« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

二男、帰宅しました^^

昨日、3泊4日の群馬県遠征を終えて二男が帰宅しました。

「父さん、ただいま!」って感じでまったく普段通り。

うっかりすると、こちらも遠征から数日振りの帰宅だって事すら忘れそうです。^^

群馬県でのカップ戦は、予選リーグを2勝2敗1分け、最終日の順位決定戦を勝っての7位だったようです。

結果の詳細については、二男から聞いた話しではないんですけどね。

本人は極めてアバウトですから。(*^-^)

たぶん尋ねても、結果などはあやふやで憶えてないような気がします。

まあ、あまり結果そのものを重要視しているわけでもないでしょうし。

その他、TRMも毎日あったようです。

けっこうハードな毎日だったらしく、「遠征は楽しかったけど試合が多くて疲れたよ。」と言っていました。^^

合宿中はたくさん食べるトレーニング?もしたようです。

帰宅してすぐの夕飯の時には「俺の胃は、けっこう大きくなったかも。happy01」などと言いつつ、焼き肉をほおばっていました。

夜になって帰宅した長男とは11日振りの再会だったのかな?

その長男、昨日は離任式もあってHRの皆と久しぶりに会ったようです。

HRにもお土産を準備していましたっけ。

みんなからは「ハロー」と声を掛けられたようで、苦笑いしながら話していました。

オーストラリアでの体験について、HRのみんなが予想以上に興味を持っていたとも語っていましたね。

二人とも春休みはあとわずかですが、それぞれに良い体験をしているのかな。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

長男、帰国しました

帰国した長男から、オーストラリアでの出来事をちょっとずつ聞いています。

一番ど緊張したのは、初日のAIOCL(AUSTRALIAN INTERNATIONAL COLLEGE OF LANGUAGE)のプログラムだったようですね。

現地に早朝到着後に、入国の手続きが終わってからすぐに向かったのだとか。

外国の雰囲気に慣れるもなにもあったもんじゃなく、わけもわからないまま飛び込んだって感じだったようです。

緊張しすぎて、午前中の授業は机に座ってもポカーンとしていて、何も頭に入ってこなかったと言っていました。

その割に、クラスに入っていきなり自己紹介を促された時には、案外すんなりできたとは言っていましたけどね。(^^)

この語学学校では、日本から来ている大学生などとの交流もあったようです。

国立大の医学部の学生さんと仲良くなったようで、いろいろ受験の話しなどもアドバイスしてもらったみたいです。

国公立を目指すなら、部活をやっている今の環境を考えれば、自分の力を最大限に発揮するためにも一浪するべきだと言われたとか。アハハsweat02

それを聞いていた嫁さんからは、「あんたの偏差値とはどんだけ違うんだか。そういうレベルに達してないでしょうよ。」と突っ込みを入れられてましたけどね。(笑)

帰国する時に、今回の旅でいろいろお世話になった嫁さんの知り合いのおばさん(留学関係のツアー会社の社長さんでした。)からはこう声を掛けてもらったようです。

「○○ちゃん、次はアメリカだよ!今度は2~3週間行ってみよう!happy01

はっきり言って、我が家の経済的事情からも無理、無理。sweat01

その点、長男は今回の旅で身に染みて分かったことがあったようで冷静に分析してました。

「自分にとって最低限の必要な英語力がなくては、ただ行くだけでは何も出来ないことがよーく分かった。次に行くチャンスがあるなら、しっかりと語学の準備をしてから行きたい。」

それが分かれば、今回は十分です。(^^)

それでも、オーストラリアを離れる時には少しさみしさを感じたようですね。

出来ることなら、もう少しここにいたいなあと思ったとも語っていましたから。

翌日からはそんな余韻に浸ることもなく、昨日からはすっかり部活モードの息子ですけどね。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

二男はサッカー三昧の春休み

二男は、今朝から3泊4日の行程で群馬県へと出かけました。

U-15の何とかカップ?に参加のためです。

それにしても、中学の部活も春休みに入ってからは毎日が試合です。

今週も、日曜日は高知県の私立中学、月曜日は県外のクラブチーム、昨日は静岡サッカーフェスティバルで他県の数チームと試合があったようです。

サッカーフェスティバルの方は、県内に残るU-14が参加するようですね。

それぞれの勝敗については、一応結果を二男に尋ねたりもするんですが…。

得点もあやふやだし、勝敗自体にはそれほどこだわりもなさそうでした。

個人やチーム力の底上げが目標なのかな。

サッカー三昧の春休み、みんな頑張ってチームとしても個人としてもレベルアップしてほしいものです。

ところで長男ですが、今夜7時過ぎには成田空港に到着したようです。

帰宅は11時頃になるでしょうけど、明日からは部活に参加すると思います。

と言っても、膝の回復具合はまだまだでしょうからリハビリメニューでしょう。時間がかかってます。

来週早々には診察予定となっていますので、結果が良いといいんですが。

たぶん、すでに長男の頭の中は“部活モード”に切り替わっていると思います。

春休みに入る前からこんな事を言っていました。

「焦るなって言われていても、やはり練習が思うように出来ないのは辛い。」

明日からは、皆と同じメニューで練習が出来ない現実と向き合わなければなりませんね。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

長男、どうやら悪戦苦闘しているようです

昨夜、長男から携帯に連絡がありました。

自分の英会話能力の低さに悪戦苦闘しているようです。

次のようなことを言っていました。

  • とにかく聞き取れないので、何回か聞き返すけれどもやっぱり判らない事が多い。
  • 文法的には難しくないって感じるけど、“会話”の中では即座に対応できない。
  • 伝えたいと思っても、簡単な英単語力すら自分には無いと痛感している。

たとえ聞き取りを十分にできなくても、せめて自分の意思を半分でも伝えられたらと思うようです。(当たり前の感情でしょうけど。)

それが出来ないし助けてくれる人もいないわけで、自分の英語能力(ヒアリングやスピーキング)の乏ししさを実感しているのでしょう。

ステイ先の家族との会話でも、細かな部分は意味が理解できなかったり伝えられないことが多いとも語っていました。

「Sorryって言うと、『気にしなくていいんだよ。^^』って意味のことを言ってくれるけどね。」とか言っていました。

到着してすぐに参加したAICOLの授業も、初日などは気持ちに余裕がなくて、雰囲気に慣れるだけで精一杯だったとかも言っていました。

「ハワイでホームステイした時には、日本語を使える場面があったけど…、ここは全然違うよ。」とも言ってましたね。

今日は学校も休みなので、ホームステイ先の家族と終日行動を共にするようです。

ほんの短い通話でしたけれど、息子は最後に「正直、楽しいなんて気持ちには程遠いかも…。アハハ。」と言っていました。

それが、正直な感想でしょうね。

当たり前の感想だと思うし、それでいいんです。(^^)

ずっと後からでも、あの時のあの経験があってこそと思える時がくるでしょうから。

今回のオーストラリアだって、中学生の時にハワイでホームステイした経験があったからこそ踏み出せたのだと思いますから。

それにしても、まだ二日目で連絡してくるなんて意外。ちょっと弱気かさみしくなったんでしょうかね。(笑)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

出発前に、おやじから長男に渡したもの

Photo


長男がオーストラリアへ出発する数日前、わたしからは何もアドバイスすることもないので一冊の本を渡しました。

冒険家の故植村直己さんが書いた「青春を山に賭けて」と言う本です。

30年以上も前に読んだ本ですが、わたしにとっては特別な一冊でもあります。

きっと息子は不安もあるだろうけれど、この本は勇気を奮い立たせてくれると思ったのです。

ちょっと大袈裟かもしれませんけどね。(笑)

偶然にも、出発直前の終業式の日、校長先生の講話の中でこの本のことが取り上げられたようです。

長男が言ってました。「父さんから渡されて読んだ本のことが、校長先生の話しに出てきてビックリしたよ。(^^)」

機内に持ち込む手荷物の中には、簡単な英会話の本と「青春を山に賭けて」が詰め込まれていましたっけ。

昨日は朝から時計を見るたびに、予定表を見ながらいろいろな思いが頭をよぎりました。

やっぱり親バカですよね。ついつい心配になってしまうのです。(^^ゞ

予定表では、今日も終日AICOL(語学学校)でのプログラム参加となっています。

送り出しておいてこんな事を言うのも何ですが、よくも一人で行く気になったもんだと思います。

高校生の頃のわたし自身を考えてみると…絶対に無理ですから。この辺は、二男と意見が一致するのです。(笑)

高校一年生の締めくくりに、大きな思い出とともに人間的にも大きく成長してくれることを期待しています。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

連勝 

昨日のU-15県トップリーグは浜松での試合でした。

結果は2-0での勝利だったようです。

この連勝で通算3勝4敗となり、やっと降格圏内を脱出できたようです。(^^)

3連敗のあとの連勝です。調子は上向きなのかな?

わたしと嫁さんは試合を観戦には行かず、長男を成田空港まで送ってきました。

自宅から空港までの往復は、走行距離にして約430㎞もありました。

嫁さんと交代で運転したのですが、なんか疲れてしまいましたね。

夜9時半過ぎに自宅に戻ると、午後から試合だった二男はすでに帰っていました。

今日からも連日県内外のチームとTRMが組まれているようです。

フェスティバルもあり、その後は27日から3泊4日の群馬県遠征。

長男は28日の夜には自宅に戻ってきますが、二男とは入れ替わりですね。

息子たちには、春休みの取り組み方としてはそれぞれ違いますが成長を期待してます。(^^)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

オーストラリアでの日程

明日の夕方、長男はいよいよオーストラリアのゴールドコーストに向けて出発です。

当日は成田空港まで長男を送っていくため、午前中には家を出るつもりです。

嫁さんが持ってきた日程表を見てみたら、到着したその日から帰国する日までホストファミリー宅に泊まることになってました。

つまり、きっちり一週間お世話になるわけです。

ホストファミリーの家族構成は、我が家と一緒でした。

ご夫婦には息子さんが二人いて、4人家族らしいです。

しかも、お兄ちゃんの方は、我が家の長男と同級生らしいです。(^^)

予定表では、初日の午前中からAIOCL(AUSTRALIAN INTERNATIONAL COLLEGE OF LANGUAGE)でのプログラムに参加し、放課後にホストファミリーと合流することになってます。

一応、週末には一日だけ地元のサッカークラブの練習に参加予定にはなってますが…。無理することもないでしょう。

ホームステイ4日目には、ホストファミリーと一緒にサンコープスタジアムでサッカーのプロリーグ(Aリーグ)も観戦するようです。

それにしても、日程表を見る限りでは思いの外AICOLでのプログラム参加が主になってます。

初心者向けのクラスに入るんでしょうけど、いろんな国の幅広い年齢層の方々と一緒に勉強することになるんじゃないでしょうか?

英語力などてんでない息子ですが、ここで大いに刺激を受けて「英語でコミュニケーションをとれるようになりたい!」とか本気で思ってくれたらいいかな。^^

まあ、そんな事も含めて意識が変わる“きっかけ”になってくれたら十分です。

これは余談ですが、息子を見ていて不思議に思うことがあります。

こいつは、海外に行くことを少しは不安に思わないのか?って思えてくるのです。

見ている限り、サッカー部の合宿に参加するのと同じペースなのです。

今回は学校の仲間がいるわけでもなく、ほとんど一人の行程なのです。

なのに、特に不安などを語ることもなく淡々としたものです。まったく普通な感じなのです。

そりゃ少しは言います。

「ゴールドコーストってどこ?」「お世話になる家の飯はうまいのかなあ?」「えっ!俺は向こうで学校に通うの?マジで?」てな程度のことですけど。

どちらかと言えば、敏感になっているのは二男の方でしょうか。

「俺は絶対に行かない。絶対に外国なんか無理、無理、無理。マジ無理だから。」

そのうち自分にも矛先が回ってくるのではないかと、ある意味で危機感を持っているようです。(笑)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

もうちょっと頑張らないといけません

今日は日曜日なのに、何故だか二男は部活が完全オフ。

遊びに行くとかで、9時頃に家を出ていきました。

その二男ですが、昨日はU-15トップリーグの試合があったんです。

わたしはすっかり忘れてましたけど、どうにか勝てたようです。

ここ2試合の連敗は負け方が良くなかったですからね。(って、見てもいないんですけど。)

なにしろ2試合のスコアが1得点で7失点という惨状。

前回の試合などは、それまで未勝利でまったく調子が上がっていないと思われる相手にまさかの1-3での敗戦。sweat02

応援に行かれた親御さんたちにとっても、ショックを受けるような敗戦だったらしいです。

試合内容はわかりませんが、昨日の試合に2-1で勝利できたことは何よりです。(^^)

長丁場のトップリーグはまだまだ序盤。エンジン全開はこれからでしょう。

ところで二男、試合終了の10分前くらいから出場できたようです。

「ちょこっとだけどさあ、試合に出れて超うれしかったよ。happy01などと言ってました。

「とにかく負けたらやばいと思ってたし、今日は勝ててほんとに良かったよ。」とも言ってました。期するものがあったんでしょう。

試合に勝った日は、何だか口調も滑らかです。^^

話しは変わりますが、先日の新聞には中学女子サッカー部が取り上げられていました。

4月から、「東海女子リーグ」に同リーグ史上初めて中学生チームとして昇格参戦するというのです。スゴっ!!!(゚ロ゚屮)屮

このリーグの位置づけとしては、「なでしこ」「チャレンジ」に次ぐ3部ということらしいです。

昨季の県リーグで2位となり、昇格を懸けた愛知県リーグ1位の大学チームとの試合で勝ったそうです。知りませんでした…。sweat02

二男たち男子サッカー部は、相当頑張らないといけませんね。

女子と比較する気はありませんが、それでもこのままじゃあ…ちょっと肩身が狭いんじゃないの?(笑)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

膝の回復は間に合いませんでした

中学も高校も、もうすぐ春休みですね。

二男のスケジュールを見ると、TRMやサッカーフェスティバル、U-15トップリーグに群馬県への遠征などぎっしりです。

一方、長男はサッカー以前の問題。膝の状態は、回復具合がはかばかしくないのです。

当初は、3月の半ばくらいからは徐々に本格的に練習参加も可能かと考えていました。

しかし、ちょっと走るなどして膝に負担を掛けると腫れてしまうのです。

腫れると言うのか、膝に関節液が溜まってしまう状態で、結局はプンクしなければならなくなります。

医師からは4月までは対人でのプレーは禁止されている状態ですが、ランニングを積極的にすることすらままならない感じのようです。

4月になったら思い切りできると言うより、その時の状態で考えましょうというのが医師からの指示です。

何となく、エックス線の画像診断だけでなくMRIで確認することも必要な気がしてきました。

いや、するべきでしょうね。(医師が必要と判断しなければ、検査はしてもらえませんけど…。)

その長男、20日からオーストラリアです。

現地のチームに入れてもらいサッカーのトレーニングやゲームにも参加予定でしたが、この部分はキャンセルした方が良さそうです。

現地のサッカーに対して、息子ははどんな感想を持つのか興味があったんですけどね。

残念ながら、今の膝の状態では参加はしない方が良いです。

まあ、その分は多めに現地の英会話学校に通ってもらいましょうか。(笑)

今回の短期ホームステイは、息子は基本的に個人でのものとなります。

いろいろお世話してもらっている嫁さんの知り合いからは、「ほとんど、他の日本人とは交わらないようなスケジュールになっている。」と言われているようです。

20日は成田空港へ送っていきますが、前回の中学生の時は学校が主催でしたから友人たちも参加してました。

今回は、学校とは関係ないので状況は異なります。

ここだけの話し、もしもこれが自分だったら…、わたしはとてつもない緊張と不安でビビると思います。(笑)

見ず知らずの外国人の家でお世話になるなんて…、しかも自分ひとりで行動していく…。

考えただけでもド緊張ですよ。coldsweats01

息子には偉そうなこと言ってるのですが、自分だったらとてもじゃないけど無理ですね。今から下痢が続きそうです。(笑)

息子には、おやじを反面教師にして頑張ってきてもらいましょう。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

「サッカーはずっと続ける。」らしい

今日は、高校生の長男がビーチサッカーで中学生の二男は練習日だったようです。

二男の方は、昨日は山梨県の中学とTRMがありました。(見てませんけど。)

それから、長男のビーチサッカーって何なんでしょう?もしかして、あのビーチサッカー?(笑)

Aチームなどは、奈良県とどこかに2グループに分かれて泊りがけで遠征しているようです。

残ったBチームのスケジュールが、ビーチサッカーだと嫁さんが教えてくれました。

長男はリハビリ中なので、当然遠征メンバーには入っていませんからビーチサッカーです。

正直、リハビリ中でなくても遠征メンバーには入らないような気もします。(チーム内での評価は、そんなポジションだと思うのです。coldsweats01

以前といっても数ヶ月前のことですが、長男とサッカーのことで会話をしていた時のことです。

何気なくサラッとですが、長男の語った言葉がわたしには印象に残っているのです。

「俺はさあ、サッカーの試合に出られることが嬉しいんだよね。あきらめてるって誤解されたくないけど、試合に出られるならAでもBでも関係ないよ。」

確かに高校では、対戦相手は別としてもBチームにも週末の試合がたくさん組まれているようです。

そしてこうも言ってました。

「高校で必死に頑張って結果が出なくても、サッカーは辞めない。この先、大学生でも社会人になっても、ずっとサッカーは続けていると思うよ。happy01

まあ、中学生の時からプレーヤーとしてはパッとしない長男ですが、ある意味で成長したなと思いましたね。(親バカですけど。)

親であるわたしは、本音を言えば、気持ちのどこかでは密かに期待し続けていることがあります。

いつか、こんな日が来てくれてもるんじゃないかと…。

それは、公式戦のピッチで大活躍をする息子を、喜びを抑えつつ見守るって日がきてくれることです。もはやこれは煩悩に近いかも。(笑)

話しが変りますが、膝の状態は思ったよりは良くないです。

今日のビーチサッカーも無理でしょう。ひざに負担が掛かりますからね。

金曜日の夜に膝を見せてもらった時には、クリニックでプンクしたばかりなのに、明らかに膝関節には水が溜まった状態でした。

受診予定の無かった月曜日ですが、部活も休みなのでクリニックに行くように言っときました。

また、プンクして関節液を抜いてもらうべき状態です。

息子は、「走るトレーニングをもっと増やさなければ…。」とうずうずしているようでしたが焦りは禁物です。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

滞在スケジュール

昨日、長男はオーストラリアでの滞在スケジュールを企画し、お世話して下さる嫁さんの知り合いと面談したようです。

「よく一人で行く気になったねえ。えらい、えらい。happy01」と褒めてもらったとか。

実際は、行く気になったというより、行かされるというのか説得された感じに近い気もしますが。(笑)

この方のことは、前々から嫁さんには聞いていました。

「ちょと日本人にはいないタイプ。会ってみなけりゃわからないと思う。」なあんて感じで。

それで何となく興味もあったので、息子に尋ねてみたのです。「どんなおばちゃんだった?」と。

息子は、ん~とちょっと考えてからこう言ってました。

「父さんだったらこう思うかも。めんどくせ~って感じかなあ。アハハ。happy01」(意味が分からないけど失礼な奴です。)

そして、こうも言ってました。

「ハワイにホームステイした時を思い出したよ。話しをする勢いなんかが外国人の雰囲気に似てた。」

オーストラリアでは何をしたいか、どう過ごしたいかなどを尋ねられたようです。

その上で内容をつめていったようですね。

もちろん、いろんなアドバイスをしてもらいながら。

せっかくの海外なんだからと、この機会に英語の勉強をすることも勧められたようです。

で結局、到着後に現地の学校ですぐ英語の能力テストを受けて、適性のクラスで2日間(午前中)は英語を勉強することにもなったようです。

滞在中には、丁度ラグビーのスパーリーグのビッグマッチがあるようで、その観戦の手配もしてくれることになったのだとか。

サッカーのトレーニングの方ですが、そちらはどんどん削ったようです。

結局は2日間のトレーニングに短縮したらしいですね。

「サッカーだけじゃもったいないからね。」って言われたのだとか。(笑)

ホームステイするのは3日間らしく、あとはスポーツセンターみたいなところにでも泊るのでしょうか?

「せっかくの機会だから、滞在をもっと伸ばしてみれば?」とも勧められた息子は、すっかりその気にもなったようですが…。

これは同席していた嫁さんがNGを出したようです。(笑)

最終的なプラン(案)は2~3日中に届くらしいですよ。

おやじとしては、休日返上で仕事を頑張るのみです。タダじゃ行けませんからね。coldsweats01

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

ホームステイが決まりましたけど…

ただいま定期試験の真っ只中の長男、今日も膝の受診だったようです。

わたしが帰宅すると、診察室での先生とのやりとりをあれやこれやと教えてくれました。

膝の状態の話しよりも、サッカーについての話しのほうがずっと長かったらしいです。

長男曰く、「次に待ってる患者さんがいるのに、ずっと喋っていて良いのかなあと気になっちゃったよ。」

息子の話しを要約すると、怪我をしたらとにかく焦るなということを例をあげて話してくれたようです。

Jリーグで活躍した選手の現役時代の治療の話しや、ユース年代の有望選手の怪我の話しなどいろいろ。

プロ選手も含めて、無理をして練習や試合を優先してると、のちのち大きなツケが回ってくるというような話しを具体例をあげて説明してくれたのだとか。

息子の膝に溜まった関節液を抜くためにプンクしながら説明もしてくれたようです。

無理がたたって、試合のたびに膝関節が腫れて水を抜くことが習慣化してしまった選手の話しなども聞かされたと言っていました。

その他、練習に十分参加できないのだから、こういう時こそ“戦術”などの理論をじっくり勉強することなども勧められたようです。(ほんとにサッカー好きの先生のようです。coldsweats01

「僕はねえ、Nボックスは最高に好きな戦術だったけどなあ。」なあんて、息子に紹介してくれたのだとか。

当の本人は、さっぱり分からなかったので後でネットで調べたようです。

そういうわたしも、Hondaの車しか思い浮かびませんでしたが。(^^ゞ

今後の練習については、先生からは「対人での練習は4月に入ってから。」と言われたようです。

ここでひとつ問題が…。

あと2週間後には、息子はオーストラリアへ短期ホームステイすることが決定しました。

嫁さんが、これまた今日決めてきたと言ってましたから。sweat02

しかも、あちらでは現地のクラブチームかなんか?でサッカーのトレーニングやゲームをこなすらしいです。

まあ英語ができるわけでもないし、それも良いかなって思いますけど膝の状態がね…。

しかし、オーストラリアってサッカーってイメージじゃないですよね。プロリーグもないんでしょうし。

まあ、今後の人生のために、海外に行ってみることに意義があるってところでしょうかね。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

膝の回復状態とホームステイの話し

昨日も整形外科を受診した長男の話しでは、血液検査の検査結果は更に改善しているようです。

ほぼ、正常値に近いものになっています。

正常値は50~200程度であるべきものが、最初の頃は1万超えという驚きの値でしたから。

練習でも、少しずつランニングを再開していると言ってました。

もっとも痛みはまだあるようですけどね。

「今日も膝から血を抜いたけど、今日のは痛かった~。bearingなどと言ってましたから。

もうちょっとの我慢でしょう。

その長男、以前にもちょこっと書きましたが春休みにホームステイで海外へ行く可能性があります。

まだ、決まったわけではないようですけど。

行くとしたら8日間?、場所はオーストラリアになりそうです。

既に嫁さんは、担任の先生に春休み中の高校のスケジュールを確認し、この期間で不在なのは支障がないかと相談済みのようなのです。

担任の先生の意見も伺ったようです。

嫁さんが行かせたいと思っている理由は、英語、英会話の勉強などではまったくないのです。

「短期で行って、何か得るような英語力などあるわけないし意味もないでしょ。」と言って笑ってましたから。

長男にとって、これからの人生についての見方や価値観にプラスとなるような経験になるんじゃないかと考えてのようです。

昨日、膝の状態の話しを長男から聞いた時には、「サッカー部は春休みも合宿があるかも。早く治したい。」なんて事を言ってましたけどねえ…。

このホームステイ話しは嫁さんが動いていることなので、わたしは何も関与していません。

そういう知識もないですから。coldsweats01

いくらかかるの?だけが心配なのです。(笑)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »