« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

二男、某高校サッカー部の練習へ

先日のことです。

部活が休みだった中学3年生の二男は、某高校サッカー部の練習に参加させていただいたようです。

とは言っても、中高一貫なので、他の高校のサッカー部の練習に参加することに特別な意味はありません。

その高校の監督は、二男のことを小学生の頃からよく知っているのです。

更にいえば、長男のことも小学生の頃から知っています。

かつて息子たちは、この高校のグランドで時々“高校生のお兄ちゃんたち”のアップに混ぜてもらったりサッカーを教えてもらったりしたようなのです。

全部、嫁さんや本人たちから聞いた話しですが…。coldsweats01

今回も、「部活が休みで暇なら、こっちに顔をだせよ。」と監督に言ってもらったらしいのです。

監督は、教員としてはまだまだ若手の部類に入るのでしょうが、全国的に有名な高校サッカー部の出身です。

高校時代に活躍したかは知りませんけど。(笑)

何度か話しをさせて頂いたわたしの勝手な印象ですが、トレーニング理論も含めてとても勉強熱心な方です。

だからと言って、サッカー部は強いとは言い難い…。(すいません。sweat02

でも、最初は人数も少なく同好会的な感じだったのに、年々力をつけています。

それでも、なかなか理想とするような選手集めやチーム作りは出来ないようですね。

高校によって、部活動に対する方針もバックアップも違うのは当然だと思います。

野球でもサッカーでも、優秀な生徒が強豪校に集まるのは自然なことです。

逆に言えば、サッカーでジュニアユース年代で注目された選手は、特に実績もない高校に入ってこないのが普通なのかも。

そう言えば、かつてはバスケットボールで日本代表にもなった義弟も、自分の指導している部活(公立高校バスケットボール部)はちっとも強くないようです。(笑)

本人は、国体などの代表チームの指導なんかを任されるようですけどね。

それとこれとは別らしいです。

話しが横道に逸れました。

サッカーを通していろいろ経験させてもらえる息子たちは幸せです。

練習に参加させてもらった二男は「みんなの前で自己紹介もしたし、最初はすごく緊張した。」と言っていました。

知らない高校生ばかりだし、ボールを持って走り回るアップの時から勝手がわからずコチコチだったとか。^^

サッカーと言うよりも、広い意味で良い経験をさせてもらっているなと思います。感謝。(^^)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

日々、いろいろあるのでしょう(^^)

全中、熱戦が続いているようですね。

静岡県代表の浜松開○館中学や東海大会で戦った帝京○児中学には、どんどん勝ち進んでほしいです。

期待してます。

二男たちサッカー部は、夏休み前に配布されていたスケジュールでは全国大会が組み込まれていたのですが…。

東海大会敗退のおかげと言っては何ですが、U-15はけっこう練習の休みが増えたようです。(^^)

いっそのこと勉強合宿でもして頂けるとありがたかったかな。(それは甘え過ぎですよね。)

二男の話しですが、先日のTRMは強豪の東海大○洋中学と富○ FCとだったようです。

会場は天然芝の清水総合運動場だったようで、TRMには贅沢すぎるくらい。^^

最後の方では、○洋中学選手たちと合同でチームを作って試合をやったなんて言ってました。

そうそうない経験だと思います。良い刺激になったんじゃないでしょうか。

わたしは相変わらず見ていないので、全部聞いた話しなんですけどね。coldsweats01

そう言えば、二男が以前から時々語っていた事なんですが、○洋中学の監督からはよく声を掛けて頂くようなんです。

トップリーグや公式戦などの試合会場で二男を見かけると、「た○○!ちょっとこっちへ来いよ!」ってな調子で声を掛けて下さるようです。

もちろん、必ず自分から挨拶するように心掛けていると二男は言っていましたけどね。

挨拶すると、いろいろジョークを交じえて話しをしてくれるようなんです。

「お前、うちのチームに来いよ。もっと試合に出してやるぞ。^^」なんて感じらしいです。

もちろん、リップサービスなんでしょうけど。(笑)

中総体県大会の時などは、監督は二男の背番号を確認しながら「お前19番か、これじゃあ東海大会(の登録)は厳しいよな。(^^)」って声を掛けてくれたなんてことを話してましたっけ。

息子は、「あきらめないで頑張ります!」ってような返事をしたらしいのです。

そしたら、その姿勢を褒めてもらったと言ってニコニコしてました。

単純なやつだから、褒めてもらえてうれしかったんでしょうね。^^

なぜ他校の監督に声を掛けて頂けるようになったのかは分かりませんが、ありがたいことです。

学校生活や部活など、親の知らないところで日々いろいろなことがあるんでしょうね。

当たり前ですけど。(笑)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

買ってきたものは返品させました

昨夜、長男がこの夏2回目の合宿先である飛騨から帰ってきました。

かなりの試合数をこなしてきたようです。

その長男が、1回目の合宿を終えてすぐに「飛騨に行く前にスパイクを買ってほしいんだけど…。」と遠慮がちに言ってきたのです。

サッカー部の部費なども含めて、自分と弟の分でそれなりの出費になるということを理解しているようです。

まあ、スパイクは消耗品ですからね。遠慮などいらないのですが、一応は親に気を遣っているのでしょう。^^

出発直前の夜のことだったので、仕事中のわたしは、嫁さんに費用を渡して一緒にスポーツ店に行くように頼んだのでした。

すると、予想外の物も購入してきたのです。

スパイクの他に、若者に人気?のサンダルで5千円もする品物です。

長男は悪びれることもなく、これも買ってもらったと言いながら、笑顔でそれをわたしに見せたのでした。

正直、その買い物には違和感を覚えたのです。

わたしはおもむろに、そして静かに息子に尋ねたのです。

「スパイクの他に、サンダルに5千円も掛ける必要はあるのか?」と。

何かを察した息子は、「母さんに言ったら、買っていいよと言われたから…。」と言うと、それ以上の答えが見つからず困り顔で黙ったまま。

結局は、そのサンダルは返品しました。

息子は納得し、「ごめん。よく考えもしないで買ってしまって…。」と言っていました。

新しいスパイクがもっと高価なものであっても、息子が欲しいと思ったなら何も文句はありません。

スパイクの他に、もしもサンダルではなくアップシューズを買って来たとしても何も言いません。

値段の問題ではないのです。

少々無理をしてでも、息子たちが必要だと思うものは買ってあげたいと思うのは親心です。

どこの親御さんも一緒だと思うのです。

今回のことは、息子もまずかったと思ったようです。

何がどうまずかったのかは、自分でじっくり考えたことでしょう。

そこまで詳しく聞いてませんが、気付いてくれればOKです。

そういう感覚は大切ですからね。

ところで、新品のスパイクの履き心地は良いようですよ。(^^)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

長男と二男、それぞれに

今朝は、始発の電車に乗る長男を駅まで送ってきました。

二日前に山梨県での合宿から帰ったと思ったら、きょうから岐阜県での合宿らしいです。sweat02

合宿から帰ってきた長男の足はマメだらけでした。

トレーニングで走りに走ったようで、「追い込まれすぎて、精神が崩壊した。」などとも語っていました。

長距離走はまだ何とかなっても、短距離や中距離の走力がない息子は、本当に苦しかったようです。

走りながら、食べた物を何度ももどしたらしいですよ。

設定タイムに入れない息子を、同じグループの先輩が手を引っ張ってくれたなんてことも言っていました。

昨日は、「朝起きて、まず15キロ以上のランニングをしないだけでもホッとする。」と呟いていましたっけ。^^

肉体的にも精神的にも、本当に限界に近いところまで追い込まれ合宿だったようですが、いろんな意味で強くなって帰ってきたんじゃないでしょうかね。

サッカー云々の話しではなく、この合宿を乗り切ったんだという自信は大きいと思います。

今日から始まる岐阜県での合宿も頑張ってほしいものです。

ところで、昨夜は東海大会で愛知県へ行っていた二男が帰宅しました。

わたしが駅まで迎えに行ったのです。

自宅までの10分程度の時間でしたが、敗戦の素直な感想を語ってくれました。

とは言っても、饒舌に語ってくれたわけではありません。結果が結果でしたから…。

「相手が上すぎて、勝てるような試合じゃなかった。」「やってるサッカーの内容(質?)が違うと思った。」等々を呟いていましたね。

それと、「帝京○児中学のサッカーは凄いよ。」という言葉も何度か出てきたのが印象的でした。

そしてこんなことも語っていました。

1、2年生の時は、中総体での先輩たちの敗退には悔しくて自然に涙がこぼれたらしいのです。

ところが今回の敗戦には、一粒の涙も出なかったと言うのです。

自分たちが最終学年であり、全国大会への道も閉ざされたというのに…。

「たぶん、あまりの大差に悔しいという気持ちを通りこしてしまったからだと思う。」ってことでした。

そして自分自身も、漠然とですがこのままじゃダメなんだと思ったようです。

結果は残念でしたが、何かを変えなければと気付いた点は良かったかなと思いました。^^

息子たちには、飛躍の夏にしてほしいものです。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

東海大会、初戦で完敗…

愛知県で、昨日より始まった中総体の東海大会。

二男の中学は、初戦での敗退となりました。残念。weep

スコアも1-6という、想像もしなかったような完敗でした。

応援の親御さんから頂いた速報メールには、“力負け”という表現もありました。

敗れたという事実よりも、このスコアでの敗戦に正直なところ衝撃を受けました。

昨夜に山中湖での4泊の合宿から帰宅したばかりの高校生の長男も、この結果には言葉を失っていました。

そして大袈裟かも知れませんが、県内のサッカー関係者の皆さんも、少なからずこの大敗には驚ろかれたんじゃないでしょうか。

何がどうなって、このような大差の試合になってしまったのか…、わたしには分かりません。

それは、監督やコーチが分析してくれるのでしょう。

実際にピッチに立ち、相手チームと対峙した選手の一人一人が肌で感じたものもあると思います。

我が家の二男にも、スタンドから応援していて感じたことを尋ねてみたいと思います。

勝利した帝京○児中学との差は、どこにあるのでしょうか?

このスコアは、たまたまなのか必然の結果なのか…。(たまたまってことはあり得ないですけど…。)

その部分に興味があります。

個の問題、日々の練習の量とか質の問題、それともサッカー戦術の習熟度の違い、チームの完成度の違いとかに結論付けられるものなのでしょうか?

サッカーのことは分からないので、ちょっともどかしいです。

明日からの方向性を見誤らないためにも、ここはきっちりと総括しなくちゃならない部分でしょう。

何だか、会社の経営方針みたいな話しになってきました。(^^ゞ

それは別として、3年生をはじめ選手のみなさんはご苦労様でした。

これまでの頑張りに感謝です。(^^)

上には上がいるものですが、高校サッカーを考えればここは通過点。

この敗戦を糧にして、更に更に、個人としてもチームとしても飛躍してほしいものです。

今後に期待してます。(^^)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

二男、東海大会は選手登録されず…

中総体東海大会の組み合わせが決まりました。

初戦の相手は、岐阜県1位の帝京○児中学となったようです。

おやじの中では勝手に、他県の代表校の中で一番の強敵と考えていた相手です。

全国大会に出場しても、間違いなく上位に入る実力を持ったチームだとも思います。

そんな相手と、初戦から激突することになったわけです。sweat02

ここで勝った方が、全国大会へと一気に勝ち進む気さえします。

我が家の二男にも、是非とも頑張ってほしいところでしたが…。

登録外となりました。

二男は、わたしにそんな報告をした後に「全国大会で登録されるように頑張るよ。」とサラッと言ってました。

サラッと言ったのは、この話しはこれで終わりって意思も込めれられていた様にも感じましたね。

長男の時にも同じ体験をしているのですが、親としては“馴れる”ってことはないものです。

正直なところ残念な気持ちも大きいのですが、サッカーについての頑張りは親として評価してます。

まだまだ、思った以上に伸びしろがあるような気もしてるんです。(親バカですcoldsweats01

話しを戻しましょう。

息子はピッチに立つことはないですが、最上級生として、そしてチームの一員としてやれることはたくさんあるはず。

全国制覇を目標に掲げるチームのために、今の自分に何が出来るかを考えてほしい。

スタンドからの応援だけではありません。

初戦まで数日ですが、練習では誰よりもひたむきに走ることです。

そして、これまで以上に大きな声を出してチームを鼓舞することです。

そこには、レギュラーもサブも控えも関係ありませんからね。

とにかく、登録を外れようが一生懸命に必死に頑張る姿勢を貫くことです。

一人一人のそんな姿勢が、きっとチームの一体感を増し勇気にもなると思うのです。

最高の雰囲気で、東海大会へ臨んでほしいです。

そして、わたしは仕事をしながら吉報を待ってます。(^^)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

東海大会へ

昨日、中総体県大会の全日程が終了しました。

結果は準優勝。

決勝戦は2-3で敗れてしまいましたが、東海大会への切符は手にすることができました。(^^)

ここまでの道のりは決して楽ではなかったようです。

3回戦も4-1では勝ち上がっていますが、前半は0-1の劣勢だったとか。

その日帰宅した二男が言ってましたが、前半にあと1点や2点を取られる危機感さえあったと言ってましたから。

点差ほどの余裕はなかったようです。

そして昨日、午前中に行われた準決勝が東海大会への切符が懸かった試合だったわけです。

この試合も4-1で勝利して、何とか全国への道をつなげることができました。^^

試合で頑張った選手だけでなく、控え選手やスタンドから応援してくれた3年生を含む部員も、みんなの勝利です。

みんなに「ありがとう!」って気持ちです。

1回戦以外は出場機会がなかった我が家の二男ですが…、おやじとしては、やっぱり「よく頑張ったな。ありがとう!」って気持ちです。^^

本人としてはいろいろな思いがあるでしょう、おやじは聞かなくても分かってます。

試合の結果を自宅で尋ねた時、昨日でさえ笑顔はありませんでしたからね。

おやじの素人評価ですが、もともとこの学年だけで考えても、総合的な能力は一番後ろからのスタートだったと思います。

技術的になものは別としても、体力面だけでなくサッカー選手としてのセンスなんかも含めての話しです。

よく頑張ってると思いますよ。(親バカです。coldsweats01

さあ、来週の後半には東海大会です。

応援には行けませんんが、全国大会へ進んでくれることを期待してます。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »