« 中体連の復権 | トップページ | 何十年にひとりの逸材かも »

2012年10月18日 (木)

社会に貢献できるもの

高校生の長男も中学生の二男も、やっと試験が終わったようです。^^

試験に取り組む姿勢、いや普段からの勉強に対する姿勢は、成績はともかくやはり長男の方が断然上ですね。

それはひと月以上前のことだったでしょうか、土曜日か日曜日のことでした。

早朝の6時前に家を出た長男が、夜の8時半過ぎに帰宅した時の話しです。

「あ~、ありえねえ~。朝から何時間サッカーなんだかなあ~。poutと、帰宅するなりぶつぶつ言ってましたね。

聞けば、プリンス東海の応援に行き、その後に自分たちの練習があったのだとか。

そこでてっきり帰れると思ったら…、今度は小学生を対象にしたサッカーイベントの手伝いを命じられたらしいのです。

ちょっと古いですが、「おいおい、聞いてないよぉ~」みたいな感じだったらしいですね。

「早朝から休む間もなくず~っと夜まで帰れないんだからさあ…。今日は勉強するつもりだったのに…。sadって感じで愚痴ってたのです。(笑)

それでその時、長男に尋ねたのでした。

ところで、イベントに参加した小学生たちは楽しんでくれてたのか?と。

「まあね、楽しそうだったよ。」と言うような返事だったと思います。

昨年だったと思います。息子はある少年団のコーチの方に頼まれて、数回だけですが練習の手伝いをさせてもらったことがあるのです。

小学生たちの前で、コーンの間を色んなドリブルやフェイントを使っての“お手本”を見せたようなことを言ってました。

“お手本”を見ていた小学生たちが口々に、「すげぇ!ボールにひもがついてるみたい!」とか「ボールが足にくっついてくう~。w(゚o゚)w」などと大袈裟に驚いていたと笑いながら語ってましたっけ。

そして、その後の子供たちは、マネしようと一生懸命に練習しはじめたとも言ってました。

わたしは息子に言ったのです。

サッカーやってる小学生に、そのパフォーマンスで楽しさを伝えたり、もっと上手になりたいとやる気を起こさせるのは価値あることだと。

大袈裟に言えば、今日のお前は“社会に対して大いに貢献”してきたんだよと言っときました。(笑)

そこから話しは飛躍して、「大人の仕事だって、金のためだけじゃないんだぞ。」との“おやじ節”も炸裂でしたけど。(もちろん、正直お金は大切ですけどね。coldsweats01

ぶつぶつ言ってた息子も気を取り直し、「やっぱり、良い一日だったかもね。happy01と苦笑いしてましたね。

自分が多くの方々に指導して頂いたり、自分なりにも頑張ってきただろうサッカー。

それを還元できる場があるなんて、ありがたいことなのです。^^

それでも、勉強する時間がないのは痛いdespairらしいですけどね。(笑)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

|

« 中体連の復権 | トップページ | 何十年にひとりの逸材かも »

日記・コラム」カテゴリの記事

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/47231980

この記事へのトラックバック一覧です: 社会に貢献できるもの:

« 中体連の復権 | トップページ | 何十年にひとりの逸材かも »