« 二男、今日も高校生と練習らしいです | トップページ | 小柄な選手なりのプレースタイル »

2013年11月22日 (金)

親の意をくむ

先日の朝、長男を駅まで送ったときのことですが、車に乗り込もうとしながら長男が語りかけてきたのです。

「今度さあ、母さんにミュージカルに連れて行かされそうだよ。マジか?って感じなんだけど…。coldsweats01

そこへ、出発を見送るために嫁さんが家の中から出てきたのです。

車の窓越しに、息子にこう声を掛けました。

「あんたさあ、おばあちゃんも一緒に行くからね。予定の方は大丈夫だよね?」

最後の「大丈夫だよね?」の声の抑揚には、決定事項に関する確認であって選択の余地は無い感じでしたね。(笑)

長男にとっては、部活のない月曜日の夜の予定らしいです。

今月初旬の日曜日には、部活が休みだった二男が嫁さんとミュージカルを観に行っているのです。

劇団四季のキャッツ静岡公演が、12月までの期間限定で行われているので行ったようです。

これに対して、実はわたしと長男は陰で( ´艸`)プププと笑っていたわけです。

誤解の無いように付け加えますが、決して劇団四季のミュージカルをバカにして笑ったわけではありません。

ただ単に、二男に対して“お前はミュージカルって面じゃないだろう”って意味で笑っていたのです。

そんな事とはつゆ知らず、出掛ける前から「俺さあ、ミュージカルとか好きなんだよね。」などと二男が真顔で言ったりするので余計に笑えたのです。(本人の前では笑いませんでしたけどね。)

今度のは同じ劇団四季でも、たまたま地元の文化会館で公演される違うミュージカルらしいのです。

それを、嫁さんと息子たち、そして義母の4人で観に行くのです。

まあ、文化的なものや一流の芸術に触れるのは大切なことだと思います。

嫁さんが息子たちを誘うのは、その辺りを意識しているのだとも思います。

自称ミュージカルが好きの二男は別にして、高校生の長男もすんなり従うのは親の意を酌んでの部分もあるのでしょう。

つまり、母さんの気持ちに応えてあげようという思いやりもあるのだと思います。

ちょっとした、大人の対応が出来るようになったのじゃないでしょうか。(^^)

実際に行ってみれば、きっと素晴らしい舞台でしょうから感動もあると思いますけどね。

それにしても、おやじはチケットの購入費用にsweat02なのです…。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

|

« 二男、今日も高校生と練習らしいです | トップページ | 小柄な選手なりのプレースタイル »

二男の記事」カテゴリの記事

日記・コラム」カテゴリの記事

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

おじゃまします(*^^*)子供に選択の余地なしの「大丈夫よね」って、すごくわかります、きっと全国共通語になってますね。


投稿: ペエ | 2013年11月24日 (日) 17時55分

ペエさま

コメントありがとうございます。^^

「大丈夫よね」って一言は、
その表情と合わせて語気や抑揚で、
「確認」にも「命令」にも、時には「非難」にもなるわけです。(笑)

二男などは、嫁さんから「明日の英単語テストは大丈夫なわけね?」と言われたとたんに、
テレビの前から離れて自室へ参考書を取りに向かいます。

投稿: カウチポテト | 2013年11月26日 (火) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/53961898

この記事へのトラックバック一覧です: 親の意をくむ:

« 二男、今日も高校生と練習らしいです | トップページ | 小柄な選手なりのプレースタイル »