« 大学でサッカーを続けるということ | トップページ | その2:重たい話しでした »

2014年1月14日 (火)

長男に退部を思いとどまらせたもの

次回でひと区切りなどと書いたまま、そのまま年を越してしまいました。sweat02

決勝戦は見逃しましたが、選手権の決勝戦は凄い試合だったようですね。

さて、高校2年生の長男ですが、実は選手権の県予選が行われていた10月頃はサッカー部を退部しようと考えていたのです。

今は“いい顔”して部活を頑張っていますけどね。(^^)

保育園のサッカー教室から始めたサッカーですが、息子の口から「やめたい。」と聞いたのはそれが初めてのことでした。

息子は最初、自分の思いを嫁さんに話したのです。

数日遅れて、わたしは間接的にそのことを知りました。

息子の考えをじっくり聞いてみたいと思ったわたしは、飯でも一緒に行こうと誘ってみたのでした。

「気になる鉄板焼きの店を見つけたから、一緒に飯でも付き合えよ。」って感じだったでしょうか。happy01

何か説得したり諭したりする気持などは、少しもありませんでした。

ただ単純に、直接本音を聞きたかったのです。

それほど、“サッカーをやめたい”とは意外なことだったわけです。

改めて話しを聞いたみると、すでに息子の気持ちは決意にも近いものでした。

とは言っても、わたしに理解を得られるものかと所々で探るような話しぶりでもあったようにも思います。

この件に関しては、その後にわたしと嫁さんとで何度か意見交換をしました。

お互いの考え方としては、大筋の部分では一致もしていましたね。

最終的には、本人の意思を尊重することもその一つでした。

長くなりそうだし、年も越してしまったので三回くらいに分けます。^^

今日はこのへんで。

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

|

« 大学でサッカーを続けるということ | トップページ | その2:重たい話しでした »

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/54600686

この記事へのトラックバック一覧です: 長男に退部を思いとどまらせたもの:

« 大学でサッカーを続けるということ | トップページ | その2:重たい話しでした »