« 二男の試合、久しぶりに観戦しました | トップページ | 小学生のプレーに感嘆 »

2013年2月14日 (木)

怪我の記憶

前回、長男がTRMで怪我をしたことに少しふれました。

その晩、わたしが遅くに帰宅すると既に長男は眠っていたので翌朝に話しをしたわけです。

起きてきた長男に脚の状態を見せてもらうと、膝周辺はけっこう腫れて十分に膝を曲げられないような状態でした。

息子の話しでは、倒された瞬間に嫌な転び方をしたので小学5年生の時の骨折の記憶が蘇えり体に震えが走ったらしいです。

しばらくは甦った記憶で震えが止まらないくらいで、「また、あんな怪我をしたらもう終わりだと思った。」と真剣に語っていましたね。

その怪我を負った当時、長男は5年生ながら6年生のTRMに時々呼ばれていたりしたのです。

その日、他県の中学1年生とTRMがあったのですが、その時に負傷した出来事が今でも忘れられないようです。

本人曰く、「二人掛かりで押し倒すという、故意としか思えない悪質なプレー。」で左足の脛骨と腓骨を骨折したのです。(半分くらいは被害者意識って気もしますけどね。coldsweats01

連絡を受けたわたしは、自宅からグランドまで急いで車を走らせた記憶があります。

コーチからだったのか親御さんからだったのか、誰に連絡をいただいたか覚えていませんが、もしかした骨折しているくらいのケガをしているとの連絡をもらったのです。

息子は既にグランドからは離れて、チームメイトの父兄の方々に取り囲まれながら励まされていました。

到着して息子の様子を目にした瞬間、正直なところわたしは言いようのない焦りというか緊張感を覚えました。

今でも、その瞬間の“感覚”は記憶にあります。

息子はアイシングを施してもらっていましたが、既に足首周辺は大きく腫れあがり尋常ではない痛がり方で泣いていました。

寝そべったまま、あまりの激痛に泣きながら体を起こすことすらできない様子にただ事では済まないと覚悟もしました。

簡単に固定して、すぐに息子を車の後部座席に横たわれさせると知り合いの整形外科クリニックの先生の所へ急いだのです。

車が振動するたびに、カーブを曲がるたびに息子は激痛に顔を歪めて泣き叫んでいた記憶があります。

結局、それから普通に歩行できるようになるまで数ヶ月、ボールを使った練習ができるようになるまで半年以上掛かったと思います。

とにかく、サッカーどころか歩くことからリハビリを始めるような怪我になってしまいましたからね。

1年近く経っても、「ボールを蹴った時の感覚が以前とは違う。」などと本人は言っていましたから、それなりの大怪我でした。

中学でも高校でも骨折を経験している長男ですが、小学生の時のこの体験が一番恐ろしかった記憶のようです。

今回はまったくそんな怪我ではなく、3日後のスキー教室にも参加できました。(^^)

スキー教室をずいぶんと楽しみにしていたようなので、痛みは残っているようでしたが大事に至らず本当に良かったです。

そのスキー教室は2泊3日の行程で、今夜自宅に戻ってきます。もう帰宅しているでしょうね。

長男にスキー教室の何が楽しみなのか尋ねた時の答えがふるっていました。

「ゆっくり眠るのが楽しみ。朝練も学校も気にしないで良いし、ぐっすり眠れるのが本当に楽しみ。」と申しておりました。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

|

« 二男の試合、久しぶりに観戦しました | トップページ | 小学生のプレーに感嘆 »

回想」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/49271234

この記事へのトラックバック一覧です: 怪我の記憶:

« 二男の試合、久しぶりに観戦しました | トップページ | 小学生のプレーに感嘆 »