« 膝の回復は間に合いませんでした | トップページ | オーストラリアでの日程 »

2013年3月17日 (日)

もうちょっと頑張らないといけません

今日は日曜日なのに、何故だか二男は部活が完全オフ。

遊びに行くとかで、9時頃に家を出ていきました。

その二男ですが、昨日はU-15トップリーグの試合があったんです。

わたしはすっかり忘れてましたけど、どうにか勝てたようです。

ここ2試合の連敗は負け方が良くなかったですからね。(って、見てもいないんですけど。)

なにしろ2試合のスコアが1得点で7失点という惨状。

前回の試合などは、それまで未勝利でまったく調子が上がっていないと思われる相手にまさかの1-3での敗戦。sweat02

応援に行かれた親御さんたちにとっても、ショックを受けるような敗戦だったらしいです。

試合内容はわかりませんが、昨日の試合に2-1で勝利できたことは何よりです。(^^)

長丁場のトップリーグはまだまだ序盤。エンジン全開はこれからでしょう。

ところで二男、試合終了の10分前くらいから出場できたようです。

「ちょこっとだけどさあ、試合に出れて超うれしかったよ。happy01などと言ってました。

「とにかく負けたらやばいと思ってたし、今日は勝ててほんとに良かったよ。」とも言ってました。期するものがあったんでしょう。

試合に勝った日は、何だか口調も滑らかです。^^

話しは変わりますが、先日の新聞には中学女子サッカー部が取り上げられていました。

4月から、「東海女子リーグ」に同リーグ史上初めて中学生チームとして昇格参戦するというのです。スゴっ!!!(゚ロ゚屮)屮

このリーグの位置づけとしては、「なでしこ」「チャレンジ」に次ぐ3部ということらしいです。

昨季の県リーグで2位となり、昇格を懸けた愛知県リーグ1位の大学チームとの試合で勝ったそうです。知りませんでした…。sweat02

二男たち男子サッカー部は、相当頑張らないといけませんね。

女子と比較する気はありませんが、それでもこのままじゃあ…ちょっと肩身が狭いんじゃないの?(笑)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

|

« 膝の回復は間に合いませんでした | トップページ | オーストラリアでの日程 »

二男の記事」カテゴリの記事

練習試合・公式戦」カテゴリの記事

コメント

初めまして、ペエです、境遇が似ているもので時々お邪魔しています。
わが家の長男は街クラブ(大所帯)に所属しており、トップは地域リーグ、Bは県下位リーグに属してます、その他u14・13と各カテゴリーにもABに別れ活動をしています。

今回は長男の事ですが、入部してからは、ずっとAチームの主力として頑張って来ました、親の目ですが、おごる事なく練習用具の準備、片付けなどの面もしっかり取り組んで来ました。

しかし、高円宮予選を前にAチームから外されてしまいました、何故なのかわからない長男は精神的にも不安定な状態で、今までと変わらないプレーをしても、今日はいつもよりキレてるなと感じても、指導者からは、そんな事やってたらいつまでもAには行けないぞ!!と言われるようです。

ある日、試練を与えられてるのではと尋ねたら、そんなじゃないよ、Bでも外される事があるからと言って、楽しくないよとつぶやくようになりました。
ジュニアの頃からサッカーに関しては、決して弱音を吐かなかったのですが。

まだ予選までは2ヵ月あるから、諦めずに頑張ればいいよと言ってますが、今までの上の学年のシビアな選手器用の部分もそれなりに見てきてるのでしょう、もう決まってるからと言います。
こういう時は、なんとアドバイスすればよいでしょうか

投稿: ペエ | 2013年7月28日 (日) 09時04分

ペエさま

訪問とコメントありがとうございます。^^

親としても複雑な心境になる話しですね。
わたしも親として、ペエさんの気持ちがわかるような気がします。
しかし、わたしにも答えなど見つかりません。

ご質問の内容とは少し離れますが、我が家の息子たちのことを少しばかり。

正直なところ、サッカーについて考えれば今の環境がベストなどとは思えません。
選択肢として、もっと違うものもあったんじゃないかと思うことすらあります。

つまり、息子たちなりに活躍できる環境、いや、少なくとも自分はチームにとって必要とされていると感じながらプレーできる場所でやらせてあげられたとも思うのです。

中学や高校でサッカーを続けるなら、当たり前のように試合に出場して経験をつめる環境でやるべきです。

毎日の苦しい練習も、試合という目標があってこそでしょう。

そういう意味では、公式戦では出場機会のない息子を見ると申し訳なかったかなという思いがよぎることもあります。

基本的には、親が主導で決めた進路ですから。

ただ、学校生活全般を含めての切り口から考えると悪くもなかった気がします。

その部分が救いでしょうか。

付け加えるならば、仮に中学生の二男が、もっとサッカーで試合に出られる環境でやりたいと真剣に相談でもしてきたら…。

中高一貫で入学はしましたが、わたしは転校しても構わないと思っていますよ。

逃げとも思わないし、当然の権利であり主張だと思いますから。

長くなってしまいました。^^;

今後の息子さんの飛躍を期待してます。


投稿: カウチポテト | 2013年7月29日 (月) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/49613893

この記事へのトラックバック一覧です: もうちょっと頑張らないといけません:

« 膝の回復は間に合いませんでした | トップページ | オーストラリアでの日程 »