« 中総体よりも、現状は仕事が優先なのです… | トップページ | なにも悔いはない »

2013年7月22日 (月)

三年間を一生懸命にやってきたプライド

わたしの職場に高校球児のママさんがいることは以前にも書いたと思います。

息子さんの活躍に、同僚たちも「すごいね。すごいね。」と興奮気味で応援してました。

しかし、とうとう敗戦。親として何年も続いた高校野球の応援もこれで最後だとか。

「惜しかったね。残念だったね。」と声を掛ける同僚に、彼女はこんなことを語っていたのです。

それは、既に大学生となった元高校球児の“お兄ちゃん”の話しでした。

“お兄ちゃん”の方が、高校入学時には周囲の期待も大きかったそうです。

入学後は、1年生ながら試合にも抜擢されるほど活躍し順風満帆そのものだったよう。

ところが、2年生になると徐々に使われなくなり、やがて完全に控え選手になってしまったのだとか。

親として単純に楽しかった練習の見学や試合の応援が、いつしかグランドへ行くこと自体が切なくて苦しいものに変わってしまったそうです。

“お兄ちゃん”はもがき苦しみながらも、あきらめずに必死で頑張ったのだとか。

そして迎えた高校3年生の最後の夏。

なんと、大会前にエースナンバーの背番号1を監督から手渡されたそうです。

がしかし…、最後の夏は一度もマウンドに立つこともなく、試合に出ることさえもなく終わったのだとか。

今思い返しても、胸が苦しく辛くなると話してました。

だから、親として高校野球に関わる最後の夏が終わって、何だかホッとしたような気持ちもあるそうです。

話しは変わりますが、今週末には中総体の県大会が始まります。

今は高校生の長男は、中学3年の県大会では登録外でしたからスタンドから仲間を応援してました。

その当時のわたしも、長男の気持ちを思うと切ない気持ちになりましたね。

でも、可哀想とは思いませんでした。そう思わないようにしたという方が正確かも。

何故なら、登録外になったことをわたしに伝えた息子はこんな事を言っていたからです。

「残念だったけど、東海大会で登録されるように頑張るよ」(普通に考えて、可能性なんてないんですけどね^^)

その言葉に、三年間を一生懸命やってきたプライドみたいなものを感じたのです。

まだ終わってないのに、可哀想なんて思うのは息子に対して失礼だよなと感じた記憶もあります。

まさしく、ここはゴールではなく高校サッカーへの通過点なのです。

それは、長男の姿を見てきて教えられた部分かも知れません。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

|

« 中総体よりも、現状は仕事が優先なのです… | トップページ | なにも悔いはない »

日記・コラム」カテゴリの記事

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/52561212

この記事へのトラックバック一覧です: 三年間を一生懸命にやってきたプライド:

« 中総体よりも、現状は仕事が優先なのです… | トップページ | なにも悔いはない »