« 長男と二男、それぞれに | トップページ | 日々、いろいろあるのでしょう(^^) »

2013年8月14日 (水)

買ってきたものは返品させました

昨夜、長男がこの夏2回目の合宿先である飛騨から帰ってきました。

かなりの試合数をこなしてきたようです。

その長男が、1回目の合宿を終えてすぐに「飛騨に行く前にスパイクを買ってほしいんだけど…。」と遠慮がちに言ってきたのです。

サッカー部の部費なども含めて、自分と弟の分でそれなりの出費になるということを理解しているようです。

まあ、スパイクは消耗品ですからね。遠慮などいらないのですが、一応は親に気を遣っているのでしょう。^^

出発直前の夜のことだったので、仕事中のわたしは、嫁さんに費用を渡して一緒にスポーツ店に行くように頼んだのでした。

すると、予想外の物も購入してきたのです。

スパイクの他に、若者に人気?のサンダルで5千円もする品物です。

長男は悪びれることもなく、これも買ってもらったと言いながら、笑顔でそれをわたしに見せたのでした。

正直、その買い物には違和感を覚えたのです。

わたしはおもむろに、そして静かに息子に尋ねたのです。

「スパイクの他に、サンダルに5千円も掛ける必要はあるのか?」と。

何かを察した息子は、「母さんに言ったら、買っていいよと言われたから…。」と言うと、それ以上の答えが見つからず困り顔で黙ったまま。

結局は、そのサンダルは返品しました。

息子は納得し、「ごめん。よく考えもしないで買ってしまって…。」と言っていました。

新しいスパイクがもっと高価なものであっても、息子が欲しいと思ったなら何も文句はありません。

スパイクの他に、もしもサンダルではなくアップシューズを買って来たとしても何も言いません。

値段の問題ではないのです。

少々無理をしてでも、息子たちが必要だと思うものは買ってあげたいと思うのは親心です。

どこの親御さんも一緒だと思うのです。

今回のことは、息子もまずかったと思ったようです。

何がどうまずかったのかは、自分でじっくり考えたことでしょう。

そこまで詳しく聞いてませんが、気付いてくれればOKです。

そういう感覚は大切ですからね。

ところで、新品のスパイクの履き心地は良いようですよ。(^^)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

|

« 長男と二男、それぞれに | トップページ | 日々、いろいろあるのでしょう(^^) »

日記・コラム」カテゴリの記事

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています!

わかります~ (*・ω・)ノ

遠征費やサッカー用品の購入は親に出来るサポートと心得ていますが、その他の出費は厳しく追求しますね。

でも“全部に出れない夏季講習費は勿体ないから・・・”との言い訳は却下しました(笑´∀`)

投稿: ku-ga | 2013年8月14日 (水) 07時23分

ku-gaさま

お久しぶりです。^^

部費、遠征費、用具代等々…。
やっぱり出費がかさみますよね。

まあ、息子たちのためですから家計を節約です。
そして、おやじは一生懸命に仕事します。(^_^;)

この先、大学のことまで考えると眩暈がしそうですよ。(笑)

投稿: カウチポテト | 2013年8月15日 (木) 08時41分

わからなくも無いですがちょっと違和感を感じましたので一言!
息子さんに「スパイクを買いなさい」と言ってお金を渡して買いに行かせた場合、サンダルは買ってこなかったと思います。
たとえ勝手に買ってきたとしても、それは親の同意を得ていない未成年者の売買(法律行為)なので取り消すことはできます。
しかし、奥さんが付いて行って同意を得たうえで買った商品は完全な売買が成立していて、店側からすれば返品に応じる必要が無く、購入者の気まぐれで買ったけど気に入らないからやっぱり返すということですよね。
交換では無く、返品に応じたのは客商売がら噂や風評を考えてのことかと思います。
前に我が中学のセレクションを受けて、受験用に過去問の本を買ったけどよそのチームに受かり受験しなくなた為、問題集を返品した親がいました。一問も解いてないからと良いでしょと言っていましたがコピーでも取られていたら商売になりませんよね。購入者の都合による返品は、販売者の立場からみるとクレーマーと差は有りません。
余計なことを言うようですが、お店に落ち度はなく、迷惑をかけたことを息子さんに教えてあげて下さい。

投稿: T.T | 2013年8月16日 (金) 10時15分

通りすがりの者ですが「サッカー脳」になりすぎてやいませんか?いつも心を極限にまで鍛えてるお子様が笑顔で見せてくれた新しいサンダル。それだって必要だと思うのです。息子のサッカーを応援するというより自分の方が熱くなってはいないでしょうか?

投稿: はじめまして。 | 2013年8月17日 (土) 01時30分

T.Tさま

お久しぶりです。^^

ご指摘ありがとうございます。
指摘の通り、確かに小売店の方からすれば迷惑な話しですね。
こちらの事情は関係ない話しですから。
応じてくれたお店の方に感謝です。

もちろん、「返品は可能ですか?」と尋ねての話しですが…。
購入後すぐだったので、わたしにも返品も可能かなとの考えもありました。
ダメな場合は、息子は自分の小遣いの中から親に返金することになってましたけどね。

>息子さんに「スパイクを買いなさい」と言ってお金を渡して買いに行かせた場合、サンダルは買ってこなかったと思います。

今回の場合、買い物に行った経緯を考えれば判断のつく話しです。高校生ですからね。

勿論、責任の一端は許可した親(嫁さん)にもある話しです。
ダメもとで言ってみたら、OKが出てラッキーって感じの展開だったようですから。^^;

投稿: カウチポテト | 2013年8月17日 (土) 07時03分

はじめまして。さま

訪問とコメントありがとうございます。^^

>いつも心を極限にまで鍛えてるお子様が~
ぜんぜん、そんなことありません。(笑)
そう思っていただけるのは有難いのですが…。
弁当箱や洗濯物すら出さずに、ほぼ毎日、基本的なことで嫁さんから叱られているのが実情です。

「サッカー脳」の意味はよく分からないのですが…。
まあ、息子が野球部だろうがラグビー部だろうが同じことです。
是々非々の部分での、息子に対する親としての判断です。

これが別の機会での買い物であったら、何でもない話しなんですけどね。
けっこう何だかんだと言いつつも、結局は子供に甘い部分が多いよなと反省するくらいのものです。^^


投稿: カウチポテト | 2013年8月17日 (土) 07時22分

おひさしぶりです!
僕はお父さんのお子さまに対する躾は素晴らしいと思います。失礼ながら恐らくカウチポテト家もうちと同じ共稼ぎの一般家庭だと思います。希望の学校に入学しサッカーをやっている。僕も子供達にそれ以上の欲望を満たす事はさせません。人は甘えられる環境の元では際限無く甘えてしまうもの。大人になってもそういう悪い癖が抜けない人が実に多い。そういう大人になって欲しくないと願うのは親父として当然だと思います。また嫁さんもとかく子供に甘い。それを正すのも大黒柱である親父の役割だと思います。逆に家庭において家長がルールであるという自覚が無い親が多い方が嘆かわしいです。

投稿: マイケル | 2013年8月23日 (金) 18時11分

マイケルさま

お久しぶりです。^^

コメントありがとうございます。
我が家では、嫁さんが言っても聞かない部分はわたしの出番になります。
聞かないと言うより、息子たちが軽く受け流しているような場合かな。
何時もではなく、ここぞという時だけ一喝するわけです。
まだまだ、おやじが叱る効果は絶大ですよ。(笑)

マイケルさんの、息子さんたちのサッカーを支える姿勢は素晴らしいと思います。
わたしには到底真似できません。
息子さんたちの今後の更なる活躍と飛躍を期待してます。^^

投稿: カウチポテト | 2013年8月27日 (火) 06時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/52874520

この記事へのトラックバック一覧です: 買ってきたものは返品させました:

« 長男と二男、それぞれに | トップページ | 日々、いろいろあるのでしょう(^^) »