« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

またもホームステイの話しが…

嫁さんは、春休みを利用して長男を海外へ行かせようかと考えているようです。

短期のホームステイ先を調べているようなんです。

長男には話していないようですが、息子はそれどころじゃないでしょう。

いよいよ最終学年です。春休みはAチーム入りを目指して必死で頑張るつもりだと思いますから。

ただ、嫁さんには、スポーツの現場に対してちょっと見方が違う部分があります。

けっこう前ですが、長男のことを語るときに、マネージャーでも良いんじゃないかというような事を言っていたことがあります。

精一杯努力し挑戦し、やり切ることの価値を踏まえた上での話しとしてですけどね。

チームや仲間をサポートする立場で輝くって事もありだと思うってな話しでした。

嫁さんは、高校でも大学でも、マネージャーをきっちりと完璧なまでにこなすことが出来る人間は並みではないという言い方をします。

しっかりとした準備や計画、方々への手配や選手へのきめ細かな配慮が当たり前のように出来るレベルを求めるらしいですけど…。

スポーツで輝くってことは、そういう事も含むのだそうです。

マネージャーをきっちりと出来る人間は、社会に出ても必ず通用するし求められる人材でもあるとも言ってました。

当の息子たちには、マネージャーなんて発想はこれっぽっちもないでしょうけどね。happy01

ホームステイについては、勉強や語学のためになどという考えはないようです。

いろいろひっくるめて一言で言ってしまえば、人として成長するきっかけにしてほしいって感じですかね。

まだまだ漠然とした話しであって、どこまで本気で進む話しかはわかりませんが…。

嫁さんには、頼りになる知り合いがいるのです。

ものの考え方のスケールが違うって感じの中年の“おばちゃん”らしいですけど。

昔風に言えば、かつては“スチュワーデス”をやっていた方なんだとか。

行動力や語学力はもちろんのこと、相手が外国人だろうがなんだろうが交渉力がすごいと言っていました。

こんな人間もいるんだなあと、息子が会って話を聞くだけでも勉強になるとも言ってましたね。

その方が、若いうちにどんどん「行け!行け!」って言うらしいです。

おやじはとしては、ひと言言わせてもらいたい。「それってタダじゃ行けないだろ?」coldsweats01

“おばちゃん”に比べて、器が小さい男ですいません。sweat02

追記

昨夜、長男と話していて気付きました。まだ高校1年だから最終学年じゃないです。アハハ。coldsweats01

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

優勝は難しい?

二男たちは、今週末も試合が続きます。

土曜日がU-15県トップリーグ、日曜日が会長杯の2次リーグのようです。

会長杯(市内大会)は、先日の1次リーグで一敗を喫してブロック2位で通過とのことでした。

中体連のチームに2勝し、クラブチームに1勝1敗だったのかな?

観戦に行ってないし、細かなことを聞いてないので詳細はわかりません。

それにしても、スコアだけ見てる勝利した試合もどうにか勝ちましたって印象です。coldsweats01

大勝とか完勝とか圧勝とか、とてもそんな試合運びが出来るチームにはなっていないようです。

県トップリーグでは5位以内、会長杯では優勝を期待しているのですが…どうなんでしょう。

ところで、先日のトップリーグで二男が先発のチャンスをもらったことはチーム内に良い刺激をもたらしたんじゃないかなと勝手に思っています。

つまり、公式戦などでは控え組みとなる選手達にとっては「あいつ(二男)が出るなら、俺の方がやれる。」と闘志が湧き立ったんじゃないでしょうか。(笑)

先発の機会をもらった二男が活躍でもしたら、今度はスタメン組も穏やかじゃないでしょうし。^^

噂によれば、思いもよらぬトップリーグでの先発とういう事態に、二男は緊張しまくっていたらしいですけどね。

あえなく前半で交代となったようなので、活躍はなかったと思います。(笑)

我が家の二男が、スタメン組を焦らせるくらいのプレーをしてくれればチームの層もどんどん厚くなるんでしょうけどねえ…。

そこんとこ期待したいです。

チーム内でも競争意識を持って、全員が切磋琢磨で競い合えば必ず伸びていくと思うのです。

それから勉強の方も、チーム内で切磋琢磨してほしいんですけどね。

そこんとこは、どうなんでしょう?happy01

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

思いがけない先発起用

先日のU-15県トップリーグは、2-1で勝ったようです。

そしてちょっと驚いたのですが、この試合で二男は先発で起用されたようなのです。w(゚o゚)w

試合のあった土曜日は、前回の記事の通りで出張中の嫁さんは不在。

わたしが自宅へ帰るのは何時頃になるのか?という問い合わせの電話が二男からあったのは夕方の事だったと思います。

その時に、「今日の試合は勝ったよ。それから、今日は俺、先発で使ってもらった。」という報告がありました。

「おぉ!ホントか?やったなあ。」って感じの手短な会話で終了しましたが、勝利の報告よりもそっちの方を先に伝えたかったんじゃないのかな。

その夜に自宅に戻ったわたしは、試合の話しをゆっくりと聞く暇はありませんでした。

息子たちは、近所にある嫁さんの実家で食事も風呂もお世話になって帰宅し、翌日に備えて30分もしないうちに二階へ上がって眠ってしまったのです。

翌朝(日曜日)、5時40分の電車に乗る長男を駅まで送りながら二男の話しになりました。

トップリーグの試合で、前半だけの出場ながらも先発で使ってもらった話しを長男にもしたようなのです。

長男が、あいつ(二男)はこんな事を言ってたよと教えてくれました。

今日先発で出られたのは、自分の実力というより最近の頑張りを評価してもらったんだと思う。

試合に出たいから、練習での“走り”でも必死で頑張って、設定タイム内に全部入れるように頑張った。

長男曰く、「あいつも見かけによらず、チーム内で必死に闘ってるんだよね。」

先発で試合に起用されることなど、本人にとっても思い掛けない事だったのではないでしょうか。

チーム内での自分の位置っていうのは、プレーヤーである自分が一番分かっていると思いますからね。

前述の、「自分の実力というより、最近の頑張りを評価されて~」は、偽らざる素直な感想だと思います。^^

翌日の会長杯も、2試合のうち一試合はほぼフル出場させてもらったようです。

監督からは、及第点の部分と守備力の物足りなさなどの課題を指摘されたのだとか。

そんな話しを語る表情が、ちょっと嬉しそうにも見えました。

気のせいでしょうかね。

力不足は自覚していると思うので、これからも精一杯頑張ることです。(^^)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

息子のサッカーよりも、おやじの都合が優先されるのです

週末の土曜日と日曜日は、二男たちはU-15県トップリーグや会長杯(市内大会)などの試合があるようです。

トップリーグでの対戦相手は、エ○パルスSS静岡だったかな?

連敗は避けたいところですね。気分的にの話しですけど。

日曜日の会長杯(市内大会)は、1次リーグの2試合が組まれているようです。

一方長男は、練習とかTRMがあると思うのですが把握していません。

それよりも、本日から嫁さんが仕事で不在なのです。

またしてもって感じです。

しかも、日曜日の夕方でなければ帰らないでしょう。sweat02

つまり、金、土、日曜日と不在なわけです。

仕方ないので、今夜もこれから早めに帰宅するつもりです。

明日の朝飯は、マックのチーズバーガーをレンジでチンですませる予定。(すでに六個を購入してきました。^^)

試合があるのに、そんな食事で良いのかと言われそうですが関係ありませんね。

こっちも仕事があるし、朝は忙しいのです。

中学生のサッカーより、おやじの仕事が優先なのは当たり前です。(笑)

その昔、わたしが子供の頃の日本が高度成長期時代のおやじたちは、息子の部活動を応援に行くどころか興味さえ示さないのが普通だったのですよ。(笑)

話しが脱線しました。

とにかく、あとは弁当や夕飯、日曜日の朝飯と弁当を用意する必要があります。けっこう必死ですよ。

仕事が溜まって焦っているのに、嫁さんの出張は正に“泣きっ面に蜂”

憂鬱な週末に突入です…。完全な愚痴になってしまいました。

あ~あ、トップリーグの試合を見に行きたいよなあ。残念。weep

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

本音 (^^)

先日の日曜日に行われたU-15県トップリーグの初戦は、H○NDA FCに0-3で敗れたようです。

前半は0-0で凌いだものの、後半に地力の差が出たといった感じのようですね。

あくまで、応援に行った嫁さんと二男の断片的な埒のあかない話しを聞いての想像なんですけど。coldsweats01

県トップリーグは強豪がそろっているので、そうそう簡単には勝たせてくれないでしょう。

初戦は敗れましたが、長丁場のリーグ戦です。

目先の勝利よりも、これからチームが(個人も)どう進化していくかってことでしょう。

後期に再び対戦する頃にはどうなっているのか?そちらの方が楽しみです。(^^)

ところで我が家の二男、終了前にちょこっとだけ出場できたようです。^^

嫁さんがそんな話しを向けると、「まあね。ちょっことだけね。thinkって感じで淡々としてました。

で翌朝、ちょっと油断したんでしょうね。

朝起きてきて、伸びをしながらやや大きめの声でつぶやいていたのです。

「あ~あ(´O`)、昨日は試合に出られてホン~トによかったあ…。マジうれしかった。(^^)」

素直な感想に、わたしは思わずニヤリとしてしまいました。

今月は、これから来月中旬まで静岡サッカー協会会長杯もあるようです。

市内大会ですが、中学(中体連)とクラブチームが30数チーム参加するようです。

週末は県トップリーグや会長杯などが続き、試合数も多いので出場のチャンスも増えるかも。

今週も応援には行けませんが、あんなに素直な本音を聞いてしまうと、またチャンスをやりたくなる親バカおやじでした。

今週末も、張り切って行こう!(^^)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

大阪の体罰事件で思うこと

大阪での高校運動部のキャプテンが自殺したニュースには衝撃を受けました。

亡くなった生徒さんや親御さんのことを思うと、関連のニュースを見聞きするだけでも辛い気持ちになります。

教育上の体罰についての私見は差し控えますが、亡くなった高校生はまだ17歳…。

極めて閉鎖的な環境下で支配し、教育とは程遠い暴力や言葉でそこまで精神的に追い詰めてしまった事実は重いです。

これから輝くであろう彼の将来、抱いていた夢や希望、そして幸せな未来はいったいどこに葬ったらいいのか…。

本当に切なく痛ましい“事件”です。

われわれ大人であっても、会社や組織の中で精神的に追い詰められて心身の体調を崩すことはあるのです。

わたしの仕事上での知り合いでも、管理職として迎えられた職場で結果を出せずに“鬱”となってしまった方がいます。

一昨年だったかと思います。

たまたま数年ぶりに再会したので、一緒に居酒屋でお酒を飲んだのです。

すると、現在は職場を辞めて自宅で静養中であることを聞かされ驚きました。

仕事上のストレスで心身とも変調をきたした挙句に、ある日自宅の廊下でばったりと倒れて起き上がれなくなったとのことです。

奥さんが、その尋常ではない状態に慌てて救急車を呼んだそうです。

心療内科に掛かり職場も長期休職し、なんとか復職はしたものの最終的には医師やカウンセラーからの助言で退職を決断したのだそうです。

命(発作的に自殺をする危険さえあるので)の方が大切だということです。

大人であっても、このような助けが必要なほどに追い込まれてしまうことがあるのです。

退職という結論を出せたのは、カウンセリングや家族の支えがあったからこそでしょう。

冒頭の事件関連の記事を目にすればするほど、顧問の指導方法には嫌悪感を禁じえません。

がしかし、なぜか同時にわたし自身の苦い記憶も甦りました。

長男が小学生の頃のわたしは、息子が試合に出ていてもそれだけでは満足できずに活躍しなけりゃ不快でした。

発奮させようと、長男を責めるようなことを何度も言ったしプレーにも細かく注文をつけたものです。

しまいには「悔やしくないのか?」とか「もっと必死でやれ!」とか声を荒げたこともあります。

正直、期待の裏返しみたいなものですが気持ちを制御しきれなかったんでしょうね。

今思えば、息子のためではなく単に自分のフラストレーションをぶつけていたにすぎません。

それを、息子のためなんだと自分で納得していた姿勢は恥ずかしい限りです。

長男の言葉にハッと目が覚めてからは、誰のためのサッカーかということを自分に言い聞かせるように努めました。

それまでは、言葉や理屈では分かったようなことを言いながら実際は違っていたわけですから。

親の支配下で、子供に自分の理想を押し付けても、スポーツは楽しくないだろうし上手くなんかなりません。

親であっても、こんな当たり前のことを見失ったりするものなのです。

大阪の事件のような悲劇が、二度と起きてほしくないと祈るばかりです。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

U-15県トップリーグ

明後日から、いや日付が変っているので明日ですね。

二男たちの中学は、U-15県サッカーリーグの初戦があります。

カテゴリーとしては、トップリーグに属しています。

今年のトップリーグは全13チームで、中体連からは私学の4チームが参入しているようです。

今年はチーム数も試合数も増え、各チームと前期と後期で2度対戦するようなのです。

必然的に、長丁場のリーグ戦になるわけです。

J下部などの強豪は東海リーグに参加しているとはいえ、トップリーグのチームは強豪ぞろいといった印象です。sweat02

明日の初戦は、H○NDA FC。

昨年も、トップリーグで上位ではなかったかなと思います。いきなりの強豪です。

最終順位が下位の数チームは降格もあるようなので、頑張ってほしいですね。

それにしても、試合会場が県西部であったり中部であったりと移動の距離もそれなりです。

中体連のチーム、例えば公立中学がトップリーグなんて入ったら大変じゃないのかな。

チーム専用のバスなんてないだろうし、生徒は各々現地集合って感じになるんだろうか?

顧問の先生などにも、まともに出張費や休日勤務手当がつくとは思えないですしね。

自分の時間や家族との時間も犠牲?にする覚悟がないとできませんね。

“仕事”って感覚だったら、やってられない話しだと思いますよ。

さらに東海リーグなんて考えたら、県内移動というレベルじゃないですからどうなるんでしょう…。

まあ、そこまでの話しは現実的じゃないし余計なお世話ですけど。

公立中学に限らず、私学の先生方(監督やコーチ)だって休日返上なわけだから大変なことだと思います。

教員としての仕事と部活の指導の両方は、激務だと思うのです。想像ですけど。

感謝ですね。

話しが脱線しましたが、嫁さんは県西部まで応援に行くようです。

二男の出場は難しいかなとは思いますが、まだまだ先は長いリーグ戦です。

そのうちチャンスはあるでしょう。最後は親バカでですた。(^^)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

もどかしさ

先日の日曜日から、高校生と中学生の息子たちはそれぞれに部活がスタートしました。

「今日は初蹴りだろうから、軽くやって終わるんじゃないかなあ。」などと呑気なことを言って早朝に家を出た長男。

帰宅した時は、「初日から地獄のようにハードな練習だった。甘かった…。」とか言いながらバタンと横になり、本当にそのまま暫く眠ってしまいました。(笑)

わたしも嫁さんも完全に休みで、息子たちは部活に出掛けたそんな日曜日。

特にやることもないので、わたし達は近所の公園まで1時間ばかりのウォーキングをしたのです。^^

嫁さんと二人だけでウォーキングなど記憶にありません。まあ、お互いに歳をとったってことでしょうか。

こんな時には、普段は話さないことをじっくり語りあったりできるものです。

無言で歩き続けるのも変ですからね。

嫁さんが、息子たちのサッカーに対してどう考えているのかってのもじっくり聞けました。

一言で言えば、取り組む姿勢に対して物足りなさを感じてるようです。

大学時代、嫁さんはクラブではずっと二軍だったらしいのですが、うるさいくらいに声でチームを鼓舞したのだとか。

だから?二軍のキャプテンだったらしいですけど。^^

そんな嫁さんからは、息子たちの“まじめだけれど大人しい”姿勢が物足りなく見えるらしいのです。

練習でも試合でも、自分を出し切れていないもどかしさを感じると言ってました。

もっとやれる潜在的な力があるのに、もったいないと感じるようです。(親ばかって気もしますが。^^)

まあ、それら全部をひっくるめて「そこまでの選手ってこと。」なんだそうです。

笑いながら語ってましたが、ここら辺は突き放したところがあって厳しくないようで実は厳しいのです。sweat02

長男に対しては、その性格的なものを踏まえたうえで嫁さんは何やら考えている事もあるようでした。

例えば、自分をきっちりと主張することも必要なんだと分かるようなシュチエーションに身を置かせて自立心を促すだとか…。

こわっ。coldsweats01

まあ、わたしは高校も中学もサッカー部が全国目指して活躍してくれれば文句なしです。^^

それで、息子たちが試合に出れれば言うことなしって感じですけどね。

そこがなかなか難しいのです…。(笑)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

選手権は初戦敗退でしたが…

明けましておめでとうございます。

大晦日は選手権の応援に行ってきました。とても良かったです。^^

試合は0-0の末にPK戦で負けてしまいましたが、県予選での準決勝~決勝までの内容よりずっと良かったんじゃないでしょうか。

一瞬、「やったー!」と思わず身を乗り出したり声が出た惜しいシーンが何度かあったし、試合内容も白熱していて楽しめました。^^

長男なんかは、「ありゃ勝てた試合だったし、惜しかったあ~。」などと静岡に戻ってからも悔しがっていましたね。

サッカー部員である長男からみても、県予選の時より内容が良く、勝てるって感じだったようです。

珍しく、二男も「絶対に勝てると思ってた。」などと言いながら悔しがってましたね。^^

あれがオフサイドの判定でなければとか、ポストのもう少し内側に当たっていればとか、相手キーパーのビッグセーブの連発とかいろいろありました。

こちらにもピンチはあったけど、GKやDF陣の守りも見ごたえがありました。

0-0の試合でしたが、内容は盛りだくさんって感じでしょうか。

わたしとしては、生で見る選手権の雰囲気や応援も楽しめたし大満足でした。

いや、勝てたらもっともっと良かったと思うので“満足”くらいにしておきましょう。^^

やっぱり、負けはちょっと悔しかったですからね。

嫁さんが、応援からの帰りにこんなことを言ってましたっけ。

「来年は、甲子園へも応援に行ってみたいよね。」

やはり、選手権の応援は楽しかったようです。^^

ところで、息子たちサッカー部員の休みはいつもより長いようです。

選手権で勝ち上がることを想定して、まだ練習開始のスケジュールは先のことだとか。

ある意味、滅多にない部活の長い休みを満喫しているのかも。

こういう時間の取れる時こそ勉強しろよって感じですけどね。^^

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »