« その4:長男の考えが変わった日 | トップページ | 長い間ありがとうございました »

2014年1月26日 (日)

その5:最終話

前回の続き、そして長くなりましたが最終話です。(まとめなければ…sweat02

長男は、あれから何かが変わりました。達観したわけでもないでしょうけど。(笑)

もちろん、部活も頑張っているようです。

サッカー以外の生活面を見ていても、夜9時過ぎに帰宅しても来年度の受験を見据えた行動を続けています。

疲れもあって、そのままリビングや布団(に入って)で寝そべりながらなんてことも珍しくありません。

早朝、ぎりぎりの時間までやっていることも多いせいか、休日には部活から帰って泥のように眠っている姿も見かけます。

話しを、息子がフットサルクラブの代表のところへ伺った時に戻しましょう。

あの日、特に退部を思いとどまるようにアドバイスをされたわけでもないようです。

クラブのコーチが所属している社会人のフットサルチームへの練習参加もOKと言われたようです。

その上で、代表は息子の相談に対して次のような感想を語ってくれたようなのです。

  • 高校生の今しかできないこともある。逆に、あとからいくらでもできることもある。
  • 間違ってはいないけれども、まだすべてをやり尽くしていないようにも感じる。
  • 悪いことじゃないが、ある意味考えすぎていないかな。
  • もっと自分に自信を持っていい。

そして最後に、「またいつでも、遠慮なくここへ遊びに来いよ。」と言ってくれたそうです。

代表からだけでなく、コーチからも呼び止められてアドバイスをもらったと言ってました。^^

あの日から、「退部を申し出る。」という寸前の決断は翻って今日に至っているわけです。

わたしなりの解釈ですが、今回の件で長男は、心の中にある“自分の原点”みたいな部分を思い出したのでしょう。

企業でいえば、“理念”に近いものでしょうか。

会社や組織においても、常にそれが“理念”に沿うものか否かを基準に判断することはブレないためにも大切です。

息子は、多くの方に助けられて、運よく自分の根幹をなす部分に目を向けることができたのだと思います。

レベルはどうであれ、一生懸命にサッカー続けてきた自分の姿勢こそが、自分自身を支えているものでもあるはずです。

明確にそれを意識したとは思いませんが、ちょっことだけ立ち返ることができたんだと思います。

それに気付いたのなら、先に書いたような生活面での変化についても頷けるのです。

今回のことは、導き出した結論についてもそのプロセスも、本人にとってプラスだったでしょう。

まだまだ精神的には成長途上の高校生ですから、おやじの助けが必要な時もあるのです。(笑)

ポチッと応援お願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

|

« その4:長男の考えが変わった日 | トップページ | 長い間ありがとうございました »

長男の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308139/54712288

この記事へのトラックバック一覧です: その5:最終話:

« その4:長男の考えが変わった日 | トップページ | 長い間ありがとうございました »