執念をみせないと…。

試合会場に現れなかったら、根性の無いヤツだと思って下さい。(笑)

ポチット応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

“大人の世界”じゃなくても通用しない(^^)

先週のことでした。二男が口を尖らせて帰ってきたのです。

なんでも、部活への参加が遅れた事をコーチ(先生)に咎められたようです。

しかし、自分には正当な理由があったのだと言うのです。(この時点で、どうでも良い話しなんですけどね。^^)

その理由とは、先生から命じられた生徒会役員の仕事だったらしいのです。

それをコーチにも説明したのに、全く理解を示してくれなかったと言うのです。

先生から命じられた仕事で、サボっていたわけじゃないのに…とぶつぶつ。

二男は、納得いかないようでした。

そんなもの、早く終わらせりゃいいだろ!と言うコーチに、「無理ですよ。勝手に自分だけ終わって部活に参加するなんて…。」と必死で説明したらしいです。

どう考えても、コーチの言ってる事の方が変だと思うと主張するのでした。

聞いていても、ホント大した話しじゃないんですけどね。coldsweats01

むしろ、わたしとしては、食いつきどころは“生徒会役員”って部分です。(学級委員の間違いじゃないのか?)

「父さん、コーチ(先生)が言ってることは変だよね?そう思うっしょ?」と同意を求める二男でした。

当然、同意してくれると思ったんでしょうね。

わたしの感想を語ってみました。“大人の世界”ではと前置きをしてからです。

「お前みたいな奴は、会社組織では最も要らない人材なんだよな。」と説明したのです。

“大人の世界”では、仕事で一番聞きたくないのは、「できない言い訳」なんだよと教えてやりました。

「無理です、できません。」は、“大人の世界”では「やる気がありません。」と同意語だとも教えてやりました。(笑)

「つまり、コーチはお前を“大人”として扱ってくれたってことだな。」と話したんですけど、その時は通じてませんでしたね。

???って感じでした。(笑)

与えられた条件がどれだけ厳しくても、それでも成果を出すために取り組んでみるのが“大人の世界”なんだとも付け加えておきました。

最初、わたしの話しに不服そうで納得いかない表情の二男でしたが、自分なりに思うところがあったのでしょう。

そこから一切、この件でコーチに対する不満を語らなくなり機嫌も戻ってましたね。

二男の言ってる理屈は、分からないわけじゃありません。

でも、どんな理由があろうとも、最初の言葉が「無理です。」じゃあね。

“大人の世界”じゃなくても通用しません。coldsweats01

言い訳より先に、「今度は、もっと早く終わらせる工夫をしてみます。」って事くらい、言えないのでしょうか…。(親として、聞いてる方が恥ずかしいってもんです。)

そこんとこ、まだまだ中学生なんですかね。(笑)

先生(コーチ)も大変です。感謝。

ポチット応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

まさかの結果、県U-15サッカーチャンピオンシップ

今、県U-15サッカーチャンピオンシップが行われています。

二男たちは、もちろん中体連の部所属です。

まず中体連の部で優勝をしないことには、クラブチームと戦うチャンピオンシップに進めません。

19日の土曜日、夜になって帰宅したわたしは、二男から驚くような結果を知らされたのです。

「お前なあ、たぶん、それ間違ってるぞぉ。しっかり聞いてこいよ。」なんて言って、半信半疑だったのですが本当だったようです。sweat02

その話しの前に、県U-15チャンピオンシップの事を少々。

中体連とクラブチームの1位同士が、優勝決定戦を行うというものです。

今年のチャンピオンシップは、例年と少し違うようです。

中体連の部は、予選を勝ち上がった各地域の上位チームに、特別シード校4校を加えて争います。

クラブの部は、日本クラブユース選手権の県上位16チームで優勝を争うようです。

今年はここに、東海リーグに所属する静岡県の上位2チームも加わるらしいです。

つまり、チャンピオンシップは、これら4チームで覇権を争うわけです。sweat02

ところで、二男が語ったビックリ仰天の話しに戻ります。(大袈裟かcoldsweats01)。

私学の特別シード校は、中体連の部2回戦から登場。

二男たちの中学も2回戦から登場し、初戦は6-0で勝ってくれました。

がなんと、驚いたことに、他の特別シード校のうち2校が初戦で敗れたのです。w(゚o゚)w

全国的にも強豪校として知られた私学です。

なので、わたしは二男の話しが俄かには信じ難かったのです。

「お前はホントに…、寝ぼけてるか担がれてるかのどっちかだな。(笑)」なんて言ってたのですがねぇ…。

そう言えば、二男がジュニアの時に所属していたクラブチームの仲間でも、クラブも私学も選択せずに地元の公立中学でサッカーをやってる子がいます。

県内では、もはやサッカーでの私学絶対優位の時代は終わったんですかねえ…。

ホントなんだろうか?などと思っていた翌日20日の夜には…。

更にわたしは、高校生となった長男からの、総体予選の結果報告にも衝撃を受ける事になるのでした…。despair

ポチット応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

お前はクビ!

数日前の事、二男に、「最近の練習はどうだ?」と尋ねてみました。

先日書きましたが、時々、3年生の先輩の練習に参加させてもらえる機会があると言っていたからです。

すると、予想していなかった答えが返ってきました。

「あぁ~、あの話?俺はクビになったよ。」とひと言。

そして、その時の様子を二男が語りました。

その場面を想像すると、何となく笑えましたね。happy01

話しはこうでした。

その日も、コーチの指示で3年生の練習グループに混ぜてもらったらしいのです。

ところが、10分もしないうちに、練習を見ていた監督から「お前はクビ。あっちでやれ。」と指示されたのだとか。

二男の、膨らみかけていた根拠のない自信は、一瞬にしてしぼんだことでしょう。(笑)

人生、厳しい局面では耐えることや諦めないことは大切。

そして逆に、物事が思いのほか順調で調子の良い時こそ、図に乗らないことも大切なんです。(笑)

おやじの大したことない経験から言えるのは、人生とはそういうものです。

そんな意味では、サッカーとは、実に多くの事を息子たちに教えてくれるスポーツです。感謝。happy01

その会話は発展することもなく、それで終わりなんですけどね。

でも、いつも感じることがあるのです。

この年代までの息子たちは、実に多くの事を経験できているなと。

親のつまらない説教より、遥かに価値があるってもんです。^^

サッカーに、改めて感謝です。

何気ない1分にも満たないような会話でしたが、そんな意味で、おやじとしては再びニヤリとしてしまうわけです。

そして、何だかうらやましいなとも思うのでした。


明日は、総体サッカー県予選の2回戦があるようですね。

長男の先輩たちは、地区予選免除でここから登場だとか。(そんな事も知りませんでした。coldsweats01

相手は、いきなりタイガージャージの東○大○洋高校らしいです。なんで?

とにかく、先輩たちの全国切符に期待したいです。happy01

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

感謝してますか?

長男は、朝練のある日は、5時18分の電車に乗ります。

今朝は雨が降っていたので、わたしが駅まで送っていきました。

草○駅についてからは、また自転車に乗って学校へ向かうので濡れる事は濡れるんでしょうけどね。

わたしはその後自宅に戻り、新聞などを読んでしばしのんびりとして、6時45分頃の電車に乗る二男を再び駅まで送ってそのまま出勤しました。

今日はわたしが二人とも駅まで送りましたが、雨の日は嫁さんがこんなパターンで動く事の方が圧倒的に多いです。

朝練のない日の雨降りならば、息子たちを一緒に駅まで送り届けるだけで済むんですけどねえ。

嫁さんは、早朝から子供たちの弁当を作り、夜に終わらなかった分の洗濯をしたり干したりしてます。

嫁さん自身も、7時過ぎに出勤するわけだから慌ただしい毎日です。

今朝、二男を駅まで送る車内で息子がこう呟いたのです。

「父さん、母の日って終わった?そんな気がするんだけど?」

わたしも、「ひょっとしたら、終わってるような気がするなあ?」と返事をしましたが、終わってますよね。(^^ゞ

「俺たち、何もしてないよね。ヤバくない?」と二男に言われてしまいました。sweat02

嫁さんは、平日も帰宅は夜8時すぎが普通だし、わたしはもっと遅いし。

おまけに息子たちも部活で帰りは遅い…。

家族でゆっくり会話をする時って、案外ないものですねえ…。

どこのお宅も慌ただしい毎日のような気がしますが、人生もっとゆっくりとしたリズムで過ごしてもいいんじゃないかと思う事があります。(笑)

まあ、うちは嫁さんがいるので家族という単位が成り立っているようなものですね。

そうじゃないと、早朝と夜に顔を合わせるだけの、ただの共同生活みたいな感さえあります。(笑)

せめて“母の日”くらいは、息子たちの一緒に、感謝の気持ちを形で表さないといけないなあとやや反省。

サッカーおやじの皆さん、嫁さんに感謝してますか?

母の日には、奥さんに何かプレゼントしたんでしょうかね?って偉そうに言えた立場じゃないですけど…。(^^ゞ

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

長男の意外なキャラ?

今回もちょっと前の話しで、長男が中学を卒業する直前の話しです。

嫁さんから聞いた話を思い出しながら書いてみます。

3月の中旬の、とある日曜日の事だと記憶しています。

朝から長男も二男も、それぞれに遠征やら練習に出掛けて行った日でした。

家には、わたしと嫁さんだけになって、何となく息子たちの話しになったのです。

その時に、「三送会の話し、知ってる?」とわたしに嫁さんが尋ねてきたのです。

そんなものがあった事すら知りませんでした。

話しによれば、三送会は「三年生を送る会」の略称らしいのです。

おかしな事に、送られる三年生が下級生の前で余興をやるのが伝統らしいのです。

逆だろっ?て気がするんですが、まあそれは良いとして。

そこで長男は、コントを披露したらしいのです。

嫁さんが言うのには、長男が「完璧に出来たし、ウケた。」と自画自賛していたのだとか。

およそサッカーとは関係ない話しばかりです。(笑)

中学に入学してから、先輩やコーチなどから、「け○○○、何かウケることやれよ。happy01と声を掛けられるキャラになったらしいです。

それに応えて、結構いろいろバカな芸をやっていたらしいのです。

中学2年生くらいになると、高校の先輩たちからも声を掛けてもらうことが多くなったのだとか。

長男の練習中の振る舞い(大声での体操)や動作が、高校の先輩たちにまで、笑いを誘う存在らしかったようです。

高校の先輩たちからは、その頃、ニックネームまでつけてもらっていたとか。

部活の帰りに仲間たちといると、高校の先輩に「一緒に帰ろうぜ!」と誘われたりする事もあったようですよ。(笑)

そう言えば、二男が中学に入学して間もない頃に、こんな事を言っていたのを思い出しました。

「け○○○○、みんなにウケまくってるよ。ちっとも面白くもない芸だけど、不思議。coldsweats01

加えて、「サッカーでは、あまり目立たないけどね。」とも二男に言われておりましたが。(笑)

ほんとにそうです。プレーでは、ちっとも存在感などないんですけどね。coldsweats01

何をやっているのか分からないものですねえ…。

ポチット応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

それも実力のうち?

つい最近のことです。

二男が、部活のサッカーの事で話し掛けてきました。

練習で、3年生の練習グループに時々入れてもらう事があるらしいのです。

コーチから、こっちで練習に加わるようにと言われて参加するのだとか。

たぶん、うれしくて黙っていられなかったのでしょう。

「俺さあ~、この頃コーチに呼ばれて(以下省略)なんだよね。gawk」てな感じで、無表情を装いながらも、目は嬉しさを隠しきれていませんでしたから。(笑)

まあ、折角だから親としても乗ってやるわけですよ。

「おぉ!w(゚o゚)w大したもんだなあ。頑張ってるじゃん!。happy01ってな感じでリアクションしてやりました。

「勉強もそのくらい頑張ってみたらどうだ?」と、続けたいところなんですけどね。

このタイミングで嫌味を言うのは、何となく大人気ないのでやめときました。(笑)

ちょっと話が逸れますが、長男が中学年代で試合に出場した総時間の和を、二男のそれと比較したとします。

二男は中学2年生になったばかりですが、たぶん長男の3年間の総出場時間を既に超えているんじゃないかと思うのです。

公式戦や練習試合を分けてみても、たぶん超えていると思います。

だからと言って、わたしには、二男の方がプレーヤーとして優れているようにも思えません。

その学年のレベルやポジションとの兼ね合い、運みたいなものもあるのかなあと感じるのです。

実際、二男の力量を考えれば、先輩たちと大きな差があるのは容易に想像がつきます。

まだまだ、きっちりと体力面を向上させるのが優先課題のレベルにあるプレーヤーでしょう。

6年間もあるわけだし、中学年代はそれでも十分かなと思っています。

まあ、何はともあれ気持ち良くサッカーをしてくれればいいかな。^^

先輩と練習させてもらって、きっと“そこから見える景色”で何かを感じてくれることでしょう。

実力的には大したことないのに、小学生の頃からほんとに運のいいヤツです。(ついつい長男と比べてしまいます。)

ジュニアの頃から、自分の実力以上の土俵を経験させてもらえる機会に恵まれていると思うのです。

考えようですが、運の良さは、それはそれで実力のうちなのかな?^^

ポチット応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

東海ルーキーリーグ(その2)

東海ルーキーリーグを観戦した感想を少々書いてみます。(たったの一日ですけど。)

とにかく、長男が試合に出ている姿を見るのは本当に久しぶりでした。

その日の初戦、JFAア○デミー戦の後半最初から息子がピッチに出てきたのです。

おぉ!久しぶりに見る長男の雄姿って感じでしたね。(大袈裟かcoldsweats01

がしかし、特筆するような活躍は全くありませんでした。sweat02

ボランチだと思いますが、ゲームから完全に消えていましたね。

まるで存在感ないよなあ…というのが正直な感想です。

次の清○商業戦では出番なし。

それにしても、初戦のJFAア○デミーは半端なく強かったですよ。

結局、この日は1勝1敗でした。

前日は2敗したらしいです…。sweat02

このあと、四○市工業とのB戦があり、そこで息子はフル出場してました。happy01

一応、頑張ってはいました…とだけ書いときましょう。

まあ、中学年代を振り返れば、試合での経験不足も否めないでしょう。

試合で80分を走り切る体力というのは、試合の中でないとなかなか鍛えられないと思います。

後半は脚も止まっていましたが、フルに出場させてもらうだけでも良い経験になったはずです。

ルーキーリーグは4日間に何試合も重ねる日程です。

選手たちにとっても、相当にハードだったと思います。

次の日以降にも、息子は先発で使ってもらう機会があったようです。

チームにケガ人は多いし、試合数も多いですからね。

自分の実力を勘違いすることはないでしょうけど、上を目指して貪欲に頑張ってもらいたいものです。

合言葉は「ハードワーク!」happy01

ポチっと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

東海ルーキーリーグ(その1)

5月4日、長男の東海ルーキーリーグを観戦しに行きました。

このルーキーリーグ、高校1年生だけで行われる、大規模な練習試合会みたいな感じでした。

試合も楽しみでしたが、なにしろ長男が“高校サッカー”をする姿をみるのが初めてでした。

東名高速に乗って裾野インターへ向かう途中、嫁さんとこんな話しになったのです。

あいつがサッカーの試合に出ている姿を見るのは、実に久しぶりじゃないかという話しです。

嫁さん曰く、たぶん1年振りくらいだというのです。

そう言われてみれば、中学3年生になってすぐに、長男は前腕を骨折しましたっけ。

たった3日間の入院でしたが、手術もしました。

復帰後に、試合に出ている姿はあまり記憶に残っていないのです。

最後の公式戦では、ベンチにも入れなかったですからね。

勿論、TRMなんかには出ていたと思いますが、見に行ってませんから。(^^ゞ

なので、ユニホームを着て躍動しているイメージが浮かばない。(笑)

そんな話しをしているうちに会場に着きました。

話しは変わりますが、東海ルーキーリーグというのは凄いと思いましたね。

対戦相手や参加チームは強豪校がずらり。sweat02

静岡県民がこんな事を言うのもなんですが、なんで静岡県はこんなに強豪チームばかり?と改めて感じました。

だって、優秀な選手が拡散しすぎてもったいない。(笑)

息子たちの対戦相手は、藤○東や清○商業、四○市中○工業、JFAア○デミー等々。

静○学園や清○東などもいて、名前とユニホームだけで威圧感を受けてしまいます。

そして、それらの強豪校には、息子とジュニア時代はチームメイトだった子たちの顔も。^^

懐かしくて、「よっ!わかる?」なんてひと声掛けると、「はい!happy01」なんて笑顔で返してくれるのが嬉しかったです。

みんな大きく逞しくなったし、強豪校で立派に中心的な活躍をしてました。^^

嫁さんが小声でひと言。「よくもこんな子たちと一緒に、け○○○○は同じチームでサッカーやってきたよね。」って言いながら笑ってました。

「よっ!け○ちゃん、元気?」なんて声を掛けてもらって、今でも普通にサッカー仲間です。

サッカーを通して、多くの経験をさせてもらって幸せなことです。

試合の事は、この次にでも。

ポチっと応援お願いいたします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

やるじゃん!1年生

先日4月29日の日曜日、1年生の初めての公式戦である東海ボルケーノ(B)が行われました。

中学サッカー部、父母の会の総会があった翌日です。

ホーム&アウェーで行われるこの試合、まずはホームのGフィールドで行われたようです。

相手はFC岐○でした。

丁度その日、高校1年生の長男も試合を少し観戦したようです。

わたしが帰宅すると、「父さん!今年の(中学)1年生は強いかも!?」なんて事をいきなり言ってきました。

得点でも試合内容でも相手を圧倒してたし、体格もいいし、期待できそうだと言うのです。^^

そう語っておきながらも、後から「まあ、結果は相手にもよるしね。それに今日の相手だって、この時期だしなあ…本当の実力は判らないよ。」

つまり、お互いにチームとしてはこれからだし、結果はあまり参考にならないって結論でしたね。

そんなのは、お前に言われなくたって判ってるっちゅうーの。(笑)

プレーヤー個人としても、チームとしても、中学年代のサッカーはこれからですからね。

ここから、ビックリするほど急激に成長していく選手もいることでしょう。

願わくば、チームとしてもそうあってほしいものです。

今の時期に結果うんぬんは…とは言っても、やっぱり快勝したのはいいことです。

昨年の二男の時は、そんな試合は無かった気がしますからね。

帰宅した二男にも尋ねてみました。

「1年生は強いのか?期待できそうなのか?」と。

二人の話しから、わたしは1年生の試合に興味津々です。

都合をつけて、早いところ1年生の試合も観戦しに行かなきゃなりません。

とその前に、我が家の息子たちの試合に顔を出すのが先ですけどね。(^^ゞ

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

ちょっと切なかった、二男のスパイク選び

昨日から、県内は大雨です。

それでも息子たちは、それぞれ今日も試合があります。

さて、ちょっと前の3月上旬の話しを少し。

中学2年生になる直前だった二男と、二人でサッカースパイクを買いに行った時の話しです。

その頃二男は、「スパイクが少し窮屈になって、足指が痛いから新しいのを買ってほしい。」と言っていたのです。

その日、時間の都合がついたわたしは、「よしっ、今から買いに行くぞ!」と二男を連れて出掛けました。

スポーツ店に着いて、早速スパイク売場へ。

一般向けの展示品を見ながら、息子はあれこれと熱心に選んでいました。

ところが、いざ自分に合ったサイズのものを履いてみようとすると…無いのです。

一般向けのスパイクでは、気に入った商品であっても二男の足には大きすぎるのです。

仮に、デザインや値段を無視して、サイズだけに着目しても同じことでした。

もうすぐ中学2年生になるというのに…、ジュニアサイズしか選択肢は無かったのです。sweat02

笑ってしまいました。

それでも二男は、しばらくの間は、一般向けスパイク売場を右に行ったり左に行ったり。

「別に関係ないけど、どんなのがあるのか、もうちょっとだけ見たいなあ~。^^」なんて言いながら、なかなか離れませんでした。

そして、箱に書いてあるサイズをさり気なく確認したりしてましたね。

商品のスパイクには、それぞれに適応サイズが表示されていました。

いくら探しても、二男の足に合うものは製造されていないと本人も分かっているのです。

でも、すぐには離れ難いその気持ちは理解できるように思えました。

結局は、ジュニアコーナーから“気に入ったスパイク”を選んで購入。

本人にしてみれば、新しいスパイクを手に入れた喜びよりも、ちょっとがっかり感が漂うって感じだったでしょう。

お金を払う親の立場で言えば、ジュニアサイズは断然値段が安いです。

そうは言っても、そこは値段の問題ではありません。

ちょっと切なく感じましたね。

まあ、もっとメシを食え!って感じでしょうか。

もうちょっと足が大きくなったら、ちょっと奮発していいスパイク買ってやるからな。happy01

足のサイズだけじゃなく、サッカーのプレーの質も大人のそれに近づいてほしいものです。ガンバレよ!

ポチっと応援おねがいします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »