今日からブログ始めます

2009年12月20日 (日)

決勝戦は出場機会なし

今日からブログを始めました。息子には直接伝えることのない、おやじの思いを綴ってみます。

長男:カズ 中学1年生 部活で奮闘中(サブプレーヤー)

二男:タク 小学5年生 クラブチームでそれなりに…(かろうじて先発?)

長男のカズから15時ごろに駅に着くとの連絡。

「父さんsign02 もうすぐ帰るけどさあ、今日の試合後半から出場してさあ、良かったんだよ。調子がさあ~。んで、まあいいや、家に着いてから話すよ。コーチににも褒められたしね。」happy01

今日は応援に行こうかぎりぎりまで迷っていたのだが...わたしは、ちょっとした自分の用事を優先させて観戦に行かなかった。

先週の日曜日、わたしは久しぶりに息子の試合の応援に行ったのだった。中学1年生の公式戦でもあり、その日は準決勝と決勝でもあった。

結果はみごとに息子の中学が地区優勝!県大会出場を決めた。が...カズの出場は準決勝の終了間際の5分間のみであった。

息子の活躍を期待をしていたわけではないが、決勝戦に出場機会があればいいなあとは思っていた。私は決勝戦そのものより、ベンチに座っているカズを見ながら試合の残り時間が気になっていた。

控えの選手はコーチから「行くぞ!」と声がかかればアップを始める。アップを始めれば出番が近いことが遠くからでも分かる。しかし、終了のホイッスルが鳴るまでカズがアップを始める気配すらなかった。息子のチームの優勝にもかかわらず私の心は重かった...

試合後、「優勝おめでとうsign01」と声を掛ける気持にはなれなかったし、その言葉は酷のように思えた。

妻も「優勝だからすごいよね!」と言いつつ、帰りの車では口数が少なかったし、さっきまで観ていた試合についてお互いあまり語ることもなく帰った。

今日は練習試合。でもゲームに出場できるのはよいことである。

明日も練習がんばれよsign03

おねがいします。

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)