« まさかの結果、県U-15サッカーチャンピオンシップ | トップページ | 長男、天皇杯県予選へ挑む(のかな?) »

2012年5月24日 (木)

“大人の世界”じゃなくても通用しない(^^)

先週のことでした。二男が口を尖らせて帰ってきたのです。

なんでも、部活への参加が遅れた事をコーチ(先生)に咎められたようです。

しかし、自分には正当な理由があったのだと言うのです。(この時点で、どうでも良い話しなんですけどね。^^)

その理由とは、先生から命じられた生徒会役員の仕事だったらしいのです。

それをコーチにも説明したのに、全く理解を示してくれなかったと言うのです。

先生から命じられた仕事で、サボっていたわけじゃないのに…とぶつぶつ。

二男は、納得いかないようでした。

そんなもの、早く終わらせりゃいいだろ!と言うコーチに、「無理ですよ。勝手に自分だけ終わって部活に参加するなんて…。」と必死で説明したらしいです。

どう考えても、コーチの言ってる事の方が変だと思うと主張するのでした。

聞いていても、ホント大した話しじゃないんですけどね。coldsweats01

むしろ、わたしとしては、食いつきどころは“生徒会役員”って部分です。(学級委員の間違いじゃないのか?)

「父さん、コーチ(先生)が言ってることは変だよね?そう思うっしょ?」と同意を求める二男でした。

当然、同意してくれると思ったんでしょうね。

わたしの感想を語ってみました。“大人の世界”ではと前置きをしてからです。

「お前みたいな奴は、会社組織では最も要らない人材なんだよな。」と説明したのです。

“大人の世界”では、仕事で一番聞きたくないのは、「できない言い訳」なんだよと教えてやりました。

「無理です、できません。」は、“大人の世界”では「やる気がありません。」と同意語だとも教えてやりました。(笑)

「つまり、コーチはお前を“大人”として扱ってくれたってことだな。」と話したんですけど、その時は通じてませんでしたね。

???って感じでした。(笑)

与えられた条件がどれだけ厳しくても、それでも成果を出すために取り組んでみるのが“大人の世界”なんだとも付け加えておきました。

最初、わたしの話しに不服そうで納得いかない表情の二男でしたが、自分なりに思うところがあったのでしょう。

そこから一切、この件でコーチに対する不満を語らなくなり機嫌も戻ってましたね。

二男の言ってる理屈は、分からないわけじゃありません。

でも、どんな理由があろうとも、最初の言葉が「無理です。」じゃあね。

“大人の世界”じゃなくても通用しません。coldsweats01

言い訳より先に、「今度は、もっと早く終わらせる工夫をしてみます。」って事くらい、言えないのでしょうか…。(親として、聞いてる方が恥ずかしいってもんです。)

そこんとこ、まだまだ中学生なんですかね。(笑)

先生(コーチ)も大変です。感謝。

ポチット応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« まさかの結果、県U-15サッカーチャンピオンシップ | トップページ | 長男、天皇杯県予選へ挑む(のかな?) »

二男の記事」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/45353150

この記事へのトラックバック一覧です: “大人の世界”じゃなくても通用しない(^^):

« まさかの結果、県U-15サッカーチャンピオンシップ | トップページ | 長男、天皇杯県予選へ挑む(のかな?) »