« 滞在スケジュール | トップページ | 膝の回復は間に合いませんでした »

2013年3月10日 (日)

「サッカーはずっと続ける。」らしい

今日は、高校生の長男がビーチサッカーで中学生の二男は練習日だったようです。

二男の方は、昨日は山梨県の中学とTRMがありました。(見てませんけど。)

それから、長男のビーチサッカーって何なんでしょう?もしかして、あのビーチサッカー?(笑)

Aチームなどは、奈良県とどこかに2グループに分かれて泊りがけで遠征しているようです。

残ったBチームのスケジュールが、ビーチサッカーだと嫁さんが教えてくれました。

長男はリハビリ中なので、当然遠征メンバーには入っていませんからビーチサッカーです。

正直、リハビリ中でなくても遠征メンバーには入らないような気もします。(チーム内での評価は、そんなポジションだと思うのです。coldsweats01

以前といっても数ヶ月前のことですが、長男とサッカーのことで会話をしていた時のことです。

何気なくサラッとですが、長男の語った言葉がわたしには印象に残っているのです。

「俺はさあ、サッカーの試合に出られることが嬉しいんだよね。あきらめてるって誤解されたくないけど、試合に出られるならAでもBでも関係ないよ。」

確かに高校では、対戦相手は別としてもBチームにも週末の試合がたくさん組まれているようです。

そしてこうも言ってました。

「高校で必死に頑張って結果が出なくても、サッカーは辞めない。この先、大学生でも社会人になっても、ずっとサッカーは続けていると思うよ。happy01

まあ、中学生の時からプレーヤーとしてはパッとしない長男ですが、ある意味で成長したなと思いましたね。(親バカですけど。)

親であるわたしは、本音を言えば、気持ちのどこかでは密かに期待し続けていることがあります。

いつか、こんな日が来てくれてもるんじゃないかと…。

それは、公式戦のピッチで大活躍をする息子を、喜びを抑えつつ見守るって日がきてくれることです。もはやこれは煩悩に近いかも。(笑)

話しが変りますが、膝の状態は思ったよりは良くないです。

今日のビーチサッカーも無理でしょう。ひざに負担が掛かりますからね。

金曜日の夜に膝を見せてもらった時には、クリニックでプンクしたばかりなのに、明らかに膝関節には水が溜まった状態でした。

受診予定の無かった月曜日ですが、部活も休みなのでクリニックに行くように言っときました。

また、プンクして関節液を抜いてもらうべき状態です。

息子は、「走るトレーニングをもっと増やさなければ…。」とうずうずしているようでしたが焦りは禁物です。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

|

« 滞在スケジュール | トップページ | 膝の回復は間に合いませんでした »

日記・コラム」カテゴリの記事

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

ビーチサッカー高校選手権と言う大会だったみたいです。
私も全く知らなかったのですが、「あの」ビーチサッカーですよね?
大会はSGの二年Bの15人組が優勝したらしいいです。
SGのBといってもこの時期は新人戦も終わり、プレミア開幕に向けめまぐるしくメンバーが入れ替わりBなのかCなのかDなのかトップ15人くらいから下はぐちゃぐちゃです。

こちらは一年生と中学生の混合チームで先輩たちと楽しく?やってきたみたいで勝敗など関係なく遊んできた模様です。

たまには、こんなサッカーも良いですよね!やりながら笑えるて素晴らしい!
公式戦ではありえないですから、開幕前にはBチームこそリフレッシュが必要かと・・・

投稿: T.T | 2013年3月10日 (日) 23時04分

T.Tさま

なるほど、ビーチサッカー高校選手権だったんですか。
そんな大会、初めて聞きましたよ。(笑)

帰宅した長男が言ってました。
「やっぱりSGはうまいよ。優勝は当然かな。」って。
昨年は、ビーチサッカー日本代表も来たらしいような事も言ってましたよ。
当の本人は、やっぱり砂の上を歩く程度しかできずに見学だったようですけど。
たまには、こういうのも良いですよね。^^

投稿: カウチポテト | 2013年3月11日 (月) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/50688048

この記事へのトラックバック一覧です: 「サッカーはずっと続ける。」らしい:

« 滞在スケジュール | トップページ | 膝の回復は間に合いませんでした »