« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月27日 (月)

ベストを尽くすことこそが…

昨日の長男は、天皇杯地区予選を応援に行きました。

帰宅した息子に試合の結果を尋ねると、社会人チームを相手に1-0での勝利だったようです。

“応援に行った。”というのは正確ではありませんでした。

予想外でしたが、息子は登録メンバーに入りベンチ入りしたようなのです。(^^)

とは言っても、ベンチから先輩たちを応援させてもらったって感じでしょうかね。

この大会には、トップチームはエントリーしていません。

Aチームが戦うのは、総体予選の方でしたから…。

こちらの地区予選を戦っている3年生は、これが高校サッカーでの最後の舞台となるとのことです。

つまり、冬の選手権の時は、3年生の人数は絞られているってことなのでしょう。

ふと昨年のことを思い出しました。

1年生だった息子は、この大会で県大会出場まであと一歩のところまで勝ち上がった先輩たちの試合ぶりにすごく感動していたのです。

東海リーグの大学生チームに勝った時だったと思いますが、「先輩たちはホントにすごい。俺、感動して涙が出たよ。」などと言っていましたっけ。

最後の最後まで自分のベストを尽くす3年生の姿は、息子の心を揺さぶるほどの感動を与えてくれたのです。

AチームだとかBチームだとか、レギュラーか否かとかに関係なく、常にベストを尽くすことが出来るものこそが真のスポーツマンであり真の勝者なのかも。

Aチーム入りなど遥かに遠い息子ですが、親としてはそういう気持ちで見守りつつ応援したいと考えています。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

今度は、二男からの報告に愕然

それは、長男の総体予選の結果報告に愕然とした翌日(日曜日)のことでした。

今度は二男から、二日続けての“まさか”の報告を聞くことになったのです。

その日、U-15中学サッカー選手権県大会のため、県西部に遠征していた二男が帰宅したのは夕方のことでした。

わたしは「どうだった?」と息子に尋ねたのですが、試合に勝ったことを前提にしての質問だったわけです。

つまり、どんな試合展開だったか知りたかったのです。

ところが、想像もしなかった返事が返ってきました。

「0-2で負けた。内容的にも相手が良かった。」憮然とした表情でした。

これには、正直なところまたもや愕然…。

息子たちは地区予選免除の特別シード校であり、現在は後期に入った県トップリーグでも一応4位。

対する相手校は、西部地区予選で10位の公立中学だったのです。

失礼ながら、こちらにかなりの分があるだろうなと考えていました。

ところが、結果的には完敗。相手チームは本当にお見事でした。

実際、「相手のFWにすごく良い選手がいた。」と二男がポツリと言ってました。

この試合も出場機会がなく、ベンチから試合を見つめた二男は多くを語りませんでした。

チームの負けが悔しかったようですが、「ここで負けるなんて…。ベンチで見てると悔しくてたまんない。」とひと言。

なんとなく気持ちはわかるかな。^^

この敗戦は、中総体で全国へ出場するために必要だったプロセスだったと考えましょう。(^^)

これをきっかけに、選手全員がギアを一段上げてくれることでしょう。

さあさあ、これからが本番。期待してます。

それにしても…、驚きました。coldsweats01

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

長男からの報告に愕然…

昨日の二男は県西部に遠征し、U-15県トップリーグ後期の第2節に臨みました。

対戦相手は、前期には2-1で勝利しているクラブチームだったらしいです。

わたしは仕事から帰ると早々に眠ってしまい、昨夜は結局二男とは話さずじまい。

今朝ちょこっと聞いたところでは2-2の引き分けだったとか。

先制されたものの追いつき逆転、そして最後は同点にされたらしいです。coldsweats01

ゲームとしては面白い展開ですよね。もちろん、勝つに越したことはないですけど。coldsweats01

この試合、二男に出場機会は無かったようです。

試合展開的にも、今の実力では厳しいですね。

そして今日は、7時前には自宅を出ていきました。

今日も県西部で公式戦なのです。今日はU-15県中学生サッカー選手権県大会です。

中体連の部とクラブチームの部とに分かれての大会で、互いの優勝チームがチャンピオンシップを戦うってやつです。

なんとなくですが、今日は息子にも少しは出場機会があるような気がしてます。

「頑張ってこいよ!」と、出掛けに声を掛けておきました。(^^)

ところで、昨日の午後3時過ぎのことです。わたしの携帯に長男から連絡がありました。

仕事中にコールしてくる時は、あまり良いことではない連絡ばかりです。

総体予選の応援に行った長男からの報告に愕然…。

この年代は全中を制した年代で、期待も高いとの前評判だったのですが…。

高校サッカーでは、総体予選で引退する先輩もいることでしょう。

それを思うと、何だか残念で仕方ありません。

勝負とは厳しいものですね。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

仕事よりも優先順位が上ってことです^^

わたしの職場に、高校球児(3年生)の息子を持つママさんがいます。

しかも父母会の役員で、土曜日と日曜日の対外試合や遠征には必ず同行するのだとか。

特に強豪校ではないものの、過去にはプロ野球選手も輩出しているし甲子園出場の実績もある高校です。

なによりも、伝統的に父母会のサポートが熱心なことでも有名だとか。^^

来月も夏の大会に向けての合宿があり、母親たちは選手たちの食事の支度などをサポートするらしいです。

毎日午後5時から10時頃まで、交代で手伝いに行くのだとか。sweat02

そんなわけで、彼女は3月下旬に高校野球の対外試合が解禁になってからというもの、土曜日などは一度も出勤しておりません。

週末は野球部の応援やサポートに忙しく、仕事どころではないのです。

一応わたしが職場ではボスなので、夏の大会が終わるまでは息子の部活優先でOKってことになっています。ハハハ。coldsweats01

夏の大会が終わったら、親の方が燃え尽きてしまうんじゃないかと心配になるくらいの勢いなんですけどね。^^

ところで、その高校野球。夏の大会のシードを決める春季県大会が先日終わったばかりです。

残念ながら、彼女の息子さんの野球部は県大会出場前に地区予選で敗退。bearing

ところが、我が家の長男が通う高校の野球部は県大会でもトントンと勝ち進みました。

今春の選抜甲子園に出場した兄弟校と準決勝で対戦して、延長戦の末に敗れはしましたが4位。

夏の大会では、シード校になるのは間違いないでしょう。(^^)

そこでわたしは思ったわけです。

ひょとしたら、甲子園に応援に行くのは“高校球児のママ”ではなく、“サッカー部の息子のおやじ”であるわたしの方かも知れません。

昨夏に続いて二年連続の甲子園出場もあるかも。(^^)

申し訳ないですけど、確率の問題として考えた場合…って、そんなことは口が裂けても言えませんけどね。(笑)

球児の熱い夏はもうすぐです。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

U-15県トップリーグ後期、初戦

昨日の土曜日、二男たちはU-15県トップリーグの後期初戦がありました。

結果は5-0での勝利だったらしいです。(スコアは正確でないかも。二男の言うことはあてになりませんから。sweat02)

とにかく、幸先の良いスタートです。^^

昨日は雨が降っていたため、二男からは駅まで迎えに来てほしいとの連絡がありました。

朝7時前には自宅を出た二男ですが、この日の試合会場は浜松。

連絡があったのは夕方の6時半過ぎだったでしょうか。

わたしは仕事に区切りをつけて、息子を駅まで迎えに行ったのです。

駅から自宅までは10分足らずですけど、その間の話しによれば、珍しく(?)危な気ない試合運びとなったようです。

そして、二男に出場機会が訪れたのは試合時間も残りわずか5分くらいになってからだったとのこと。

本人曰く、「もうちょっと時間くんないかなあ。出たと思ったらあっという間に試合が終わるんだもん。」などと、車の中では偉そうに語っておりました。^^

試合に勝ったからなんでしょうね。こういう時は、口先も滑らかなものです。

この試合に臨むにあたって、チームとしてフォーメーションを変更するとの説明が監督からあったのだとか。

どう違うのかを息子が説明してくれましたが、わたしにはイメージがつかないので適当に聞き流している次第です。coldsweats01

それと関係あるのか無いのか知りませんが、この日の二男は前線で使われたようです。

「最後の1点は俺がアシストしたんだよ。」と自慢気に話してましたから。(笑)

その話しっぷりが笑えたのです。

「ゴール前での俺の決定的なパスあって得点が決まったんだけどさあ…、誰もそれを褒めてくれないんだよね。○○ナイスシュート!ばっかでさあ…。」

愚痴とも自己満足ともつかないような話しっぷりでしたが、やっぱりどこか嬉しそうな口調でした。

今日はTRMで藤枝へ行ったようですが、来週からはU-15県中学生サッカー選手権の県大会です。

中体連の部の特別シードなので、日曜日はいきなり県大会2回戦からなんだとか。

前日の土曜日には、県トップリーグの試合も組まれています。

公式戦ばかりで難しいでしょうが、頑張っていきまっしょっい!(^^)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

大切なのは集中力なのです

GWも終わり頃だったと思います。

部活帰りの長男は電車の中で眠ってしまい、気付いた時には数駅を乗り過ごしていたなんてことがありました。(笑)

いつもならば、同じ方面には仲間が居るからこんな事はないらしいのですが、「みんなは合宿に参加中で、俺は帰りも独りだから…。」なんてことを言ってました。

合宿にも参加できず、少々さみしそうでした。

それでも最近は、練習の方も少しずつペースを上げてきているようですけどね。^^

嫁さんが、こんなことを言っていました。

「この頃は勉強がおもしろいみたいよ。物理なんかは授業が楽しくて仕方ないとか言ってるし、英語も思ったよりは頑張ってるかな。」

とは言え、成績は大したことありません。サッカーが中心みたいな生活ですからね。

必要十分な勉強時間を確保するってのは無理でしょうし。

部活があるので帰宅は夜9時頃だし、翌日が朝練であれば早朝4時半起床。普段でも6時起床ですからね。

まあ、授業に集中して取り組み、休み時間をフルに活用し、自宅では細切れのような時間をかき集めて勉強するって感じのようですよ。

朝、自宅を出る直前の15分前後を、ものすごい集中力で勉強している姿はよく見掛けます。

恥ずかしながら、おやじも“その集中力”を密かに見習ったりすることがあるのです。

たかが15分と考えてはいかんなあってことです。雨だれ石を穿つ。

仕事もダラダラやったらいかんよなあって感じで、反省したりします。(笑)

時々、「勉強したいけど疲れすぎて出来ねえよぉ…。明日もあるから眠らなきゃならないしさあ…。」と独り言のようにブツブツ言っていることもありますけどね。

それでも、“時間は作るものだ”という姿勢が、中学生の頃から知らず知らずのうちに身に付いているようにも見えます。

サッカーやってなかったら、もっといい加減な時間の使い方をしていると思うのです。

部活でも、本人としてはまだまだ上を見据えているようだし(下がないですからね。^^)、気力は充実しているようです。

高校2年生ですが、サッカーも勉強も手を抜いてる暇はないのでしょう。

わたしの高校生のころと比べれば、はるかに充実した毎日のように思います。

ある意味、うらやましいのです。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

U-15県トップリーグ、前期の結果

U-15県トップリーグは、今週末から後期に入るようです。

連休中には、トップリーグの前期の残り2試合があり1分け1敗という成績だったようです。

この2試合は、3位と1位との対戦だったので内心は連敗しなければ良いなあと思っていました。

前期の最終戦となった1位チームとの対戦では、負けなかったのは良かったと思います。

得点もあげて、1-1の引き分けってのは悪くない気がするのです。

試合を見てないので、内容は無視しての話しですけど。coldsweats01

その結果、前期は6勝5敗1分けの5位だったようです。

スタート時からの数試合は負けが込み、正直この先どうなるのかとハラハラしましたが…。

後半は、帳尻を合わせるかのように連勝もしてくれました。(^^)

あとは、ベストメンバーが組める状態になった時にどこまでやってくれるのかってとこでしょうか。期待したいです。^^

さて、我が家の二男ですが、連休に入る直前から風邪を引きまして…。

39度近い熱が二日も続くなどして4日間も寝込み、サッカーどころではありませんでしたとさ。coldsweats02

おまけにの話しですが、その二男に風邪をうつされたわたしも寝込みました。

連休の後半4日間は、発熱のために起きる気力も失せて布団に伏しておりました。

ったく、おやじまで巻き込みやがって。pout

しかし、休みに合わせるかのように寝込んだので、仕事に全く支障が無かったのは我ながらついてました。

この辺り、肝心な時に体調を崩して試合に出られない二男とは違うわけです。

こういうのも“実力”のうちに入るわけです。

「くそっ!風邪を引くなんて運が悪かったなあ。」などと言っているようでは甘い。(笑)

肝心な時に風邪を引くってことは、大人の社会では“やっぱり実力がない”ということなのです。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

そのユニホーム姿に感動しました

今日、東京ドームでは国民栄誉賞授与のセレモニーがありました。

長嶋前監督と今シーズンの開幕前に引退した松井選手の姿には、言葉にならないほど感動をしました。

特に、始球式前にスーツからジャイアンツのユニホームに着替えた松井選手の姿が映し出されただけで、わたしはもう感極まりそうになりました。

ジャイアンツの#55は、やはり松井秀喜なのです。

もう一度、引退する前に日本で(ジャイアンツで)やってほしかった…。

個人的には、今から準備すれば来シーズンには十分に日本球界で活躍する力はあると思っています。

それにしても、今日のセレモニーを見ながら改めて思ったことがありました。

引退したとはいえ、まだ若い松井選手はなんと絵になる存在なのでしょう。

一流のスポーツ選手には、こんな感じでずっと一般人や子供たちの憧れであってほしいものです。

良い意味で、近寄りがたいほどの雰囲気とオーラを発し続けてほしいものです。

今は、元一流アスリートなどをお笑いのねた的に扱うバラエティー番組がたくさんあります。

出る方も出る方ですが、テレビやマスコミにも大きな責任があると思うのです。

わたしは、こういう番組は本当に大嫌いで見ません。

元一流アスリートであった人物の、品格や輝かしいキャリアさえも貶めるようなことはしてほしくない…。

見ているだけで、腹立たしい気持ちになるのです。

話しが逸れましたが、今後のサッカー界でも、国民から絶大な支持をされるようなヒーローが続々と出てほしいですね。

夜、帰宅した長男と東京ドームでのセレモニーの録画をもう一度見ました。

始球式での総理大臣の登場、球場全体の盛り上がりなど興味深そうに熱心に見入っていました。(^^)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

復帰への道は、やけに長くなってます

もう5月なんですねえ。

早いものです。

我が家の長男は、相変わらず故障者組での練習のようです。

膝の怪我から約2か月ぶりに対人での練習に復帰した途端、今度はハムストリングの肉離れをした事は書いたと思います。

それから数日後のことでした。

「父さん、今日からフルメニューで練習とかしたらマズイかなあ…。」と、朝の忙しい時間にわたしに尋ねてきたのです。

理由を聞けば、歩いても痛くもない感じがしたからだとか…。

朝の忙しい時間でもあったので、思わずアホかと一喝。^^

その場でうつ伏せにして、ハムストリングの収縮に抵抗をかけてやったのです。

息子は即座に、まだまだ無理なことを納得しました。

その時の話しでは、もうずっと休んでいるので天皇杯の地区予選?のメンバーに入るチャンスもなくなる事を焦ったようです。(既に、アウト!のようですけど。)

これにはトップチームはエントリーしないようなので、自分にもチャンスがあるかなと思ったようなのです。

まあ、焦る気持ちもわからなくないですが…。

この先も、肉離れ部分に痛みを感じなくなることと、患部の組織レベルでの治癒とは時間的にずれがあることを認識して取り組むべきです。

それに、プレー中に自家筋力で傷めたのではなく、接触プレーで伸ばして傷めたようなので尚更慎重にやってほしいです。

実戦で患部にかかる瞬間的な負荷は、練習場面で再現するのは難しいと思います。

だからこそ、練習レベルでは、どんな動きでも不安なくできるようでなってから復帰するべきです。

中途半端に復帰して、もう一度同じ個所を傷めれば更に周り道をすることにもなります。

最近の息子は、日々の練習や朝練にも参加してる割には淡々としているかなあ…って印象もあります。

今は耐える時と割り切ったのか、それともサッカー人生を達観する領域まできたのか…。(それはないでしょう。happy01

大学受験のことを語ることも多くなってきました。どうなんでしょうね。^^

まあ、いろいろ悩んで、壁にもぶちあたりながらも、自分で道を切り開いてほしいものです。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »