« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

2次リーグ進出^^

昨日の二男たちは、中総体地区予選の1次リーグの残り2試合を戦ったようです。

結局、5戦全勝で1次リーグの全日程を終了しました。(^^)

わたしは仕事だったので、昨日の試合の内容や出来は知りませんけど。(^^ゞ

A~Fの各ブロックの上位3校が進出できる2次リーグですが、次は上位リーグと下位リーグに分かれるらしいです。

各組の1位(6チーム)は上位リーグを戦うってことらしいですが、何だかややこしいレギュレーションです。sweat02

とにかく、次の2次リーグと順位決定戦を経て県大会出場校(地区代表7校)が決まります。

何はともあれ、まずは県大会への出場権ですね。

ところで昨日の二男ですが、最終戦に先発出場したようです。^^

息子の話しでは、その前の試合でブロック1位突破が決まったのでチャンスをもらえたらしいのです。

1次リーグ最終戦は、先発メンバーを大幅に入れ替えたってことかな?

まあ、先発のチャンスをもらった二男でしたが、「出来が悪かったので、前半で交代させられたよ…。」ってことでしたけど。coldsweats01

それでも、経験値を上げることは大切です。

出場機会があったんだから、良かったんじゃないでしょうかね。^^

有力校と対戦することになる2次リーグ、期待してす。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

二男のプレーぶりを観ることが出来ました

先日の日曜日、中総体静岡市地区予選の第2節を応援に行ってきました。

嫁さんと一緒に行ったのですが、試合を観るのはお互いに本当に久しぶりでした。

試合の方は4-0で勝利し、これでリーグ戦は3連勝となりました。(^^)

さて、ここからは親バカ目線での記述となりますがご勘弁を。(笑)

試合も後半に入り、2-0のまま10分が過ぎたころでしょうか。

選手交代で二男がピッチに立ったのです。^^

余り期待していなかったので、正直ちょっとうれしかったですね。

息子が試合に出場したということより、必死なプレーぶりを見ることが出来てうれしかったです。

肝心の出来はと言うと、悪くないというより良かったんですよ。(^^)

ボールを失うことが少なかったし、ミスもほとんどないように思えました。

何よりも、ボールを前に運ぶ積極的な姿勢が見えました。

サイドバックながら、攻撃参加する回数も多いように思えたのです。

試合も終わった帰りの車の中では、別々の位置で観戦していた嫁さんとも意見が一致。(読んでる方の苦笑いが目に浮かびそうですが、たまには大目に見てください。happy01

夕方に二男が帰宅してから、頃合いを見て試合でのプレーぶりを褒めときました。^^

すると、息子はこんなことを言っていたのです。

トップリーグなどの強いチームと対戦した時は、今日のようなプレーをさせてもらえないと言うのです。

大きな相手には体力的に当たり負けするし、その上にボールコントロールや体の入れ方が上手いので厳しいというニュアンスの話しでした。

なるほどと思いましたね。

おやじは暢気に褒めときましたが、フィールドで実際にプレーしている人間が一番分かってるってことです。

高校サッカーに向けて、小柄で体力のなさを克服するべく努力とチャレンジを続けるしかないでしょう。

当然、勉強はもっと努力が必要ですけどね。(笑)

それはともかく、グループリーグ1位突破を期待してます。頑張れ!

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

中総体、地区予選が始まりました

いよいよ、昨日の土曜日から中総体の地区予選が始まりました。

まずはA~Fブロックに分かれての1次リーグです。

二男たちブロックは、6チームでのリーグ戦のようです。

このブロックは、全ての試合が自分たちの練習グランドである人工芝サッカー場で行われるとのこと。

毎日練習している場所ですから、それだけも大きなアドバンテージを頂いたようなもの。

負けるわけにはいかないでしょう。

さて、昨日の結果ですが、二試合を消化し2勝したとのことです。(^^)

そして二試合目の後半には、二男にも出場機会があったようです。

しかも、珍しく得点もあげたようですよ。^^

今日、日曜日は午前中に一試合だけが予定されています。

今日も期待してます。頑張れ!

それにしても、基本的なことなんですが…。

この1次リーグは、何位までに入れば突破できるんでしょうか?

最終的に、県大会には何チームが進出できるのでしょうか?

まったく把握しておりません。

3年生の親としては、暢気すぎて申し訳ないです。sweat02

そう言えば、昨日は1年生が得点をあげているようですね。

大会に登録されるだけでも凄いのに、大したものです。

一度も1年生を見たことがないので、他人事のような感想ですけど。^^

今日の試合は、わたしも珍しく(何か月ぶり?)応援に行こうと思っていますので、いろいろ確認してきます。(笑)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

四の五の言ってる場合ではない…

いよいよ、今週末からは中総体の地区(静岡市)予選が始まります。

その合間にはU-15県トップリーグの試合も組まれているので、とにかくコンディションを整え、怪我をしないように戦ってほしいです。

そして、怪我をしている数名の主力選手が県大会や東海大会までには間に合ってくれるように祈るばかりです。

と言いつつ、地区予選がどのようなレギュレーションで行われるのかよく分かっておりませんが…。(単に、しっかり把握してないだけなんですけど。sweat02

それにしても、地区予選なのに全国区のチームがなんでこんないるの?って感じます。(笑)

サッカーに詳しい親御さんが言うには、東海大会を突破するより県代表(2校)になる方が難しいのだとか。

昨年度の全国大会準優勝校の東○大学附属○洋中学や静岡○園中学までもが同じ地区なんですから。

二男たちの中学を合わせれば、この三校で全中優勝回数は計10回となるのです。sweat01

静岡県にとっては良いことなんですけどね…。

とにかく、四の五の言っている場合ではありません。

ここ数年は公立中学との差も縮まっているし、地区予選の初戦から楽な試合などないでしょう。

チーム一丸となって悔いのないよう戦い抜いてほしいです。期待してます。

さて、我が家の二男の話しを少々。

先週の県トップリーグでは久々に出場機会があったようです。(^^)

後半の15分頃から出場したようなことを言っていました。

試合も2-0で勝利し、これで後期は3勝1分けとチームは上り調子かな。

良くも悪くも、いつも淡々としているよう見える二男です。

公立中学の3年生などは、この大会を最後に引退でしょうから気持ちが違うと思います。

もしも出場の機会があったなら、二男にも“完全燃焼”するくらいの気持ちで挑んでほしいものです。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

大いに期待してます

今日は余りに暑かったんで、冷房入れて仕事しましたよ。

さて、長男の部活の話しから。

先週の天皇杯静岡県予選(県予選決勝大会への出場権をかけての予選。)の結果です。

社会人チームとの試合は、0-0からのPK戦で敗れてしまったとのことです。

あと一歩でベスト8だったのに、残念…。weep

これで高校サッカーを引退し、受験に向けて力を注ぐ3年生の皆さんは本当にお疲れ様でした。

夏で一区切りつけるのか、選手権まで続けるのか、受験生にとっては難しい選択でもありますよね。

そう言えば、嫁さんが中学生の二男にこんな事を言ってました。

「あんたが大学受験するときは、センター試験は廃止かな。まあ、今の成績じゃ関係ないけどね。(笑)」

入試制度が変わるらしいのですが、そんなことを心配するレベルじゃないってことらしいです。確かに…。sweat02

その二男たちは、現在U-15県トップリーグの後期を戦っています。

後期はこれまで3勝1分と、まずまずの成績。

今月下旬からは中総体地区予選も始まるし、文字通りの熱い戦いが目前に迫っています。

二男の活躍を期待したいところですが、このところ公式戦には全く出番がないようです。

実力の世界ですからね。それでも、チームのためにやれることはあるはずです。

中総体は中学生活で最大のイベントでしょうから、心の準備は怠りなく燃えに燃えてほしいですね。

そう言えば、兄貴である長男は、中学生最後の夏は地区予選ではベンチ入りしていたものの、県大会ではスタンドからメガホン持って同級生を応援してたなあ…。

そんな息子の姿に、ちょっと切なさを感じたことを思い出しました。(親バカですから。^^)

二男はともかく、チームには県大会を勝ち抜いて東海大会、全国大会へと駒を進めてほしいものです。

まずは地区予選を勝ち抜いて県大会へ出場することですけど、大いに期待してます。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

対照的…

明日、長男は天皇杯静岡県予選(これは、県予選決勝大会への出場権をかけての予選。)で社会人チームとの試合があるようです。

以前にも書きましたが、この大会は総体県予選にはエントリーしなかったメンバーが戦っています。

長男は2年生ですが、3年生の先輩は“敗戦=高校サッカー引退”とのことなので是非とも勝ってほしいです。

一日でも長く、高校サッカーが出来ますように。

ところで、つい先日に長男から意外な話しを聞きました。

春休みにオーストラリアでホームステイをしたことに関係する話しです。

息子は膝の怪我をしていたので、語学学校がメインだったことは記事に書きました。

わずかにサッカーに関わったエピソードとして、日本からの高校生チームがオーストラリアのクラブチームと試合をしていた時に、人手が不足していたようなので息子は給水ボトルの準備などを手伝わせてもらったことも書いたと思います。

そんなわずかな出来事には、続きがあったようです。

それは、総体予選の行われた試合会場での出来事だったらしいです。

サッカー部はその日は試合があり、部員である息子は試合会場の駐車場係りをしていたらしいです。

すると突然、背後から誰かに肩をポンポンと叩かれたのだとか。

「膝は治った?」と声を掛けてきたのは、オーストラリアでクラブチームと試合をしていた高校生だったとか。

その他、数人の選手たちから声を掛けてもらったようです。

おまけに、コーチ?からも「膝は大丈夫か?」声を掛けてもらったようです。^^

これから公式戦を戦う選手たちと駐車場係りという立場での再会は、あまりにも対照的なコントラストと言えなくもない。

それでも、息子からつい最近になって聞いたこのエピソードには、何となく爽やかな気持ちになりました。

サッカーって良いですね。(^^)

明日はベンチ入りできるようですから、自分に出来ることで精一杯チームや先輩たちのために貢献してほしいものです。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

総体予選決勝の試合展開にビックリ

今朝早く、天皇杯静岡県予選に出掛けていた長男が夕方帰宅しました。

この予選に参加している46チーム(社会人と2種登録)の中から2チームが、JFLチームなどを加えた予選の決勝大会へ進出できるのだそうです。

結果の方ですが、1-0での勝利。みごとにベスト16です。(^^)

負ければ高校サッカーを引退する先輩たち。

熱い闘いは、まだ続くってことです。^^

帰宅してすぐに慌ただしく出掛けてしまった長男が、こんなことも言っていました。

「応援されるって気持ちいいよ。^^」

まあ、息子に出場機会はないのですが、ベンチに入って戦えるってことがうれしいようです。

中学の時から、いつもメガホン持って応援する役ばっかりですからね。(笑)

対戦相手はどんどん強くなるでしょうけど、来週も期待してます。

ところで、総体県予選の決勝戦も本日行われたのです。

延長戦までもつれ込んだ激闘の末、3-2で静岡○園高校が優勝。

どちらを応援するでもなく、わたしは後半開始からTV観戦しました。

アディショナルタイムの4分も過ぎ、終了のホイッスルが今にも鳴る雰囲気の中で決まった同点ゴールには痺れましたね。

99%は藤枝○高校が勝利を手中にしたような展開だったのに、サッカーいや勝負の怖さを見た思いです。

一人少ない状況で、同点ゴールや延長での決勝ゴールを決めた静岡○園高校の底力にも驚きました。

とにかく、目が離せないほどのナイスゲームでした。

ところで、夜になって帰宅した長男が言うには、「県新人戦では、その強い静岡○園に勝って準優勝だったんだけど…。」

そう言えばそうでした。

気が早いのですが“選手権予選”に期待してます。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »