« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

今度はU-14新人戦準決勝

明後日の土曜日は、清水総合運動場にてU-14新人戦(中体連)の準決勝があります。

勝てば、午後の決勝戦にも挑むことになります。

わたしは仕事があるので観戦できませんが、優勝を期待してます。^^

準決勝の相手は、県西部地区1位の浜松開○館中学。

優勝するためには、ここがヤマなのかも知れません。

先の選手権県予選でも、お互いの兄貴分同士が準決勝で熱戦を繰り広げました。

中学生年代だけでなく、この先の高校生年代でも目の前に立ちはだかるであろう強敵です。

さて、二男の話しでも少し。

先日の準々決勝では、後半の最初から出場機会があったようです。

ところが、「よしっ!」という自分の思いとは裏腹に、全然体が動いてくれなかったと言ってました。

普段はあまりやらないポジションでもあったようですが…。

本人は、「これじゃダメだ。」って思いながらプレーしていたらしいです。

選手交代の合図があった時には、直感的に「代わるのは俺だよな。」と思ったくらい動けていなかったと言っていました。

で、案の定の交代だったらしいです。

追い打ちを掛けるように、交代で入った選手がすぐに得点をあげたのだとか。(笑)

本人は、自分としてもふがいないと思ったようです。

反省も含めて自分のプレーをまだまだダメだと言ってました。

でも、そうは言っても出場できて良かったんじゃないでしょうかね。(親バカです。happy01

また、チャンスがもらえるように頑張ればいいんです。(^^)

それを生かせるか否かは自分次第。

チャンスをもらった時に、自分の力を出し切るためには日々の努力と準備が大切。

相手と戦うまえに、チーム内でも競争があるのは当たり前。実力の世界です。

こんなことは、サッカーだけに、いやスポーツだけに限った話しじゃありません。

長男だって、そういう土俵で頑張っているわけです。^^

切磋琢磨、やり甲斐も頑張り甲斐もある場所です。

息子たちが今経験していることは、きっと将来の糧となるような“経験”であるはずです。

サッカーに感謝。(^^)

ところで二男のことはともかく、個人的には決勝戦よりも準決勝の結果が気になります…。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

ついに優勝!全国へ

応援に行った甲斐がありました。(^^)

7年ぶりの優勝ですsign01

準決勝と同様、決勝戦も0-0のまま延長戦に突入。そしてまたもやPK戦での決着でした。

正に、決勝トーナメントでの戦いは守りきっての勝利という印象です。

大会の最優秀選手(最高殊勲選手と言ってたかな?)にも、GKの選手が選ばれてましたからね。

我が家ではサッカー部員である長男はもちろんのこと、中学のサッカー部員である二男も応援に召集されていました。

そしてわたしと嫁さんも観戦してたわけだから、家族全員がエコパスタジアムで応援していたわけです。

歓喜の一瞬を、家族全員で共有できたのです。感謝。(^^)

それにしても、本当に優勝したんですね。

表彰式も終わって、スタジアムから駐車場に向かって歩く間も、東名を走らせ車が家に着く間も嫁さんと同じ様な会話の繰り返しをしてました。

試合の場面場面を振り返りながら、「すごいよなあ…。」「本当に優勝だなんて…。」「ウソみたい、夢みたいな話し…。」こんな感じでしたね。

息子たちにとっても、あんな舞台でチームの一員として応援できることは本当に良い経験になったと思います。

そして、一生忘れられない思い出の場面にもなることでしょう。感謝、感謝。

野球部の夏の甲子園に続き、冬はサッカー部が冬の選手権に出場。

繰り返しますが、ほんとうにウソみたい…。^^

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

U-14新人戦県大会、3回戦と準々決勝

今日は、二男たちのU-14新人戦県大会(中体連)の日でした。

嫁さんは、午前中の3回戦に間に合うように応援に出掛けたようです。

結果としては、3回戦を5-0で勝利し準々決勝を6-0で勝利したようです。happy01

これで来週は、清水総合運動場での準決勝へ進出したわけです。(勝てば午後には決勝戦。)

話しをちょっと変えます。

県大会前日の昨日、勤労感謝の日は練習だったようです。

練習から帰った二男が、昨夜に語っていたことには笑わされました。

二男が言うには、「お前なあ、もうちょっとガンバレよ。」的なことを、練習後にコーチから時々言われるようなのです。

「コーチには、やっぱり分かっちゃうんだよねえ~。」などとノー天気な感じで語っておりました。

二男いわく、「試合に出れないと、どうしても練習の時からテンションが上がらないんだよねえ。(^^)」

しかも、「俺ってさあ、自分が出てない試合は、集中したくても集中して見てらんないし。^^」などと賜ってくれるわけです。

まあ、身の程知らずというかアホというのか…。

その語り口調と考えの幼さが面白いので、嫁さんなどはすかさず突っ込みを入れることが多々あります。

「やっぱり、小学生の時がピークだった感じだよねえ。今は、あんたパッとしないしねえ…。」って感じで言うのです。

二男はアホなので、その言葉にすぐに釣られるわけです。

嫁さん的には、ムキになってくれる二男が可愛いんでしょうね。

何じゃこの親子って感じで、実にアホらしい…。coldsweats01

それにしても、二男は人間が出来ていない典型みたいな奴なのです。

まあ、だからこそ中学生って感じで問題はないんですけどね。

そのうち、心身ともに成長してくれることを期待しときましょう。^^

さんざん書きましたが、実は二男の話しなどどうでもよいのです。

とうとう明日は、高校サッカーの“選手権予選決勝”なのです。

「夏は野球部が甲子園に行ったからには、サッカー部は選手権で全国へ行くしかない!」と、長男が力んでおりました。

明日は、わたしもエコパに応援に行ってきますsign03

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

選手権予選の決勝、どんな結末に

いよいよ、今度の日曜日は選手権予選の決勝です。

試合会場のエコパに応援に行きたいと思っていますが、仕事の関係でどうなるか…。

それにしても、高1の長男がお世話になっているサッカー部が決勝だなんて本当にすごいと思ってしまうのです。

ちょっと大袈裟ですが、これは現実か?って感じなのです。

サッカー部は4年ぶりの決勝で、勝てば7年ぶりの全国だそうです。

新たな歴史を作ってほしいなあ…って欲張り過ぎですかね。

ここまでの快進撃に、応援する側としてはもう十分に感謝なのです。(^^)

先日の準決勝の日のことですが、夜になって帰ってきた長男の声はガラガラになってました。

興奮がまだ完全には冷めきらない表情では、「やっぱり、俺もあんな舞台でプレーしてみたいと思った。マジに感動した。」なんてことを繰り返し語ってましたね。

最近は、受験もあるしサッカーは高3の夏までかなあなんて言ってた奴が、やっぱり冬まではサッカーやりたいとも言ってました。^^

“選手権”での先輩たちの闘いには、それほどまでに心を揺さぶられるほどのインパクトがあるんでしょう。

う~ん、早く決勝戦の行われる日曜日なってほしいようなほしくないような…微妙な心境でもあります。coldsweats01

話しは変わりますが、二男の方のU-14新人戦県大会(中体連)は24日の土曜日です。

3回戦と、勝った場合は午後に準々決勝もあるようです。

反対ブロックでは、すでに静○学園中学と東○大附属○洋中学が敗れてしまったのだとか。sweat02

ホントなのかなあ…って、いまだに疑ってますが本当なんでしょうね。

勝負というのは、やってみなけりゃ分からないものです。

それに、県大会出場チームだけに限らず、どこもこれからどんどん成長するんでしょう。

新チームには優勝を期待してますが、勝敗だけでなくこれからの成長にも期待してます。(^^)

話しを高校サッカーに戻します。

決勝戦も含めれば、3試合連続で特別シード校との対戦になるわけです。

そこを勝ち続けることは本当に難しいことだと思います。

日曜日はどんな結末が待っているんだろう…。緊張します。coldsweats01

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

選手権予選、準決勝突破!

今日は“選手権予選”の準決勝でした。そしてわたしは…、もちろん仕事がありました。weep

テレビ放映があると長男が言っていたので、試合が終わるころであろう時間にちょっとテレビをつけてみたのです。

そしたら0-0のまま延長戦をやってるではないですか!w(゚o゚)w

で、気になって仕方ないのを我慢しつつ、勝負が決したであろう時間に再びテレビをちょこっと。coldsweats01

そしたらPK戦になっていて、しかも両チーム3人ずつ終わって3-3。!!(゚ロ゚屮)屮

なおも両チーム譲らず4-4となったところで、テレビ画面に応援席のカットが入ったのです。

その画面の中央部分には、我が家の長男が…。(゚0゚)

ゴールの方向を、緊張と祈りとが混ざったような表情で見つめつる長男が映っていたのです。

試合終了後ほどなくして、長男から勝利を知らせる短いメールが届きました。

わたしも、「PK戦の時の、お前の顔に笑ったぞ。^^」と返しときました。

それにしても、サッカー部員である長男は感動したことでしょう。先輩に感謝です。(^^)

話しは変わりますが、今日は二男たちU-14新人戦県大会の日でもありました。

応援のパパさんから5-0での勝利とのメールを頂いたので、良いことずくめです。

昨夜は息子たちと顔を合わせていなかったので、今朝は息子たちにひと声ずつ掛けて家を出ました。

もちろん、それぞれに「頑張ってこいよ!」と。

新人戦は5-0ということだから、ひょっとしたら二男に出番があったのかも…。(親バカです。coldsweats01

そんな事はともかく、長男も二男もいい経験させてもらってます。

先輩やチームメイト、そしてサッカーに感謝。(^^)

今夜は、家に帰ってから長男が何を語るか聞くのが楽しみです。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

コンタクトレンズ

もう随分と前、半年以上も前からですが、二男が時々こんなことを言っていたのです。

「練習の時に、特に夜なんかは逆サイドは敵か味方かよく分からない。見えない…。」

二男が眼鏡を掛けるようになったのは、中学に入学して少し経ってからだったと思います。

普段は使用せず、黒板の字がみにくいと感じる特定の授業の時だけ掛けるためでした。

それが、もう随分と前から嫁さんから言われていた事は、「普段でも常時眼鏡が必要なほど視力が落ちてる。」ってことです。

しかも、眼鏡をしても黒板の字が全然見えない時があると言っているとのことでした。

前述の如く、サッカーの時に敵味方の判別ができないほどだから当然コンタクトも必要ってことです。

それ以来、早めに眼鏡店に連れて行こう行こうと考えていたものの、なかなか都合がつかなかったのです。

自宅では二男がまったく眼鏡を使わないこともあり、そのうち行けばいいやって感じもありました。

そうこうしながら数ヶ月が経った先日、やっと眼鏡とコンタクトを購入しに行ったのです。

測定してみると、なんと眼鏡を掛けて両眼で0.3しかないではありませんか。!!(゚ロ゚屮)屮

しかも、裸眼では0.1くらい…。

まあ、よくもこんなんで授業を受けたり部活をやっていたものです。sweat02

後で嫁さんが、ぽつりとこんなことを言ってました。

「あの子の成績も、きっと黒板の字が見えなかったからかも…。」

ものすごい親バカ解釈炸裂です。(笑)

んじゃ、なにか?これで成績はぐんぐん上昇ってことか?と思わず言っちゃいましたけどね。(笑)

嫁さんの仮説の大間違いは、次回の試験結果がすぐに証明してくれることでしょう。think

長男も、わたしの意見に激しく同意しておりました。

ところで、コンタクトを買ってから数日が経過しました。上手く使いこなしてるんでしょうか?

装着の仕方やケアの仕方の説明を、ちゃんと理解できたのでしょうか?

普段の理解力から考えて、その方が心配です。

今週は、朝の慌ただしい時間しか顔を合わせてないのでその辺の面倒見てませんからね。

って、中学生なんですけど…。coldsweats01

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

息子たちと観た「フィールド・オブ・ドリームス」

先週のことです。

たまたまケーブルテレビでやっていた「フィールドオブドリームス」を、息子たちと一緒に観ました。

ケビン・コスナー主演のこの映画は大好きなので、わたしはもう何度も観てますけどね。

野球映画のようであり、ちょっとしたファンタジィーのような感じでもあるのかな。

映画のテーマとして、野球や“夢”を絡めて、父と子の絆や家族愛といったものが感動的に表現されていると思います。

そして、女性よりは男にウケる映画って気がしますね。(^^)

物語は、主人公がある日、トウモロコシ畑で“天の声”を聞くことから始まります。

ストーリー全般を通して、奥さんとの信頼関係も魅力的なんです。

そして登場するのは、八百長事件で球界を永久追放されたホワイトソックスの“シューレス・ジョー”やその仲間のプレーヤーたち。

“シューレス・ジョー”の「金なんていらない。ただ、野球がしたい。」このセリフには痺れます。

野球が好きで好きでたまらないから、野球を取り上げられたことが辛いのです。

先日、プロ野球では戦力外を通告された選手たちの合同トライアウトがありました。

夢を持って飛び込んだプロ野球。

まだまだ若い20代で戦力外を通告された選手などは特に、“野球を続けたい。”という思いで必死でしょうね。

人は瀬戸際に立たされて初めて、気付くこともある様に思います。

話しを戻します。

元作家で、実は野球選手になりたかった夢を持つテレンス・マン

メジャーリーガーという「夢」まで、あとほんの一歩のところで引退し、余生を医者とした生きたドクこと“ムーンライトグラハム”。

野球に絡んでいろんな人物が登場してきます。

老いたドクが、主人公に“夢”について静かに語るシーンなどはジーンときます。

主人公には、父からの野球に対する自分への過剰な期待が重荷となり、野球から離れてしまった過去があります。

結局は、父親が死ぬまで確執をぬぐえなかった心の傷もあるのです。

ラスト近くに、主人公が作ったフィールドにマイナーのユニホームを着た一人の青年が現れます。

それは、既に亡くなった若き日の父だったのです。そして二人でキャッチボール…。

ここも感動的です。

映画の最中も終わった後も、長男は「いいなあ、いいなあ。」って何度も言ってました。

二男は、あれから映画の題名を3度も確認しにきました。やっぱり、感動してたんでしょうかね。(^^)

話しは飛躍しますが、むかし、ビールのCMでこんな感じのフレーズありました。

「苦いからビールはうまいんだよ。人生のようにな。」こんなんだったかな?

長男が大人になり、いつか居酒屋にでも二人で行ったらこのセリフ言いたいなあ…。

さらりと、でもちょっとカッコつけてね。アハハ。

わたしも映画を観ながら、人生、家族、親と子の絆…。ちょっと考えました。^^

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

さあ、選手権予選の結果や如何に

さあ、今日はベスト4の懸かった“選手権予選”です。

相手は、今大会の優勝候補筆頭である静岡○園。

昨夜、帰宅した長男とちょこっと今日の話しになりました。

息子が言うには、「過去の選手権予選では、俺たちの方が分がいいみたいよ。^^」とのことです。

勿論、客観的にチーム力を比較すれば相手が一枚も二枚も上かなと思いますけどね。

どうやって勝つかという話しになったのですが、守って守って守り抜いてカウンターで一発って感じでほぼ意見は一致。

それがいいサッカーなのか?とか、見ていて楽しいサッカーなのか?とか言ってられないよなって感じで話しが盛り上がりましたね。^^

そう言えば、先週敗れてしまった前年度優勝校の清水○業高校の場合も予想外でした。

新聞で読んだのですが、0‐0のまま後半に入り、攻めに攻めながらも相手が後半に唯一放った1本のシュートが決まって敗れてしまったのです。

勝負とは恐ろしい…。

話しは発展して、もしも勝ったら静岡のサッカーファンにはけっこうインパクトあるだろうなあなんて話しに。

静○が負けちゃったら、みんながっかりするんじゃないのか?空気的には微妙か?なんて話しにも。(笑)

まあまあ、そんな軽口を呑気に言ってる時が楽しいものです。

「明日は、思いっきり大声張り上げて応援してくるぜ!」と、息子は張り切ってました。

なんでも、最初に声を出して応援をリードする役割を担う一人なんだとか…。

そう言えば、中学生最後の公式戦でもスタンドから同級生である仲間を応援してましたっけ。coldsweats01

高校では、一度くらいスタンドから応援してもらる立場を味あわせてやりたい気もしますが…。(親バカです。^^)

結果は息子がメールで速報してくれるようです。

仕事で応援に行けないのが残念ですが、ガンバレ○○○○!

<追記>

息子からの速報メールによると、なんと1-0での勝利。w(゚o゚)w

期待はしていたものの、まさかまさかでホントにびっくり仰天。(すんません思わず…。^^)

とにかく3年ぶりのベスト4!、次は4年ぶりの決勝目指してガンバレ!

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

二男、またも出場機会なし

二男たちのU-14新人戦は、県中部を1位で突破し県大会出場を決めました。

結局、順位決定戦も含めて地区予選は8戦全勝だったのかな?

先日の日曜日は応援に行くつもりだったのが、不覚にも前夜から体調不良となり寝込む羽目となったのです。weep

結局、嫁さんだけが朝7時半頃から応援に出掛けて行きましたけどね。

ところで、我が家の二男のプレーぶりですが…。

嫁さんからの報告では、「まったく試合に出なかったよ。」だって…。

アハハ、これでは書きようがありません。sweat02

予選の始まった最初の2試合は、フルに出場したりした試合もあったはず。

それが、その後は終了前に5分間だけ出場できた試合が一試合。

直近の4試合は出番なしのようです。crying

まさに天国と地獄、月とすっぽん、提灯に釣鐘って感じでしょうか?(笑)

二男的には、ひと足早く真冬、いや厳冬、いやいや氷河期でもやって来たかのような感覚かも知れませんね。

しかし、ここは真冬でも雪も降らない温暖な静岡ですからねえ…。coldsweats01

そんな話しを長男にしたところ、「まだ地区予選でそれ?昔の俺よりヤバッ!」なんて言ってましたっけ。

わたしは思わず、「いやいや、だったらお前の方が現在進行形で“ヤバッ!”だろうよ。」と言い掛けましたが自制。(笑)

それにしても、我が家の場合は活躍した話を書きたくても書けません…。coldsweats01

話しは変わりますが、こんな時には兄弟でも性格の違いが現れます。

はじめは黙っていても、やがて饒舌と思えるほどにわたしに語りかけてくるのが長男です。

語ると言うより、むしろ自問自答を聞かされるって感じですけどね。

それとは逆に、そういう時ほど寡黙なほどに話さなくなるのが二男なのです。

もう忘れた頃になって、はじめて心境などをぽつりと語ることが多いのです。

今回の地区予選についても多くを語ろうとしませんでした。まあ、そりゃそうでしょうけど。

おやじとしては、なが~い目で見ているので、腐らず頑張ってくれればそれで良し。(^^)

さあさあ、チームには県大会では優勝目指して頑張ってもらいたいものです。

そして二男には、自分をレベルアップさせるために努力をしてほしいものです。

男の意地を見せてもらいましょう。(^^)

それが、チーム力の底上げにもなるはずですからね。^^

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

選手権予選、ベスト8に

先日の土曜日は、高校サッカーの“選手権予選”を観戦してきました。

ここからは、負ければ終わりのトーナメント。緊張感が違います。

長男の高校は、ベスト8を懸けて第一試合に登場。相手は県東部の強豪校でした。

わたしは時間ぎりぎりに競技場に到着。そこでちょっと驚いたのが、入場チケットが1,000円したことです。

決勝トーナメントとは言え、初戦から有料なんですねえ。財布を持ってきていてホッとしましたよ。coldsweats01

試合は白熱した展開となりましたが、延長戦の末に2-0での勝利sign01

見事に勝ってくれましたから、入場料なんて安いもんです。

ところで後半開始早々に、長男と息子クンが同級生(高校は違います。)のパパさんから声を掛けられました。

お互いに、息子たちがジュニアの頃は同じクラブチームだったので懐かしかったですね。

それにしても、なぜ清水の人がここに居るのかと思ったら、相手チームの10番を応援しに来たのだとか…。sweat02

10番の選手は、息子たちがジュニアの頃にお世話になっていたチームのジュニアユースの出身らしいのです。

で、今日勝てば、次は優勝候補の静岡○園との試合。

静岡○園の10番の選手も、ジュニアの頃は息子たちの先輩。

なので、地元の人間としえては盛り上がるというか興味深いという理屈らしいです。

なるほど…。

ところが、言われて気付いたのですが相手チームの10番の選手はフィールドに居なかったのです。

“受験”の関係?みたいよとの話しもありました。

だとしたら、折角の試合なのにちょっと気の毒かなあ…。

そんなわけで、後半は熱戦が展開される試合はそっちのけで、息子たちのサッカー話しに花が咲きました。(^^ゞ

ジュニアの頃のチームメイトの中には、1年生ながら“選手権予選”で活躍している子も何人かいたんですね。^^

パパさんちの息子クンも、サッカー部は2次リーグでは敗退したものの新チームではトップチームに入ったのだとか。大したものです。

我が家の息子たちは、とてもそんな次元ではありません…。coldsweats01

でもまあ、ジュニアの頃にはたくさん楽しませてくれたしね。十分に感謝。(^^)

今は、自分なりに一生懸命頑張ってくれればいいかな…。think

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

親子対決、あれから一年

2週間くらい前の10月下旬の話しを少し。

U-14の新人戦1次リーグが行われた翌日、二男は練習と“お楽しみ会”があると言って出かけました。

“お楽しみ会”とは、言ってみれば“引退”したサッカー部の3年生を送る会みたいなものでしょうか。

長男が中学3年生だった昨年は、引退する3年生の親の立場だったのでもちろん夫婦そろって参加しました。

今年もサッカー場のグランド横で、豪華賞品の当たるビンゴゲームや3年生の父母の準備によるバーベキューをやったようです。

メインは、何と言っても引退する3年生対父母チームの試合ですかね。

監督やコーチも、父母チームに加わって盛り上げてくれるのです。

二男から“お楽しみ会”の話しを聞いて、一年前を懐かしく思い出しました。

あの学年は、必要以上に親が集まる学年だったように思います。(笑)

サッカー部の行事に参加する高い出席率もさることながら、飲み会の二次会へも、全員で繰り出す勢いがありました。

バーベキュー前のサッカー親子対決でも、父も母も準備されたユニホームをわれもわれもと手に取りグランドに出ていく異常さ。(笑)

もちろん、わたしもユニホームを着て先発出場しました。^^

25分ハーフの後半などは、親チームはラグビーよりもはるかに多い人数がピッチに入り込んで攻撃ならぬ“口撃”を浴びせながらのプレーという大人気なさ。

お母さんたちも、プレーするたびに「ギャー!」とか叫びながらで、それはもう賑やかでしたね。

あの日の親たちの姿を、今でも長男が時々話題にすることがあるくらいです。もちろん笑いながら。

それくらい楽しかったんでしょう。^^

もうあんな風に、息子たちと一緒に楽しくサッカーをやる機会ってのは無いでしょう。

保育園のサッカー教室から始まり、幼い頃は公園で“特訓”もしたし、一緒になってボールを蹴って走ったものです。

そんな練習とも遊びともつかないような、子供が幼かった頃の何だか懐かしい雰囲気があの日の“親子対決”にはありました。

そんな意味では、監督やコーチの皆さんの演出というのか心遣いに感謝でしたね。

今考えると、父母会の会長をはじめ、みんなでサッカー部を盛り上げようという雰囲気を作ってくれた方が多かったです。

二男の学年も、あんな感じで父母会全体で盛り上がってサッカー部をサポートできたら最高ですね。

今年度をずっと引っ張ってくれた前会長さんはじめ、役員の方々や3年生の父母の皆さまにも感謝しつつ、来年度はグランドに足を運ぶ努力をしたいと思います。 

と言いつつ、明日の土曜日は兄貴分の“選手権予選”の応援と決めました。o(_ _)oペコッ

決勝トーナメントの1回戦屈指のカードと言われているのだとか…。

厳しい戦いってことでしょうが、勝ってくれると信じてます。^^

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »